{{ toastMessage }}
いつでも身軽なお引っ越し。
新生活応援20%OFFキャンペーン!
詳しくはこちら

おしゃれで安い!おすすめソファを多数紹介!


これから新生活や同棲を始める方は必見!
新しい暮らしをより快適に、且つお部屋を綺麗に彩りたい!そんなあなたに今オススメのソファとお得な利用方法を紹介します。

  「最近のソファってどれもおしゃれで選べない。」
「ソファ置きたいけど運び込みとか手続き大変そう〜」
「今買ってもすぐ引っ越すかもしれないし…」

こんな悩みを抱える方のソファ選びをお手伝いします。


1 おすすめソファを多数紹介!
2 ソファーでかかる費用ってどのくらい?追加費用にもご注意を!
3 実はこんな方法も! 家具貸し出しサービスCLASのご紹介
終わりに






1 おすすめソファを多数紹介!


団らん
一口にソファといっても、ご存知の通り多くのデザイン、大きさのソファが存在します!
まっすぐな背もたれのストレートソファや足を伸ばして深く背にもたれ書かれるカウチソファ、最近よく見かける組み替え自在のL字型ソファや軽快でスタイリッシュな木製のウッドフレームソファなどデザインだけでもその豊富さには驚かされます。
そんな種類豊富なソファをわかりやすく分類して紹介します!


1-1 使用人数別


使う人数によってソファは大きく3つに分かれます。

『単身用のシングルソファ』
『カップル向けのダブルソファ』
『家族やパーティー用の3人以上向けのソファ』

について順に紹介していきますね。


シングルソファ

まずは一人用のシングルソファです。 場所も取らず、小さい故の安さが魅力ですよね。また肘掛けタイプやリクライニング式など機能も豊富に揃っています。
自分だけのリラックスできる場所にしたいという方やスペースをできるだけ取らずにソファを置きたいという方にはぴったりです!

赤ソファ
↑ イメージとしてはこんな感じです!自宅での仕事や課題もはかどること間違いなしです!


ダブルソファ

次にご夫婦やカップルなど2人で利用するダブルソファがあります。一般的な2人掛け用のソファだと幅はだいたい幅1100~1600mmくらいのサイズが多く販売されています。

およそ1100mm幅の、密着して座るタイプはラブソファなんて呼ばれています。仲のいいカップルはもちろん一人でゆったり座るのにもいいですよね!
ただ2人でゆったりくつろぎたいのなら1500mm以上がオススメです。

幅だけでなく奥行きも十分にあるとより深く座れてリラックスできます。目安として奥行きは820~890mmくらいでしょうか。
2人用のソファだとデザインはもちろん座り心地をより重視しますよね!幅や奥行きなどサイズ選びも気を抜けません! ↓ ダブルソファはこんな感じです。 仲良く二人でリラックスできそうです!

白ソファ

大人数向けソファ

最後にお家でのパーティーやお子様がいる家庭で使える3人以上で使えるソファを紹介します!背もたれを倒せるタイプも多く販売されているので、ベッドの代用としても使えそうです。いろんな使い方ができて便利ですよね。

3人用と考えると幅は1800mm〜2500mmとお部屋の広さによっては結構なスペースがとられるので主張や存在感はシングルやダブルと比べより強くなってきます。
ただ1800mmのソファを置くのにお部屋の広さは8畳あれば大丈夫です。逆にそれ以下だとお部屋がかなり窮屈に感じてしまうでしょう。

後にも述べますが、大きいソファの場合、生地はフェイクレザーが個人的にオススメです。ホームパーティーや映画鑑賞の際、飲み物やお菓子をこぼしてもサッとタオルで拭き取るだけで綺麗に掃除できます!お値段もお求めやすいものが多いです。ソファの生地として他には本革や布などがありますが、痛みやすかったり汚れが取れにくかったりするので、それらを気にせず楽しむためにはフェイクレザーはぴったりじゃないでしょうか!

↓ 大人数向けソファのイメージはこちら。 家族団らんやパーティにはぴったりです!

部屋

1-2 スタイル別


次にスタイル別で様々なソファを紹介していきます。
まずはカウチソファの紹介から!


カウチソファ

カウチソファは今最も人気のタイプのソファです。「カウチ」とは背もたれに対して座面の部分が長く、寝転がることができる長椅子のことを指します。
背もたれもついている簡易的なベッドみたいなイメージですね!
カウチソファーはきっちり座るというよりは寝そべるような形でリラックスできるので、友達同士で映画を見たりゲームをしたりとプライベートでリラックスできる時間に向いています。ただ来客時や食事の際などきっちり座るという点では次に紹介するストレートソファの方が適しているかもしれませんね!

↓カウチソファのイメージです!広々としていて寝心地が良さそうです(笑)

ソファ

ストレートソファ

次に昔ながらの定番型、ストレートソファがあります。ストレートソファは最も一般的な背もたれがまっすぐとしたタイプのソファです。寝転がるよりもしっかり座りたいという方にはぴったりなタイプです。
最もシンプルなスタイルなので家具のレイアウトがしやすいのが特徴です。お部屋のインテリアの中心として活躍してくれそうです。

ただカウチソファに比べて座面の部分が小さく寝転がったりするのには少し不向きです。カウチソファよりは少しフォーマルな印象ですね。

ただオットマンを併用すれば足を乗せて伸ばすこともできて、より一層リラックスできます。オットマンとはソファや椅子に座る際前方において使う足乗せとして便利なソファで、フットスツールと呼ばれることもあります。サイズやデザインも様々なものがあります。


↓ イメージとしては下のような感じです。

オットマン

クッションやオットマンがあるとソファがよりコーディネートされ美しく見えますね。自分だけの組み合わせを考えて、さらにおしゃれなお部屋に変身させることができます。お部屋の広さに余裕があるならストレートソファにオットマンの組み合わせもアリかもしれませんね。


コーナーソファ

最後3つめがコーナーソファです。コーナソファは文字通りお部屋の角におけるよう形がL字型になっているソファです。隅における分、お部屋の余分スペースまでしっかりと有効活用できるでしょう。またコーナーソファは幅に加えて肘置きや背もたれ、座面のクッションにボリュームがあるものが多く高級感があるものが多いです。置くだけでお部屋を簡単にラグジュアリな空間にしてくれます。またL字型なので自然とお互いの顔を見ながら座ることができます。ストレートソファやカウチソファにはないメリットと言えそうですね。恋人同士で少しリッチなお部屋にしたい方にとってはベストだと思います!

デメリットとしては角に置くと床や壁が見えなくなる分、お部屋が少し狭く見えること、思ったより座れないということがあります。コーナチェア(L字型の角の部分)に座ると両サイドの人の足に当たって座りにくいですしね。

↓ コーナーソファの例です。材質が革製なのもあり、コーナーソファは高級感が出ますよね!

コーナー

以上のメジャーな3タイプに加え、新しい形状のソファもどんどん登場してきています。今だと「人をダメにするソファ」として知られるビーズソファなんかがその代表です。ビーズソファは中のビーズが体に合わせて流動しフィットするようになっています。極上の心地よさを体感できる最新型のソファです!
「普通のソファじゃなんか嫌」、「独創性のあるインテリアを作りたい」という方はぜひビーズソファを始め最新型のソファも検討してみてはいかがでしょうか?


1-3 生地別


サイズや形状はもちろん生地の種類も、心地よさや値段に大きく影響してきます。 代表的な生地には「布」、「革」、「合成皮革(フェイクレザー)」の3つがあります。それぞれ説明していきますね。


布製ソファ

まずは布製ソファについて、布製の特徴はなんといっても温かみのある優しい肌触りです。昔ながら使われてきた生地だけに3つの生地の中で最も色や柄のバリエーションが多く、コーディネートを楽しみやすいのも魅力です!
通気性が良いこともあり衛生面もグッドです。

デメリットとしては汚れがつきやすく染みやすいことです。Tシャツの染みが落ちにくいのと同じですよね。また生地によっては毛玉ができやすかったり、繊維が切れてしまったりと劣化しにくいとは言えなさそうです。


本革製ソファ

次に本革製ソファです。本革製のメリットはやはり革特有の高級感と心地よさです!主に牛革が使用されることが多く、使用するにつれ味が出てくるのも革製のいいところです。お部屋に高級感を持たせたい方、費用を惜しまない方にとってはぴったりのソファと言えるでしょう。

ただその高価格はもちろん革製のデメリットとも言えます。
その他、革の性質上、水を吸いにくいことから夏はベトベトし、冬は冷えやすく少し冷たく感じてしまうこともあるようです。

  ただこういった使用感の問題は「染め」と言われる表面の顔料によるコーティングによって比較的解決できます。
革の表面に塗料を吹き付けることで塗膜をはるイメージです。「染め」によって革の質感を保ちつつ、表面がより滑らかに丈夫になります。またカラフルな革製ソファなんかも作れちゃいます!
「染め」には顔料仕上げやセニアニリン染め、アニリン染など多様なコーティング方法があり、それぞれに特徴やメリットがあります。気になる方はぜひ調べてみてくださいね。


合成皮革(フェイクレザー)

最後は「合成皮革(フェイクレザー)」の紹介です。
合成皮革はソフトレザーやビニールレザーとも呼ばれる人工的に作られた素材です。比較的安価で本革に近い風合いが楽しめるので、予算を気にされる方、転勤や同棲、引っ越しなどで買い替えが多い方にもオススメです。

合成皮革のメリットはやはり安価であることや手入れのしやすさなどが挙げられます。また本革よりも製品が多くカラーも豊富に揃っているので、安く高級感のあるインテリアを作りたい方にはベストな選択ではないでしょうか?

一方でデメリットとしてはやはり本革よりは高級感、強度という点で劣るということが考えられます。ただ価格が圧倒的に本革より安い点を考えればそれも許容範囲内だと私は考えます。私も合成皮革のベッド式ソファを使っていますが、3年経った今でも汚れや破れもほとんどなく、とても気に入っています。
合成皮革は個人的にとてもオススメです!



2 ソファでかかる費用ってどのくらい?追加費用にもご注意を!

女性

  ソファを買う際やっぱり気になるのは価格ですよね!ほとんどの人にとって大型家具であるソファはやはり値段の張る買い物でしょう。ここではソファを買う際、かかる費用について細かく解説していきます。


2-1 格安ソファと高級ソファの違い


みなさんソファの大体の値段を聞かれると即答できますか?
私はできません(笑)今では外国メーカーによる格安ソファーから高級メーカーによる超高級ソファまで様々な値段のソファが存在します。
格安ソファとしてはニトリ、超高級ソファではイタリアのCassina(カッシーナ)なんかが有名ですよね!
ソファの価格は一番安くて2万円、高いものだと制限はなく100万円を優に超えてきます。

以下ではあくまで参考程度にはなりますがソファの値段について詳しく見ていきます。
まずは安いものから見ていきましょう。

圧倒的な低価格の家具メーカーにはニトリなんかがありますよね。二人用のサイズだと布製で2万5千円から6万円程度、本革製で6万円から20万円程度といった値段です。
また布製では5万円、革製では10万円程度のものが比較的多く販売されているようです。
同じような二人用サイズのソファを大塚家具で調べてみると布製で5万から15万円、革製では30万円から300万円まであり、布製だと10万円前後、革製だと50万円程度のものが多く販売されています。

また合成皮革タイプのソファは布製と本革製の中間の値段で、含まれている素材や本皮の割合によって大きく値段が変動します。


少なからず値段を重視する人にとっては外国メーカーの安いソファは魅力的に見えますよね!ただ安い価格には必ず落とし穴があります。
一番顕著な点は耐久性の違いです。安いソファは大量生産を前提としているのでソファの構造に歪みが生じたり、縫い目が破れてしまったりと寿命は高級ソファに比べ圧倒的に短く、長くて3~4年といったところです。一方数十万円の高級ソファは職人が一つ一つ丁寧に手作りをしているものがほとんどで寿命は20年〜30年と長いです。

また座り心地にも大きな差があります。安いソファは座り心地を追求したものが少なく、長時間座続けると腰が痛くなってくることが多いです。一方高級ソファは生地や構造など座り心地を追求した上で作られており、快適さは全く違います。また高級ソファを購入した場合、ケアも手厚く、オーダーメイドサービスやコーディネートサービス、故障時の部品の無料交換などサービスが豊富です。一方安価のソファの場合、サポートサービスは充実しておらず、故障の際は修理または買い替えの必要があります。
何度も買い換えるとなると単純に安いものほどいい!というわけではなさそうです。
サポートサービスや耐久性まで重視するなら最低でも布製ソファで10万円、本革製ソファだと50万円、合成皮革で30万円程度は必要になるでしょう。なおこれは一般的なダブルソファの場合です。ソファのサイズや形状によって最低価格は更に高くなります。


2-2ソファ本体以外にかかる費用


ソファは家具の中でも最も大型の部類に入ります。当然一手間に買って帰り、いらなくなったら捨てるということはできません。購入、設置、売却にも手間やお金が生じます。

これら手間やお金について、まず凡そ30万を超える高級ソファを購入した場合、これら追加費用は一切かからない場合がほとんどです。 送料や設置量、部品やパーツの交換料金はメーカー側が主に負担してくれるシステムです。更に引き取り料金も負担してくれるメーカーも存在するようです。追加料金がかからないのは安心ですよね!

ではこれらサポートサービスが充実していない安価なソファの場合、どんな料金が本体とは別にかかってくるのか?
例えば先述のニトリの場合、送料と設置料金込みで大体3千円の費用がかかります。料金は平日と土日、配送先に対して変化するのであくまで参考として捉えてください。

また廃棄の際も粗大ゴミとして自治体に引き取ってもらう場合で千円から2千円、回収業者に依頼する場合は7千円から1万2千円程度が相場のようです。つまり設置と廃棄を含めて最低でも5千円程度はかかってくることになります。

ソファの価格に比べれば少ない金額ですが、予算を気にされる方にとっては無視できない金額ですよね。またゴミとしてご自身で廃棄される場合、お住まいの自治体に詳細を確認し、スーパーやコンビニで粗大ゴミシールを買い、決められた日程に回収場所へ運び出す必要があります。考えただけで大変そうですよね。少なくとも面倒くさがりの私にとっては一大苦労です(笑)

回収の方法として他にもリサイクルショップに引き取ってもらう、新しいソファを買って古いものを無料で引き取り処分してもらう方法がありますが、ソファがある程度高級なもの、または新しいソファの購入が必要になるなど費用がどうしても必要になってきます。
処分という点に関しては、ご自身で面倒な作業をして安く済ませるか、割り切って高い費用を払うかのどちらかということになってきます。


2-3 格安ソファの落とし穴


確かに外国メーカーのソファは安価で魅力的ですが、これまで述べたようにデメリットもかなり多いことは確かです。

実はこれら格安ソファは長く使われず、不要になったら捨てるという前提で作られています。つまり頻繁な買い替えを前提としていて、ライフタイムで考えると割高になることもあるということです。

格安家具の店舗は郊外にあることが多く、店舗にいくのにも一苦労です。人によっては車を借りたりする必要もあるでしょう。送ってもらうにしても相応の送料がかかってきます。また購入後も故障する可能性が比較的高く、寿命は長くありません。すぐに新しいソファを買うことになるかもしれません。

また引越しの際、格安ソファの中には分解して運べないものも存在し、引越し業者から「運べない」と言われることもあるそうです。
引越しのたびに処分して新しいソファを買うのは余りにも経済的、労力的に非効率ですよね...。

格安ソファがダメと言っているわけではありませんが、低価格ゆえのリスクや追加費用のことまで考えた上で購入すべきでしょう。

さて!ここまでソファの種類や価格、追加費用に至るまでたくさん書いてきました。
あなたに最も合ったソファを見つける手助けができたなら僕も嬉しい限りです。
ただここまで読んで、
 「高級ソファは手が届かない。だけど格安ソファもリスクは大きいのか」
 「格安ソファも高級ソファもメリットとデメリットがあって選べない。」
 「欲しいソファが多くて選べない。頻繁にソファを取り替えたい!」
 「いつ引っ越すかわからないし、ソファの購入は諦めよう」
なんて思っている方いらっしゃいませんか?

実はソファをお家に置くには「買う」以外にも方法があります!!



3 実はこんな方法も! 家具貸し出しサービスCLASのご紹介


社長

ソファは買う以外に借りるという選択肢もあります ! そんなサービスを展開しているのがCLASという家具の貸し出しサービスです。


3-1 CLASって一体どんなサービス?


CLASとは一言で言えば家具や家電のサブスクリプション(貸し出し)サービスです。「暮らしを自由に、軽やかに」をビジョンに月400円から借りることのできるレンタル家具、家電のサービスを提供しており、もちろんソファに関しても多くの種類から選ぶことができます。

ネットで注文するだけで配送と設置まで任せることができ、交換の際も連絡一つで対応してくれます。もちろん品質は格安ソファよりも断然に良いものが揃っており、月々の貸し出し料金さえ払えば低価格で高品質なソファを利用できます。
ソファはもちろんスマホ一つで家具や家電を揃えることができ、面倒な手間なく好きな家具や家電を揃えることができます。
月々2万円程度で一人暮らしに必要なすべての家電、家具を揃えることができます。

↓CLASについてもっと詳しく知りたい方はこちら↓
https://clas.style/


3-2 CLASのメリット


CLASのメリットは大きく4つあります。


CLASのメリット1 お手頃な料金設定

上でも述べたとおり品質のいいソファを買うには一番安い布製でも最低10万、本革だと最低50万円は必要になってきます。しかしCLASのサービスを利用すれば高品質のソファを月々3千円から利用することができます。

もちろんソファの他にもベッドやテーブルなどの家具、テレビや洗濯機なども手頃な価格で借りることが可能です。ソファに比べ他の家具や家電はより料金が安くなっており、ソファとまとめて色々借りても料金が跳ね上がることはありません。初期費用をかなり抑えられるという点は非常に魅力的です!


CLASのメリット2 サービスの手軽さ

ソファーを始め目当ての家具、家電を揃えるには普通いくつもの店を周って購入、発送や設置の手続きをする必要があります。中には自分で組み立てが必要になるものもあり、多大な時間がかかります。

特に引越しの多い人、買い替えを頻繁にする人にとってはかなり面倒ですよね。しかしCLASのサービスを利用すればスマホ一つで家具や家電を揃えることができます。引越しの際もスマホ一つで全て返却することができ、身軽に引越しすることが可能です。場合によっては引越し料金も安くなるかもしれません。


CLASのメリット3 コーディネートのしやすさ

CLASで利用できる家電、家具は半数以上が自社の工場で作っている家電なので、同じ製品でもかなり細かくサイズが設定されています。
またデザインもシンプルなものが多く、CLASの製品はすべて同社のブランドのためどの家具、家電を選んでも全体的な調和が取れるよう設計されています。異なるブランドから統一感を保ち家具や家電を選ぶのは以外にも難しく、統一性が乱れることが多くなりがちですが、CLASの家具、家電の中から選べば自然と調和がとれた美しいインテリアに仕上げることが可能です。


CLASのメリット4 損傷を気にせず使える!

貸し出しサービスと聞くと「もし傷つけちゃったらどうしよう」「高価な家具家電を買い取ることになるかも」といった心配をする人もいらっしゃると思います。
ただCLASを利用する上でそういった心配をする必要はありません。

CLASは家具の故障に備えて保険に入っておりその保険料も貸し出し料金に含まれています。よって故意による故障でなければ追加で料金を請求されることはないです。

また修理、修正の上で再貸し出しをすることを念頭に置いているので、多少の傷が付くことを前提にサービスが提供されています。つまり損傷は気にせず使うことができます!


CLASの注意点

ここまで読んでいただいた中で
 「継続して借り続けるなら買ったほうが安くなるのでは?」
 「届く家具、家電って新品じゃないの?」
と思った方がいらっしゃると思います。
確かに同じ家具を長くレンタルすると料金はかかり続けます。ただ利用期間によってレンタル料金は安くなり2年目以降は50%OFF、3年目以降は80%OFFと料金は格段に安くなっていきます。家具を気に入っていただき継続してレンタルされても損をしにくいような料金システムになっています。

また確かに貸し出しされる家具はセカンドハンド品である可能性があります。ただ一度利用された家具・家電の修繕やクリーニング・消毒はしっかり施されているのでよほど綺麗好きの方というわけでなければ、心地よく利用することができます。



終わりに


本記事ではソファの購入を考えておられる方へ、ソファの種類と費用について紹介させていただきました。
「これだ!」というお目当てのソファが定まらない方、「高級ソファは買えなさそうだけど、格安ソファは不安。」という方!
CLASでは今なら会員登録でいつでも使える1,000円分のポイントがつくため、
手軽にはじめやすくなっております。

まずは、お試しでCLASを始めてみてはいかがでしょうか?

ぜひ一度ご覧になり商品を見てみてください!

↓CLASの公式ホームページはこちら↓
https://clas.style/


2020/07/11 00:00

会員登録はこちらから

\今だけ!/お得なキャンペーン実施中

CLASを友達に紹介しよう!

あなたの招待URLからお友達が登録するたびに、あなたと紹介したお友達の両方に500ポイントをプレゼント!

あなたの招待URL

{{ referralUrl }}