{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

二人暮らしに最適な間取りは?素敵なレイアウトで叶える理想の生活

2023/09/04

カップルや夫婦での二人暮らしをスタートさせる際、どの間取りが最適なのか悩む方も多いでしょう。
間取りは、二人の生活スタイルに合わせて選ぶことが大切です。

そこで今回は、二人暮らしに最適な間取りをご紹介します。
間取りの選び方や理想の生活を叶えるための家具レイアウト例もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

二人暮らしに最適な間取りとは?

2人暮らしに最適な間取りとは
二人暮らしに最適な間取りには、1LDK・2DK・2LDKが挙げられます。各間取りの特徴を見ていきましょう。

1LDK

2人暮らしの間取り1LDK
1LDKは、リビング・ダイビング・キッチン・居室が1部屋にまとめられているのが特徴的です。
8畳以上の広さが一般的で、食事やくつろぎスペースと就寝スペースを分けて使用できます。

1LDKは、二人で一緒に過ごしやすいことがメリットです。
また、ダイニングセットやソファを置くスペースも確保できるため、友人を呼びやすいでしょう。
ただし、専用スペースを確保できないことがデメリットです。そのため、生活リズムがほとんど同じカップルに向いている間取りです。

また、1部屋しかないことから家具の数も制限されるので、ものが多い人は収納を工夫しないと1LDKでは暮らしにくい可能性があります。

2DK

2人暮らしの間取り2DK
2DKは、居室2部屋とダイニング・キッチン(DK)で構成された間取りです。
2DKはDKにある程度の広さがあるので、ダイニングスペースをつくれます。そのため、居室の使い方の幅も広がるでしょう。

例えば、1部屋をリビング、もう1部屋を寝室にできます。ダイニングスペースをなくす分、リビングスペースを広く使えるので、ソファのような大型家具を置いても圧迫感を感じにくいです。

また、1部屋ずつ自分の部屋として使うことも可能です。他にも、1室はリビング兼寝室、もう1部屋を仕事部屋や趣味部屋、収納用スペースなどの用途に活用する方法もあります。

1LDKよりも自由度の高い暮らしを望んでいる人、部屋の用途がすでに決まっている人に向いていますよ。

2LDK

2人暮らしの間取り2LDK
2LDKは、居室2部屋とリビング・ダイニング・キッチン(LDK)で構成された間取りです。

LDKは一般的に10畳以上のスペースとなるので、居室1部屋を占領せずにリビングとダイニングスペースを確保できることがメリットです。テレビ台やソファなどの大型家具も設置できます。

リビングと居室を分けられるので、友人を招きやすい間取りでもあります。

居室を2部屋確保できるので、それぞれの部屋として使ったり、寝室と仕事部屋を分けたりするなど使い道は様々です。
将来子どもが生まれた時は、1部屋を子ども部屋にすることも可能です。

お互いのプライベートを確保したい、より広くゆとりのある部屋で暮らしたい人は2LDKが向いていますよ。

二人暮らしの間取りを決めるポイント

二人暮らしの間取りを決めるポイント
間取りは、暮らしやすさに大きく影響を与える要素です。
そのため、二人で話し合って、お互いに納得できる間取りを決めて、物件選びをしていくことが重要!
ここからは、二人暮らしの間取りを決めるためのポイントをご紹介します。

部屋の使い方について話し合う

2人暮らしの間取りの使い方を考える
まずは、部屋の使い方について話し合いをしましょう。

例えば、二人で一緒にいる時間を長くしたい、寝室も一緒でいいのであれば、1LDKで十分でしょう。
しかし、寝室を分けたい、お互いに専用スペースが欲しいのであれば、2DKまたは2LDKが候補となります。
リビングとお互いに専用スペースが欲しいのであれば、2DKだと難しいので、2LDKが最適な間取りになりますね。

このようにお互いの要望やライフスタイルのイメージをはっきりさせることで、自分たちにぴったりな間取りを決めることが可能です。

荷物の量を考える

2人暮らしの間取りに入る荷物の量を考える
二人暮らしの間取りを決める際は、それぞれが持ち込む荷物の量を考慮することも大事なポイントです。
荷物の量を考えずに間取りを決めてしまうと、スペースに入りきらないものは処分や追加で収納家具の購入が必要となってしまいます。

特に1LDKは収納スペースが狭くなってしまうので、二人の荷物が多いと入りきらない可能性があります。
収納家具を増やすと部屋が狭くなる原因となるので、荷物の量を把握した上で自分たちの暮らしにあった間取りを選びましょう。

置きたい家具・家電を考える

2人暮らしの間取りに置く家具と家電を考える
お互いに置きたい家具や家電についても話し合っておきましょう。
おきたい家具・家電が決まっていると実際の暮らしをイメージしやすく、間取りも選びやすくなりますよ。

しかし、どの間取りでも設置できる数には限界があります。優先順位を決めておくことで、確実に置きたいもの、できれば置きたいものがはっきりするので、ものが入りきらない間取りや部屋選びのミスを防げます。

間取り以外の条件も確認する

2人暮らしの間取り以外に通勤アクセスや買い物場を考える
快適な二人暮らしを実現するためには、間取り以外の条件も話し合いや確認しておく必要があります。
お部屋探しで特に重要となる部分は、物件のエリアです。

例えば、お互いに職場があるエリアが異なる場合、通勤時間に考慮して物件を探すエリアを決めなければなりません。
通勤に時間がかかる生活が長くなると、ストレスを感じやすくなるので注意が必要です。

他にも、安心して暮らしていけるように、エリアの治安も確認しておきましょう。
治安が悪いと犯罪に巻き込まれるリスクがあるほか、朝晩パトカーの音に悩まされてしまう可能性もあります。

また、生活のしやすい環境であるかどうかも重要です。身近にスーパーやドラッグストア、コンビニなどがあれば、日々の買い物に困りません。

二人暮らしにピッタリ!家具のレイアウトをご紹介

2人暮らしの間取りの寝室インテリアコーディネート
二人暮らしに最適な間取りは決まったものの、お部屋に置く家具のレイアウトが決まらず悩む方も多いでしょう。
ここからは家具のレイアウト例を紹介していくので、お部屋づくりの参考にしてください。

リビングは二人がくつろげる空間に

2人暮らしの間取りのリビングコーディネート
リビングは二人でくつろぐためのスペースなので、ゆとりや開放感を意識して家具をレイアウトしていくことがポイントですよ。

テレビ台やソファのような大きな家具は、向かい合う形で壁付けに設置することで、中央に広々とした空間をつくれます。圧迫感を軽減でき、生活動線も確保できるレイアウトです。

写真のようにセンターテーブルを置くのも良いですし、サイドテーブルにして省スペース化を図るのも良いでしょう。
写真では奥の壁際に収納棚を置いていますが、仕事・作業用のデスクや1LDKなら就寝用のベッドを置くのも良いでしょう。

家具は背が低いもの、足が細いデザインのものを選ぶことで、狭めの部屋でも広く見せることができます。

ダイニングには使い勝手の良い家具をチョイス

2人暮らしの間取りのダイニングコーディネート
食事をするダイニングは、配膳や片付けのしやすさを考えてレイアウトや設置する家具をチョイスしましょう。

キッチンカウンターの近くにダイニングテーブルを設置すれば、カウンターから出来立ての料理や食べ終わった後の食器の受け取りが可能となりますわざわざ移動しなくても料理やキッチンの受け渡しが可能なため、家事の効率を高めることが可能です。

ダイニングの主役であるダイニングテーブルは、形状やサイズは様々です。
例えば、写真のような円型のテーブルは、席を詰めることで座れる人数を増やすことが可能です。
そのため、子どもが生まれた時や来客時も柔軟に対応できるメリットがあります。

一緒に居ながら別のことができるワークスペース

2人暮らしの間取りでテレワークする際の使い方
同じ部屋で別々のことができる空間をつくれば、一緒に居る時間を大切にしながら、仕事や作業に取り組めます。
例えば、リビングの奥にデスクを設置すれば、一人分のワークスペースを確保できます。
パートナーはダイニングテーブルやソファ・テーブルを作業スペースとして使えば、リビングで一緒に居ながらも別々の時間を過ごすことが可能です。

広さに余裕があり、隣同士でも集中できるのであれば、二人用デスクを置いてそれぞれの専用ワークスペースをつくるのも良いでしょう。1室を共有のワークスペースとして使うなら、隣合わせでデスクを設置するほか、お互いに背を向けて壁際にデスクを置くレイアウトも考えられます。
デスクが離れるので、作業スペースを区切ることがメリットです。

2人暮らしの間取りを理想の部屋にするなら家具と家電のレンタル・サブスクが便利

2人暮らしの間取りを理想の部屋にするには家具と家電のレンタル・サブスクがおトク
2人暮らしの間取りをうまく生かして、二人が暮らしやすく、おしゃれな部屋にしたいもの。

だけど、家具や家電は実際に部屋に置いて使ってみないと、本当にその間取りや二人の暮らし方に合っているかはわからないですよね。

そんなときおすすめしたいのが、家具と家電のレンタル・サブスクです。
家具と家電のレンタル・サブスクとは、月額使用料で気になる家具や家電を借りれるサービス。

買わずに実際に部屋で試せるから、二人暮らしの間取りに合った家具や家電に出会うことができるでしょう。

おしゃれで機能もいい家具と家電ならCLASがおすすめ

2人暮らしの間取りを生かす家具と家電のレンタル・サブスクはCLAS
CLAS は、デザイン性と機能性を兼ね備えた豊富なラインナップが人気の、家具と家電のレンタル・サブスクです。

CLASで家具や家電をレンタルするメリット
・月額使用料でおしゃれなブランドの家具や家電が手に入る
・注文から交換、返品までサイトで簡単にできる
・ライフスタイルが変わるとき家具や家電を借り換えできる
・長く使うほどおトクになる

理想の部屋で二人暮らしをしたいなら、ぜひ CLAS のサイトを覗いてみてください。

二人が満足して暮らせる理想の部屋を実現してくださいね。

2人暮らしの間取りを上手に使って暮らしやすいお部屋にしよう

SHARP 縦型洗濯乾燥機 【洗濯8g /乾燥4.5kg】
2人暮らしの間取りは、1LDK・2DK・2LDKが多くありますが、その形や特徴はいろいろ。
二人の生活をイメージして、お互いが過ごしやすい空間作りをすることが大切です。

予算や場所を考えた物件から選ぶことになりますが、暮らしてからの生活動線が重要。
家具のレイアウトで上手に部屋を分けて使いやすくするなど、工夫を楽しみながら、理想の二人の居場所を作ってくださいね。

おすすめの記事