{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

二人暮らしの初期費用はいくら?相場と初期費用を抑える方法を解説します

2023/09/06

「ただいま」と家に帰ったときに「おかえり」の声が聞こえる二人暮らし。
一人暮らしではなかった挨拶は、嬉しいものです。

恋人同士はもちろん、兄弟や姉妹、友だち同士で二人暮らしを始めようとしている人も。

「2人で暮らすと決めたけど、いったいどのくらいの費用が必要になるか心配・・・」
「二人暮らしは楽しみだけど、初期費用がかさみそうで、躊躇してしまう・・・」

二人暮らしを楽しみにしながらも、こうした心配をしている方もいるのではないでしょうか。

これから始まる二人暮らしを楽しむためにも、できるだけ初期費用は抑えたいものですね。

そこで今回は、二人暮らしを始める際の初期費用の相場と、

二人暮らし初期費用 事前に準備する金額とは

入居後、二人暮らしを楽しむカップル
二人暮らしを始めるにあたって気になるのが、初期費用。
いったいどのくらい準備すればよいのでしょう。

賃貸物件の契約費用、引っ越し代、家具や家電の購入費などを含む初期費用の相場についてみていきましょう。

二人暮らし初期費用の相場

二人暮らしの初期費用
二人暮らしを始める際にかかる初期費用は、およそ家賃の4〜6ヵ月分とも、6〜7ヵ月分ともいわれます。

金額にすると、二人暮らしを始める際にかかる初期費用の相場は、およそ75万〜100万円ほど。

この費用には、賃貸物件の敷金・礼金、不動産会社への仲介手数料のほか、引っ越し代 や家具・家電の購入費用などが含まれます。

二人暮らしの初期費用の内訳をさらに詳しくみていきましょう。

二人暮らし初期費用の内訳

二人暮らし初期費用の内訳
2人暮らしの初期費用の例として、家賃12万円で敷金礼金が各1ヵ月の場合、どのくらいの準備金が必要になるかをシミュレーションしてみます。
費用項目 費用の目安 備考
敷金 120,000円 家賃の1ヵ月分
礼金 120,000円 家賃の1ヵ月分
前家賃 120,000円 家賃の1ヵ月分
初月の家賃 60,000円 月の半ばに契約した場合
仲介手数料 120,000円 家賃の1ヵ月分
火災保険料 10,000~20,000円
家賃保証料 60,000~120,000円 家賃保証会社への支払い/家賃の半額~1ヵ月分
鍵交換費用 10,000~20,000円
合計 620,000~700,000円
上記の初期費用に加えて、引っ越し代や家具などの購入費も必要になります。

引っ越し代の目安は、1人暮らしで3万円。二人暮らしなら6万円ですが、荷物が多い場合は引っ越し代金も高くなります。

また、二人暮らしを始める際、ベッド・ダイニングテーブル・ソファなどの家具、冷蔵庫・洗濯機・電子レンジなどの家電を購入すると、20万〜25万円ほどかかります。

賃貸取引の初期費用に、引越し代や家具・家電の購入費を加えると、二人暮らしにかかる初期費用は以下のようになります。
費用項目 費用の目安
賃貸の初期費用 620,000~700,000円
引っ越し代 60,000~100,000円
家具・家電の購入費 200,000 ~250,000 円
合計 880,000~1050,000
このように、二人暮らしを始める際には、およそ100万円前後の初期費用が必要になります。

二人暮らしの生活費はどのくらい?

二人暮らしの生活費の目安の計算
二人暮らしを始める際は、初期費用を準備するだけではなく、引越した後の数ヵ月分の生活費も用意しておくと安心して、二人暮らしを楽しめるでしょう。 総務省統計局の「家計調査報告(家計収支編)」 (2022年調査)によると、二人以上の世帯の生活費は、住居費を除き約25.2万円。この金額には、食費・外食費・光熱水道費・交通費・医療費・娯楽費・交際費・衣料費などが含まれます。

12万円の家賃に約25.2万円の生活費を加えると、1ヵ月にかかる生活費は、約37.2 万円ほど。

二人暮らしの3ヵ月分の生活費を見積もるなら、単純計算で111.6万円が必要です。
2人暮らしの初期費用生活費込みの金額
前述した二人暮らしの初期費用の目安は、約88万〜約105万円。
そこに、3ヵ月分の生活費を加えると、約199.6〜216.6万円になります。

つまり引っ越す環境や条件にもよりますが、およそ200万円前後用意できていれば、3ヵ月くらいゆとりを持って生活ができることがわかります。

二人暮らしの初期費用を賢く節約する3つの方法

二人暮らしの初期費用を節約するための計算
二人暮らしを始めるには、まとまった多額の初期費用が必要です。
二人暮らしを楽しむためにも、最初にかかる初期費用は少しでも節約したいもの。

ここからは、初期費用を上手に節約する3つの方法をお伝えします。

【1】初期費用を抑えられる物件を選ぶ

家賃と生活費のバランス
二人暮らしの生活費のなかでも、最も大きな費用が家賃です。
二人暮らしの初期費用を抑えるためには、少しでも家賃が低くなる物件を検討してみるとよいでしょう。

初期費用を抑えられる物件は、以下のような物件です。

・家賃の低い物件
・入居後の一定期間無料になるフリーレント物件
・敷金・礼金なし物件
・管理会社や保証会社が不要な物件

【2】引っ越し費用を安く抑える

2人暮らしの新居に置かれた荷物
一般的に、荷物が多いと引っ越し料金は高くなります。
家具や荷物を極力少なくすることで、引っ越し料金を節約できます。

また、3月から4月は引越しの繁忙期で、引っ越し料金は高くなる傾向が。
繁忙期をずらし、引っ越し料金が安くなったタイミングで引っ越せば、初期費用を抑えられるでしょう。

【3】家具と家電をレンタル・サブスクを利用する

引越し後、家具を置いたリビングルーム
二人暮らしの初期出費を大幅に節約したいなら、家具と家電のレンタル・サブスクで必要なものをそろえるのがおすすめです。

二人暮らしを始める際、必要な家具と家電を一度にまとめて購入しようとすると、初期費用がかさんでしまいます。

しかし、レンタル・サブスクを利用すれば、初期購入費を支払うことなく、月額使用料で家具や家電を使用できます。
レンタル・サブスクを利用するメリット
・まとまったお金が無くても家具や家電がそろえられる  
・生活のなかで使い心地を試せる  
・ライフスタイルが変化する予定なら、一定期間だけ借りて返却できる

節約するならCLASのレンタル・サブスクサービスで

二人暮らしのためのダイニングルーム
CLAS は、デザイン性と機能性の高いこだわりの家具と家電をそろえる家具と家電のレンタル・サブスクサービスです。 CLAS は、購入にかかる初期費用を節約しながら、理想の住まいづくりをしたい方たちから注目されています。
お好みの家具や家電を1点からレンタルできるのも
CLAS の特徴です。

二人暮らし初期費用をCLASで節約できる理由

家具をそろえた二人のリビングルーム
CLAS の家具や家電をレンタル・サブスクすると、なぜ初期費用を抑えられるのでしょうか。
CLASを利用すると、二人暮らしの初期費用を節約できる理由
・購入したら高い家電や家具を費用を抑えてそろえられる
・セットでさらにおトクになる
・長く使うほどおトクな特典がある

家具や家電を購入した場合と、
CLAS を利用した場合の初期費用を比較してみました。
家具・家電名 購入価格※ CLAS月額使用料※
洗濯機(5kg) 26,000円 セットで4,950円/月
冷蔵庫(118L) 35,000円
電子レンジ(18L) 13,000円
炊飯器(3合炊き) 6,000円 550円/月
コードレス掃除機 9,800円 995円/月
ダイニングテーブル&チェア テーブル 12,000円
チェア 14,000円
セットで3,960円/月
ソファ ソファ 21,900円 2,530円/月
テレビ(32型) 43,590円 2,310円/月
ベッド フレーム 47,000円
マットレス 86,180円
フレーム 2,420円/月
マットレス 4,389円/月
カーテン 7,000円 2,860円/月
合計 241,470円 19,464円/月
※購入価格は同一商品の公式価格または一般市場の平均価格で計算。
※CLAS価格は割引なしの月額使用料。
※送料は含まれていません。


家具や家電を購入するとおよそ24万円。
CLAS を利用すると、毎月およそ1.9万円。
CLAS を利用して家具や家電をレンタル・サブスクすると、二人暮らしの初期費用を大幅に節約して、理想の部屋が実現できます。

申し込みはスマホで簡単

スマホで申し込みをする人
CLAS の申し込みは、とても簡単。
スマホやパソコンから、自分たちのお好みの家具や家電を選んで、いつでも申し込めます。

申し込みが済んだら、後は届くのを待つだけ。
家具や家電が届いたら、心地よくそれらを配置してみましょう。
その日から理想の暮らしをお楽しみいただけます。

交換・返却もスムーズだから安心

冷蔵庫を運ぶ人
二人暮らしを始めたら、家族が増えた」
「姉妹で住んでいたけど、別々に住むことになった」
CLAS なら、このようなライフスタイルの変化に合わせて、家具や家電の借り換えができます。

借り換え、または返却の際は、スマホで連絡するだけで、予定日に受け取りに来てくれます。
その際、梱包の必要はありません。
CLAS は、申し込みからお届けまで、そして交換・返却までがスムーズですから、安心してご利用いただけます。

ぜひ
CLAS の家具と家電のレンタル・サブスクサービスを利用して、二人暮らしの初期費用を節約しながら、理想の住まい作りをしてみてはいかがでしょう。

二人暮らしの初期費用を抑えて暮らしに余裕を

ソファのあるリビングでくつろぐ二人

二人暮らしを始めるには、まとまった初期費用が必要。

今回は二人暮らしを始める際の初期費用の相場、そして初期費用を節約する賢い方法をお伝えしました。

初期費用を節約しても、
CLAS を利用すれば、こだわりのある家具や家電のある理想の住まいを作れます。

上手に初期費用を節約して、余裕のある二人暮らしを楽しくスタートさせてくださいね。

おすすめの記事