{{ toastMessage }}

一人暮らしにぴったりの“素敵インテリア”特集

これから一人暮らしをはじめる学生や社会人のみなさん、新生活に向けて大手家具販売店や、インテリアショップなどは、豊富なバリエーションの“素敵インテリア”を取り揃えています。

この記事では、「プラスアルファでぐっとおしゃれになるインテリア」から、「一人暮らしに欠かせないお役立ちインテリア」まで、、、みなさんのお部屋にも是非とり入れてほしいインテリアをご紹介します。

シンプル、個性派、あらゆるデザインのインテリアを自分好みにカスタマイズして、気分最高な新しいスタートを切りましょう!

  1. 一人暮らしにぴったり【ジャンル別 グッズ紹介】
  2. これはMUST!お役立ちインテリア
  3. 素敵インテリアのレイアウト術
  4. コスパ重視or.贅沢上質【インテリアの価格とは】
  5. 素敵インテリアはどうやって入手する...?【便利なサブスクリプション紹介!】
  6. まとめ

1.一人暮らしにぴったり【ジャンル別 グッズ紹介】

ここでは、一人暮らしには欠かせないインテリアをジャンル別に紹介します! まだ一人暮らしをするための基本的な家具をオシャレに揃えたい!という方はぜひ参考にしてみてください。

ベッド

まずはベッドから紹介します。

ベッドは一人暮らしのお部屋の大部分を占めるのでとても重要なアイテムになります。部屋の広さを考えて、ベッドや敷布団を選ぶようにしましょう。価格は様々ですが、折りたたみ式やソファータイプの物であれば一万円以下で購入することができます。

ベッド ベッド

ベッドは敷布団や枕を変えるだけでも大きくお部屋の雰囲気が変わります。アイテムのトーンや色味を統一することでオシャレでくつろげる空間を作り出すことができます。

ベッドの背面のむれが気になるという方はすのこのベッドがおすすめです。隙間が空いているので通気性がよく、カビにくくなっています。 ベッドフレーム

テーブル

食事をするだけでなく、勉強をしたり、パソコンを使ったりするためにテーブルは必須となります。部屋が狭い場合にはコンパクトなタイプで良いので自分のお部屋にあったテーブルを揃えるようにしましょう。

テーブルを置くことで部屋が圧迫されて狭く見えるのが嫌だという方は、高さを抑えたローテーブルを置くと良いです。折りたたみのテーブルにすれば来客の時などに広いスペースを確保することができるので便利です。

あまり派手なものを選ばず、シンプルな木のものにすると他のインテリアとも合わせやすいです。 ワークデスク

シンプルなデザインで場所を取らないテーブルなら一人暮らしの狭いお部屋にもぴったり。 ローテーブル

ローテーブルにすればお部屋の圧迫感も無くなります。 パソコン用ローテーブルも売っているのでライフスタイルに合わせて導入してみてはいかがでしょうか。

カーテン

部屋をオシャレにコーディネートするのに忘れてはいけないのがカーテンです。カーテンは備え付けられていないことが多く、ほとんどの人がカーテンを選ぶことになります。カーテンは防犯上でも大事なものになりますので、特に女性の場合は、オシャレさだけでなく防犯性も重視してカーテンを選ぶようにしましょう。

女性の一人暮らしには遮光一級カーテンがおすすめです。このカーテンは光を通しにくく、外から中を覗くことができないため、防犯上とても安全なカーテンになります。

ベージュやグレーなどシンプルなカラーを選べば様々なテイストや季節に合わせることができます。グリーンカラーはナチュラルなアイテムはもちろんガーリーなアイテムとも相性よくまとめることができます。 カーテン

ソファ

部屋のスペースに余裕があるときはソファを置いてみるのも良いでしょう。テレビをみるときや部屋でくつろぐ時などに活躍します!

肘掛の付いていないソファならどんなタイプのインテリアにも合わせることができます。

カウチタイプのソファは足を伸ばして座ることができます。くつろぎたい時にはぴったりなソファです。

部屋があまり広くないけどソファを置きたいという人には一人がけソファもおすすめです。小さめで場所もとりませんし、テレビをみたり本を読んでだりする時には十分くつろぐことができます。 3Pソファ

カウチタイプのソファなら足を伸ばしてくつろげます。オットマンやスツールを置くことで普通のソファをカウチタイプにアレンジすることも可能です。 2Pソファ

部屋の大きさに合わせたソファを選ぶことが大事です。

2.これはMUST!お役立ちインテリア

ここでは、ひとり暮らしに役立ちそうなオシャレ、便利なインテリアを紹介します。

収納付きベッド

ひとり暮らしのお部屋ではクローゼットが小さかったり、収納がそもそもないということも少なくありません。収納付きベッドであれば、ベッドの下のスペースを有効に活用することができるので、洋服などを収納するスペースとして利用できます。

間接照明

間接照明を枕元に置くと、ベッドで読書をしたり、スマホをいじったりするときに便利です。間接照明は光量も抑えられたものが多いので、程よい光で手元を照らしてくれます。 間接照明

枕元の間接照明では部屋が暗くなりすぎていやだという方にはスタンド型の照明をお勧めします。スタンドタイプの置き場所がないという方はテーブルの上の置き型の間接照明やルームランプを置くのもおすすめです。 スタンドライト

カラーボックス

一人暮らしの部屋は収納が少ないことが多いです。そんなときはカラーボックスを活用すると収納を増やすことができます。

本棚として活用したり、アクセサリーやメイクグッズを収納するものとして活用したりと、自分の使いやすい方法で活用することができます。

カラーボックスの背面を抜いて使うとオシャレな棚のようにすることもできます。インテリアや小物を飾るにはぴったりです。 シェルフ

引き出し付きの棚にすれば、ホコリなどで汚れることを気にせずにものを収納しておくこともできます。

空いた空間の棚などの収納を置くことで部屋のスペースを有効活用することができるのでおすすめです。

3.素敵インテリアのレイアウト術

レイアウト

素敵なインテリアを集めたらどうやってレイアウトすればいいのかを考えましょう。せっかくオシャレなインテリアを揃えてもレイアウトがうまく行かなければお部屋が台無しになってしまいます。

素敵なインテリアの魅力を最大限発揮するためのレイアウト術を紹介します!

レイアウト術① 生活動線はシンプルにする!

生活動線とは日常生活上でリビングやキッチンを移動する線のこと。これを暮らしの最適化することで暮らしやすく、スッキリとしたお部屋を作ることができます。 「暮らしに最適化されている」というのは動線が曲がりくねっておらず、シンプルだということです。

レイアウトを考える際は最短距離で目的の場所に行ける・作業ができる動線を確保することが重要です。特にひとり暮らしの狭い部屋で動線でシンプルな動線を確保するには、家具を一方に寄せて配置し、部屋の奥に向かってできるだけ一直線になるように連続した空間を作りましょう。こうすることで、単に移動がしやすくなるだけでなく、抜け感が出ることで狭いお部屋でも実際より空間を広く見せることができます。 これはどんなタイプのお部屋を作る際にも共通するポイントになるのでぜひ覚えておいてください。

レイアウト術② 家具を置きすぎない!

家具

狭いお部屋では家具を置きすぎず、シンプルにすることが大切です。たくさんの家具を並べるとお部屋に圧迫感が出てしまいます。

一般的に家具をレイアウトする時の家具の占有率は部屋の広さの3割程度がベターだと言われています。これ以上家具を置くと圧迫感が出てしまい、お部屋が実際よりも狭く見えてしまうので気をつけましょう。

また色とデザインもなるべくシンプルなものにし、統一感を持たせるだけでもお部屋を広く見せることができます。

レイアウト術③ ナチュラルなインテリアを置く!

木製のデザインの家具をお部屋に揃えることでナチュラルなイメージのお部屋を作ることができます。さらにドライフラワーや観葉植物を置くだけでもお部屋がグッとシャレな雰囲気になります。 ナチュラルインテリア

お部屋の雰囲気は置くインテリアの素材やデザインの左右されます。あまりごちゃごちゃとものを置きすぎないことでナチュラルな雰囲気のお部屋を作ることができます。

レイアウト術④ 窓際にベッドを置く!

ベッドを窓際に置くことで圧迫感のないお部屋を作ることができます。また寝起きの時に太陽の光が窓から入ってくるので気持ちよく起きることができます。

窓際にベッドを置くと手前側に生活スペースを広く確保することができます。

しかし、狭いお部屋だとベッドが窓を開けるとき邪魔になってしまうこともあります。窓の大きさやお部屋の広さなどよく考えてベッドの配置をコーディネートしていくと良いでしょう。 窓際

レイアウト術⑤奥行きを感じさせるアイテムを使う!

一人暮らしの狭いお部屋でも、アイテムを利用することで、開放感のある過ごしやすいお部屋を作ることができます。

鏡を置く! まず効果絶大なのは、お部屋に鏡を置くことです。空間が続いているように見えるので、一気に部屋が広くなったように感じられます。 鏡を置く位置は入り口か窓が映る部分がベストです。お部屋のスペース的にどうしても置けないようであれば、お部屋の一番スッキリしているところを映るようにすると良いです。 鏡

鏡の代わりに奥行きがあるように見えるアートを置くこともおすすめです。お部屋に開放感が生まれると同時にオシャレなお部屋になります。

間接照明をうまく活用する! 他にも間接照明を使うことで部屋を広く見せるというテクニックがあります。光量の足りないところに間接照明を置くと、部屋の隅まで光が届くため、奥行きを感じやすくなり、部屋が広く見えるようになります。

周辺よりも特に強い光を設置することで、空間の広がりを演出することができ、実際よりもお部屋を広く見せることができます。

4.コスパ重視or.贅沢上質【インテリアの価格とは】

ホワイトインテリア

「オシャレなインテリアを揃えたいけれど、あまりお金はかけられない」 という方もいれば、 「家具にはとことんお金をかけて素敵なものを揃えたい」 という方もいると思います。

ここではコスパ重視で家具を買う場合と、贅沢にお金をかけて家具を揃える場合の価格を比較していきます。 家具の予算などを考える際の参考にしてみてください。

ここでは一例として、いくつかブランドのソファの価格で比較してみたいと思います。

コスパ重視

ニトリ ニトリはとにかく安いことで有名なブランドです。 ソファの価格は大きさや素材にもよりますが、20,000円台から購入することができます。

IKEA IKEAもリーズナブルに家具を購入することができます。こちらではソファの価格は約35,000円からでした。

NOCE NOCEでは北欧風の家具を購入することができます。 ソファの価格は二人がけのものでは55,000円から70,000円の商品が多めです。

このようなブランドは比較的やすい価格で家具を揃えることができます。しかし、あまりに安い商品ではデザイン性にかけるため、「素敵なインテリアを揃えたい!」と考えている方は、ある程度のコストをかける必要はあるかもしれません。

贅沢上質インテリア

一方、高級家具となると、価格の上限はないかもしれません。 例えば、カッシーナという超高級ブランドのソファは1,660,000円です。他にもイタリアの超高級家具ブランド、B&B Italia のソファは2,324,700円とさらに高価です。

このように高級ブランドの家具やアンティークの家具などは非常に高価なものも多いです。その分、デザイン性や機能性に優れたものも多いでしょう。 ブランドによって価格は大きく異なると思いますので、気になるブランドがあればぜひ一度価格を調べてみましょう。

またリサイクルショップなどでは高級家具でも比較的手の届く価格で出品されていることもあるのでチェックしてみると良いでしょう。

5.素敵インテリアはどうやって入手する...?【便利なサブスクリプション紹介!】

ここまでインテリアの紹介からレイアウト術まで様々紹介してきました。素敵なインテリアを揃え、オシャレなお部屋を作るためのビジョンは見えてきたでしょうか?

一人暮らしのお部屋だけでも家具を一から揃えてレイアウトまで考えるのは意外と大変です。しかも全ての家具を一から揃えるとなるとかなり初期費用もかかります。

「オシャレな家具を揃えたいけれど、あまりお金をかけたくない」 「色々な家具を試してみて、インテリアのレイアウトを楽しみたい」

そんな方には、家具のサブスクリプションサービスを紹介します。 「CLAS」では家具のレンタルサービスを行なっています。 CLAS

必要な時に必要なものだけ借りれる家具のサブスクリプションサービスになっていて、月額440円から家具をレンタルを始められます。

新しい家具を買うのに比べるとかなり費用感は抑えられると思います。

しかもCLASはネットで家具を注文するだけで、商品の配送、設置まで専門業者が行なってくれます。交換、返却の際も専門業者が行なってくれますので、気軽に手間をかけず家具をレンタルすることができますよ。

ライフステージに合わせていつでもアイテムを交換できるので、気軽に色々な家具を試すこともできます。

6.まとめ

いかがでしたか?

一人暮らしのお部屋では素敵なインテリアを置くことだけでなく、空いた空間を利用して収納を増やしたり、レイアウトなどを工夫してお部屋に開放感を生み出すことでさらに素敵なお部屋にすることができます。

「CLAS」では今回紹介したようなお部屋を素敵に見せるインテリアも用意しておりますので、気になるアイテムがありましたらぜひレンタルしてみてください。

ぜひこの記事を参考にして、あなただけの快適なお部屋を作っていってください!

2020/05/14 18:00

会員登録はこちらから

\今だけ!/お得なキャンペーン実施中

CLASを友達に紹介しよう!

あなたの招待URLからお友達が登録するたびに、あなたと紹介したお友達の両方に500ポイントをプレゼント!

あなたの招待URL

{{ referralUrl }}