{{ toastMessage }}

安いベッドってダメ?お得なベッドの買い方教えます!

はじめに

皆さんは、安いベッドに対して、どのような印象を持っていますか?もしかしたら「安すぎるベッドはビジュアルや品質がいまいちかも…」と思っているかもしれません。
ですが、しっかりとベッドの価格や性能を比較すれば、安価でもシンプルかつオシャレで十分な品質のベッドを購入することができます。

この記事では様々なベッドの価格やデザインを比較し、品質の見極め方をお伝えしていきます。また、安くベッドを購入できるお得な情報もお伝えしていきます。

安いベッドは価格も品質も多様です。この記事を読めば、あなたに適したベッドが見つかるはずです!是非最後まで読んでみてください!


はじめに

1.安いベッドってどんな商品?3万円以下のベッド紹介
2.素材に気をつけて!パイプベッドと木製ベッドの違い
3.安いベッド、どこで手に入れればいい? お店 VS ネット通販 VS サブスク
4.まとめ





1,安いベッドってどんな商品?3万円以下のベッド紹介



ベッド

一口に「安いベッド」と言っても、人によってどれくらいの金額が安いベッドなのかは異なるでしょう。また、ベッドに求める機能も人それぞれのはずです。

まずここでは、3万円以下の価格に絞って様々なベッドの特徴を紹介していきます。
  

①棚、コンセント付きのローベッド

    ・価格…9900円(税込)~
    ・カラー…ダークブラウン、ナチュラル
    ・機能…マットレス落とし込み機能(マットレスやカバーがずれにくい)
        棚とコンセント付き
    ・デザイン…シンプルかつ立体的で光沢感のあるフレーム
         フレームが低い

1万円以下で購入可能な、格安ベッドです。

マットレスやカバーがずれにくいマットレス落とし込み機能に加えて、棚とコンセントも付いています。デザインはシンプルかつ立体的で光沢感のあるフレーム。

安いだけではなく、品質も充分に備えたベッドです。ローベッドなので、ベッドフレームの低さにこだわらずに安いベッドが欲しい人におすすめです。


②一人暮らしに適した簡素なパイプベッド


    ・価格…12900円(税込)
    ・カラー…ブラック、ホワイト
    ・機能…通気性の良い構造
        ベッド下が収納スペースとして利用できる
    ・デザイン…シンプル

無駄のないシンプルなデザインのパイプベッド。通気性が良い構造なので湿気がこもりづらいのが長所。ベッド下は収納スペースとして利用できます。

独り暮らしの簡素な部屋には最適なベッドでしょう。

③10分で組み立てられるすのこベッド



すのこベッド

    ・価格…16900円(税込)
    ・カラー…ナチュラル、ダークブラウン
    ・機能…組み立てがわずか10分で可能
        上質なタモ材を使用
    ・デザイン…フレームが低い

たった10分で組み立て可能なベッド。格安ですが、上質なタモ材を用いており快適性もばっちり。フレームが低めのため、狭い部屋にもすっきり収納することができます。

「家具の組立てがめんどう…」、「狭い部屋に収まるベッドが欲しい…」、そんなあなたにおすすめの商品です。


④上質な大容量、多機能ベッド


    ・価格…21980円(税込)~
    ・カラー…ホワイト、ダークブラウン、ナチュラル
    ・機能…キャスターがついた大容量の引き出し、照明、コンセント付き
    ・デザイン…木目調の化粧板メラニン貼りを使用


キャスター付きの大容量引き出し、照明、コンセントが付いている、多機能なベッド。
カラーも3色から選べるので、家のデザインに合ったベッドが選べます。
また高品質な化粧板メラニン貼りを使用しており、木目調のデザインが落ち着いていて高級感のある雰囲気を醸し出してくれます。
機能性、デザインどちらも優れたベッドと言えるでしょう。安い値段でも比較的上質なベッドが欲しい人にはおすすめです。


⑤デスク付きの多機能ロフトベッド


    ・値段…24800円(税込)
    ・カラー…ブラック、ホワイト
    ・機能…デスク付き
        強度のあるアイアンフレーム
    ・デザイン…はしごとデスクの設置が自由にできる

多機能型のロフトベッド。はしごと付属のデスクの調整が自由自在で、ベッド下の空間を自由にデザインできます。強度のあるアイアンフレーム仕様なので、揺れ対策もばっちり。

狭い部屋を有効活用したい人におすすめです。

⑥月額1300円台から、主張のないシンプルデザインのベッド

https://clas.style/24

ベッド 
    ・価格…月額1320円(税込)~
    ・色…ウォールナット
    ・機能…通気性のいいすのこをマットレス設置部分に使用
    ・デザイン…シンプル
    
価格の安さを重視する人には。家具サブスクリプションサービスでベッドを入手するのがおすすめ。シングルモデルなら、たったの月額1320円で利用可能です!

デザインはどんなお部屋にもなじむシンプルなもの。通気性のいいすのこをマットレス設置部分に使用しており、湿気対策も万全です。

6種類のベッドを比較すると、3万円以下の値段からでも「快適に寝る」ための機能を備えたベッドを入手できることがわかります。また値段が上がるにつれて、多機能な商品が比較的多くなっていきます。

「とにかく安くて寝れればそれでいい!」という人もいれば「安くてもちょっとはカラーや機能、デザインにもこだわりたい…」という人もいるように、安いベッドに対して求める部分は人それぞれでしょう。世の中にはいろいろな種類の安いベッドが存在しているので、この記事を参考に自分に合った安いベッドを探してみてはいかがでしょうか。

2,素材に気をつけて!パイプベッドと木製ベッドの違い


部屋
 低価格なベッドでも、高品質なベッドはたくさんあります。ですが、ベッドにも素材によってメリットやデメリットが存在します。そのため、ベッドを買うときには値段以外にも、ベッドの特徴をしっかり見極めることが大切です。以下では、パイプベッドと木製ベッドの2つを見ていくことで、ベッドを買う際の注意点を解説していきます!

①パイプベッドはきしみに注意!身軽だけど…

 パイプベッドは中が空洞のスチール素材のベッドです。スチールは原料の鉄鉱石がたくさん採れるため材料費があまりかかりません。そのためベッドの価格も安くなり、パイプベッドは安価になりやすいといわれています。実際、中には1万円前後で買える商品もあります。

<メリット>

 ・木製ベッドに比べて軽い

 パイプベッドは中が空洞になっているので、一つ一つのパーツが軽いです。そのため、組み立てや移動、掃除がしやすいのが特徴です。

組み立てや移動がしやすいと、模様替えや引っ越しの準備の手間が大いに省けます。特に掃除の時に、ベッドの下や脇を手軽に掃除できるのはとても便利でしょう。

 ・通気性がいいのでカビが生えにくい

 パイプベッドの床板は網目状のものが多いです。そのためマットレスとの設置面積が少なく、通気性がよい形状になっているのです。湿気や寝汗によって生じるカビも少なくなり、衛生面に気を遣わずに利用することができるでしょう。


<デメリット>

 ・金属同士がこすれてきしみ音が鳴りやすい

 パイプベッドではパーツが軽くて細い分、木製ベッドと比べると耐久性が弱いです。そのため体重や寝相の影響を受けやすく、使っているうちにネジがゆるんだり、フレームのゆがみが生まれやすいです。このようなネジのゆるみ、ベッドフレームのきしみによって各パーツの金属がこすれるのがきしみ音の原因です。

 きしみ音の対処法としては、音が鳴っている場所を探して、ネジを締め直したり潤滑剤を使用するのがおすすめです。

 ・デザインやサイズのバリエーションが少ない

 多くのパイプベッドはデザインがシンプルで色は白黒が主流です。そのため自分に合ったデザインや色を選びたい人にとっては物足りないかもしれません。
 また、サイズのバリエーションはシングルサイズが主流で、バリエーションが少ないです。独り暮らしの人はそれで問題ないかもしれませんが、夫婦で寝るのにはあまり向いていません。

 シンプルなデザインを好む人、頻繁に引っ越しや模様替えを行うフットワークの軽い人、このような人にはパイプベッドが向いているでしょう。
 ただし、パイプベッドのきしみやすさは寝心地に関わるので、注意が必要です。

②木製のベッドは重い!上質だけど…

木製のベッドは商品の個体差が生まれやすく、大量生産がしづらいので価格帯が比較的高くなることが多いと言われています。ですが商品によっては1万円前後で買える商品も存在し、安く買える商品はしっかり存在します。

<メリット>

 ・耐久性が高い
 木製ベッドはパーツが太いです。そのため、パイプベッドと比べると耐久性が高いのが強みです。また、パーツが太いとどっしりとしたベッドになるので、きしみ音も発生しにくいでしょう。

 ・木目や木の香りにリラックス効果があり、暖かみを感じられる

 木の香りには癒しやリラックス効果があります。そのため部屋に木製のベッドを置くと、暖かみのある雰囲気をもたらしてくれるでしょう。金属を使用したベッドにはない、木ならではの強みと言えます。


<デメリット>

 ・素材が重いので組み立てや掃除がしにくい商品が多い
 木製ベッドは重いです。そのため掃除、組み立て、移動がしにくいのが難点です。特に、頻繁に行わないといけない掃除の時には、「重いベッドを動かすのが面倒くさい」と感じてしまうかも知れません。

 ・通気性がよくない
 木製ベッドは構造上、パイプベッドと比べるとマットレスの設置面積が大きいです。そのため、マットレスから降りてくる湿気を床板がさえぎってしまい、通気性が悪くなってしまうのです。

 ただし、木製ベッドの中でも「すのこベッド」は通気性がいい作りになっています。「木製だけど通気性のよいベッドがいい」という人にはすのこベッドがおすすめです。
 日本は湿度の高い環境なので、木製ベッドを使用する人は特に、マットレスの下を定期的に換気することで湿気対策を行うことをおすすめします。

 よりよい睡眠環境を追求したい人、引っ越しや部屋の模様替えをあまり行わない人、デザインにこだわりたい人、このような人には木製ベッドが向いているでしょう。



このように、パイプベッドと木製ベッドにはそれぞれメリットとデメリットが存在しています。安いベッドを探すとき、素材のメリット、デメリットに注意することで、あなたに適した商品を見極めやすくなるでしょう。


 

3,安いベッド、どこで手に入れればいい? お店 VS ネット通販 VS サブスク


ベッド

安いベッドが欲しいとき、どうやって入手するのがお得なのでしょうか?
現在はネット通販を使って実際にお店に行かなくてもベッドを買えるようになっています。また、サブスクリプションサービスで家具を借りられる方法もあります。

それでも、「実際に商品を目で見て決めたい…」、「ネットで買うのは不安…」と思って、店に足を運んで購入する人もいるでしょう。ここでは、お店での購入とネットでの購入、家具サブスクリプションといった、ベッドを入手する3つの方法のメリット、デメリットを紹介します。

①お店で買う場合

<メリット>

 ・商品に触れることができるので、寝心地を肌で体感できる
 ・店員から商品についての話を直に聞ける

<デメリット>

 ・商品を比較するのに時間と手間がかかる


②ネット通販で買う場合

<メリット>

 ・店舗家賃や人件費がかからないので、お店で買うより安い
 ・口コミで商品を比較できる
 ・お店に足を運ばなくてもいい

<デメリット> 

 ・実際に商品に触れることができないので、細かい比較がしづらい


③家具サブスクリプションで借りる場合

<メリット>

 ・初期費用が安い
 ・処分の手間が省ける
 ・気になる商品をとりあえず試してみることができる

<デメリット>

 ・商品が必ずしも新品ではない
 ・借りる期間によって、購入した方が安くなることもある


 3つの入手方法を比較すると、安いベッドを入手するにはネット通販、サブスクを使用するのがだおすすめだと言えます。
 まずネット通販は、お店で買うよりも安価でベッドを買えるのが特徴です。また、店に行かなくても写真や口コミで多くの商品を比較できることも強みでしょう。

 また「初期費用をとにかく安く抑えたい!」という人には、家具サブスクリプションでベッドを借りるのがおすすめです。月額1000円前後の価格からでもベッドを借りることができるので、ネット通販やお店で買うより安い初期費用でベッドを入手できます。借りる料金が安いので、とりあえず気になる商品を借りて好みに応じて気軽に交換する、といったこともできます。サブスクリプションサービスならではの強みと言えるでしょう。

ただし、ネット通販やサブスクのベッドは、購入時に細かな比較をしたり店員から直に話を聞くことができないというデメリットもあり、「なるべく、直に商品を見てから買うものを決めたい!」という人は、お店に行って購入する方がいいかもしれません。

それぞれのメリット、デメリットを比較して、自身の生活スタイルやこだわりに合った入手方法を検討してみてください!


↓↓↓安いベッドが欲しい方はここをクリック!↓↓↓
https://clas.style/

4,まとめ


部屋

安いベッドでも、品質の良いベッドはたくさん存在します。ただ価格が安いベッドでも、商品によって機能、素材はそれぞれ異なります。特に素材によって、重さや通気性などの度合いは特に大きく変わります。なので、自分の生活スタイルや好みを考えて商品を見極めることが大切でしょう。

ネット通販やサブスクを使えば、多種多様なベッドを家の中でもチェックすることができます。この記事の情報を元にいろいろな商品を比較して、是非自分に合った安いベッドを見つけてください!

2020/07/02 16:00

会員登録はこちらから

\今だけ!/お得なキャンペーン実施中

CLASを友達に紹介しよう!

あなたの招待URLからお友達が登録するたびに、あなたと紹介したお友達の両方に500ポイントをプレゼント!

あなたの招待URL

{{ referralUrl }}