{{ toastMessage }}
いつでも身軽なお引っ越し。
新生活応援20%OFFキャンペーン!
詳しくはこちら

ナチュラルインテリアで素敵空間づくり! 選び方からレイアウト方法までお教えしちゃいます!



皆さんにとって、リビングはリラックスするためのスペースであり、家の中でも最も大切な場所の一つですよね。
しかし、そんなお部屋作りをしようとした際にこんな悩みを抱えたことはありませんか?

「木製の家具や植物など、ナチュラルな要素のあるインテリアに惹かれるけれど、いまいち方向性がまとまらない・・・。」

「モノトーン?アンティーク?北欧?自分に合うスタイルが見つかっていない」

そこで、この記事ではナチュラルテイストなリビングにするための家具やインテリアの選び方、色やレイアウトの工夫など、落ち着けるお部屋作りのポイントを実例を見ながらご紹介します!

さらに、素敵なリビングのためのインテリアコーディネート術を紹介した後に、賢くおしゃれな家具やインテリアを揃える方法をお教えします!



第1章 ナチュラルスタイルってどんなもの?
第2章 ナチュラルインテリアで落ち着きある空間を!
第3章 目指せ素敵空間!家具・インテリア選び編
第4章 目指せ素敵空間!レイアウト・色選び編
第5章 お得におしゃれなインテリアをそろえる方法!
まとめ




第1章 ナチュラルスタイルってどんなもの?


部屋

一口に「ナチュラル」といっても、様々なスタイルがあって迷ってしまいますよね..
そこで第1章では人気のナチュラルスタイル6選をご紹介します!


①シンプルナチュラル


テーブル

「シンプルナチュラル」のスタイルはスッキリ・さっぱりが特徴のシンプルインテリアと
ウッディで暖かい印象のナチュラルインテリアの良いところを組み合わせたスタイルです!

写真のお部屋を見ても全体的に明るい木目のインテリアが多用されていて、木の温かみが伝わってきますね!


②モダンナチュラル


部屋

「ナチュラルモダン」スタイルは、一見「ナチュラル」とは素材や色合いの面で真逆のスタイルである「モダン」のインテリアをかけ合わせたスタイルです。

このスタイルは、直線的でシンプルなデザインとブラウンカラーの落ち着いて色合いのインテリアが特徴です!

ナチュラルテイストの凡庸なイメージと、モダンテイストの機械的で冷たいイメージをお互いに打ち消しあってくれる効果もあります。
性別や年齢を問わず、多くの人に受け入れられやすい点も魅力の1つです!


③ナチュラルカントリー


部屋

「ナチュラルカントリー」は、自然素材を使用した淡い色を基調とするカントリー調とナチュラルテイストを融合させたスタイル。

白と薄茶色をベースとしていて、温かみのある雰囲気を持ちながらも生活感もあるため、模様替え初心者さんも挑戦しやすいスタイルです!

木の素材感を生かしつつ、さまざまな小物や雑貨を置くことでテイストを際立たせるという特徴があります。


④モノトーンナチュラル


グレー部屋

「モノトーンナチュラル」のスタイルは、ナチュラルテイストのお部屋に大人っぽさをプラスしたい方にぴったり!

グレーやベージュ、黒といった落ち着いた色味を加えると、お部屋の雰囲気もガラッと変わります!


⑤ナチュラルアンティーク


部屋

「ナチュラルアンティーク」はナチュラルテイストにアンティーク調のインテリアや装飾を取り入れたスタイルです。

ナチュラルインテリアで温かみを出しつつ、使い込むほどに味わいが深くなるアンティークアイテムで遊び心をプラスできます!


⑥北欧ナチュラル


寝室

「北欧ナチュラル」スタイルは、ウッディで温かい印象のナチュラルインテリアと、シンプルで温かい印象で、おしゃれな柄物のインテリアも多い北欧スタイルを融合させたスタイルです!

北欧スタイルは白やグレーといった色を基調としていて、お部屋を明るく見せてくれる効果もあります!

柄物のインテリアも多いため、お友達のお部屋と差をつけられるかも!?


第1章ではナチュラルインテリアを取り入れたスタイルを6選ご紹介しました。
気になるスタイルはありましたか?

お部屋の間取りや、壁紙、床の色味によってもお部屋の雰囲気は大きく左右されるため、お部屋にあったスタイルを選ぶと良いですね!



第2章 ナチュラルインテリアで落ち着きある空間を!


さて、お部屋作りをする上で一番大切なのはやっぱり「落ち着き」ですよね。

ここではナチュラルインテリアを使用して、落ち着きのある空間を演出しているお部屋の例を3つご紹介します!


①淡い色合いの木目インテリアで癒し空間


ダイニング

こちらのお部屋は、薄いベージュと木目のインテリアで統一されています。

ママ友を呼んでゆっくりおしゃべりするのにもぴったりですね!


②アイアンウッドと柄物カーペットでおしゃれ空間


ソファ

こちらのお部屋はダイニングテーブルやローテーブル、椅子などをアイアンウッド調のインテリアで揃え、柄物のカーペットで凡庸な印象にならず、おしゃれな空間を演出しています。

家族みんなでくつろげるソファも魅力的ですね!


③木目を生かした大人のくつろぎ空間


ダイニング

こちらのお部屋は床の木目と壁のはっきりした木目が印象的です。

ソファを暗めのブラウンにすることで落ち着いた大人の空間を演出しています。

友達を招いてのちょっとしたディナーなどにもぴったりですね!



第3章 目指せ素敵空間!家具・インテリア選び編


部屋

「気に入ったスタイルはあるけど、何から始めればいいかわからない...」
「どんな家具を選べばおしゃれになるのかわからない...」

そんな方必見!
素敵なお部屋を作るための家具・インテリア選びのポイントを実例を挙げてご説明します!


①こだわりのアイテムを1つ決める!


インテリアを決めるとき、何から決めればいいか迷ってしまいますよね。

そんな時は、まず自分の気に入ったデザインの家具を探しましょう!

その中から、コーディネートの中心となるような、大きくて存在感のある「こだわりインテリア」を決めましょう!

この「こだわりインテリアは」ソファやダイニングテーブルなどのこと。
コーディネートの中心となるものなので、余裕のある方はご予算を高めに設定してみてもいいかもしれませんね。


部屋
例えばこちらのお部屋はグレーのソファと同系色のラグが特徴的ですね。

このソファを最初に「こだわり家具」として決めておきます。

そのあとにラグを選ぶときには同系色のものを選ぶとお部屋のアクセントにもなり、まとまりの良い印象になります!


②素材で統一感を!


「こだわり家具」が決まったら、その他のインテリアを揃えましょう。
この時のポイントは、同じまたは似たような素材のアイテムを選ぶことです!
これによりお部屋に統一感が出ます!


部屋
先ほどと同じお部屋の例で説明しましょう。

グレーのソファとラグに合わせて、木の素材感が魅力的なローテーブルやテレビ台、棚などで揃えています。

ソファの脚も木なので、統一感のある仕上がりとなっていますね!


③ワンポイントで小物やインテリア雑貨を活用!


小物やインテリア雑貨をワンポイントで置くことで、よりコーディネートの統一感を出すことができます!

さらに、ワンポイントのインテリア雑貨はよりおしゃれに、ワンランク上のお部屋へと導いてくれます!


オススメのインテリア雑貨は、

●観葉植物
●絵・アート
●間接照明


の3種類です!
順を追ってご説明します!


●観葉植物


植物

お部屋に緑があるだけで、お部屋の中がパッと明るくなり、よりナチュラルで自然な雰囲気になりますよね!

そこで、観葉植物を置くときに気をつけるべきポイントを3つご紹介します!

①なるべく日当たりのいい場所に置く
②形や大きさが変わることを考慮する
③家具とのサイズ感を考慮する

植物は個体差はありますが、基本的に日が当たらないと元気がなくなり、次第に枯れてしまいます。
そのため、なるべく窓際などの日当たりの良い場所に置きましょう!

また、観葉植物は物によってはぐんぐん成長します。

「ちょっと大きくなりすぎちゃった...」

なんてことが起こりがちなので、事前にどのくらいまで大きくなるかもリサーチしておくと良いでしょう。

家具とのサイズ感も大切ですね!

大きい家具の周りに大きな観葉植物を置いてしまうと、全体的にごちゃごちゃした印象になってしまうので注意が必要です。


●絵・アート


アート

「ここの壁がなんか寂しい...」

そんな時は絵を飾ってみましょう!

ナチュラルで統一されたお部屋の中にあなただけの個性を出すワンポイントになってくれますよ!

こちらでは絵を選ぶ時のポイントを3つご紹介します。

①広めの何もない壁にかけよう
②高さは目線の高さで
③ボリュームと形

まず絵を掛ける壁は、主役の絵が引き立つように何もない、さらになるべく広い壁が良いです!

そして次に高さですが、美術館などでは人の目線に合わせて、絵の中心部が床から約140〜150センチになるように展示されています。
お部屋に飾る時もこれは同じで、絵の中心が床から約140〜150センチを基準にすると良いでしょう!

下にソファなどの家具があっても、飾る位置が上すぎないように注意してみてくださいね。

そして一番重要なのが、ボリュームと形です!

飾る壁が横長の空間なら、絵も横長のものを
縦長の空間なら、絵も縦長のものを用意しましょう。

大きさに関しては、
壁面に対して約50%を占めるほどのボリュームの絵だと華やかでモダンな印象に、
約20〜30%くらいの小さいものだとシンプルでカジュアル、落ち着いた静かな印象になります!

絵を選ぶ際にはぜひ参考にしてみてくださいね!


●間接照明


ソファ

間接照明には様々なメリットがあります。

間接照明は単におしゃれなアイテムではありません!
なんとリラックス効果までもたらされます。

さらに、壁や天井に光をあてることで、お部屋を広く見えせてくれる効果もあるそうです!

温かみのある居心地の良い空間を演出してくれるので、リビングにはもちろん、寝室にも取り入れられることが多いですよ。


いかがでしたか?

小物やワンポイントを活用して、ワンランク上のおしゃれ空間を目指しましょう!



第4章 目指せ素敵空間!レイアウト・色選び編


画質悪

家具・インテリアの選び方をマスターしたら、次は、

   ・レイアウト
   ・色選び

の観点から、素敵な空間を作るためのポイントをお伝えします!



・レイアウト


お家の中心的な存在であるリビングを居心地の良い、素敵な空間にするためには、リビングという広い空間にバランスよくインテリアがレイアウトされているということがとても重要です!

では、居心地の良いリビングとは、どんなものでしょう?

それには【生活動線が確保されていること】が不可欠です!

生活動線が確保されている上で、レイアウトのポイントをご紹介します!

重要なのは、家具を置く順番です!

テレビ→ソファ→テーブル→ラグ→その他

という順番で家具をレイアウトしていくと誰でも簡単にバランスの良いレイアウトが完成できちゃいます!

また、リビングのレイアウトには2つの基本パターンがあります!
実際にお部屋の写真を見ながら確認していきましょう!


①L字型レイアウト

ソファ

2つのソファをL字型に置く、またはL字型のソファを置くレイアウトです。
スペースが有効活用でき、来客時も正面に座って話すことがないので、リラックス出来そうですよね!


②コの字型レイアウト

ラグ

中央のテーブルを3方向のソファで囲むレイアウト。
大家族のかたはこのタイプがおすすめ!
来客時には正面に座ったり隣に座ったり、気分によって変えることができます!


・色選び


ごちゃごちゃしたお部屋になってしまうのを避けて、スッキリ落ち着いた雰囲気のリビングを作るために、カラーコーディネートはとても重要です!

ここではインテリアにおけるカラーコーディネートの配色のポイントをお伝えします!
基本の黄金比率は70:25:5と言われています。


ベースカラーとはお部屋の中で大きな面積を占める色、壁、床天井の色などのことです。
アソートカラーはベースカラーの次に面積の広いものの色、建具・家具全般、カーテンの色など。

まずこの2つのカラーを決めることが重要です!

そのあとにアクセントカラー、お部屋の中の差し色となる強調色をクッションカバーやソファーカバー、小物などに取り入れていきましょう!

基本の黄金比率を理解した上で、具体的な色味を決めていく際は、お好みのスタイルを意識して、それに会う色味を選ぶと良いですよ!



第5章 お得におしゃれなインテリアをそろえる方法!


さあ、あとは実際に家具をそろえるだけ!

でも、あちこち回るのも大変だし、家具の組み立ても面倒ですよね。

そんなお悩みを抱えた方や、
おしゃれで素敵なナチュラルテイストのインテリアをお得に揃えたい方はこちら!

CLAS

CLAS(クラス)は、家具レンタルのサブスクリプションサービスです!

特徴としては、

①シンプルなデザイン
②交換できる
③組み立てオプションがある

CLASの家具はシンプルなデザインでクセがないため、どんなお部屋にも合います!

借りた家具は交換が可能というところが、家具を買う場合と違って魅力ですよね。

また面倒な組み立てをお任せできちゃうところも大きな魅力の1つです!
組み立てオプションは、プライベートブランドの家具なら無料、他のブランドだと追加料金みたいです。

家具をどうしようか迷っている人はぜひ一度こちらのリンクからチェックして見てくださいね!
https://clas.style/



まとめ


いかがでしたか?

ご自分にあったナチュラルスタイルを見つけられましたか?

ここまで読んでくださった方はもう、レイアウトもコーディネートもバッチリです!

ぜひ、胸を張ってご友人を呼べる、おしゃれで落ち着いたお部屋をゲットしてくださいね!



2020/08/02 00:00

会員登録はこちらから

\今だけ!/お得なキャンペーン実施中

CLASを友達に紹介しよう!

あなたの招待URLからお友達が登録するたびに、あなたと紹介したお友達の両方に500ポイントをプレゼント!

あなたの招待URL

{{ referralUrl }}