{{ toastMessage }}

不要な家具は引き取りサービスで 賢く処分しよう!

「引っ越しでいらなくなった家具はどうしよう」

「家具を新しく買い替えたいけれど、今使ってる古い家具はどうすればいいんだろう」

このような疑問をお持ちの方!

不要になった家具はゴミとして処分するだけでなく、引き取ってもらうこともできます。しかも家具を引き取ってもらう方法は意外と色々あるのです。

この記事では家具の引き取り方法について紹介します。

不要になった家具の処分などでお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 不要な家具は引き取ってもらおう
  2. 家具の引き取り方法6選
  3. 家具を引き取ってもらう際の注意点
  4. めんどくさい家具の引き取りはもうしない!話題の家具サブスクリプションサービスとは?
  5. まとめ

不要な家具は引き取ってもらおう

不要な家具

あなたは不要になった家具の処分はどのように行なっていますか?「不要になった家具はゴミとして捨てるしかない」と思っているのであれば要注意です。

確かに家具の処分方法として、自治体の粗大ゴミにだすというのは一つの処分方法です。しかし、自治体の粗大ゴミに出すとなると、大型品の屋外搬出を自分でやらなければなりませんし、サイズ計測やシール購入などの手続きが面倒です。また、各自治体で決められた処分費用がかかったり、回収までに時間がかかったりと面倒な点が多いのです。

また、まだ使えそうな家具をゴミとして出すのはもったいないです。

不要な家具を処分しようと考えている方は、ぜひ家具の引き取りをしてもらうことを考えてみてはいかがでしょうか?

しかし一口に家具の引き取りと言っても、実は意外と色々なサービスがあり、お得なサービスもあるんです。

以下では不要になった家具を引き取るサービスは、どのようなものがあるのかを紹介していきます。

家具の引き取り方法6選

家具の引き取り方法

リサイクルショップ

リサイクルショップ

家具の種類やもともとの購入金額にもよりますが、リサイクルショップでは不要になった家具を買い取ってもらうことができます。家具の中にはリサイクルに出せるものや、予想以上の値段で購入してもらうことができるものがあります。

しかもリサイクルショップの中には自宅まで家具を引き取りに来てくれる「出張買取」をしてくれるものまであります。自宅で査定、買取、搬出までしてもらえるので、非常に手軽に家具を処分することができますし、使わなくなったものをお金に変えることができるのでお得です。

しかし、品物の状態によっては買取ができないものもあるので注意が必要です。

不用品回収業者

不用品回収業者

不用品回収業者はとにかく早く家具を引き取ってもらえることがポイントです。回収の希望日時を指定して回収に来てもらうことが可能で、商品の搬出も回収業者にやってもらえるため、手間がかからずスピーディーに家具を処分することができます。

また、リサイクルできないほど古かったり、商品の状態が悪い家具でも引き取ってもらえます。購入してまもないデザイナーズ家具や高級家具などは買取をしてもらえる場合もあります。

しかし引き取りの際は費用が発生する場合が多く、大型の家具では高額な費用がかかります。そのため不用品回収業者に引き取りを頼む際には、回収業者に引き取りをお願いする前に必ず金額を確認するようにしましょう。

確認方法としては、不用品回収者の一括見積もりサイトを利用すれば、自分の引き取ってもらいたい家具が引き取りにどのぐらいの金額がかかるのかわかります、実際に複数の会社から見積もりやサービスの内容などを聞くことができるので、比較検討し、信頼できる回収者を選ぶことができます。

引越し業者に引き取ってもらう

引越し業者

引越しの際に出る不要な家具は引越し業者に引き取ってもらうことができます。

転居前のギリギリまで家具を使うことができ、手続きも引越しの手続きと一緒にできるので手間がかかりません。また家具の状態によっては、引越し業者が引き取ってくれることもあります。

こちらも不用品回収業者と同様、業者によってサービスや金額は異なりますので、業者に依頼する前に金額を確認するようにしましょう。また引越し業者にも、不用品回収者と同様に一括見積もりサービスがあるので、価格やサービスを比較してみたい方は一括見積もりサービスを利用してみると良いでしょう。

ネットオークション、フリマアプリで売る

ネットオークション、フリマアプリ

不要になった家具を納得のいく値段で売りたいなら、フリマアプリを利用するのがおすすめです。ネットオークションやフリマアプリでは、出品者の想定よりも高い金額で商品が売れることがあります。売りたい価格を自分で設定することができるので、自分の納得いく形で家具を引き取ってもらうことができます。

しかし、ネットオークションやフリマアプリで家具を売ると、商品の写真撮影や出品から、購入者とのやりとりや、商品の梱包、発送まで自分でやらなければならないため、処分までに手間と時間がかかります。また、ネットオークションでは自分が思っていたほど高値がつかないこともしばしばあります。購入者との間にトラブルなどが発生する可能性もあるので注意が必要です。

買取専門家に売る

買取専門家

価値がありそうな家具は、買取専門店で買い取ってもらうと少しお金になる可能性があります。ネットや電話で無料査定をしてくれたり、引越しの日に合わせて出張買取をしてくれるサービスもあるので、気軽に利用できますよ。

他にも、自分の売りたいものを一括で査定してもらう一括査定を行なっているところもあります。このようなサービスは、様々なショップの見積もりの中から、一番高い値段で買い取ってもらえるショップを自分で選ぶことができるので、かなりおすすめです。

買取価格にはこだわりたいけれど楽に処分したいという方にはピッタリです。ただ、古い家具や状態の悪い家具は買取をしてもらえないので気をつけましょう!

家具を買い替える際に引き取ってもらう

家具を買い替え

家具を買い替える時に、新しい家具を購入する店舗によっては、古い家具を引き取ってくれるところもあります。

この際には、新しい家具の設置から古い家具の搬出まで行なってもらえるため、楽に家具を処分することができます。

しかし、このサービスでは引き取りのみは行なっておらず、新しい家具を買った場合のだけ行なってもらえるサービスになります。また、家具の種類によっては引き取ってもらえないものがあったり、引き取りに料金が発生したりするので注意が必要です。

こちらもサービスの内容は店舗によって異なるので、新しい家具を購入する際には、引き取りサービスについても一緒に調べておくとよいでしょう。

家具を引き取ってもらう際の注意点

家具を引き取って

いざ家具を引き取ってもらおうとしても、

「レンタルショップなどで思ったほど高値で売れなかった」

「無料で不用品を回収してもらえると聞いていたのになぜかお金を取られた」

というようなことになる可能性があるため注意が必要です。ではどのようなことに注意すれば、このような事態を防げるのでしょうか?

商品は綺麗にしてから出品

商品は綺麗にしてから出品

不要になった家具をサイクルショップやネットオークションなどに出す場合には汚れや埃を取り除いておきましょう。商品が汚れていたりすると、購入者とトラブルになる可能性があります。

買取専門家などに査定してもらう場合にはなおさら気をつけましょう。綺麗な商品だと査定にいい影響を与え、高い価格で買い取ってもらえる可能性があります。

不要な家具はまとめて処分

不要な家具

家具を処分する時は、他にも処分できるものがないか探してみましょう。家具を売却するにせよ、捨てるにせよ、ひとつひとつ処分するより、まとめて処分する方がお得です。特に不用品回収者の場合、トラックに載せられる範囲なら一律に料金を計算してくれる業者もあります。処分できそうな家具はリストにするなどしておき、まとめて処分するとよいでしょう。

無料引き取りには注意

無料引き取り

一般的な不用品回収者であれば、回収費用はもちろん、搬出にかかる費用や運送にかかる費用など様々な費用がかかります。それではなぜコストのかかる不要品回収を無料で行う業者がいるのでしょうか。それは、リサイクルして売却できる不用品を一緒に回収できる、という前提があります。

ひどい時には、売れる見込みのない商品だけであれば後から何かと理由をつけて、事前に説明していなかった料金を支払うよう請求してくる業者もあります。

このようなトラブルが起きないようにするために、料金システムが明瞭であるかや、不用品回収者が必要な資格や免許を持っているかを確認してから依頼するようにしましょう。

買取ができない商品に注意

買取ができない商品

古い家具や状態の悪い家具が買取不可とされてしまうのはもちろんですが、状態がよくても買取を断られてしまう場合があります。買取を依頼する場合は商品の状態以外にも注意点があります。

まず、定価がもともと安いものは買取が難しい場合があります。特に組み立て式家具は安価なものが多いため、一般的には買取価格がつきにくくなっています。仮に買い取ってもらえたとしても二束三文にしかならず、買取に出す際の手間や時間を考えると必ずしも売却がよい方法とは言えないでしょう。

またベッドは高級ブランドのものを除き、買取不可になる場合が多いです。ベッドは解体や搬出に手間がかかり、在庫として保存しておくのも難しいです。またベッドは清潔感と衛生面が重視されるため中古品の買取を断られる場合が多いです。

ほかにもオーダーメイドの家具や婚礼家具などは売却不可となる場合が多いです。

トラブルには注意

トラブルには注意

不用品回収者とトラブルになったり、リサイクルショップや買取専門家選びに失敗しないようにするために気をつけるポイントが2つあります。

まず1つ目は、口コミをチェックするようにしましょう。業者や専門家の愛想が悪かったり仕事が雑だったりする場合があります。細かな点まで配慮してもらえるかどうかは口コミをみて判断するとよいでしょう。

2つ目は、不用品回収者などに依頼する場合は、複数の業者に見積もりを出してもらったり、リサイクルショップなどに依頼する場合は、複数の店舗に査定してもらったりするようにしましょう。

不用品回収者の場合、複数の見積もりを比較することで適正価格を知ることができますし、家具を売却したい場合も複数の査定金額を比較することで、自分が納得いく価格で家具を売ることができます。

またこの時無料で査定を行なってくれない業者や、「とりあえず商品を見てから」などはっきりしない対応の業者は注意するようにしましょう。

めんどくさい家具の引き取りはもうしない!話題の家具サブスクリプションサービスとは?

家具のサブスクリプション

ここまで家具の引き取り方法をいくつか紹介してきましたが、気になった方法はありましたか?

家具の引き取りは注意する点も多く大変ですよね、、

今は、家具を購入するという方法だけでなく、家具をレンタルするという方法があります。しかも借りた家具は専門業者が交換、返却まで行なってくれるので、不用品を自分で処分する手間もかかりません。

「CLAS」では、家具や家電のサブスクリプションサービスを運営しております。

必要な時に必要なものだけ借りられるサービスになっていて、月額440円から家具や家電を借りることができます。

新しい家具を買うのに比べるとかなり費用感は抑えられると思います。

しかもCLASはインターネットで家具を注文するだけで、商品の配送、設置まで専門業者が行なってくれます。交換、返却の際も専門業者が行なってくれますので、気軽に手間をかけず家具を借りることができますよ。

またライフステージに合わせていつでもアイテムを交換できるので、気軽に色々な家具を試すこともできます。

「せっかく家具を購入したけれどすぐに飽きてしまった」

「引越しが多くて家具をいちいち持って引っ越すのが面倒」

などお考えの方には、とってもおすすめです!

また、CLASでは家具の引き取りサービスも行なっているので、まだ家具の処分方法が決まっていない方や、新しい家具をどれにしようか迷っている方は、ぜひCLASも合わせて考えてみてくださいね。

まとめ

ここまで家具の引き取り方法について様々紹介してきました。

どの引き取り方法にもメリット、デメリットはあります。

「時間と手間を節約するとお金がかかり、お金を節約すると時間と手間がかかる」

自分の中での優先順位をしっかり検討し、後悔のなく家具が処分できるようにしましょう。

また家具を引き取ってもらう際にはこの記事の注意点なども参考にしていただければと思います!

2020/05/01 18:00

会員登録はこちらから

\今だけ!/お得なキャンペーン実施中

CLASを友達に紹介しよう!

あなたの招待URLからお友達が登録するたびに、あなたと紹介したお友達の両方に500ポイントをプレゼント!

あなたの招待URL

{{ referralUrl }}