{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

使いやすい単機能電子レンジとは? 選び方とおすすめモデルを紹介します

2024/01/05

電子レンジには、オーブンレンジや多機能電子レンジなど、様々な種類があります。
中でも単機能電子レンジはシンプルで無駄のないあたために特化した製品。

今回は、単機能電子レンジの選び方やおすすめのモデル、より安く手に入れるための方法などをご紹介します。

電子レンジ探しをしている方はもちろん、シンプルでコンパクトな単機能電子レンジを求めている方はぜひ参考にしてみてください。

単機能電子レンジとは

まずは、単機能電子レンジについて詳しくご紹介していきます。

単機能電子レンジにはどんな機能があるのか、どんな人に向いているのかを知ると、どの種類の電子レンジを選ぶべきなのかを見極めやすくなります。

また、メリットやデメリット、値段相場を把握することで、購入する時の大きな目安となるはずです。

単機能電子レンジとは

単機能電子レンジのおすすめ
単機能電子レンジとは、食材を温める機能に特化した電子レンジを指します。

単機能電子レンジは「食材を温めることができればいい」「自炊はほとんどしない」という方には特におすすめの電子レンジです。

単機能といっても、性能の高い製品を選べば食品の解凍も可能で、ちょっとした自炊を考えている方であれば、単機能電子レンジでも十分です。

反対に、「色んな料理を作りたい」「自炊中心」といった方には物足りなく感じるかもしれません。

とはいえ、単機能電子レンジにも様々なメリットもあります。
最近ではデザイン性の高い製品も多く出てきており、インテリアに馴染みやすい電子レンジを選ぶことも可能です。

単機能電子レンジのメリット・デメリット

単機能電子レンジがおすすめな理由 メリットとデメリット

【単機能電子レンジのメリット】

  • 価格が安い
  • 操作が簡単
  • コンパクトで場所を取らない
単機能電子レンジの1番のメリットは、価格が抑えられるという点です。
電子レンジに限らず、電化製品のほとんどは機能数が多いほど価格も高くなるため、購入費用を節約したいという方にとって大きなメリットになります。

単機能ということで操作が簡単で、コンパクトな製品もたくさんあり、そこにメリットを感じる方も多いです。

【単機能電子レンジのデメリット】

  • 食材を温めることにしか使えない
  • 製品によってはムラが出る
単機能電子レンジのデメリットとして、他の機能が使えない点、あまりにも安いモデルだと加熱にムラができてしまう点などが挙げられます。

単機能電子レンジだからといって比較検討せずに購入すると、デメリットを感じやすくなるため注意が必要です。

単機能電子レンジの値段相場

単機能電子レンジがおすすめな理由 値段相場
オーブンレンジ、多機能電子レンジ、単機能電子レンジの値段相場を見比べてみましょう。
単機能電子レンジ 15,579円
オーブンレンジ 36,085円
多機能電子レンジ 54,784円
この値段相場は、それぞれ人気のある電子レンジ10種類の価格を平均したものです。

ご覧いただくとわかるとおり、電子レンジは様々な機能が加わるほど価格が高くなります。

多機能電子レンジでは、温める・焼く機能に加え、蒸したり揚げたりすることも可能です。他にも、オートメニューや同時調理が叶う2段オーブンレンジ、自動お手入れ機能など、多種多様な機能が存在します。

見比べると魅力的に見える多機能電子レンジですが、実際に他の機能を使う機会が少ない人にとってはもったいなく感じることも。
価格はもちろん、本当に必要な機能なのかを検討することも後悔しないポイントになるでしょう。

単機能レンジの選び方

では、実際に単機能レンジを取り入れたい時、どのようなポイントに注意して選べば良いのでしょうか。

単機能電子レンジだけでも、有名メーカーからマイナーなメーカーまで見れば、チェックしきれないほどの製品があります。

ここからは、単機能電子レンジ選びで大切な以下のポイントを詳しく解説していきます。

容量やサイズ

おすすめの単機能電子レンジの選び方 容量やサイズ
まず確認しておきたいのは電子レンジの容量やサイズです。
電子レンジは、何人で住むのか、どういったものを温めるのか、置くスペースは確保できるのか、などによって容量やサイズを決めていきます。

1人暮らしなら
18L などの小型電子レンジと呼ばれるもの、2人暮らしは 18L~25L 、3人~4人暮らしは 25L~30L 、それ以上であれば 30L以上 の電子レンジがおすすめ。

とはいえ、1人暮らしであっても、来客が多く、大皿で温めることが多いというケースでは、余裕を持って大きめの製品を検討するなど、柔軟に考えることが欠かせません。

大きめの製品にする場合は、置く場所を確保できるかどうか確認してから購入しましょう。

テーブルのタイプ

おすすめの単機能電子レンジの選び方 テーブルのタイプ
電子レンジには、回転する台に食材を置くタイプと、直接庫内に置くタイプがあります。

回転するタイプを
ターンテーブル式 、直接置くタイプを フラット式 と言い、どちらも問題なく食材を温められます。

ただし、ターンテーブル式の電子レンジは、使い方を誤ると温度にムラができやすくなります。
ムラができやすいことにデメリットを感じる方には向かないものの、比較的製造にコストがかからないこともあり、低価格で手に入れられるというメリットも。

フラット式は温めたい温度を指定でき、ムラも起こりにくいです。
ターンテーブル式と比べると価格が高くなるため、費用面を重視している方にはターンテーブル式がおすすめです。

扉の開き方

おすすめの単機能電子レンジの選び方 扉の開き方
電子レンジは扉の開き方も製品によってそれぞれです。
電子レンジは縦開きか横開きの2種類あり、どちらが使いやすいかは人によって異なります。

縦開きのメリットとして挙げられるのは、
左右に何か物があっても開けやすい点 、温めたものが熱くなり過ぎてしまった時、 一時的に扉の上に食材が置ける点 です。
扉の上に食材を置くのは本来の用途ではありませんが、このような使い方をしている方も多いでしょう。

横開きのメリットは、電子レンジを目線よりも高い位置に設置した時、
食材が取り出しやすい点 扉を全開にすることなく出し入れできる点 にあります。
縦開きの電子レンジを高い位置に置くと、開いた扉が取り出す時の妨げになります。

扉の開き方を重視する方は少ないですが、このように設置する位置が限られる時は重要なポイントとなるのです。

自動あたため機能

おすすめの単機能電子レンジの選び方 自動あたため機能
単機能電子レンジの中には、食材の熱を感知するセンサーが備わっているものもあります。そのセンサーは、時間を設定しなくても食材が適温になるまで温めてくれるので、時間設定の手間が省けたり、温めすぎたりするのを防げます。これが 自動あたため機能 です。

製品によっては、「飲み物」「ご飯」「お弁当」とボタンが分かれており、温めたいものに合わせて使い分けることも可能です。

電子レンジを使用していて、自分で加熱時間を指定しても、なかなか思いどおりにならないという経験がある方も多いはず。
自動あたため機能があれば、より手間をかけずに食材を温められるので、ちょっとしたストレスも軽減できるでしょう。

周波数

おすすめの単機能電子レンジの選び方 周波数
電子レンジは、電源周波数をチェックしておくべき家電の1つです。

日本は東日本と西日本で周波数が異なるため、東日本に住んでいる場合は
50Hz 、西日本に住んでいる場合は 60Hz 専用の電子レンジを購入しましょう。

50Hzと60Hzの違いは、流れる電気が1秒間に何回変化するか、というところにあります。50Hzは1秒間に50回、60Hzは1秒間に60回変化します。
その地域では使えない周波数の電子レンジを使うと、故障してしまうだけでなく、火事の原因になることもあるため危険です。
そのため、転勤が多い方にとっては、引っ越しの度に買い替えなければならない厄介な電化製品になるかもしれません。

最近では、50Hzと60Hzどちらにも対応しているヘルツフリー製品が増えてきているため、ライフスタイルに合わせて選択するのがおすすめです。

【202年】おすすめ単機能電子レンジ

ここからは、単機能電子レンジの中でも特におすすめのモデルをご紹介します。

デザイン性の高いものを選びたい方はもちろん、お手入れのしやすさを重視したいという方にもピッタリの製品が盛り沢山です。

手持ちの家具に合うもの、求める機能などを思い浮かべながら、どの単機能電子レンジが自分に向いているかチェックしてみてください。

調理に合わせた3段階の出力「フリーヘルツ電子レンジ」

おすすめの単機能電子レンジ フリーヘルツ電子レンジ
フリーヘルツ電子レンジ は、シンプルで高い位置に設置しても使いやすい横開きの単機能電子レンジです。
18Lの小型電子レンジですが、テーブルのタイプがフラット式なので、庫内を目いっぱい使えて便利です。

ターンテーブル式と比べてムラができにくいだけでなく、自動あたため機能も搭載されていてコスパも抜群。
自動あたため機能は、「あたため」「解凍」「飲み物」と3つのモードがあり、ボタンで簡単に切り替えられます。

庫内にダークグレーを採用し、汚れを目立ちにくくする工夫が施されているのもポイント。加えてチャイルドロック機能も付いているので、子どもがいる家庭でも安心して使えます。

カラーは
ホワイト ブラック があり、キッチンの雰囲気に合わせて選択できます。

スタイリッシュなデザインで使いやすい「電子レンジ18L URBAN CAFE シリーズ」

おすすめの単機能電子レンジ 電子レンジ18L URBAN CAFE シリーズ
電子レンジ18L URBAN CAFE シリーズ は、温めた食材を仮置きできる縦開き、ムラなく温めやすいフラット式、周波数もヘルツフリーでどの地域でも使える、おしゃれと使いやすさを兼ね備えた単機能電子レンジです。

電子レンジ18L URBAN CAFE シリーズ は、なんといってもこのシンプルなステンレスデザインが魅力。
置くだけでまるでカフェのような雰囲気を演出できるのはもちろん、シンプルなので手持ちのインテリアにもよく合います。
特に冷蔵庫や炊飯器といったキッチン家電をシルバー系で固めている場合、しっかりと馴染んでくれるでしょう。

自動あたため機能付きで、「のみもの180ml」「ごはん150g」「お弁当400g」がそれぞれ自動で温められます。
大きなお弁当でもラクラク温められるので、お惣菜を食べる機会が多いという方にも最適です。

操作もお手入れも簡単「siroca ミラー扉電子レンジ 18L」

おすすめの単機能電子レンジ siroca ミラー扉電子レンジ 18L
siroca ミラー扉電子レンジ 18L は、使いやすい操作ボタンや、特殊コーティングによるお手入れのしやすさ、すっきりとしたデザインが特徴の単機能電子レンジです。

独自の防汚コーティングによって、時間が経つと落ちづらくなる汚れも乾いた布巾でひと拭きすればお手入れは完了します。

自動あたため機能には、「解凍」「ごはん」「飲み物」の3パターンが搭載されています。特に解凍モードに力を入れており、熱を通し過ぎることなく、優しく解凍してくれるため、その後の調理もストレスなく行えます。
解凍のクオリティが高いことから、食材のまとめ買いも容易になり、節約につながるといったメリットも。

扉がミラーガラスになっており、使用時以外は庫内が見えないのも
siroca ミラー扉電子レンジ 18L の特徴です。

使いやすい単機能電子レンジを安く手に入れる方法

ご紹介してきたように、単機能電子レンジといっても、様々な角度から見ることによって自分にとって本当に使いやすいモデルが見つけやすくなります。

しかし、中には気に入ったけど高くて手が出ないと諦めざるを得ないケースもあるでしょう。

そんな時に検討してほしい方法をご紹介します。

家具家電のレンタル・サブスクを利用する

単機能電子レンジはサブスクだと安い
家具家電のレンタル・サブスクは、自分が気に入った家具・家電を借りられるサービスです。

短期間だけ地元から離れる、新生活を始めるといった方はもちろん、多くの方に注目されていることから、家具家電のレンタル・サブスクサービスが増えています。

CLAS は、ネットから気軽に注文でき、返却時は解体や梱包が不要の 家具家電のレンタル・サブスクサービス です。

単機能電子レンジを安く利用できるだけでなく、洗濯機や冷蔵庫、美容家電まで幅広い商品を取り扱っているのが特徴です。

単機能電子レンジの購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

単機能電子レンジをレンタルするメリット

単機能電子レンジをレンタルするメリットとして挙げられるのは3点です。

1つ目は、自分が気に入った
単機能電子レンジを安く手に入れられること
多機能電子レンジと比べると元々安めに設定されているものの、引っ越す際はまとまった費用が必要です。
レンタルすれば、初期費用をグンと抑えられ、他のものにお金をかけられます。

2つ目は、
商品が故障した時にしっかりとサポートしてくれる点 です。
電子レンジが故障すると、修理を依頼するために手間がかかったり、買い替えるための費用が必要になったりしてしまいます。

3つ目は、
処分費用がかからないこと
新たに気になる商品が出てきた、引っ越しの度に処分しなければならないといった時でも、借りているところに返却するという形になるため、処分に費用がかかりません。

単機能電子レンジで快適な生活を

単機能電子レンジはサブスク利用が安い
今回は、単機能電子レンジについてご紹介しました。

漠然と「多くの機能が付いているものの方が良い」と思ってしまう方が多くみられますが、ライフスタイルや設置場所、費用面のことを考えた時、単機能電子レンジでも十分便利に使えると気づくケースもあります。

CLAS では、単機能電子レンジの中でもデザイン性が高いもの、お手入れが簡単なもの、便利な機能が付いているものなど、様々なモデルを用意しています。

単機能電子レンジに限らず、自分に合った電子レンジを安く、簡単に手に入れたい方はぜひチェックしてみてください。


おすすめの記事