{{ toastMessage }}

[2020年最新]一人暮らしの部屋をオシャレにする家具の選び方からおすすめの家具までを1から解説

一人暮らしの家具をワンランクアップさせ、自分の部屋を今よりオシャレにしたいと考えていませんか?

そんな中、家具を選ぶ上で 「ネットで調べても色々あって決められない」 「どの家具が自分の部屋に合うか分からない」 「自分の部屋をもっとオシャレにするのにどうしたらいいか戸惑っている」 と色々な不安があると思います。

この記事では、誰でも簡単に自分の部屋をオシャレにできる方法を1から全て解説していきます。

これを読めば、あなたの部屋友達から羨ましがられる部屋へ大変身させることができます。

目次

  1. 一人暮らしで家具を選ぶ上で大切なこと
  2. 自分の部屋のインテリアを決めよう
  3. 部屋をオシャレにする家具選びの4つのステップ
  4. 家具選びで気をつけなければいけないこと
  5. 一人暮らしには『家具のサブスク』がおすすめ
  6. オシャレな家具のサブスクは『CLAS』
  7. まとめ

1.一人暮らしで家具を選ぶ上で大切なこと

まずはじめに、おすすめの家具を紹介!

ではなく、その前に!

インテリア(室内装飾)について話していきたいと思います。

なぜインテリアの話をするかというと、家具選びで気を付けなければいけないことがあるからです。

それは、 『オシャレな家具を選べば部屋をオシャレにできるとは限らない』ということ。

実は、部屋のオシャレさは部屋全体のバランスがものすごい重要なのです。

あなたの部屋をワンランクアップさせる家具の選び方として 『自分の部屋のインテリアの系統』や『部屋の大きさ』、『一人暮らしにおすすめの家具』を理解することで本当にオシャレな家具を選ぶことができるんです。

それでは、やっていきましょう。

2.自分の部屋のインテリアを決めよう

一人暮らしでは、自分好みの部屋にするのが楽しみの一つでもありますよね。 家具を選ぶ上で最も大事なのが自分の部屋のインテリアのスタイルが決まっていることです。インテリアによって家具の系統は大きく変わるからです。

ここで注意するべきなのは、 ・自分の部屋のインテリアがどういう系統なのか ・自分の部屋のインテリアをどういう系統にしていきたいのか です。

まずは、その二つを決めるために 『インテリアの種類』 『人気のインテリア』 『一人暮らしにおすすめのインテリア』 をみていきましょう。

2-1.インテリアの種類

インテリアの種類は細かく分類すると、約30種類にも及ぶと言われています。 その中で、4タイプに分け、主によくみられるインテリアを紹介していきます。

〜シンプル系〜 ①ナチュラル(北米風)スタイル 特徴:シンプルな白の中にあたたかい木のぬくもりを取り入れた優しい雰囲気のインテリアです。北米とナチュラルは日本ではほぼ違いがなくなってきているため、同じ分類にしました。

ナチュラル

②ミニマルスタイル 特徴:シンプルなものだけを用いるのに加え、最小限に家具を抑えるインテリアです。性別問わず人気なのが特徴的です。

ミニマルスタイル

〜高級系〜 ①エレガンス(フレンチ、クラシック)スタイル

特徴:華やかなヨーロピアンスタイルといったイメージのインテリアです。この部屋にいると、まるで貴族のような感覚になります。家具はビンテージものが多く、集めるのに費用が高くかかってきます。

エレガンス

②カントリースタイル 特徴:欧米の田舎風コーディネートといったイメージのインテリアです。エレガンススタイルやクラシックスタイルに比べるとどっしりとした印象で、どこか懐かしさを感じさせてくれます。

カントリー

〜クール系〜 ①アーバンスタイル 特徴:都会的でシックな雰囲気のインテリアです。シンプル系でもありますが、金属製や革製の家具や黒と白といったはっきりした色を使うのが特徴であり、部屋のかっこよさを引き立てます。

アーバンスタイル

②モダンスタイル 特徴:グレーや白を基調としたスッキリとした金属製や木製のフォルムや大胆な造形の家具を取り入れたインテリアです。アーバンスタイルとの違いは、木製を使うか、使わないかがあります。

モダン

〜明るめ系〜

①カジュアルスタイル 特徴:木の色を基調とし明るめの色の家具が利用されたインテリアです。日本でよくみられるスタイルとなります。

カジュアル

②ボヘミアンスタイル 特徴: 形式にとらわれてないジャンルの、自由で素敵な表現をするインテリアです。アジアンテイストやアフリカンテイストなど様々なものがあり、どれも独創的なスタイルなのが特徴的です。

ボヘミアン

2-2.人気のインテリアの系統は?

8種類のインテリアについて紹介してきましたが、若い女性の中で特に人気なのは、シンプル系の『ナチュラルスタイル』『北米風スタイル』のインテリアです!

人気

インスタでも #インテリア と検索したらこの系統のような部屋がたくさん上がっています。

また、この勢いはインテリアだけに収まらず、 美容品やカフェの商品、写真スポットまでもこのクセのないシンプルなスタイルが使われ始めています。

シンプル

また、このシンプル系は若い男性にまでも広まっており、 『シンプルで最小限の物しか持たないミニマリスト』が多く出てきています。

今、若者の中では『シンプル=オシャレ』と言っても過言ではないくらいな勢いです。

2-3.一人暮らしにおすすめのインテリアの系統は?

これも人気であるシンプル系の『ミニマル』『ナチュラル(北米)』が選ばれます。 理由は大きく分けて3つあります。

①部屋が大きく見える

一人暮らしの部屋の悪い点は、 『部屋が狭く感じてしまう』ところです。 これはあまり良くないことで、部屋に不満を感じていると人のメンタル状態は悪くなってしまうという論文も出ています。

部屋

シンプル系のインテリアでは主に白を用います。白は膨張色であり部屋を大きく見せる作用があります。また、シンプルな家具も多く部屋全体が圧迫されず広く感じることができます。

②飽きにくい

一人暮らしで家具を変えることは結構大変なことです。 だから、飽きない家具って意外と大切なんです。

飽き

シンプルな家具だと、人は飽きにくい傾向があります。これは視線に入っても意識しにくいのが理由の一つでもあります。それにより、それぞれの家具を長く利用できます。

③他の家具と合わせやすい

「もし、合わなかったらどうしよう」 と家具選びで不安になる人がいると思います。

合わせやすい

シンプル系の家具は色合いがどの家具も似ている部分が多く、癖のないデザインが多いため基本的に相性の良い家具が多く、合わせやすいです。

3.部屋をオシャレにする家具選びの4つのステップ

ある程度、どのようなインテリアにしていこうか決めることができたと思います。 ここでは、

・部屋の大きさ別のレイアウトを確認しよう ・一人暮らしに必要な家具をチェックしよう ・部屋をワンランクアップさせる4つの家具を置いてみよう ・部屋を広く見せる3つの工夫をやってみよう

の4つのステップに分けて説明していこうと思います。

3-1.部屋の大きさ別のレイアウト

部屋の大きさによってレイアウトは異なります。 自分の部屋の大きさと照らし合わせて自分に合った置き方を見てみましょう。 ①6畳~8畳のお部屋

6畳: 都会に住む方ならこの大きさの人が多いと思います。6畳では、置くことができる家具が限られるため、自分が置きたい主役の家具を選ぶことをおすすめします。

8畳: 一人暮らしでは不満なく過ごすことができる大きさです。6畳の時に加えて、自分が置きたいものを余裕を持って置くことができます。自分の作りたいインテリアに合わせて、書斎や大きい収納ボックスを買うのもありです。

6畳、8畳での必要な家具の置き方を3タイプ紹介していきます。

A.ベッド+デスク

ベッド

特徴:ベッドにデスクと椅子を主においたレイアウトです。このように配置した場合、テレビを見るときはベッドから見るか床で見ることになります。また、ベッドをソファベッドにすることでスペースを取ることなく、ソファも利用することができます。

こんな人におすすめ: ・椅子に座って作業や食事がしたい人

B.ベッド+ソファ

ソファ

特徴 :ベッドのすぐ横にソファを置く置き方です。スペースは狭くなりますが、ソファで快適に過ごすことができます。あとは好みですが、ローデスクを配置するのもアリかと思います。

こんな人におすすめ: ・ソファに座りたい人 ・スペースが狭くなっても構わない人

C.ベッド+ローデスク

ローデスク

特徴:ソファや椅子を置かず、ローデスクを置き、床で過ごすインテリアです。

こんな人におすすめ: ・基本的に床で過ごすことが多い人 ・スペースを広く取りたい人

②10畳、12畳

一人暮らしには余裕を持って過ごすことができる大きさです。この大きさまでくると、基本的に置きたい家具は置くことができるので、ここでは10畳、12畳でおすすめの主役の家具の組み合わせを紹介します。これに加え、自分で好きな家具を置いてみましょう。

A.ベッド+ソファ+ローデスク+ダイニングテーブル

リビング

特徴 :デスクを二つ置くことで使う用途を食事用、仕事用に分けることができます。

3-2.一人暮らしで必須な家具の選び方

インテリアの系統と置く家具がきまったら次は、具体的にどのように家具を選んでいけばいいかをみていきましょう。

今回は、一人暮らしで必須な家具の『ベッド』『ソファ』『デスク』について詳しく説明していきたいと思います。

①ベッド

家具の中で最も大きいのがこのベッドです。ベッドはシーツやクッションなどで雰囲気を大きく変えることができるので、オシャレさより使いやすさなどの機能性でみていきましょう。見るべきポイントは二つです。

❶自分に合ったサイズを選ぼう

人は、人生の3分の1をこのベッドの上で過ごします。部屋に合ったサイズを選ぶことも大切ですが、それよりも自分に合ったサイズを選ぶようにしましょう。 『一人暮らし=シングルベッド』というイメージがあるとありますが、全員がシングルサイズがぴったり合うというわけではありません。小柄な人や体格がいい人、背の高い人など様々な人がいます。自分の家で使っていたベッドや実際に店舗に行き大きさを決めましょう。

ベッド

❷用途に合ったオプションをつけよう

体格のいい人が大きいベッドを選ぶ場合、ベッドが大きくスペースを取ってしまって部屋が狭くなり他の家具が満足に置けなくなることもあるかもしれません。 そんな時は、ベッドの下に収納スペースがある引き出し付きのベッドにするなどベッドの大きさを変えるよりオプションを付けましょう。

また、いつもベッドで蒸れちゃって困る方には 湿気を効率的に逃がす、すのこ式の床板をおすすめします。

ベッドフレーム

このように用途にあったオプションをつけることがベッド選びにおいてオシャレにする前に必要なことです。

オシャレへのワンポイントアドバイス

ベッドでより部屋をオシャレにするためのワンポイントは、シーツです。 シーツでベッドの印象はガラッと変わります。自分の部屋のスタイルに合わせた色を選ぶことがおすすめです。 おすすめは、部屋で目立ち過ぎないシンプルな色を選ぶとGOODです。

②ソファ

ソファでみるべきポイントは2つあります。ベッドとは、選び方が少し違うのでどこが違うかのポイントをよく抑えることが大切です。

❶部屋の大きさに合ったものを選ぼう

ソファもベッドと同様に家具の中でもサイズが大きいです。また、ソファはベッドよりも圧迫感があるため、部屋を狭く感じさせてしまいます。だから、自分が座りたい大きさより部屋の大きさに合ったものを選ぶことが部屋全体のバランスを保ちオシャレな部屋にするために大切です。

||おすすめのソファ| |--|--| |6畳|一人掛けソファ、オットマン| |8畳|二人掛けソファ| |10畳二人掛けソファ| |12畳|二人掛け〜三人掛けソファ

❷ソファは自分の好きなデザインを選ぼう

ソファはベッドと違い、購入してからカスタマイズするのが難しいです。また、部屋を大きく占めるので部屋の雰囲気もソファが大きく左右します。

特にみるべきポイントは、脚の素材とソファの形です。これで部屋の印象をガラッと変えてしまうこともあります。 また、おすすめの色は『白』や『灰色』です。やはり、大きい家具にはシンプルな色を選ぶと、失敗しにくいです。

ソファ

オシャレへのワンポイントアドバイス

ワンポイントでクッションを置くと、ソファにアクセントを加えることができます。

もし、ソファが地味と感じる時は、アクセントとなる色のクッションを置くことをおすすめします。

③デスク

先ほど広さ別でお話ししましたが、人によってタイプが分かれます。自分の用途に合ったものを選びましょう。

❶脚を高くするか低くするか選ぼう

先ほど広さ別でもお話ししましたが、人によって床で過ごしたい人、椅子に座って過ごしたい人とタイプが分かれます。自分がデスクを使う場面が多いのは、座っている時なのか、それとも椅子に座っている時なのかを考えて選ぶようにしましょう。

脚

❷脚の素材を部屋に合わせて選ぼう

デスクで一番大事なのは、脚です。この素材によってテーブルの印象はガラッと変わります。

脚

この図のように印象が大きく違うのは明らかです。

おすすめとしては、 クール系 『モダン』『アーバン』のインテリアには金属製 シンプル系『ナチュラル』『北米風』のインテリアには木製 です。

オシャレへのワンポイントアドバイス

椅子を同時で買う場合やデスクを2つ部屋に置きたい時は、脚の素材を合わせることが重要です。 素材が変わると浮いて見えてしまうことがあります。

3-3.部屋をワンランクアップにさせる4つの家具

部屋に必要最低限のものは揃えたあとは、部屋全体をよりワンランクアップさせ、オシャレに見せる家具を選んでいきましょう。これを行うことで、普通のお部屋からオシャレなお部屋へ一歩近づくことができます。

①TVボード

TVボード

意外だなと思うかもしてませんが、これを置くと大きく印象が変わります。 また、TVボードは収納スペースの確保にも繋がり、一石二鳥です。

色は、木製の図のような焦げ茶から薄茶がシンプルでどの部屋にも合わせることができます。

②間接照明

間接照明

部屋の雰囲気を大きく変えるアイテムです。 普段は白の灯を使い、夜にオレンジ色の灯を使用することで一気にムードを演出することができます。恋人と過ごすときや映画を見るときにこの間接照明があると最高ですね。

③ラグ

ラグ

普段床で過ごす人もそうでない人も是非使って欲しいアイテムです。明るい色ならお部屋の印象が明るく華やかにし、落ち着いた色なら落ち着いた印象を演出してくれます。そのほかにも、様々な効果があります。 ・暖房効果を高める ・ホコリが舞うのを防ぐ

シンプル系には、『白』『灰色』の定番の色もいいですし、あえて写真のような『緑』などを選んでも部屋のアクセントになり合います。 ④観葉植物

観葉植物

これひとつあるだけで部屋が和むアイテムです。ナチュラルスタイルや北米風スタイルにこれはマストになってきます。観葉植物は、大きくて十分家具としてスペースをとるものもあれば、手のひらに乗るくらい小さいものに加え、種類も多種多様にあります。

3-4.部屋をより広く見せる家具の使い方3選

一人暮らしで困るのが部屋の広さが狭く感じてしまい、住み心地が悪くなることですよね。この悩みを解決する3つの解決法を紹介します。 ①家具の高さが低いものを選ぼう

家具の高さ

天井が高ければ高いほど人は解放感を感じることができます。天井を高く見せる最も良い方法は、家具の高さを下げることなんです。そうすると、部屋に解放感を与えることができます。なので、部屋に広く見せたいならベッド、ソファ、テーブルを高さの低いものを選ぶことをお勧めします。

②収納グッズをとことん使おう

収納グッズを聞くと、オシャレじゃないものが多いなと思う方がいるかと思いますが、最近はオシャレなものが多数でてきています。3つ紹介していきたいと思います。

❶ユニットラック

ユニットラック

ものを置いたり引っかけたりすることができる家具です。衣服を掛けたり、物置としてものを置いたりできるのに加え、自分の好きなように形を変形させることができます。

❷シェルフ

シェルフ

棚板を使って、ものを載せることができる収納家具です。リビングはもちろんキッチンなど、さまざまな用途で使うことができます。

❸サイドボード

サイドボード

たくさんのものを収納することができ、その中をみられることがないものが溢れてしまう人には絶好の家具です。また、上にも置くスペースがあり、オシャレなインテリアとしての機能も存分に発揮してくれます。

③鏡を置こう

鏡

鏡は姿を映して身だしなみを整えるためだけのものだと思っている人も多いと思います。実は、鏡をインテリアとしてものすごい使えるアイテムなんです。 鏡には次の効果があります。 ・部屋を映し出すことで部屋を広く見せる ・部屋の光を鏡が反射させ部屋を明るく見せる

そうすると、気になるのは置く場所ですよね。 2つのポイントがあります。

1つ目は、ドアの近くに置くことです。 ドアの近くに置くことで開口部分が増えたかのように感じられ、開放感を与えることができます。 2つ目は、ものがないところを写すことです。

鏡でみた部屋がもので溢れていたら、むしろ狭く感じてしまうことがあります。ものが少ない。ローテーブル付近の床を写すような感じでいくとGOODです。

4.家具選びで気をつけなければいけないこと

家具の選び方やおすすめの家具について紹介してきましたが、ここで家具を選ぶ上で気をつけなければならない事を紹介していきます。

①部屋に合うかを決めるのは自身の納得感

部屋に合う一般的な選び方を紹介してきましたが、最終的に決めるのはあなた自身の価値観です。これは、自分だけの部屋を作れるという良い面ではありますが、一方いざ家具を買って部屋に置いたら気に入らないかもしれないという悪い面でもあります。

部屋

だから家具を買う時は、自分自身が納得感を持って買うことをお勧めします。

②『家具の組み立てから撤去まで』が家具選び

一人暮らしをしている人には家具を組み立てたり、撤去するのも自分で行うことが多いです。なかには、組み立てや撤去を専門の方に頼む人もいますが、ソファやベッドを撤去するだけで約1万円かかってしまうこともあります。

組み立て

だから、とりあえず買って置いていらなかったら捨てればいい、ということが難しいんです。

5.一人暮らしには『家具のサブスク』がおすすめ

実は、家具選びで気をつけなければいけない不安な要素を全て解消してくれるサービスがあるんです。 それは、

CLASがやっている 『家具のサブスクリプション』です。

家具のサブスクリプションというのは、 月ごとに家具を定価よりも安い値段で借りることができるサービスです。

サブスクリプションで家具を借りるべき大きな理由は3つあります。

①使わなくなったら返却が可能

結婚や同棲をするとなったときに自分の家の家具を使わなくなる場面が来るかもしれません。 その時に、家具を処理するのって大変ですよね。

粗大ゴミとして出そうとしても女性一人だと持ち運べそうにないし、わざわざ人を呼ぶのも申し訳ないし、、、 でも、先ほど説明したように回収業者に任せると 家具によっては、7,000円〜12,000円もかかってしまうんです。

そんな時に家具のサブスクリプションサービスを利用していればそのまま返却ができ、しかも全て専門業者が運んでくれます。 引越しの時の手間や撤去にかかる費用を省くことができますね!

引っ越し

②初期費用を抑えることができる

値段が購入する時に比べ何倍も安く借りることができるので、初期費用のお金の出費を最小限に抑えることができます。

例として『二人掛けソファを買った時』と『CLASで借りた時』の違いについてまとめてみました。

〜初期費用(3ヶ月利用する場合)〜

購入する場合:30,000円 クラスで借りた場合:9,240円

差額:約21,000円 もし合わなくて返却したい場合この差は大きいですよね。

③生活に合わせて、家具を自由に借りることができる

「部屋に合うかわからなくて不安」 「模様替えとかいろんな家具を試したい」 「今だけ使いたい家具がある」

そんな時に CLASなら自分が変えたい時期に低コストで好きなだけ部屋の模様替えをすることができます。

CLAS

6.オシャレな家具のサブスクは『CLAS』

家具のサブスクの『CLAS』ですが、

月額たった 400円〜家具・家電 を借りることができます。

そして代表取締役は、みんなが知ってる恋愛リアリティの婚活サバイバル番組に登場した久保裕丈です!

久保

CLASの主な特徴は2つです。 ❶シンプルでサイズが豊富なものが多い ❷ここでしか借りることができない 自社のオリジナル家具 がある

CLAS

自社のオリジナル家具である クセのないシンプルなデザイン はどんな部屋にも合わせることができます。

6-1.一人暮らしにおすすめの家具

実際に、どんなものが借りることができるか気になった人もいるかと思います。 実は、今まで使っていた画像の多くがCLASで借りることができる家具なんです。

その中でここでは一人暮らしのあなたにおすすめしたい家具3選を紹介していきます。

①引き出し付きベッド

特徴:引き出しだけではなく、コンセントを二つもさせる場所が確保されており、寝ながら充電をすることができます。

引き出し付きベッド

②シンプルなローテーブル

特徴:様々なシーンに合わせやすい上に、素材の質感が美しくしっかりとした太い脚で安定感があります。また、引き出しが一つ付いているので小物を収納できます。

ローテーブル

③二人掛けソファ

特徴:どんな場面でも快適に過ごせるようシンプルなデザインに加え、しっかりとした座面とやわらかめの背面の組み合わせで疲れないソファです。

二人掛けソファ

ほかにも、おすすめの家具で取り上げた 『観葉植物』『鏡』『収納グッズ』『TVボード』『間接照明』等ほとんど全てを借りることができます。

こちらかのURLから家具を確認できます! https://clas.style/furniture/

6-2.一人暮らしでも気にせず借りれる3つの安心サポート

それに加えてお客様が安心して利用できる 3つのサポートを用意しています。

①オリジナル家具の組み立てから撤去まで全て行います

スマホ

クラスでは、スマホ一つで 『配送から組み立て』だけでなく 『家具の撤去』までも一連の流れを全て専門業者が行ってくれます。

『家具の組み立てから撤去まで』が家具選びでお伝えした不安要素を全て取り除いてくれます。

②傷ついても家具・家電を交換できます

家具を借りても 「壊しちゃったら補償費かかるんじゃないか?」 と心配になる人もいると思います。

傷ついても壊れても無料で家具・家電を返却してOKです! しかも、好きなタイミングで返却することができます。

いらないと思ってもスペースの邪魔になることなく、すぐに撤去させることができちゃいます。

③長期利用の割引あります

また、長く家具を借りれば借りるほど値段が割引されていきお得になります。

2年目以降だと50%OFFになり、3年目以降だとなんと80%OFFになっちゃいます!

割引

6-3.利用者の声

おかげさまでいつもたくさんの方から好評をいただいております! 利用者の中では、 家具を用意する点に手間が掛からない点や主張が強すぎないデザインが好評です。


今まで使っていた家具は組立・設置・処分があまりにも手間でした。解体や処分が本当に大変だったので、、。レンタル家具は本当に最高です! 引用元:ユーザーインタビュー《もっと楽に暮らしたくて》 https://clas.style/contents/17


(中略)(実際に使ってみると)なんかプラスのいいとこがたくさんあるというよりもマイナスになる点がほぼないんですよね。40点くらいのものを想像してたら70点くらいのものがきた、みたいな。 クセのないシンプルな商品や、交換できるという点は安心感がありますね。設置していただけるのもありがたいです。 引用元:ユーザーインタビュー《身軽で自由な暮らしを続けるために》 https://clas.style/contents/18


6-4.今クラスに登録すると!

会員登録すると いつでも使える1000円分のポイントが 今だけ限定 でもらえちゃいます。

新規登録はこちらから

7.まとめ

いかがだったでしょうか?

一人暮らしをする際の家具の選び方は結構失敗する方が意外と多いんです。

だから少しでも

「いらなくなったらどうしよう」 「家具を買おうか迷う」

と思う方は、ぜひクラスの家具のサブスクリプションを 1ヶ月だけでもお試ししてみたらいかがでしょうか? もちろん、合わなかったらすぐに止めることができます!

また、家具を選ぶ時は大事なことは まずは、自分の部屋のインテリアスタイルを決めること。 そこから、自分の部屋の大きさに合った置き方を決めていき、 自分の好きな家具を置いていきます。

一人暮らしの部屋に置ける家具の種類は多いので、 あなたの好みの部屋を作ってみて下さい!

2020/05/25 18:00

会員登録はこちらから

\今だけ!/お得なキャンペーン実施中

CLASを友達に紹介しよう!

あなたの招待URLからお友達が登録するたびに、あなたと紹介したお友達の両方に500ポイントをプレゼント!

あなたの招待URL

{{ referralUrl }}