{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

ダイニングキッチンのレイアウトを自分好みに変えて快適な空間に

2024/02/09

料理をつくることも、食事を楽しむこともできるダイニングキッチン。

一人の時間をゆっくり過ごしたり、調理中に誰かと談笑したり・・・何気ない生活の場面を彩るコーディネートにチャレンジしてみませんか。

この記事では、毎日がより楽しくなるダイニングキッチンのレイアウトをご紹介します。

ダイニングキッチンとは

ダイニングキッチンとは、料理をするためのキッチンと、食事をとるため空間であるダイニングルームが同じスペースにある部屋のこと。空間の広さは6畳以下のコンパクトサイズから10畳以上まで、さまざまです。

お部屋(キッチン)ごとのおすすめレイアウト

部屋の広さによって、レイアウトの悩みや工夫は違ってくるもの。ここでは1DKのコンパクトサイズから10畳以上のダイニングキッチンまで、おすすめのレイアウトとピックアップしたアイテムをご紹介します。

6畳の場合

ダイニングキッチンには、テーブルやチェア、冷蔵庫、食器棚に調理家電など、多くのものを置かなくてはなりません。
6畳というスペースに収める場合は、インテリアをすっきりと見せることができるレイアウトにするのが肝。冷蔵庫周りの空間をうまく活用できて、小物などを置けるラックがあると便利です。

8畳の場合

家具も家電も多くなりがちなダイニングキッチン。
8畳のダイニングキッチンを心地よい空間にするには、冷蔵庫やチェストをまとめて1ヵ所にレイアウトして、何もない空間をつくるのがポイント。
ダイニングスペースにシンプルなデザインのダイニングテーブルや、抜け感のある細脚のチェアを置けば、雑多な印象と圧迫感がなくなり、部屋をすっきりと広く見せてくれます。

10畳以上の場合

10畳以上のダイニングキッチンなら、6人から8人掛けのテーブルも無理なくレイアウトできます。
家族の人数より多めに用意しておくと、急な来客が訪れた時、子どもたちの宿題や遊びの場所が必要な時に便利です。
幅を取るテーブルには、窮屈な印象を与えないために背もたれに抜け感のある椅子を合わせること。また、テーブルとチェア以外のインテリアはできるだけキッチン側に配置しましょう。

1DKなどのコンパクトサイズの場合

スペースの限られた1DKには、部屋の隅にスリムなテーブルとチェアをレイアウトするのがおすすめです。お部屋を圧迫しにくく、カフェにあるような木目調のインテリアを選ぶと、一人でまったりする時間も、友達との会話も、ナチュラルに彩ってくれます。

家族構成別のダイニングキッチンレイアウト

次は家族構成別のダイニングキッチンのレイアウトです。一人暮らしの部屋、二人のルームシェア、家族で団らんする空間など、さまざまなご家庭で快適に過ごせるコツをご紹介します。

一人暮らし

一人暮らしのダイニングキッチンは、自由にレイアウトできる空間が限られてしまうので、抜け感のある部屋づくりを意識しましょう。
ポイントは、視界を遮る背の高いインテリアを避けることと、ダイニングテーブルを壁際に配置して動線を確保すること。
壁面や天井、床面の広さを意識して、広さが見えるようにすると、開放感のある空間づくりができます。

二人暮らし

二人暮らしのダイニングキッチンは、広さが限られてしまう上に、キッチン側に大型の家具・家電を置くことで、ほかのインテリアを配置するスペースが狭くなってしまいます。
そんな場合は、生活動線を周りに広く確保できるように、ダイニング側の中心に脚が細いテーブルやチェアを置きましょう。壁面や床面が引き立ち、抜け感のある部屋になります。

家族向け

家族が過ごすダイニングキッチン。リビングとひと続きになっている、というお部屋も多いのではないでしょうか。

ダイニングにいても、リビングにいても、みんなが一緒に会話や食事を楽しめるスペースにしたいなら、ダイニングにはチェアでなくソファを配置しましょう。

大きなダイニングソファをL字型に配置すれば開放感のあるダイニングとなり、リビングにいる家族とも自然なつながりが持てる空間になります。

ダイニングにおすすめのグッズ

収納

食器や調理器具、調理家電とものが多くなりがちなダイニングキッチン。
キッチンカウンターを活用すると、一人暮らしや二人暮らしの限られたスペースでも上手に収納できます。

冷蔵庫の隣にレイアウトすれば、効率の良い家事動線になります。テーブルとの動線も考えた配置にすれば、さらに使いやすくなりますよ。

照明

ダイニングキッチンのおしゃれ度を上げたい場合は、照明にこだわって印象を変えてみましょう。ナチュラルなテーブルとそのデスクにビンテージ調のペンライトを合わせると、質感の違いがほどよいアクセントになります。

ダイニングキッチンのレイアウト、気軽に試してみたいなら

ここまでダイニングキッチンのレイアウトやそのコツを紹介してきましたが、お部屋の広さや形はさまざまで、実際に自分の家で配置してみないとわからないもの。

「購入して失敗したくない」という方には、レンタルサブスクという選択肢があります。
家具も家電もレンタルできるCLASは、もし合わなくてもいつでも交換・返却できるのでおすすめです。

あなただけのベストなレイアウトを探してみませんか?

おすすめの記事