{{ toastMessage }}
家具と家電のレンタル ・サブスク CLAS (クラス)
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

ソファの選び方 自分らしいソファを見つけよう

2024/02/26

ソファの選び方 自分らしいソファの見つけ方
念願のソファ。理想のソファ。家族のソファ。
暮らしの数だけ、ソファの選択肢があります。
思い描く暮らしを叶えるには?
居心地のよいお部屋をつくるには?
CLASがあなたに最適なソファ選びをナビゲートします。

ソファ選びのステップ

部屋にソファを置きたいと思ったら、まず押さえておきたい「ソファ選びの基本」をご紹介します。順番に確認して、自分に合うソファを探していきましょう。
01

広さを確認する

まずは「部屋に置けるか」「部屋まで運べるか」を確認しましょう。メジャーと部屋の間取り図があるとスムーズです。

お部屋全体の広さ

ソファを置く部屋の広さを確認し、設置できるサイズを把握しましょう。周りの家具との距離、生活導線も確保。空いたスペースが設置可能なサイズです。

ソファを置くスペース

足を伸ばすスペースや通路幅なども考慮しましょう。深く座るなら45〜50cm、浅く座るなら35〜45cmの幅がソファの前に必要。人が1人通るためには50〜60cmの幅が必要です。

搬入経路を確認する

梱包された状態で、スムーズに部屋まで運べるか把握しておく必要があります。梱包サイズ、搬入経路の様子やサイズを事前に確認しておきましょう。
02

過ごし方を考える

「のんびりテレビを見る」「じっくり本を読む」「ゆったり寝転ぶ」「足をのばしてくつろぐ」など、ソファでどう過ごしたいかをイメージしてみましょう。ソファをどう配置するかも大きく関わります。レイアウトも一緒に考えると、選ぶべきソファが見えてくるはずです。

レイアウトパターン

理想のリラックスタイムを考えたとき、どんなレイアウトが最適でしょうか。ライフスタイルや家族構成もふまえてイメージしてみましょう。
A

完結型レイアウト

完結型レイアウト(過ごし方別 ソファの選び方)
テレビの対面にソファが配置されたレイアウト。テレビに集中することができます。コンパクトに収まるため、ワンルームでもリビングでも対応可能です。
B

オープン型レイアウト

オープン型レイアウト(過ごし方別 ソファの選び方)
テレビに対してソファが直角に配置されたレイアウト。室内を見渡すことができるため、他の部屋にいる人ともコミュニケーションを取りやすいのが特徴です。
C

カウチ型レイアウト

カウチ型レイアウト(過ごし方別 ソファの選び方)
カウチソファを配置したL字型のレイアウト。テーブルを囲んでおしゃべりしたり、足をゆったり伸ばして映画鑑賞したりと使い方次第で楽しみが広がります。
03

お部屋の雰囲気を考える

ソファは部屋の中でも存在感のある家具。ソファのカラーは空間の印象を大きく左右します。作りたい部屋の雰囲気をイメージしながら、カラーを検討することがポイント。まずは、空間のイメージを左右するカラーの基本を押さえておきましょう。

お部屋のカラー3要素

ベースカラー
壁・床・天井など、室内で最も広い面積を占める色。空間の配色の7割を占めています。ホワイトやベージュなど、落ち着いた色合いが多いのが特徴です。
アソートカラー
室内でベースカラーの次に広い面積を占める色。カーテンやラグ、テーブルなどの大きめのインテリアのカラーを指します。ソファのカラーもこれに該当します。
アクセントカラー
雑貨やクッションなど、室内で最も面積が小さい色。ぱっと目をひく印象的なカラーだと、小さい小物でもお部屋のアクセントとなり、空間が引き締まります。
3要素のカラーの組み合わせが、部屋の雰囲気を作ります。カラーを統一させると落ち着いた雰囲気に、強調させると印象的な雰囲気に仕上がります。

落ち着いた雰囲気のコーディネート例


印象的な雰囲気のコーディネート例

04

入手方法を検討する

「希望のソファ」「ライフスタイル」「予算」などによって、適切な入手方法は異なります。入手の際には自分に合った方法を検討しましょう。ソファは失敗の多い家具のひとつ。購入だけではなく、レンタルサブスクする方法も知っておくと選択肢が広がります。

店頭で購入

サイズや座り心地を実際に確認できることがメリット。ただし、全ての商品を確認できるとは限りません。

ネットで購入

どこにいても購入でき、商品を比較検討しやすいことがメリット。実物を確認できず、失敗しやすい面も。

中古店で購入

お手頃な価格のもの、1点ものなど、新品にはない出会いが魅力。中古品なので傷んでいることもあります。

レンタルサブスクする

ソファをより気軽に、と思ったら購入よりレンタル。失敗しても交換でき、処分の手間も費用も必要ありません。

交換の目安

座り心地が気になるとき、ソファに求めるものが変わったときは、我慢せず交換することをおすすめします。いま人気のレンタルサブスクなら、交換もかんたん。まとまった予算も処分の手間も必要ありません。これからは替えたいときが、替え時です。
座り心地に違和感がある

経年劣化が進み、座面がへたってきたなと感じたら替え時。レンタルサブスクなら交換するだけでOKです。
季節が変わった

夏はさらっとした、冬は起毛の生地のソファへ。季節ごとに交換できるのも、レンタルサブスクの魅力です。
ライフスタイルが変わった

「子どもが産まれた」「足腰が痛くなった」など、ライフスタイルの変化に応じて快適なソファへ交換を。
なんとなく飽きた

今のソファ、実はもう飽きていませんか。レンタルサブスクなら気軽に交換OK。大型インテリアは変えると気分が上がります。

あなたらしいソファ 選び方のポイント

基本のポイントを押さえたら、より具体的に希望を絞り込んでいきましょう。ライフスタイルや座り心地、デザインなど、あなたらしさが現れるポイントです。

お部屋の広さから選ぶ

6 畳の部屋におすすめのソファ

6畳(広さ別 ソファ選び方)
6畳の外観(広さ別 ソファ選び方)
6畳の部屋でも2人掛けソファを置くことができます。コンパクトなサイズを選べば、すっきりとした印象に。テーブルを置く際には、サイドテーブルを選ぶと空間を広く使うことができます。一人暮らしの場合は、1人掛けソファやソファベッドもおすすめです。

8 畳の部屋におすすめのソファ 

8畳(お部屋の広さ別 ソファの選び方)
8畳の外観(広さ別 ソファ選び方)
ワンルームでもリビングでも、2人掛けソファを余裕を持って配置することが可能です。
ひじ掛けがないタイプならゆったりくつろげるのに、部屋はすっきり。オットマンを組み合わせることで、足を伸ばしたり、テーブル代わりにしたりと、くつろぎ方を工夫できます。

10 畳以上の部屋におすすめのソファ

10畳(お部屋の広さ別 ソファの選び方)
10畳の外観
かなり余裕を持ってスペースを確保できるため、3人掛けソファとオットマンを組み合わせて置くことができます。オットマンは1人掛けソファとしても使用可能。来客が多い時にも重宝します。空間に余裕がある場合は、飾り棚を置くと部屋のアクセントになります。

家族構成から選ぶ

家族構成が変われば、ソファでの過ごし方も変わります。ソファの大きさはもちろん、生地の種類にも注目です。
家族構成(家族構成別 ソファの選び方)

一人暮らし

おすすめはやっぱり「コンパクト」なソファ。シンプルな1人掛けやスマートサイズの2人掛けなら、限られた空間の中でもくつろぎの時間を確保できます。また、ソファベッドという選択肢も。昼間はソファ、夜はベッドとして使用でき、スペースを有効活用できます。

二人暮らし

シンプルな2人掛けソファが使いやすく、色も形もバリエーションが豊富です。空間に余裕がある場合は、ゆったりくつろげる2.5人掛けもおすすめ。ひじ掛けがないタイプなら、2人掛けでも窮屈にならず座ることができます。部屋の広さと相談して選んでみましょう。

子どものいる暮らし

食べ物・飲み物を、ついこぼしてしまう。そんな家庭でも使いやすいのが、水や汚れに強い生地を使用したソファです。汚れてもさっと拭けばOK。洗濯できるカバーリングソファなら、より安心です。また、家族のくつろぎタイムには広々使えるソファベッドがおすすめです。

3人以上で過ごす

空間に余裕があるなら、シンプルな3人掛けソファがおすすめです。足を伸ばしてくつろぎたい場合は、2.5人掛けとオットマンの組み合わせが快適。ひじ掛けなしの2人掛けと1人掛けを組み合わせると、テーブルを囲んで会話をすることができ、楽しみが広がります。

サイズ・種類から選ぶ

単体で使うだけではなく、組み合わせて使うことも検討してみましょう。ソファ選びの選択肢がぐっと広がります。
1人掛けソファ(サイズ・種類別 ソファの選び方)

1人掛け

コンパクトで場所を取らず、一人暮らしの部屋にもおすすめ。ロータイプで広く見せたり、ハイタイプでおしゃれな空間に仕上げたりと使い方はさまざまです。
2人掛けソファ(サイズ・種類別 ソファの選び方)

2人掛け

一人暮らしにはコンパクトな幅のものを、二人暮らしには余裕のある幅のものがおすすめ。部屋のアクセントにも、広々とした空間作りにも最適なサイズです。
3人掛けソファ(サイズ・種類別 ソファの選び方)

3人掛け

部屋の主役になれるサイズ感。二人暮らしでゆったり座りたい、家族みんなで使いたい場合に最適です。寝転んだり、あぐらをかいたり、スペースを贅沢に使えます。
カウチ・コーナー(サイズ・種類別 ソファの選び方)

カウチ・コーナー

脚を伸ばしてくつろぎたい時にぴったり。寝転んだり、映画鑑賞をしたり、テーブルを囲んでおしゃべりしたりと、ソファでの楽しみ方がぐっと広がります。
ソファベッド(サイズ・種類別 ソファの選び方)

ソファベッド

昼間はくつろげるソファに、夜はゆったり眠れるベッドになる1台2役の優れもの。どちらも置きたいけれどスペースがないという方におすすめのタイプです。
オットマン(サイズ・種類別 ソファの選び方)

オットマン

ソファにプラスして脚を伸ばしたり、単体でテーブルとして使用したりと、楽しみ方が広がります。部屋が狭くても、くつろげる空間が欲しい方におすすめです。

背もたれの高さから選ぶ

背もたれの高さは、リラックス感と開放感を左右します。「長時間座りたい」「寝転びたい」「部屋を広く見せたい」人は、こだわってみましょう。

ふつうの高さの背もたれ

背中を預けることができる、スタンダードなタイプのソファ。どんな部屋にも置きやすく、使う人やシーンを選びません。バリエーションが豊富なのもうれしいポイント。好みや部屋のテイストにぴったりのソファを選ぶことができます。

ハイバック

背もたれが高く、首が支えられるため、体をゆったり預けることができます。映画鑑賞など正面を向いた姿勢で長く座ることが多い方に向いているタイプです。背が高いため、置く場所によっては空間に圧迫感が生まれることもあります。

ロータイプ

背もたれが低いため、部屋の中央に配置しても空間をさえぎることがなく、部屋に開放感が生まれます。背が低い分、奥行きがあるソファも多く、寝転んでくつろぎたいときにはぴったり。アームを枕がわりに横になることもできます。

座り心地で選ぶ

ソファ選びで重要な要素のひとつである「座り心地」。ふかふかなものから、しっかりしたものまで、さまざまです。選ぶポイントはソファの使用シーンを想定すること。「リラックスしたい」「食事をしたい」など具体的にイメージできると、失敗が少なくなります。

柔らかめのソファ

硬さ:★★
腰掛けると深く沈み込むため、ソファでリラックスしたい人におすすめのタイプ。姿勢を崩してくつろぎたい、横になってお昼寝したときにぴったりです。

生地で選ぶ

生地の質感や触り心地は、ソファの使用感とデザインを決める上で重要な要素です。他の家具とのバランスやライフスタイルなどを考慮して、お気に入りを見つけましょう。

平織 (さらっとした手触り)

さらっとした手触りで、季節を選ばず使える生地。ソファにもよく使われています。ハリがあるのに堅い印象にならず、どんなテイストの部屋でも使いやすいのが特徴。摩擦に強く丈夫なので、長く使えるのもうれしいポイントです。

コーデュロイ調

凹凸がある厚手の生地で、ぬくもりを感じるデザインと手触りが特徴です。高級感のある部屋にも、レトロな空間にもマッチします。その厚みと生地感から秋冬のイメージが強く、季節を感じるインテリアとして人気です。

レザー調

高級感と重厚感があり、「華やか」「クール」「ヴィンテージ風」などの演出が得意。上級者向きコーディネートにも合います。撥水性があり、日頃のお手入れもかんたん。時間が経つと表面のツヤがなくなったり、剥離することもあります。

テイストで選ぶ

好きな部屋のテイストに合わせて、ソファを選ぶという方法も。「シンプルだけどおしゃれ」「クールでモダン」など、理想とする空間をイメージしてみましょう。

北欧風/ナチュラル

シック/モダン

カフェ風/個性派

カラーで選ぶ

部屋の印象を大きく左右するソファのカラー。「空間になじませたい」「部屋のアクセントに」など、お部屋のコーディネートに合わせてカラーを選びましょう。

ホワイト〜ベージュ系

ホワイト〜ベージュ系(カラー別 ソファの選び方)
どんな部屋にも合わせやすいカラーで、清潔感と開放感が印象的な空間に。ソファを部屋になじませたいときにもぴったりです。観葉植物との相性も抜群。

グレー系

グレー系(カラー別 ソファの選び方)
色の濃淡で部屋の印象がガラッと変わるグレー。淡いグレーは、やさしげで落ち着いた印象に、濃いグレーは存在感が際立ちクールな印象になります。

ブラウン系

ブラウン系(カラー別 ソファ選び方)
色合いによって雰囲気が変わるブラウン。ダークブラウンでは落ち着いた印象に、キャメルではカジュアルな印象になります。木製のインテリアとの相性が抜群です。

暖色系

暖色系(カラー別 ソファ選び方)
赤、オレンジ、黄色などの明るい印象のカラー。ソファに取り入れると、部屋の中で存在感が際立ちます。温かみのあるカラーは、寒い季節にもぴったりです。

寒色系

寒色系(カラー別 ソファ選び方)
ブルー、ネイビー、水色などのクールなカラー。白い壁との相性がよく、ソファに取り入れると空間が引き締まります。涼しげな印象で、暑い夏にもおすすめです。

メーカーで選ぶ

「世界中から熱い支持を得ている」「環境課題への視点をカタチにしている」など、信頼・共感できるものづくりをおこなっているメーカーから選ぶ方法もあります。

ワタリジャパン/ウィズ ソファ

世界60ヵ国で展開するワールドブランドです。徹底した製造哲学のもと、全て自社生産。皮革素材の品質が高く、本革×ファブリックの日本向けモデルが人気です。

関家具/CRASH フリート ソファ

国内トップシェアを誇る老舗家具卸商の人気ライン。愛と個性あふれるもの作りが魅力です。ディテールにもこだわりがあり、木材の無垢な風合いを生かしたソファが評判です。

CLAS /CIRCLE(サークル)

使う→返却→リペア→次の人へという「循環」がテーマのソファ。人にも環境にもやさしい設計で、サステナブル社会の実現とデザイン性が融合した人気モデルです。

おすすめの記事