{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

一人暮らしにソファはいらない?その理由とソファ代わりになるおすすめアイテムを紹介

2023/11/30

これから一人暮らしをする際に必要な家具を確認していくと、ソファについて考えることもあるでしょう。

広い間取りの部屋なら問題ありませんが、一人暮らしの場合はソファを置くべきか、ソファで部屋が狭くならないかなど、快適さと広さのどちらを重視するべきかで悩む方もいますよね。

今回は、一人暮らしにソファはいらない理由から一人暮らしでもソファを導入するメリット、さらにおすすめのくつろぎアイテムについてご紹介します。
ソファについて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしにソファはいらない?

部屋に置いてあると、ついくつろいでしまうソファですが、そもそも一人暮らしでも必要な家具なのでしょうか?

ここでは、一人暮らしにソファがいらないと思われてしまう理由についてご紹介します。

【一人暮らしにソファはいらない理由】

部屋が狭くなる

一人暮らしでソファー邪魔だと感じる理由 部屋が狭くなる
一人暮らしの部屋は、ワンルームや1Kなどの間取りが多く、広さは6~8畳程度が一般的です。
この広さにいくつもの家具を置いた場合、ソファを置くと圧迫感や狭さを一層感じやすくなります。

ソファの大きさにもよりますが、大きめだった場合はくつろげる空間がなかったり、ベッドとの距離が近すぎたりと、逆にゆとりのない部屋になりがち。
ソファベッドなど多機能なソファでない場合は、部屋の狭さや移動のしにくさを感じやすく、ソファの必要性に疑問を抱くことでしょう。

ソファを使う頻度が少ない

一人暮らしでソファー邪魔だと感じる理由 ソファを使う頻度が少ない
一人暮らしを始めたばかりの時は、部屋のレイアウト変更や快適に生活しやすいように意識します。
しかし、次第に生活に追われていくとソファにゆっくり座っている時間がなくなったり、ソファそのものを使う頻度が少なくなったりしがち。

テーブルが低いとソファに座ると使いにくさを感じたり、ベッドに座りやすい高さだとそのままソファに座らなくなったりします。
ネット上の体験談でもソファを使わなくなったという声が多くあり、せっかく部屋に置いても持て余してしまうこともあります。

引っ越しの際の処分が大変

一人暮らしでソファー邪魔だと感じる理由 引っ越しの際の処分が大変
あまりソファを使わない方は、引っ越しの際に処分を検討することもあるはず。
しかし、ソファの処分はその自治体によって方法が異なるだけでなく、費用もかかります。

また、重たいソファを指定の処分場所に一人で運び込むのは、とても大変です。

処分の大変さやゴミの大きさなど、持っていても捨てても手間とコストがかかります。
リサイクルしたとしても持ち込みは自分で行う必要があり、なおかつ傷や汚れが目立っていれば買い取りしてもらえない可能性もあります。

日々の掃除が大変になる

一人暮らしでソファー邪魔だと感じる理由 日々の掃除が大変になる
掃除の際には家具を移動させて行いますが、ソファが大きかったり重かったりすると掃除をするのも大変です。
ソファを移動させるスペースがないと、他の家具を移動してソファをその場所まで移動させ、また元の位置にソファを置かなければなりません。

ソファに足が付いている場合、下の空間があるのでモップなどで拭き掃除もできますが、そうでない場合は掃除のたびに移動が必要です。
日々の掃除が重労働に感じるだけでなく、重いソファを毎回動かすのが大変で、次第に掃除そのものが嫌になってしまうかもしれません。

購入するとお金がかかる

一人暮らしでソファー邪魔だと感じる理由 購入するとお金がかかる
一人暮らしを始める際には、家賃、家具、引っ越し代などの他に生活家電を一式揃える必要があります。
引っ越す場所にもよりますが、それだけでも30万円以上の出費が必要になるでしょう。

現在は家具や家電のレンタル・サブスクサービスもあるため、部屋のレイアウトに合わせたテイストで選択でき、しかもコストを抑えておしゃれな部屋に仕上げることができます。

ソファを取り入れるメリットもある

一人暮らしの生活にソファがあっても次第に使わなくなったり、場所が取られて圧迫感があったりするケースもありますが、不要な家具というわけではありません。
ソファが置いてあることで得られるメリットもあります。

では、一人暮らしの生活にソファを取り入れるとどのようなメリットがあるのでしょうか?

ゆったりくつろげる

狭い一人暮らしでもソファがあるメリット ゆったりくつろげる
部屋のソファがあることで、自分の時間をゆったりくつろぐこともできます。

今まで壁やベッドを背もたれ代わりにして生活していた場合、ソファを置くことで背中に負担を軽減しながらゆったりできます。

ベッドを椅子代わりにしている場合は、ソファを置くだけでコーヒーなどをゆっくり飲める環境に変わるでしょう。
ベッドではついダラダラしてしまう方も、ソファを置くことでメリハリのある生活に変えられますよ。

おしゃれで垢ぬけた部屋になる

狭い一人暮らしでもソファがあるメリット おしゃれで垢ぬけた部屋になる
ソファにも様々なアイテムがあります。
例えば、座椅子のようなスタイルで直接床に置くタイプ、背の低いロータイプ、ベッドとしても活用できるソファベッドなどです。

部屋のテイストに合わせたソファを使うことで、おしゃれで垢抜けた雰囲気の部屋に変えられるでしょう。

その際には、部屋のカラーやテイストに合わせてソファの色にも意識してみてください。
色を合わせたり、ワンポイントになるような色にしたりすると、ソファによって部屋のおしゃれ度がアップします。

来客時に役立つ

狭い一人暮らしでもソファがあるメリット 来客時に役立つ
ソファのない部屋は来客があった場合に困ってしまう可能性も。
ソファがあることで、来客時の対応もスムーズになります。

その場合は、座り心地などにも意識してみましょう。
クッション性が良く、弾力のある素材を使ったソファなら、来てくれた人も心地よく座ってくれます。

一人暮らし部屋でもくつろげるおすすめアイテム 11選

部屋が狭くなったり、掃除が大変になったりすることで、ソファを諦める方は多いでしょう。

しかし、アイテムによっては部屋を広く見せてくれる工夫が施してあったり、お手入れがしやすい構造になっていたりと、取り入れやすいものがあります。

ここからは、一人暮らしでソファを取り入れるデメリットを解消できるようなアイテムを11種類ご紹介していきます。
ぜひ、理想のソファ選びの参考にしてみてください。

一人暮らし部屋でもくつろげるおすすめアイテム 11選

お部屋が狭くてもソファが欲しいなら「1人掛けソファ」

ソファとしても使える「ソファベッド」

ソファがなくてもリラックスできる「パーソナルチェア」

お部屋が狭くてもソファが欲しいなら「1人掛けソファ」

一人暮らしのソファー邪魔でも欲しい
まずは、狭いお部屋でもゆったりくつろげる1人掛けソファをご紹介します。

1人掛けソファは、通常のソファよりもコンパクトなものが多く、部屋を広く見せてくれるような工夫がされているため、ゆとりがあまりないというお部屋にも安心して設置できます。

座り心地の良さはもちろん、インテリアとしてのデザイン性が高いアイテムが盛り沢山。
お部屋に自分だけがくつろげるスペースを作りたいという方は、ぜひご覧ください。

カリモク60 ロビーチェア

一人暮らしのソファー邪魔でも欲しい カリモク60 ロビーチェア
日本最大級の国内製造家具メーカーで、木と共にする幸せな暮らしを実現することを目標に、こだわりの詰まった家具づくりを行っています。
カリモク60 は、そんなカリモク家具の人気ブランドの1つです。

カリモク60ロビーチェア は、座り心地は進化し続けているものの、構造やデザインはほとんど変わらず、1968年の発売以降人気を維持しています。
時代に流されないデザインでありながら、お部屋の主役にもなり得るその魅力に惹かれる方も多いでしょう。

もちろん、このロビーチェアはデザインだけを重視しているわけではありません。
コンパクトかつ、深い奥行きでゆったり座れるので、1人掛けソファの中でも特にリラックスしやすい商品となっています。

CIRCLE ソファ ソリッド ナチュラル

一人暮らしのソファー邪魔でも欲しい CIRCLE ソファ ソリッド ナチュラル
CIRCLE は、家具家電のレンタル・サブスクサービスを手掛けるCLASのプライベートブランドです。
7万点以上の家具家電を取り扱っていることから、デザイン性はもちろん、機能性に優れた家具を熟知しており、それを最大限に活かした家具を提供しています。

そんな
CIRCLEのソファ ソリッド ナチュラル は、可愛らしい6色のカラーから選べるシンプルなデザインが魅力の1人掛けソファです。
明るい木目も魅力の1つで、ナチュラルなデザインや北欧テイストなインテリアが多いお部屋にピッタリ。

アームレスで、脚もスリムなデザインなので、お部屋に余裕がなくても窮屈さを感じさせません。
組み立てと解体が簡単なので、手軽に模様替えができるのもメリットになるでしょう。

CLAS スート ソファ

一人暮らしのソファー邪魔でも欲しい CLAS スート ソファ
よりフレキシブルなソファを求めている方におすすめなのが、 CLAS スート ソファ

カラーは、どんなインテリアにも合うネイビーとグレー、主役にもなるマルチカラーの3種から選べます。

CLAS スート ソファの魅力は、なんといっても脚が取り外し可能で、ロースタイルソファとしても使えること。
ロースタイルソファは、目線が低くなるため、天井がより高く感じられることから、開放感も演出できます。

脚に関しては、ナチュラルとブラウンから色を選べるので、より自分好みのお部屋作りが可能になります。

しっかり体を支えてくれるのはもちろん、ゆとりのある肘掛けによって、さらにゆったりとリラックスできるはずです。
定期的に部屋の雰囲気をガラッと変えたくなるという方は、ぜひチェックしてみてください。

パノラマ ソファ ロータイプ

一人暮らしのソファー邪魔でも欲しい パノラマ ソファ ロータイプ
とにかくシンプルで、お部屋に圧迫感を持たせないようなソファを求めている方におすすめ。

ローシート・ローバックのソファとなっており、狭いお部屋でもゆとりを感じさせることができます。
脚のついたロースタイルソファなので、床とソファに空間ができ、部屋の広見せにもつながるので、一石二鳥のソファと言えるでしょう。

また、ソファ下の掃除もしやすく、カビやダニの心配がないのもメリット。

座り心地は、程よい弾力が特徴です。
Sバネとポケットコイルで硬すぎない、柔らかすぎない座面を実現し、長時間のリラックスタイムにも向いているでしょう。

この商品には
1人掛け用のカウチ も用意されているため、足を伸ばして座りたいという願いも叶えられます。

パノラマ ソファ ハイタイプ

1人掛け用のハイバックソファをお探しなら パノラマ ソファ ハイタイプ がおすすめ。

ハイバックソファは全身を預けても安定感のある構造となっているため、リラックススペースを作りたい時に取り入れる方が多いです。

とはいえ、ハイバックソファは背もたれが高いことから、お部屋が狭く見えてしまうのではないかと敬遠されてしまうこともあります。
この商品は、脚が短めであること、アームが付いていないことから、圧迫感を最小限に抑えています。

さらに、背もたれと座面クッション、脚を外すことによってコンパクトになるため、搬入もしやすいです。
お部屋にゆとりがなくなるからとハイバックソファを諦めていた方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ソファとしても使える「ソファベッド」

ベッドがいらない 一人暮らしのソファ
ソファだけでなくベッドとしても使えるソファは、一人暮らしのお部屋に最適。
ベッドを置かなくても快適な睡眠環境が整うため、ベッドに取られるスペースを省けます。

クッション部分がマットレスになっているものや、インテリアとしてのデザイン性が高いものなど、幅広いアイテムがあるため、自分好みのアイテムが見つけやすいです。

ソファを置きたいけどスペースに余裕を持たせたいという方は、ぜひソファベッドの導入を検討してみてください。

ノキア ソファベッド

ベッドがいらない 一人暮らしのソファ ノキア ソファベッド
ノキアのソファベッド は、レザーのような質感で、お部屋に重厚感を持たせてくれるのが魅力です。

ソファベッドとなると、どうしてもレザーのような素材が使われている商品が少なくなります。
ホテルライクな部屋やスタイリッシュな部屋を目指すなら、
ノキア ソファベッド のようなソファが向いているでしょう。

高機能素材が使われているため、汗などによる変色にも耐性があり、ベッドとして惜しみなく使えるのがポイント。
座面にリクライニング機能が付いているため、リクライニングソファとして使用することも可能です。

ソファからベッドに変える時も、難しい操作が要らないため、片付けなどが面倒にならないのもメリットになるでしょう。

ペース ソファベッド

ベッドがいらない 一人暮らしのソファ ペース ソファベッド
座面を引き出すタイプのソファベッドで、とても簡単にお昼寝やリラックスタイムを過ごせます。

ソファとして使う時も奥行きが広く、しっかりと癒してくれるのが魅力。
座面を引き出すと、102cmまで奥行きが伸び、子どもと2人で寝られるほどのスペースができます。

クッション部分がマットレスになっているため、本当にベッドで寝ているかのような寝心地が実現します。
フレームに無垢材がふんだんに使われている点も人気のポイントです。

無垢材にしか出せない温もりによって、より快適な眠りに導いてくれます。

カラーは
ライトグレー ダークグレー の2色展開で、どちらも部屋に馴染みやすく、主張しすぎないデザインで取り入れやすいと言えます。

ノイン ソファベッド

ベッドがいらない 一人暮らしのソファ ノイン ソファベッド
北欧風デザインで、お部屋の主役にもなってくれる ノイン ソファベッド です。
アッシュ材とボタン止めによって、シンプルだけどおしゃれな雰囲気を演出してくれます。

背面は倒しきるだけでなく全部で3段階の調節ができるため、シーンに合わせて変えられて便利です。
左右の側面にはポケットが付いており、リモコンや充電器などの収納ができますが、取り外しもできるので圧迫感を抑えたい時には外しておくという使い方もできます。

ベッドとして使う時、背面と座面の境目が中央にならないというのもおすすめポイント。
ソファベッドの場合、どうしても境目が真ん中に来てしまうことが多く、寝転がった時に不快感を与えることがあります。

ノイン ソファベッド は、そういった点もしっかりと配慮されているため、快適にゆったりとリラックスできるのです。

ソファがなくてもリラックスできる「パーソナルチェア」

一人暮らしのソファ代わりになるパーソナルチェア
最後にご紹介するのは、ソファではないもののしっかりとリラックスできるパーソナルチェアです。

ソファよりもコンパクトで圧迫感を出さないため、部屋を広く見せながらも自分だけのスペースを確保できます。

パーソナルチェアはソファに比べ、好みのテイストを見つけやすいため、お部屋の雰囲気を重視したい方におすすめです。
北欧テイストやアジアンテイスト、アウトドア系が好きな方は、パーソナルチェアを検討してみましょう。

カリモク60 Kチェア

カリモク60のKチェア は、カリモク初の自社製品で1962年から支持され続けているパーソナルチェアです。

ソファよりも奥行きがない分、しっかりと体にフィットしてくれるので、ソファがなくても十分くつろげます。
デザインも構造もシンプルなので、お部屋にあるお気に入りのインテリアを邪魔しない上、程良い存在感を放ってくれる存在になるでしょう。

もちろん、天然木を使っていることから、全く同じ色合いや木目のチェアは存在しません。
天然木の触り心地も気持ちが良いため、チェア全体にリラックス効果があるとも言えます。

世界で1つしかないKチェアだからこそ愛着が湧き、特別感のあるお部屋づくりができるはずです。

リゾネア チェア

リゾート気分を味わえると人気のパーソナルチェアです。
職人の手によって、一つひとつ丁寧に編まれているため、唯一無二のインテリアを導入したい方にもおすすめです。

特にこの商品は、曲線のデザインとなっており、柔らかい印象を与えてくれるため、テイスト問わずお部屋に馴染んでくれます。
お家の中で普段使いするのはもちろん、チェア自体が非常に軽量であるため、ウッドデッキやお庭でも使いやすくなっています。人工ラタンを使用していることから、撥水性や耐久性が高く、雨の日でも安心して楽しめるのです。

クッション部分は洗濯ができ、お手入れも簡単で、衛生的にも安心して利用できます。
お部屋を自分好みの雰囲気で固めれば、快適な座り心地も相まって心からリラックスできるでしょう。

DULTON 折りたたみ ビーチチェア

パーソナルチェアでも全身を預けてリラックスしたいという方におすすめなのがDULTON 折りたたみ ビーチチェアです。

折りたたんでコンパクトになることから、使いたい時だけ広げるといったフレキシブルな使い方が可能なので、部屋にあまりゆとりがないという方にも人気です。

アウトドア向けの商品なので、お部屋で使うと個性的な雰囲気を演出できるのもポイント。ネイビー、オリーブと、カラーが爽やかなので、北欧テイストやナチュラル、ヴィンテージなど幅広いテイストでも大活躍するでしょう。

背面がしっかりとあり、体を包み込んでくれる構造になっているため、座りながらお昼寝も楽々。
手軽に用意ができて、しっかりとリラックスできるパーソナルチェアをお求めの方は、ぜひチェックしてみてください。

一人暮らしでもお得にソファを取り入れる方法

一人暮らしの場合、ソファを取り入れても「思っていたよりも部屋が狭く感じる」「数年後にまた引っ越す可能性がある」といった様々な問題が発生する可能性があります。

そのため、デザイン性や機能性の高いソファをよりお得に手に入れたいと考える方が少なくありません。

では一人暮らしでお得にソファを取り入れる方法には、どのようなものがあるのでしょうか?お得にソファを手に入れる方法と、そのメリットについて詳しく見ていきましょう。

一人暮らしのお部屋には家具のレンタル・サブスクが最適

狭い一人暮らしのソファはサブスクがおすすめ
一人暮らしのお部屋にソファを置きたい場合、特におすすめなのが 家具のレンタル・サブスクサービス を利用する方法です。

リサイクルショップや格安の家具メーカーで手に入れるという方法もありますが、実際はコスパが悪かったり、お気に入りのものが見つからなかったりします。

家具のレンタル・サブスク では、デザイン性や機能性など、品質が高いソファを安く手に入れることができます。
ここからは、以下の2つのメリットについて詳しく解説していきます。

家具のレンタル・サブスクなら、必要な期間だけ借りることができる

狭い一人暮らしのソファでサブスクを使うメリット 必要な期間だけ借りることができる
一人暮らしの期間が決まっている方にとって大きなメリットとなるのが、 必要な期間だけ借りられる という点です。

過去に購入したソファは、引っ越しの際に処分しようと考えている方は多いでしょう。
ソファは一定の大きさまでであれば不燃ごみとして出すことができますが、デザイン性や機能性が詰まったソファの場合、規定のサイズを超えてしまうことが少なくありません。

家具のレンタル・サブスクサービス で必要な期間だけ借りれば、引っ越し時に返却するだけなので、余計な手間やお金がかかりません。

ライフスタイルに合わせて気軽に試すことができる

狭い一人暮らしのソファでサブスクを使うメリット 気軽に試すことができる
次の引っ越しまで期間が短くても、自分好みや高性能の家具を試せる のは、 家具のレンタル・サブスク ならではのポイント。
初期費用をグンと抑えられるので、使う期間が短くても手軽に取り入れることが可能です。

ユーザーのニーズが叶えられる豊富な自社のプライベートブランドの商品はもちろん、手を出しづらい有名人気メーカーのアイテムも
家具のレンタル・サブスク であれば試しやすいです。

長く使おうと考えている場合でも、
家具のレンタル・サブスク で使用感を体験してから購入するといった使い方ができるため、どのような方でも楽しく利用できるサービスと言えます。

特に価格が高く、一生モノのような家具は、実際に使ってみてから購入を決めたいと考える方も多いでしょう。
一人暮らしの期間が決まっている方はもちろん、気になるソファがあるという方はぜひ
家具のレンタル・サブスクサービス をチェックしてみてください。

一人暮らしでソファがいらないと思うなら まずはサブスクで試してみる

狭い一人暮らしのソファはサブスクがおすすめ
今回は、一人暮らしでソファを導入するメリットデメリット、おすすめのアイテムなどについてご紹介しました。

特にゆとりがあまりないお部屋では、ソファを置くと圧迫感が出てきてしまうため、敬遠する方が多いです。
しかし、一人用のソファを選んだり、
家具のレンタル・サブスク で一時的に導入してみたりすることで、より快適な暮らしが実現します。

CLAS は、75,000点以上の家具家電を取り扱うレンタル・サブスクサービスです。

CLAS では一部商品を除いてレンタル期間の縛りを設けていないため、しばらく使ってみて別のソファに交換したいと思ったその時まで利用できます。

まだ利用したことがないという方は、ぜひ有効活用してみてください。


おすすめの記事