{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

玄関をすっきりしたスペースに変える収納アイデア

2024/01/16

玄関は、家のドアを開けて最初に目にする空間。

そこが靴や傘、お手入れグッズなどで散らかっていたら、雑多な印象になってしまいますし、来客に見られるとちょっと恥ずかしいですよね。

今回の記事では、生活感のあるグッズでスペースが埋まってしまいがちな玄関を、使いやすく、「誰に見られても大丈夫」と思えるような場所に変える収納アイデアを説明します。

出かける前のバタバタした時間も、疲労感いっぱいの体で帰宅した時も受け止めてくれる、すっきり&広々した玄関づくりを目指しましょう。

玄関収納の基本ポイント

最初に、玄関収納でよく突き当たる問題点や、それを解決するためのポイントを説明します。

「狭い玄関をアレンジして使いやすくしたいけど、どう工夫すればいいのかわからない」
「シューズボックスを置いてあるのに、うまく片付けられない」
「出かける前に必要なアイテムを置いて、時間を節約したい」

そんなお悩みを解消し、願いを叶え、自分のライフスタイルにぴったりの玄関スペースをつくるために、少しずつ前進していきましょう。

狭い賃貸でもすっきり整った玄関を諦めない

一人暮らしの狭いお部屋でも玄関をすっきり空間に
賃貸のお部屋、特に一人暮らしの場合は、そもそも玄関が狭かったり、備え付けの収納スペースが小さかったり、収納するための場所がないということもよくあります。

思い切ったアレンジは難しいですが、スリムな縦長の棚や傘立てを置いたり、ハンガーラックを設置したりすることで、すっきりした空間になります。

簡単な工夫で理想通りの玄関をつくることができるので、「賃貸だから」という理由で諦めてしまう前に、「賃貸でも頑張ってみよう」と自分に向いている方法を探しましょう。

玄関収納で陥りがちな失敗

玄関の収納スペースにでる生活感
「せっかく収納スペースができたのに、逆に落ち着かなくなった」という失敗談を持っている方は少なくないでしょう。

玄関は靴や傘、靴のお手入れ用品に加えて、上着や帽子、鞄などの生活感のある小物がむき出しのまま置いてあることが多いので、雑多な印象を与えてしまうのです。

かと言って、扉の付いた収納棚やシューズボックスを選んで置いたりすると、湿気の多い梅雨から夏にかけて、お気に入りのアイテムにカビが生えてしまう可能性があります。

特に気を付けたい、玄関収納の基本の3ポイント

玄関の収納スペースをおしゃれに配置
では、玄関の収納にとりかかる前に、どんなことを注意しておけばいいのでしょうか?

まず重要なのは、「魅せる収納アイテム」を使うこと。扉が付いておらず、通気性がいい棚にアイテムをしまい、あえてものを「見せる」ことでおしゃれな空間を演出できます。

次に大切なのは、縦のラインを意識し、上にアイテムを重ねるように置いていくこと。玄関の床面が狭くても、スリムで縦長の収納棚であれば、無理なく配置できます。

最後に、背の高すぎる収納グッズは避けること。立った時に視線を遮るほど大型のものを選んでしまうと、どれだけスペースを確保しても、窮屈な印象になってしまいます。

靴以外もすっきりしまう、玄関の収納アイデア

続いて、靴以外のアイテムもすっきり収納するためのアイデアをご提案していきます。

買い物に使うエコバッグ、肌寒い日に羽織る上着、アクセントになるフェイクグリーン、身だしなみをチェックするミラーなど、玄関のスペースを埋めるものは意外と多いですよね。

片付けやレイアウトのやり方を一歩間違えればごちゃごちゃした散漫な印象になってしまいますが、ちゃんとコツを掴めば便利で広々とした空間づくりができます。

思い描く理想的な玄関を実現させるために、アイテム選びのポイントやしまい方の注意点を確認していきましょう。

玄関に圧迫感を与えないアイテムを使う

圧迫感を与えない玄関の収納アイテムを配置
扉が付いていたり、脚が短い収納アイテムは、目に映った時に圧迫感を与えてしまい、玄関の狭さを強調してしまうことがあります。

ポイントは抜け感のあるアイテムを配置すること。背板や扉が付いていないものや、脚部分が長いものをチョイスすれば、壁面や床面が大きく見えて、開放感が生まれます。

通気性もよくなるので、お気に入りのグッズが湿気などのダメージを受ける可能性も低くなりますよ。

生活感が出るものは隠して収納する

適度に隠して生活感のないおしゃれな収納を
収納方法の鉄則は「生活感のあるものは隠す」こと。

除湿効果のあるグッズと一緒に扉の付いた収納棚にしまったり、ハンガーラックの下部分や姿見用のミラーの裏にコンパクトな収納アイテムを設置したり。さまざまなやり方があります。

「見える」収納でお好みのアイテムを飾るように片付けるのはおしゃれ度のアップに繋がりますが、適度に「隠す」ことも心がけて、バランスのいい収納を目指しましょう。

アイテムの用途を応用してみる

「ちゃんとしたシューズボックスや収納棚が欲しいけど、置けるほどの広さがない」という場合は、今すでに持っているアイテムの使用方法を変えてみませんか?

例えば、木箱やコンテナ型のボックスなどを使う。いくつか組み合わせて積み上げることで、コンパクトな即席の棚の完成です。

ちょっとした非日常感を演出したいという方、ビンテージ調のお部屋づくりを目標としている方にもおすすめのテクニックです。

玄関収納におすすめのアイテム

ここまで記事を読み進めてきた方は、だんだん「自分の家の玄関はこんな風にしたい」というイメージが掴めてきたのではないでしょうか?

そんな方たちのために、ここからは玄関収納に役立つ便利なアイテムを4点ご紹介していきます。

使いやすさ重視のシンプルな空間にするか、来客があっと驚くようなインパクトのあるスペースにするか、普段の生活にちょっとした刺激を与えてくれる場所にするか。

利用方法次第で、すべてあなたの思い通りになりますよ。

圧迫感を与えないシンプルなシェルフ「CIRCLE 3段シェルフ 01」

先ほども説明した通り、窮屈さや圧迫感を与えない玄関にするには、抜け感があるアイテムをレイアウトすることが大切です。

こちらのシェルフは扉と背板が付いておらず、開放感を演出するのにぴったりのアイテム。お出かけ用の細々した小物や、フェイクグリーン、フレグランスなどを置くのに向いています。

シンプルながらしっかりしたフォルムが頼もしく、木目調のナチュラルな棚部分と、ブラックのインダストリアルな脚部分のコントラストがデザイン性の高さを感じさせます。

上着や小物をまとめて収納「バスケットワゴン」

「アウターをかけるハンガーラックも収納用のアイテムも両方置きたいけど、玄関の狭さに悩む」という方におすすめしたいのが、こちらのバスケットワゴン。

高さを3段階まで調節することができるので、冬用のロングコートやお気に入りのジャケット、会社用のスーツなどを汚さずにかけておくことができます。

下部分の収納は大きなバッグが入るサイズなので、出かける時に必要なものをすべてひとまとめに収納しておきましょう。

「プライベートの外出に使うものはこっち、出勤する時にいるものはこっち」と使い分けるのもいいでしょう。

傷や汚れがつきにくいスタイリッシュなラック「i-style ラック」

ラッカー塗装で汚れや傷に強いこちらのラックなら、天気の悪い日に履いた靴なども安心して収納することができます。

どんなテイストの部屋にもマッチするスタイリッシュなフォルム、そこはかとない高級感を漂わせる木目調の棚部分とクールなブラックスチールの脚部分が魅力的です。

複数組み合わせることでマルチな使い方もOKに。靴以外だけでなく、時計や観葉植物、写真立てなどを飾るのにも向いています。

自由自在にレイアウトできる「コンテナボックス」

「気分次第で靴を買い替えたり処分したりするから、自由度の高い収納棚が欲しい」という方は、このようにコンテナボックスを組み合わせてシューズボックス代わりに使いましょう。

本来は縦型に置いてものを出し入れするアイテムですが、向きを変えれば靴を片付けるのにぴったりなグッズに変身します。

不要な場合は折り畳めるので、省スペースになります。持ち物が多くなっても少なくなっても、ずっと使い続けることができます。

玄関をすっきりした空間に変えたいなら家具と家電のレンタル・サブスク

ご紹介してきた収納アイテム。ですが、自分に合うかどうかは実際に使ってみなければわからないものです。

そこでおすすめしたいのが「家具と家電のレンタル・サブスク」。購入しなくても気軽にお試しできると注目を集めています。

高い初期費用なく使える 家具と家電のレンタル・サブスク

家具と家電のレンタル・サブスクが選ばれている理由。そのひとつは高い初期費用なく商品を使える点にあります。

収納アイテムは、購入すると高額。使ってみたいと思っても、なかなか手が出ないということもありますよね。

でもレンタル・サブスクなら月額でレンタルOK。期間の制限もありません。初期費用を抑えることで、気軽に家具選びができます。

合わないときは返却OK 処分の手間も費用も必要なし

レンタルした家具、合わないときは簡単に返却できるのも人気の理由です。

収納アイテムは、いざ不要となって廃棄するのも一苦労。手続きや運搬などとても面倒ですよね。

でもレンタル・サブスクならかんたんに返却・交換OK。処分の手間も費用も必要ありません。

家具と家電のレンタル・サブスクならCLAS(クラス)なら、人気モデルから個性派デザインまで充実のラインアップ

レンタル・サブスクは、豊富なラインアップと確かな品質を兼ね備えた、信頼できるサービスを選びたいもの。

そこでおすすめしたいのが
家具と家電のレンタル・サブスクCLAS です。なんと400ブランド・2,000点という充実した品ぞろえ。

デザインと品質にこだわったラインアップが人気を集め、総会員数20万人を超えるまでになりました。

家具の選択はもっと気軽になっていい。もっとお財布にやさしくていい。
理想の玄関づくりを叶える収納アイテム、ぜひ
家具と家電のレンタル・サブスクCLAS で利用してみませんか。


おすすめの記事