{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

二人暮らしの冷蔵庫を安く抑えたい 価格や電気代を節約できる選び方

2023/11/28

冷蔵庫は、快適な日常生活を送る上で欠かせない家電のひとつです。
しかし、サイズや容量、機能は様々のため、どれを選べば良いか、悩んでいる方もいるでしょう。

そこで今回は、ふたり暮らし向けの冷蔵庫の選び方をご紹介します。

最適なサイズをはじめ、価格や電気代を節約できる選び方、冷蔵庫を安く手に入れるためのポイントも解説するので、これからふたり暮らしを始める、ふたり暮らし用の冷蔵庫選びに迷っている方は、ぜひ最後までお読みください。

価格や電気代が安くなる、ふたり暮らし向け冷蔵庫の選び方

まずはふたり暮らし向けに適した冷蔵庫の容量や選び方を解説します。

電気代が安くなる省エネ機能や庫内の整頓に便利な収納スペースも紹介しているので、検討前に確認しておきましょう。

ふたり暮らしに適した冷蔵庫の容量

ふたり暮らしに適した冷蔵庫の容量
冷蔵庫の必要容量を計算する一般的な計算方法は、以下の通りです。
70L(1人当たり)×家族の人数+100L(常備食材)+70L(予備食材)
この式にふたり暮らしを当てはめた場合、最適な容量は 310L になります。
とはいえ、これはあくまでも目安であり、毎日しっかり自炊したい方や外食がメインの方では、冷蔵庫に入れておきたい量が違うため、最適なサイズも異なります。

また、自炊をあまりせず小さい容量で十分だと感じている場合でも、今後は自炊を考えている、家族が増える計画があるという場合には、買い替えせずに済む
300~450L の冷蔵庫が良いでしょう。

ただし、住んでいる部屋の広さによっては、300~450Lの冷蔵庫を置くと、スペースにゆとりがなくなり、作業がしにくくなる可能性があります。

冷蔵庫を選ぶ際は、どこに置くのか、扉を開閉する余裕はあるか、スペースにゆとりはあるかを確認してから、サイズを選ぶことが大切です。

【200-300L】外食派で本体価格を安く抑えたい方は小さめサイズを

外食派のふたり暮らし向けの安い冷蔵庫は小さめサイズがおすすめ
外食が多く、ドリンクや調味料など必要最低限が入れば良いという方は、 200~300L の冷蔵庫を選ぶと良いでしょう。容量が少ないと、その分本体価格も安い傾向にあります。

200L以上のサイズなら、ひとり暮らし向けサイズの冷蔵庫にはない野菜室やチルド室を搭載している製品もあります。
野菜室やチルド室を活用すれば、それぞれの食材に適した保存が可能になるので鮮度の長持ちが期待できますよ。

また、容量が200L台の冷蔵庫はスリムでコンパクトなモデルが多く、300L以上の冷蔵庫に比べて場所を取りません。
買い置きが少ない、あまり料理をしないという方はもちろん、キッチンが狭い、作業スペースを広く取りたい方にもおすすめです。

【300-400L】自炊派で電気代を安く抑えたい方は大きめサイズを

自炊派のふたり暮らし向けの安い冷蔵庫は大きめがおすすめ
週の半分以上は料理をする、作り置きやまとめ買いをしたいという自炊派には、 300~400L の冷蔵庫がおすすめです。

容量の大きい冷蔵庫は省エネ機能などの高性能な機能が充実しており、電気代を抑えることが可能です。

小さい冷蔵庫に食材を詰め込み過ぎると、庫内が冷えにくくなり、電気代が余計にかかってしまうため、自炊派は大きめな冷蔵庫を選んだほうが電気代を安く抑えられてお得です。

なお、300~400Lサイズの冷蔵庫は、冷蔵室、冷凍室、野菜室とそれぞれスペースが分かれているタイプが多く、メーカーや冷蔵庫の種類によってそれぞれ配置が異なるため、どのスペースを一番活用するのか、ライフスタイルに合わせて選ぶと失敗しにくいです。

庫内整頓のための便利な収納スペース

ふたり暮らしの冷蔵庫の選び方 庫内整頓のための便利な収納スペース
限られたスペースを有効活用したいなら、収納スペースが充実した冷蔵庫がおすすめです。

近年のモデルは、ドアポケットや卵ケースのほか、高さを変えられる棚スペースなど、収納に便利な工夫がそこかしこに施されています。

見た目以上に収納できるだけでなく、庫内を整頓するのにも役立ちます。
庫内を綺麗に保つことができれば、食材を詰め込み電気代が余計にかかるのを防いだり、詰め込んだ食材がいつの間にか賞味期限が切れていたりといったムダの削減が期待できます。
最近はお手入れが簡単にできるよう工夫された冷蔵庫も増えているので、選ぶ際は収納や掃除のしやすさもチェックしてみてください。

電気代が安くなる省エネ機能

ふたり暮らしの冷蔵庫は省エネ機能があれば電気代が安い
常に電源を入れっぱなしの冷蔵庫は、他の家電に比べて電気代も高くなりがちです。
そのため、節電モードやエコモードのように電気代を抑えてくれる省エネ機能も選ぶ際に重視したいポイント。

長時間扉の開閉が無い時は自動で省エネ運転に切り替えるなど、省エネ機能付きの冷蔵庫なら通常運転時に比べて消費電力を抑えることが可能です。
高性能な断熱材を使用している機種なら、庫外からの熱の侵入を防止してくれるので、従来の冷蔵庫に比べて効率良く冷却でき、電気代削減にも効果的。

どのくらい省エネできているかは、製品カタログなどに記載されている「
省エネ基準達成率 」を見るとわかります。省エネ基準達成率は目標基準値をどのくらい達成しているかを示すものなので、%が高いほど性能が良いといえるでしょう。
中には達成率が100%を超えるものもあるので、冷蔵庫を選ぶ際はチェックしてみてください。

安く手に入る おすすめのふたり暮らし向け冷蔵庫

ふたり暮らし向け冷蔵庫を選ぶポイントを押さえたところで、続いてはお手入れが楽なものから、収納スペースが豊富なものまで、多機能で安く手に入るおすすめの冷蔵庫をご紹介します。

価格が安くお手入れがラクな「ファン式 227L 2ドア冷凍・冷蔵庫」

ふたり暮らしに適した安い冷蔵庫 ファン式 227L 2ドア冷凍・冷蔵庫
冷蔵室と冷凍室を兼ね備えたシンプルな 2ドア冷凍・冷蔵庫 です。

227Lとコンパクトなサイズながらも、2Lのペットボトルを収納できる大容量のドアポケットが魅力。
マヨネーズやケチャップなどかさばる調味料も立てて収納できるので、出しやすく片付けやすいです。
加えて、自動霜取り機能を搭載しているため、面倒な霜取りをすることなく、常に冷凍庫内を綺麗に維持できます。

また、棚には汚れもさっと拭くだけで綺麗に落ちる強化ガラスを採用しています。
ガラス棚は高さの調整ができるため、高さのあるものもラクラク収納可能です。

シンプルでスタイリッシュなデザインにスペースを取らないコンパクトなサイズ感は、置く場所を選ばず、どんなお部屋にもマッチするでしょう。

コンパクトサイズだけど多機能な「SHARP 280L 2ドア冷凍・冷蔵庫」

ふたり暮らしに適した安い冷蔵庫 SHARP 280L 2ドア冷凍・冷蔵庫
容量280Lとコンパクトなサイズ感ながらも、便利な機能を搭載した 2ドア冷凍・冷蔵庫 です。

プラズマクラスターイオンで除菌されたクリーンな冷気が庫内を循環するプラズマクラスター(冷気除菌)を搭載しているほか、冷蔵庫内にある野菜室は密閉性を高める高湿度シールド構造を採用、野菜を乾燥から守り鮮度を長持ちさせます。

また、おいそぎ冷凍機能は、ドリップを抑え一気に冷凍、食材の美味しさや栄養分を封じ込めます。
冷凍した食材は引き出しボックス型の大容量冷凍室メガフリーザーで鮮度を守ってそのまま保存することが可能です。

他にも、節電モードやナノ低温脱臭触媒、出し入れ楽々ラインなど、多彩な機能を搭載している使い勝手がよく魅力的な冷蔵庫です。

カラーは、
アコールホワイト アコールブラウン の2色展開です。

省エネ機能搭載「SHARP 310L 2ドア冷凍・冷蔵庫」

ふたり暮らしに適した安い冷蔵庫 SHARP 310L 2ドア冷凍・冷蔵庫
スリムなサイズながら、310Lの容量と多機能を兼ね備えたスタイリッシュな 冷蔵庫 です。

省エネに効果的な節電モードを搭載しているので、電気代削減が期待できます。
さらに、冷蔵庫内には野菜を乾燥から守り、長持ちさせる抗菌加工シャキッと野菜室や2Lペットボトルも収納できるドアポケット、生鮮食品の鮮度低下を抑えるチルドルームが搭載されています。

加えて、大容量の4段引き出しボックス式の冷凍庫は、まとめ買いや作り置きに便利。
冷蔵室も使うけど冷凍庫の使用頻度も高い、設置スペースは狭いけど容量のある冷蔵庫を置きたい方などにおすすめの冷蔵庫です。

カラーは、
アコールホワイト アコールブラック アコールブラウン の3色展開です。

収納スペースが豊富で使いやすい「SHARP 350L 3ドア冷凍・冷蔵庫」

ふたり暮らしに適した安い冷蔵庫 SHARP 350L 3ドア冷凍・冷蔵庫
独立した冷蔵室・野菜室・冷凍室を兼ね備えた大容量の 350L冷蔵庫 です。

女性の身長に合わせた設計で、重いペットボトルもラクに出し入れできる出し入れラクラクラインを装備しています。
さらに、ひとつのドアが左右のどちらにも開くシャープ独自の「どっちもドア」など、使い勝手の良さが魅力です。

また、シャープの冷蔵庫ならではのシャキッと野菜室やおいそぎ冷凍、新鮮冷凍に加えて、冷気だけでなく付着金の除菌もできるプラズマクラスターは、扉開閉の多さや長さを分析し、生活リズムに合わせて行う集中シャワーモードも搭載され、庫内を清潔に保ちます。

生鮮食品の鮮度低下を抑えるチルドルームも14Lあるので、まとめ買いや買い置きが多い方にもおすすめです。

ふたり暮らし向け冷蔵庫を安く手に入れるためのポイント

ここでは、冷蔵庫を少しでも安く手に入れたい方向けに、「家電量販店の値下げ時期を狙う」「中古品を手に入れる」「家電のレンタル・サブスクを利用する」3つの方法をご紹介します。

家電量販店の値下げ時期を狙う

ふたり暮らしの冷蔵庫は値下げ時期を狙うと安い
家電量販店では、以下のタイミングで値下げをすることが多いです。
  • 家電のモデルチェンジ時期
  • ボーナスの支給時期
  • 年末年始
  • 家電量販店の決算時期
モデルチェンジはメーカーによって異なるものの、冷蔵庫の場合、毎年10月~11月に新モデルが発売されることが多いです。
そのため、
8月~9月 は旧モデルを安く販売しているため、型落ちで良ければお得に購入できるケースもあります。

また、ボーナスが支給される
6~7月と12月 、年末年始や決算時期である 3月 は、普段よりも値引きしてもらえる可能性があります。
ただし、値引きをしない分、ポイント還元したり、特典をつけたりといった対応を取るお店もあるため、購入する際はしっかり確認することが大切です。

中古品を手に入れる

二人暮らしの冷蔵庫は中古品が安い
冷蔵庫を少しでも安く手に入れたいなら、中古品を購入するのもひとつの方法です。

中古の冷蔵庫は、新品に比べて低価格で購入することができるでしょう。
特に、単身赴任や学生のひとり暮らしの場合、引っ越しや一人暮らしを辞めるタイミングで売りに出すため、それほど長く使っておらず比較的状態の良い製品も多いです。

買い替えや引っ越し予定がある、小さめの容量で良いのであれば、中古品の冷蔵庫でも十分といえるでしょう。
ただし、比較的新しく機能性の高い冷蔵庫や容量の大きい冷蔵庫が欲しい場合には、条件に合致する製品を見つけるのは難しいかもしれません。

家電のレンタル・サブスクを利用する

ふたり暮らしの冷蔵庫はサブスクが安い
家電のレンタル・サブスクサービス を利用すれば、必要な期間だけ、必要な家電を使用することが可能です。
要らなくなれば返品できるため、進学や単身赴任のように、必要な期間が決まっている場合はもちろん、購入前に機能を試してみたい時にもおすすめ。

家具・家電のレンタル・サブスクサービス を行っている CLAS なら、家具・家電を1点から月額でレンタルできます。
期間は1ヵ月から、好きなタイミングで返却でき、手続きは全てネットで完結します。

違う商品に交換することもできるため、高価ゆえに買い替えがなかなか難しい冷蔵庫も、その時々の状況に合った最適な製品を使うことが可能です。

家電のサブスクなら二人暮らしの冷蔵庫が安く手に入る

サブスクならふたり暮らしの冷蔵庫が安い
今回は、ふたり暮らし向け冷蔵庫の選び方やおすすめの冷蔵庫をご紹介しました。
ふたり暮らしという条件は同じでも、自炊の有無や部屋の広さなど、ライフスタイルによって適したサイズは異なります。

冷蔵庫を選ぶ際は、様々な条件を加味した上で、自身にとって最適なサイズを選ぶことが大切。
家電のレンタル・サブスク なら必要な期間だけ利用できるので、ライフスタイルの変化に合わせて冷蔵庫のサイズを変えられる点も魅力です。

安く冷蔵庫を手に入れたい、常に最適なサイズの冷蔵庫を使いたい方は、ぜひ
CLAS を活用して冷蔵庫をレンタルしてみてください。


おすすめの記事