{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

ベッド周りをすっきり&おしゃれにできる収納アイテム

2024/01/16

一日分の疲れを癒し、明日への英気を養うために大切なベッド。
だけど、ベッド周りは、ついつい生活感があふれたスペースになってしまいがち・・・。
ごちゃついた寝室は衛生面も心配だし、リラックスできないですよね。

そこで今回は、おすすめのベッド周りの収納アイテムとコーディネートをご紹介します。

ベッド周りに上手に収納を設けて、快適なベッドルームを手に入れる参考にしてください。
さらに、お得に家具を入手する方法もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

ベッド周りの収納棚選びの基本

ベッド周りの収納スペースをレイアウト
ベッド周りの収納を改善するには、収納家具選びが重要です。

ここでは、ベッド周りにレイアウトする収納棚を選ぶ際のコツを、お悩み別にお伝えします。


寝ながら物を取ったり置いたりできる場所が欲しいならサイドテーブルを

寝室の大型ベッドの収納スペース
ベッドに一度寝ころんだら、そのまま物を取ったり、置いたりできる場所が欲しいもの。
だけど寝室に大型家具のベッドを置くと、自由に使えるほかのスペースは限られてしまいます。

そこでおすすめしたいのが、ヘッドボードにちょっとした棚が付いているベッドや、サイドテーブルです。
場所を取らずに、ベッドの横にものが置けるのでとても便利。
寝る前に読みたい本やスマートフォンなど、細々したものを置けます。

落ち着く空間にしたいなら収納棚を仕切りにして

大型ベッドの周りには低めの収納家具を配置
大型家具のベッドのそばに大きなサイズの収納アイテムを配置すると、圧迫感や窮屈な印象を与えてしまいます。
周りに置く収納アイテムは、背が低いものしたり、扉や背板がついていないシェルフやラックを選ぶと、抜け感があってさわやかな雰囲気に。

ワンルームや1Kなどで生活空間とベッドが一緒な場合は、収納を仕切りとして使うことで、空間をうまく区切ることもでき、落ち着く空間になります。

ベッド周りの広さに合う収納が分からないなら調整可能な棚を選んで

ベッド周りの収納家具のレイアウトポイント
ベッド周辺に収納棚をレイアウトしたい方にはいろいろな悩みが。

「置き場所の広さや幅がアイテムのサイズに合っている?」
「ベッドに寝転がった状態で手を伸ばして届く?」
「ベッドと棚の高さは合っている?」

そんな悩みには、ラックや可動式家具など、調整可能な家具を取り入れるのがおすすめです。

画像の
Fitin ユニットシェルフ 01 は、スライドするだけで簡単に好きな幅に調節ができます。
棚の高さもいろいろなので、用途に合わせてスマホ置き場にしたり、本を立てたり、収納ケースと合わせたりするとよいでしょう。

ベッド周りにおすすめの収納棚

ベッド周りの空間をおしゃれに見せる収納アイテム
続いて、ベッド周辺におすすめの収納アイテムを取り上げていきます。

コツは「見せる」と「隠す」のバランス。
気分の上がるお気に入りの小物は見せる収納に飾って。
雑多な印象を与えるものは扉付きの隠せる収納にしまうことで、落ち着く空間になります。


大容量の北欧風チェスト「オートム80 チェスト」

オートム80 チェスト はあたたかみを感じさせる木材と、エナメル塗装のなめらかな質感のグレーのコントラストがおしゃれなチェスト。

深さがあってたっぷりものが入る収納スペースには、普段着用する寝具、季節によって使う機会ができる毛布やタオルケットをしまっておけます。

高級感のある色味が魅力「ルト サイドボード」

ルト サイドボード は、ウォールナットのブラウンが高級感と落ち着きを感じさせ、細身の脚部分が抜け感を出してくれるサイドボード。
ウォールナットの扉の板はあえて木目を縦横に配置。シンプルに見えて、デザイン性の高いハイセンスな家具です。

扉を開くと移動板が2枚付いており、収納したいものに合わせて高さが調節可能。
細々した小物も、ガウンなどの大きなアイテムも入れられるゆとりの造りになっています。

スタイリッシュで温かみのある「i-style ラック」

i-style ラック は、スタイリッシュなフォルムと優しい印象の木目調の素材がおしゃれなラック。

扉と背板がなく抜け感があり、趣味に使う小物やお気に入りのグッズ、フェイクグリーンなどを置いて、「見せる」収納を楽しめます。

「寝室は片付けたいけど、殺風景にはしたくない」というあなたにおすすめです。

おすすめアイテムを使ったベッド周りのコーディネート例

お部屋のレイアウトを活かしたベッド周りのコーディネート
ここからは、おすすめアイテムを使用したベッド周りのコーディネートの実例をご提案します。

ヒュッゲな暮らしを実現する寝室コーディネート

北欧風のカラーコーディネートに仕上げたベッドルーム
こちらは、「ホワイト×ブルー×ナチュラル」で北欧風のカラーコーディネートでまとめたベッド周りのコーディネートです。

高原のホテルのような落ち着きいた雰囲気と高級感を演出することで、ベッドルームにさりげない非日常感を与えてくれます。

モダンで大人な寝室コーディネート

モダンなカラーとデザインのベッドルームコーディネート
こちらは、モダンなデザインと大人クールなカラーコーディネートでシックにまとめたベッドルームです。

グレー×ホワイトのモノトーンのなかに、ブラウンのアクセントを加えることで、重厚感のある深みを出すことができます。

韓国ドラマのような女性らしい寝室コーディネート

ナチュラルカラーで韓国風なベッドルーム
韓国ドラマのようなベッドルームをつくりたいなら、ホワイトを基調にして、ナチュラルカラーの木目調のアイテムや、ピンクのシーツなどを合わせるのがおすすめ。

一日のうち、長い睡眠時間をとるための部屋として使う寝室、ただ眠るだけの空間にしてしまうのはもったいない。
視界に入るだけで心が弾むものに囲まれれば、“好き”が詰まった空間で眠りに付けるでしょう。

気になる収納アイテム、まずはお試ししてみませんか。

ご紹介してきたベッド周りの収納アイテム。
理想のベッドルームのイメージが付いたでしょうか?

理想のインテリアが見つかっても、実際に使ってみなければ、お部屋や暮らしに合うかはわからないもの。
家具を買ってから、「やっぱり合わなかった」と後悔したくないですよね。

そこで、おすすめしたいのが

家具のレンタル・サブスク です。
家具のレンタル・サブスク は、購入しなくても気になる家具が試せると、注目を集めています。

ここからは、家具のレンタル・サブスクのメリットを見ていきましょう。
家具を買って後悔しないためにも、ぜひチェックしてみてください。

高い初期費用なく使える 家具と家電のレンタル・サブスク

ベッド周りの収納は家具のレンタル・サブスクで
家具と家電のレンタル・サブスク が選ばれている理由。そのひとつは高い初期費用なく商品を使える点にあります。

「予算が高すぎる」「サイズが合うかわからない」などの悩みから、使ってみたいと思っても、なかなか手が出ないということも・・・。
家具のレンタル・サブスク を利用すれば、月額でレンタルが可能。
初期費用を抑えることで、気軽に気になる家具を自分の部屋に置くことができます。

合わないときは返却OK 処分の手間も費用も必要なし

家具のレンタル・サブスクなら返却も簡単
しばらく生活のなかで使ってみてから、「もっと大きいサイズが欲しい」「別の収納も気になる」というときは、交換が簡単に人気の理由です。

また、暮らしが変わって収納が不要になったときは、返却するだけ。
インテリアは、いざ不要となって廃棄するのも一苦労。手続きや運搬などとても面倒な手間がかかります。

そんなときも、

家具のレンタル・サブスク ならサイトから連絡するだけで、返却・交換が簡単にできます。処分の手間も費用も必要ありません。

家具と家電のレンタル・サブスクならCLAS(クラス)なら、人気モデルから個性派デザインまで充実のラインアップ

ベッド周りの収納をレンタルできる家具のレンタル・サブスクCLAS
家具のレンタル・サブスク は、豊富なラインアップと確かな品質を兼ね備えた、信頼できるサービスを選びたいもの。

そこでおすすめしたいのが
家具のレンタル・サブスクCLAS です。 CLAS は、400ブランド・2,000点の充実した品ぞろえ。
デザインと品質にこだわったラインアップが人気を集め、総会員数20万人を超えるまでになりました。

家具の選択はもっと気軽になっていい。もっとお財布にやさしくていい。
理想の暮らしを叶える収納アイテム、ぜひ
家具と家電のレンタル・サブスクCLAS を利用してみませんか。

おすすめの記事