{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

布団乾燥機の電気代はいくら? 電気代を節約する方法やメリットやデメリットをご紹介 

2024/03/14

布団を清潔な状態に保ちたい場合に役立つのが布団乾燥機です。

私たち人間は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われていて、その汗は布団にしみ込みます。布団は湿度が高い状態になってしまうので、ダニやカビの繁殖を防ぐためにもなるべく乾燥させる必要があります。

そのような時に使うのが布団乾燥機ですが、使用時の電気代が気になる方もいるでしょう。そこで今回は、布団乾燥機の電気代はいくらかかるのか、電気代を節約するにはどうすればいいのか、どのようなメリット・デメリットがあるのかなどを解説していきます。

布団乾燥機の電気代はいくらかかる?

布団乾燥機を使用した場合の電気代がいくらかかるのか気になるもの。布団を清潔な状態に保つことができても、電気代が一気に増えてしまうのは避けたいと考える方も多いのではないでしょうか。

まずは、以下について解説します。

・布団乾燥機にはマットタイプと乾燥タイプの違い
・1時間あたりの布団乾燥機の電気代
・布団乾燥機にかかる電気代の計算方法

布団乾燥機の電気代がいくらかかるのか知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

布団乾燥機にはマットタイプと乾燥タイプがある

布団乾燥機の電気代 タイプ比較
布団乾燥機には、マットタイプと乾燥タイプの2種類があります。まずは、それぞれの特徴からみていきましょう。

マットタイプ は、布団乾燥機の中でもオーソドックスなタイプです。
準備や片付けの手間がかかるので、面倒だと感じてしまう方もいるでしょう。しかし、布団の隅々までしっかりと暖めたり、ダニ対策をしたりできるというメリットもあります。

乾燥タイプ は、本体から伸びているホースやノズルを掛布団と敷布団の間に差し込み、布団を乾燥させます。
マットタイプよりも準備や片付けの手間がかからないこと、スポット暖房として1年中使えることなどがメリットです。しかし、乾燥ムラができやすい、隅々までダニ対策ができない、などのデメリットもあります。

1時間あたりの布団乾燥機の電気代

布団乾燥機の1時間当たりの電気代
一般的な布団乾燥機の消費電力は、 600W程度 となっています。
1時間当たりの電気代は、消費電力や使用時間、電気料金などによって異なるので一概にいくらとは言えません。

では、消費電力600Wの布団乾燥機を1時間使用した場合の電気料金を1kWh当たりの電気代を27円として計算してみましょう。

600W(消費電力)× 1時間(使用時間)÷1,000(kW換算)× 27円(電気料金) = 16.2円

上記の通り計算すると、1時間あたりの布団乾燥機の電気代は
16.2円 だとわかります。

布団乾燥機にかかる電気代の計算方法

布団乾燥機にかかる電気代の計算方法
電気代の計算方法は、「 消費電力(W)×使用時間(時間)÷ 1,000(kW換算)×電気料金(円/kWh) 」という計算式で算出できます。

消費電力は、電化製品を動かすために使われる電力です。
布団乾燥機の場合は、前述したように600W程度が一般的となっています。布団乾燥機の種類によって消費電力に差が生まれるので、使用している布団乾燥機はどのくらいの消費電力なのか確認しておくと正しい数字を計算できますよ。

電気料金は、電力会社によって異なります。東京電力「従量電灯B」の電力量料金は、以下の計算式で算出できます。

【使用電力量が120kWhまでの場合】
30円00銭×使用電力量±燃料費調整額

【120kWhを超え300kWhまでの場合】
30円00銭×120kWh+36円60銭×(使用電力量-120kWh)±燃料費調整額

・300kWhを超過する場合は30円00銭×120kWh+36円60銭×180kWh+40円69銭×(使用電力量-300kWh)±燃料費調整額

【300kWhを超過する場合】
30円00銭×120kWh+36円60銭×180kWh+40円69銭×(使用電力量-300kWh)±燃料費調整額

布団乾燥機の電気代を節約する方法

布団乾燥機の電気代を節約する方法
布団乾燥機を使う頻度が多くなると、電気代もかさんでしまいます。布団を清潔な状態にするために電気代がかかってしまうのは仕方ないと考える方もいるでしょう。
しかし、工夫次第で電気代を節約することは可能です。

続いては、布団乾燥機の電気代を節約する方法を4つご紹介します。

製品やタイプによって正しい使い方をする

布団乾燥機の電気代を節約するための正しい使い方
布団乾燥機の使い方は、製品やタイプによって異なります。
正しい使い方をしないと、無駄な消費電力が生まれてしまったり、効率的な乾燥ができずに時間がかかってしまったりするため、電気代がかさむ原因になりかねません。

そのような事態を回避するためには、使う前に取扱説明書を確認しておきましょう。使用している布団乾燥機のメーカーが提示する、正しい使い方に従って操作してください。

モードを必要以上に使わない

布団乾燥機の電気代を節約する方法
布団乾燥機には、通常モード以外にダニ退治モードなどがあります。通常モード以外を多用すると、電気代がかさんでしまうので注意が必要です。
ダニ退治に力を入れたいのであれば、ダニ退治モードを使うのではなく、布団の下に置くダニ捕獲マットや布団クリーナーを使った掃除などを併用するのがおすすめです。

布団乾燥機の登場頻度を減らす工夫をすれば、電気代は節約できますね。

布団乾燥機をこまめに掃除する

こまめに掃除して布団乾燥機の電気代を節約
布団乾燥機のフィルターをこまめに掃除することも、布団乾燥機本来の性能を維持できるようにもなるため、電気代節約につながるポイントです。

布団乾燥機のフィルターには、乾燥中に布団から落ちたほこりやダニなどが溜まります。そうなると、温風が逃げやすくなってしまうので、乾燥効率が悪くなってしまいます。

また、フィルターに溜まったほこりなどが風に乗ってばらまかれてしまう恐れもあるので、こまめな掃除は必要不可欠。フィルターを水洗いすれば、効率的にほこりやダニを取り除けます。

電気代の節約だけではなく、衛生面でもメリットが生まれるので、こまめな掃除はすべきだと言えるでしょう。

消費電力が低い製品に買い換える

布団乾燥機の電気代が安いモデルに買い替える
布団乾燥機も種類によって消費電力に差があります。

古いモデルを使っている場合などは、消費電力が多くなってしまうケースもあるため、使用する製品の見直しも電気代節約につながります。使用年数が長い場合は経年劣化による不具合が生じる可能性もあるので、早めの買い換えを検討するのがおすすめです。

買い換えをする際は、消費電力を確認してどのモデルにするか選ぶようにしましょう。消費電力が低い製品であれば、その分布団乾燥機を使った時の電気代がかからなくなるためです。

布団乾燥機を使うメリット・デメリット

布団乾燥機を正しく使えば、布団を清潔な状態に保てるので、メリットが大きいアイテムです。しかし、メリットだけではなくデメリットに感じてしまう部分もあるので、把握しておかなければいけません。

ここで、布団乾燥機を使うメリットとデメリットについて解説します。

布団乾燥機を使うメリット

布団乾燥機のメリット
布団乾燥機を使うことで得られるメリットには、以下のような点が挙げられます。
  • 外に出さずに室内で乾燥が可能
  • ダニ退治やカビ対策に活用できる
  • 布団を暖められる  
  • 布団以外にも靴や衣類の乾燥にも使える
それぞれのメリットについて詳しくみていきましょう。

外に出さずに室内で乾燥が可能

布団乾燥機を使えば、外に出さずに室内で布団を乾燥できます。ベランダに布団を干すスペースがない場合や、外に干すことで花粉・黄砂などが気になる場合などに役立ちます。
また、天気に左右されることもないので、いつでも布団を乾燥させられるでしょう。

布団を外に干す場合、ある程度スペースが必要です。そのため、ベランダがそこまで広くない場合などは干せないものです。そのような時に布団乾燥機を使うと、気軽に布団を乾燥できるのでメリットは大きいと言えます。

ダニ退治やカビ対策に活用できる

ダニは、気温が20~30℃、湿度が60~80%の環境で繁殖しやすくなります。 そのため、寝ている間にかいた汗を含む布団は、家の中でも最もダニが繁殖しやすい場所だと言えます。
布団乾燥機のダニ退治モードを使えば、ダニが死滅する50℃以上の温風で布団を暖めるので効果が期待できます。

布団乾燥機で布団を暖めたり乾燥させたりすることで、カビ対策にもつながります。30分以上温風で布団を暖めることで、カビ対策としても効果が期待できるでしょう。

布団を暖められる

寒い冬に冷たい布団に入ってもなかなか寝付けないといった経験を持つ方も多いでしょう。そのような時に布団乾燥機を使用すれば、布団を暖めておけるので、快適な睡眠を手に入れられます。

エアコンなどを使って室温を上げる方法もありますが、部屋が乾燥しやすくなります。しかし布団乾燥機なら部屋を乾燥させることなく布団を暖められるので、快適に眠れるでしょう。

布団以外にも靴や衣類の乾燥にも使える

布団乾燥機は靴や衣類の乾燥にも使えるので、洗濯物が乾きにくい冬場などに重宝します。マットやホースを使わないタイプの衣類乾燥機だと、ノズルの位置を調整するだけで簡単に使えるため、物干し竿に干されている洗濯物や床に置いてある靴まで乾燥できます。

衣類を乾燥する時は、ノズルを動かして吹出口を衣類などに向け、温風が当たるようにするだけ。靴を乾燥する時は、靴を立てかけて温風が当たるように調整してスイッチを入れるだけです。ホースが付いている布団乾燥機であれば、靴を床に置いたまま乾燥することもできます。

布団乾燥機を使うデメリット

布団乾燥機を使うデメリット
布団乾燥機を使うことで得られるデメリットには、以下のような点が挙げられます。
  • 電気代がかかる
  • 稼働時に音が鳴る
  • 羽毛布団に使う場合は注意が必要
それぞれのデメリットについて詳しくみていきましょう。

電気代がかかる

布団乾燥機を使うことで得られるメリットもありますが、使用すると電気代がかかってしまいます。使う頻度が多くなれば、その分電気代も高くなります。使用時間や使っている製品、布団のサイズなどによってどのくらいの電気代がかかるか異なりますが、1ヶ月あたり1,000円前後かかる場合もあるでしょう。

天日干しであれば電気代がかからないので、それと比較するとコストが高くついてしまうような印象を受ける方もいると考えられます。

稼働時に音が鳴る

布団乾燥機を稼働すると、どうしても音が鳴ってしまいます。音の大きさは使う製品によって異なるため、必ずしもうるさいと感じるわけではありません。

音が心配な場合は、静音モードが搭載されている布団乾燥機を使ってみてください。静音モードでも音はしますが、通常より静かになります。

羽毛布団に使う場合は注意が必要

布団乾燥機を羽毛布団に使う場合は、温風で羽毛にダメージを与える可能性があるので注意しなければいけません。

羽毛布団は空気をためて暖かさを保つという仕組みになっているため、布団乾燥機で温めると熱を逃がすために羽毛が広がります。この時に高温になりすぎてしまうと、繊維状のたんぱく質でできた羽毛が割れてしまい、空気をためられなくなってしまうのです。

その結果、羽毛布団ならではの暖かさを維持できなくなります。

お手頃な価格で布団乾燥機を自宅で試す方法

布団乾燥機の電気代を節約するならサブスクがおすすめ

布団乾燥機は製品によって使える機能が異なり、タイプによって使い勝手の良さも変わってきます。どの製品の使い勝手が良いのか知るためには、自宅で試す必要があります。
そのような時におすすめなのが、家電のレンタル・サブスクサービスです。

家電のレンタル・サブスクサービスの中でも特におすすめなのは「
CLAS 」です。 CLAS は、使い終わった家電をマイページから申し込むだけで返却したり、月額料金440円~というリーズナブルな価格で利用できたりするなどのメリットがあります。

実際に
CLAS を利用された方の口コミがこちら。
“家具のサブスクを初めて利用しました。大きな物なので、今後本当に必要かどうか考えるのに役立ちました。ベッドはこれからも必要だと決めて購入するきっかけとなりました。対応もスムーズで気持ちがよかったです。ありがとうございました。”
“他社と比較してデザイン性のすぐれたアイテムが多い。
サイトも取り扱っている家具家電もオシャレで価格も手頃なところが良い。”
“同じものと交換は難しいとのことで、同等品との交換はどうか?とすぐ提案があり、ありがたかった。
今は一つしかレンタルしていないが、対応がよかったので他の品もレンタルしようか検討している。”
試しに使うこともできるため、どれを使うか迷っている方にもおすすめのサービスです。
コンシェルジュに相談することもできるので、より選びやすくなりますよ。

おすすめの記事