{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

除湿機の電気代は安い?種類別の電気代とおすすめ6選をご紹介

2024/03/21

室内の湿度をコントロールする除湿機。
部屋全体の除湿ができ、部屋干しの洗濯物を短時間で乾かせるアイテムとしても人気です。

除湿機は、梅雨時や夏の湿気対策にも、冬は結露対策にも、衣類の乾燥にも活躍しますが、電気代が気になるもの。

そこで今回は、除湿機の電気代について解説します。

除湿機には種類があり、その種類によって電気代は違ってきます。
除湿機の種類と種類ごとの電気代、除湿機の選び方ポイントとおすすめ6選をご紹介します。

さらに、
除湿機を安い値段で入手する方法 もお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。
※購入参考価格は2024年2月17日現在の平均値です。

除湿機の3種類の特徴

衣類乾燥機としておすすめする部屋干しに最適な除湿機
除湿機には、コンプレッサー式・デシカント式・ハイブリット式の3タイプがあります。

それぞれに特徴、使用する季節、電気代も異なります。
3つのタイプの特徴を以下の表でご紹介します。

【除湿機の種類と特徴】

除湿機の種類 除湿機の特徴 使用する季節と電気代
コンプレッサー式 ・空気中の湿気を冷却器で冷やしてタンクに水分を溜めて湿気を除去する
・湿気が少なくなった空気を再び室内に戻して、室内の湿度を下げる
・梅雨時と夏に最適
・消費電力が少なく、電気代がほかのタイプより安い
デシカント式 ・乾燥剤のゼオライトで室内の湿気を除去する
・ヒーターで暖めた空気を温風にして吹き出すため、室内の気温を上げる
・秋から冬の結露対策に最適
・ヒーターを使うため、消費電力が上がりやすく、電気代はほかのタイプよりも高め
ハイブリッド式 ・コンプレッサー方式とデシカント方式を融合したタイプ
・梅雨時や夏場はコンプレッサー方式、冬場はデシカント方式で除湿する
・年間を通して使用可能
・除湿の電気代はデシカント式よりも安い

除湿機電気代はいくら?除湿機3タイプの電気代を比較

除湿機の電気代の計算式
部屋の湿度を調整して快適にできる除湿機ですが、気になるのはその電気代。
そこで除湿機の電気代を計算してみましょう。

電気代は地域により異なりますが、ここでは
公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会 が基準としている「1kWhあたり31円」を電力料金の目安として計算します。
【1時間あたりの電気代を出す計算式】
消費電力(W)÷1,000×電気料金単価(31円/kWh)
除湿機コンプレッサー式を1時間使用した場合の平均的な消費電力は125〜400W
です。
上の計算式で電気代を計算してみましょう。
【除湿機コンプレッサー式の1時間あたりの電気代】
125〜400W÷1,000×31円/kWh=3.9~12.4円
除湿機コンプレッサー式の1時間の電気代は、およそ4円〜12円が目安です。
そのほかの除湿機のタイプ別の電気代の目安も見ていきましょう。

3タイプの除湿機電気代の比較

除湿機と衣類乾燥機の電気代
除湿機の電気代は製品によって異なりますが、ここではSHARPの3タイプの除湿機の1時間の電気代をご紹介します。

なお、除湿モードだけを使った場合の電気代と、衣類乾燥モードを使った場合の電気代は、それぞれ異なります。
除湿機の種類 除湿機の1時間あたりの電気代
コンプレッサー式(SHARP CM-R100-W) ・衣類乾燥 250w/7.8円:290w/9円
・除湿   245w/7.6円:290w/9円
デシカント式(SHARP CV-R60-W) ・衣類乾燥 510w/16円:570w/18円
・除湿   480w/15円:540w/17円
ハイブリッド式(SHARPCV-RH140-W) ・衣類乾燥 660w/20円:695W /22円
・除湿   275w/8.5円:295w/9.1円
以上の表でお分かりいだけるように、3タイプのなかで最も電気代が安いのがコンプレッサー式。次にハイブリッド式で、デシカント式が一番電気代が高くなります。

また、除湿モードと衣類乾燥モードでは、衣類乾燥モードの方が消費電力が大きくなるため、電気代は高くなることが分かります。

除湿機電気代1ヶ月つけっぱなしの場合

除湿機の電気代1ヶ月の料金
除湿機はお部屋の湿気を取り去り、衣類の乾燥もできる便利な空調家電です。
梅雨など湿度が高い時期に1ヶ月間、毎日、除湿機をつけっぱなしにした場合いくらになるのでしょうか。

先に取り上げたSHARPの除湿機で、衣類乾燥機モードと除湿モードを一緒に1ヶ月つけっぱなしにした場合の電気代は以下のようになります。
【コンプレッサー式を1ヶ月つけっぱなしにしたときの電気代】

(7.8円+7.6円)~(9円+9円)×744時間=11,457.6円~13,392円
【デシカント式を1ヶ月つけっぱなしにしたときの電気代】

(16円+15円)~(18円+17円)×744時間=23,064円~26,040円
【ハイブリッド式を1ヶ月つけっぱなしにしたときの電気代】

(20円+8.5円)~(22円+9.1円)×744時間=21,204円~23,138.4円
除湿機を1ヶ月間つけっぱなしにした場合、約11,4580円〜23,138円ですが、除湿モードと衣類乾燥モードを24時間つけて、1ヶ月間使い続けることはないでしょう。

なお、低めのワット数(W)を使用することで、除湿機の電気代は節約できます。
電気代が気になる方は、除湿機を買う際に、性能だけでなくワット数も確認することをおすすめします。

除湿機の選び方ポイント

除湿機の種類の選び方ポイント
除湿機にはいろいろな種類があります。
選び方に迷う方は、除湿機を使う目的と使用する場所の広さによって選ぶとよいでしょう。

除湿機には2つのタイプがあるので、まず、タイプを選びます。
  • 除湿機能のみ
  • 除湿機能と衣類乾燥機能付き
どちらかを選んだら、次に除湿方式を選びます。
使用する季節によっておすすめの除湿方式が変わってくるので、使いたい季節から適した除湿機を選びましょう。
季節 おすすめの除湿の種類
梅雨時や夏 コンプレッサー式
秋から冬 デシカント式
年間を通しての使用 ハイブリッド式
最後に、除湿能力を選びます。除湿能力とは、1日で除湿できる除湿量のこと。

除湿量5〜6Lの除湿機は、木造6〜8畳・鉄筋13〜15畳のリビングに最適。
除湿量15L以上のハイパワーの除湿機は、木造19〜20畳・鉄筋38〜40畳の広い場所に適しています。

それぞれの製品のスペックに、対応する広さが書かれているので、確認してから選ぶとよいでしょう。

人気の除湿機おすすめ6選

ここからは、人気の高いおすすめの除湿機6選をご紹介します。
ご紹介した選び方を踏まえて、自分に最適の除湿機を見つけてください。

SHARP プラズマクラスター デシカント式衣類乾燥機

除湿機のなかでもおすすめのSHARP プラズマクラスター デシカント式衣類乾燥機
SHARP プラズマクラスター デシカント式衣類乾燥機 は、デシカント式のコンパクトな衣類乾燥除湿機です。

高さは約32㎝。衣類を干したラックの下にすっぽり入る大きさなので、場所を取らない除湿機として人気です。

「360°全周吹き出し」で、除湿した風を衣類の真下から効率よく届け、素早く衣類を乾かします。

しかも、シャープ独自の空気洗浄技術、プラズマクラスター7000を搭載。
部屋干し衣類のイヤな臭いを抑えながら、衣類をしっかり乾燥します。

ヒーターを備えたデシカント式なので、寒い季節にしっかりと除湿してくれます。
梅雨時や夏の衣類乾燥に使えるほか、冬の結露対策にも大活躍する除湿機です。

なお、除湿面積の目安は、コンクリート住宅 14畳、木造 7畳。

SHARP プラズマクラスター ハイブリッド式衣類乾燥除湿機

除湿機のなかでもおすすめのSHARP プラズマクラスター ハイブリッド式衣類乾燥除湿機
SHARP プラズマクラスター ハイブリッド式衣類乾燥除湿機 は、夏に強いコンプレッサー式と、冬に強いデシカント式を自動で使い分けるハイブリッドの衣類乾燥除湿機です。

2つの方式のメリットを組み合わせた「ハイブリッド式」は、季節に関係なく、年間を通してパワフルな除湿能力を発揮します。

衣類をたっぷり干しても、スピーディにカラッと乾燥。

また、生乾き臭を消し、除菌やウィルスの付着も制御するプラズマクラスター25000を搭載しています。
プラズマクラスター7000と比べると、消臭スピードは約1.5倍。

さらに「臭い戻り対策モード」に設定すると、乾燥後もプラズマクラスターイオンを放出し、なかなか洗濯物を取り込めないときも臭いの発生を防ぎます。

洗いにくい服の消臭も可能です。

1年通して部屋干しすることが多い方、いつでも気にせず使いたい方におすすめの衣類乾燥除湿機です。

なお、除湿面積の目安は、コンクリート住宅 14畳〜16畳、木造 28畳〜33畳。

SHARP 衣類乾燥除湿機(冷風機能付き)

除湿機コンプレッサー式で電気代が安いおすすめのSHARP 衣類乾燥除湿機(冷風機能付き)
SHARP 衣類乾燥除湿機(冷風機能付き) は、冷風機能も備えたコンプレッサー方式の衣類乾燥除湿機です。

コンプレッサー式は夏に性能を発揮します。
お部屋を除湿しながら、プラズマクラスター7000が部屋干し衣類のイヤな生乾き臭を抑えながら、衣類をカラっと乾燥させます。

また、付着カビ菌の増殖も抑制し、ジャケットに付いた汗の臭いや、お部屋のタバコの臭いも分解・除去します。

さらに、冷風機能付きなので、室温より約-10℃の除湿された涼しい風を送ります。
真夏のお料理中のキッチンで、帰宅後のクールダウンに大活躍。
コンパクトサイズでキャスター付きだから、移動も簡単です。

除湿・衣類乾燥・消臭・冷風機能まで付いた、年間を通じて使える高性能な衣類乾燥除湿機です。

なお、除湿面積の目安は、コンクリート25畳、木造11畳。

コンプレッサー式除湿衣類乾燥機 6L/日

除湿機でおすすめのコンプレッサー式除湿衣類乾燥機 6L/日
コンプレッサー式除湿衣類乾燥機 6L/日 は、A4サイズ程度のスペースに収まるコンパクトな衣類乾燥除湿機です。

コンパクトサイズなのに、1日の最大除湿能力は6L。
最大で1日500mlのペットボトル 12本分の水分を除湿できるので、快適な環境で過ごせます。

コンプレッサー方式なので、じめじめした梅雨時や夏に性能を発揮して、洗濯物をカラッと乾かします。

7段階の湿度設定が可能で、設定した湿度を保つように除湿運転します。

キャスター付きなので、移動もラク。
外出時や就寝中など、お好きなときに使えるタイマー付きの衣類乾燥除湿機です。

なお、除湿面積の目安は木造6〜7畳、集合住宅13〜14畳。

コンプレッサー式除湿機 6L/日

除湿機でおすすめのコンプレッサー式除湿機 6L/日
コンプレッサー式除湿機 6L/日 は、省エネ効果が高いコンプレッサー式の除湿機です。

その日の天気・室温に合わせて湿度の設定が可能な省エネタイプで、7段階の湿度設定が可能です。

1日最大6Lの水分の除湿機能とパワフルな衣類乾燥モードを搭載。

洗濯物が乾きにくい梅雨時や、湿度の高い夏の洗濯物をスピーディに乾かします。

持ち運びもラクなので、ランドリーだけでなく、リビングでも大活躍。
送風口は、お好みの角度に調節可能です。

排水タンクは持ちやすいサイズ設計なので、取り出しも簡単。

シンプルなデザインとパワフルな除湿機能が人気の除湿機です。

なお、除湿面積の目安は木造6〜7畳、集合住宅13〜14畳。

日立 ふとん乾燥機

衣類乾燥機としてもおすすめの日立 ふとん乾燥機
日立 ふとん乾燥機 は、アタッチメントを取り替えれば、部屋干しの衣類を乾燥できる布団乾燥機です。

梅雨時や夏の時期は、衣類はもちろん、寝汗で湿った布団も乾燥させたいもの。
布団乾燥機があれば、衣類も布団も除湿しながらふわっと乾燥できるので重宝します。

雨で湿ったブーツや靴も乾かせます。

布団の乾燥は、約28分で完了。
約60分で敷き布団の両面を乾燥させるコースも。
さらに、約5分で足元を暖めるコースもあるので、寒い冬にも活躍します。

ダニの死がいや花粉などのアレル物質を吸着して分解する機能も搭載。

布団と室内干しの衣類や靴を乾燥させたい方におすすめです。

除湿機をお手頃な値段で入手する方法

除湿機を安く入手できる家電のレンタル・サブスク

「どれを選んでよいか分からない」
「使わない時期の保管場所がない」
「高いのでなかなか、購入に踏み切れない」

そんなときに役立つのが、家電のレンタル・サブスクです。
家電のレンタル・サブスクとは、購入費を支払わずに、手頃な月額使用料で除湿機を使えるサービスのこと。
CLAS は、高性能でデザイン性の高い家電をそろえる家電のレンタル・サブスクです。

【CLASのメリット】

  • お手頃な月額使用料で利用できる
  • 除湿機の借り換えができる
  • 不要になったら返却するだけ
ここからは CLAS のメリットについてご紹介します。

お手頃な月額使用料で利用できる

家電をお手頃値段で入手可能な家電のレンタル・サブスク
CLAS の月額使用料はお手頃。

購入すると数万円する除湿機が、
CLAS なら安い月額使用料で使えます。

高性能な除湿機を気軽に試せますよ。

除湿機の借り換えができる

借り換えができる家電のレンタル・サブスク
除湿機を自分で購入すると、長年使うことになり、使用しない期間は保管スペースが必要に。
CLAS なら、季節ごとに除湿機の借り換えが可能です。

梅雨時と夏に使ったコンプレッサー式除湿機を返却して、冬には冬向きのデシカント式除湿機を使うことも。

CLAS を利用すれば、保管スペースが不要なので、お部屋をスッキリとキープできます。

不要になったら返却するだけ

申し込みも返却も簡単な家電のレンタル・サブスク
除湿機が不要になったら、返却するだけです。

返却予定日をスマホやパソコンから連絡して、集荷日を決めます。
面倒な梱包や伝票作成などは不要で、業者が引き取りに来てくれます。

申し込みも返却もスマホ1つで簡単ラクラク。
CLAS を利用して、気になる除湿機を使ってみてはいかがでしょう。

ライフスタイルに合う除湿機を選んで快適な毎日を

除湿機を安く入手できる:家電のレンタル・サブスク
部屋の湿度を除湿でき、部屋干しの衣類も乾燥できる、人気の除湿機。
除湿機は、特に部屋干しをする方には欠かせないアイテムです。

今回は、気になる除湿機の電気代と除湿機のおすすめ6選をご紹介しました。

除湿機は使い方次第で電気代を抑えることも可能です。

自分のライフスタイルに合った除湿機を選んで、湿気に悩まされない快適な毎日を楽しんでくださいね。

おすすめの記事