{{ toastMessage }}
家具と家電のレンタル ・サブスク CLAS (クラス)
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

一人暮らしのための落ち着く部屋づくりのポイント

2023/07/11

落ち着く部屋づくりバナー
「落ち着く部屋にしたいけど、どうしても落ち着かない部屋になってしまう・・・」

そんな悩みはありませんか。
落ち着く部屋にするためには、実は3つの条件があります。

この記事では、3つの条件を満たした落ち着く部屋の作り方と、落ち着く部屋にするためのインテリアをコーディネートと共にご紹介します。
さらに、落ち着く部屋作りを成功させるためにおすすめの、インテリアの入手方法もお伝えします。

この記事を参考に、ずっと居たくなる“あなただけの落ち着く部屋”をぜひ手に入れてくださいね。

落ち着く部屋の作り方インテリアコーディネートの3条件

落ち着く部屋の作り方の条件はたったの3つ。
これらを満たせば、理想通りの「落ち着く部屋」をつくることができます。

落ち着く部屋の作り方の3条件
・落ち着く部屋の色を持ってくる
・落ち着く部屋 心理学に基づく配置にする
・整理整頓がしやすいインテリアを選ぶ

落ち着く色味でまとめる

落ち着いた色味のアイテム
1つ目の条件は、落ち着いた色味でまとめること。

カラフルな色使いの部屋は魅力的ですが、あまりに多くの色を取り入れたり、インパクト重視のカラーコーディネートにしたりすると、乱雑な印象に。

家具や家電などのインテリアを選ぶ時は、メインカラーを3色以内に抑えましょう。
とくにグレー、ベージュ、グリーンなどのナチュラルな色がおすすめ。

1色は自分の好みの色にしてもいいですが、原色よりはくすんだ色味の方が落ち着く部屋になります。
アクセントカラー
たとえば、ベースカラーとなる床面がホワイトの空間にはラグのグレー、インテリアのブラウンをメインカラーにして。

差し色を優しいグリーンにすれば、空間にアクセントを加えつつ、落ち着く部屋になります。

落ち着く部屋 心理学に基づく配置にする

開放的なお部屋のレイアウト
条件の2つ目は、落ち着く部屋 心理学に基づく配置にすること。

落ち着く部屋の心理学では、居心地のいい自分専用の場所があることがポイント。
低い位置に座れる場所があると、落ち着きます。

また、自分の居場所を中心に、生活動線が組まれていると安心感が生まれます。
お気に入りの居場所を確保したら、そこからキッチンへベッドなど、移動しやすいレイアウトにするとよいでしょう。
背の低いアイテム
落ち着く部屋の心理学では、生活のしやすさ、動線のスムーズさもポイントに。

インテリアの配置は生活動線がシンプルになるよう心がけて。
アイテムが予想以上に増えてしまっても、立った時に視覚を遮らない程度の高さのものをセレクトすれば、視覚効果で落ち着く部屋になります。
SOLD OUT CIRCLE ベッドフレーム
CIRCLE ベッドフレーム シングル_ ベッドフレーム単品 (アイボリー):シングル いつでも返せるプラン
2,300 円/月〜
商品をくわしく見る
SOLD OUT CIRCLE マットレス
CIRCLE マットレス シングル_ ブラックネイビー いつでも返せるプラン
2,800 円/月〜
商品をくわしく見る
SOLD OUT ブエノ ソファ
ブエノ ソファ 2人掛け インディゴブルー いつでも返せるプラン
あとから購入β可能
1,700 円/月〜
商品をくわしく見る
2WAY リフティング テーブル
2WAY リフティング テーブル W90×D50×H46cm ブラウン おトクにスタートプラン
あとから購入β可能
1,500 円/月〜
商品をくわしく見る
ルト サイドボード
ルト サイドボード W75× D44.5×H80cm ブラウン いつでも返せるプラン
あとから購入β可能
1,300 円/月〜
商品をくわしく見る
siroca 遠赤外線ヒーター かるポカ
siroca 遠赤外線ヒーター かるポカ W31×D49×H69cm ホワイト いつでも返せるプラン
あとから購入β可能
1,800 円/月〜
商品をくわしく見る
パキラ180cm(フェイクグリーン)
パキラ180cm(フェイクグリーン) W90×H180xφ23cm ベースなし おトクにスタートプラン
あとから購入β可能
2,400 円/月〜
商品をくわしく見る
SOLD OUT ラグ マーク
ラグ マーク 133×190cm ホワイト いつでも返せるプラン
あとから購入β可能
2,200 円/月〜
商品をくわしく見る
SOLD OUT ボルタ テレビボード
ボルタ テレビボード W145×D42×H39.5cm ブラウン いつでも返せるプラン
あとから購入β可能
3,800 円/月〜
商品をくわしく見る
REGZA FHD液晶テレビ ネット動画ボタン付き
REGZA FHD液晶テレビ ネット動画ボタン付き 32V型(型番おまかせ) ブラック いつでも返せるプラン
あとから購入β可能
4,100 円/月〜
商品をくわしく見る

整理整頓がしやすいインテリアを選ぶ

整理整頓
3つ目の条件は、整理整頓がしやすいインテリアを選ぶこと。

ものが散乱していると、それだけで雑多な印象になり落ち着きません。
こんなときは中身が見えない棚があると便利。
ささっとしまって扉を閉めるだけで、すっきりとした空間になります。
収納棚
床の上にものが散らばっていると生活動線が限られ、窮屈さを感じる部屋になってしまいます。

とくにリビングは自由に過ごせる分、ものが散らかりやすい部屋。
ソファやラグとコーディネートするように、リビングにも中身が見えない収納棚を置いてみましょう。

小物を隠すように収納することで、おしゃれで落ち着く空間をキープできます。

落ち着く部屋の作り方におすすめのインテリア

ここからは落ち着く部屋の3条件ごとに、落ち着く部屋の作り方とおすすめのインテリアをご紹介します。

圧迫感のない落ち着くお部屋にしたい人へおすすめのアイテム

背の低い家具・家電をセレクト
圧迫感のない落ち着く部屋の作り方のコツは、背の低い家具・家電をセレクトすること。

スペースを取るベッドは、ヘッドボードのないデザインや明るめのフレームを選んで。

同じく幅を取ってしまいがちなチェストもロータイプのものを選び、壁に沿うように配置すれば圧迫感を与えません。
背の低いソファやローサイドテーブル
部屋を圧迫せずソファとテーブルを置きたいなら、一人掛けソファやローサイドテーブルを配置して。

ナチュラル系や脚の細いインテリアでコーディネートすれば、抜け感のあり、温かみのある落ち着く部屋になります。

物が多くてもきれいな落ち着く部屋にしたい人におすすめのアイテム

アルミ収納ケース
「部屋はきれいにしたいけれど、毎日こまめに掃除をするのは負担が大きい」
「物が多くて落ち着くきれいな部屋にできない」

そんな悩みがあるなら、ものを分けて整理整頓しやすい収納ケースを活用しましょう。

こちらのアルミ収納ケースはスッキリとしたデザインで、細かなものをまとめてしまえるので、散らからない落ち着く部屋づくりにおすすめです。
スチールシェルフ
こちらのスチール シェルフは抜け感があり、アルミ収納ケースと組み合わせることで統一感が生まれ、ものも隠しながらも落ち着く部屋にできます。

魅せる収納インテリアでも、アルミ収納ケースのような隠す収納と合わせることで、ものが少ないすっきり落ち着く印象にできます。

色味だけでなく、素材を合わせるのも落ち着くの作り方の一つです。

落ち着いた色味をプラスしたい方におすすめのアイテム

ナチュラルカラーのソファ
部屋に雑多な印象や圧迫感を与えないポイントは、ベースカラーとなる壁面や床面の色と合わせやすく、ナチュラルな雰囲気を演出してくれる色のアイテムを取り入れること。
ソファやベッドといった大型インテリアを差し色にすると、統一感とメリハリが生まれます。
落ち着いたトーンの淡いグリーンは、調和するのに存在感もあるおすすめのカラーです。
アクセントカラーのラグ
ラグや照明などの小物は、ベースカラーやメインカラーと同系の色を意識しつつ、アクセントになる明るいアイテムを配置するのが肝。
例えば、グレーの床面や壁面、ブラウンの棚や椅子にオレンジの色のラグを合わせると、カラートーンが統一され、落ち着いた印象になります。

一人暮らしでも落ち着く部屋を作るなら、家具・家電のレンタルサブスク

落ち着く部屋づくりならCLAS
落ち着く部屋作りのイメージは掴めましたか。
イメージ通りの落ち着く部屋にしたくても、インテリア選びに失敗したくないもの。

そんなときは、インテリアを自由に試せる家具のレンタルサブスクがおすすめです。

家具のレンタル・サブスクがおすすめな理由
・気になるアイテムをまずはお試しできる
・ほかの家具にも気軽に交換できる

気になるアイテムをまずはお試しできる

落ち着く部屋におすすめのインテリアを試せる家具のレンタル・サブスク
大きい買い物になるインテリアはできるだけ慎重に選びたい。
そんな気持ちに寄り添ってくれるのが、家具のレンタルサブスクです。

とくに
CLAS(クラス) は、コーディネートしやすいおしゃれなインテリアがそろっているからおすすめ。
購入のようにまとまった初期費用は不要で、月額で好みのインテリアをお部屋に置けるのが魅力です。

「これいいかも」と思ったら気軽に試すことができます。

ほかの家具にも気軽に交換できる

家具のレンタル・サブスクはスマホで簡単に注文
家具のレンタル・サブスクなら「勉強したいからデスクが必要になった」「物が増えたからもっと大きい収納が欲しい」そんなときに返品・交換が簡単にできます。

家具は買ってしまうと簡単に買い替えできませんが、家具のレンタル・サブスクなら気軽に交換や返品もできるから、理想の部屋作りを叶えることができます。ぜひ一度、
CLAS を覗いてみてくださいね。

おすすめの記事