{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

ハイアールの冷蔵庫の評判は? 悪い口コミは事実なのか徹底解説

2024/01/31

ハイアールの冷蔵庫に対してさまざまな口コミ・評判が見られます。良い意見はもちろんありますが、ここで気になってくるのは悪い口コミではないでしょうか。
万が一悪い口コミがあると購入を控えようと考える方も多いでしょう。

そこで今回は、ハイアールの冷蔵庫の評判について徹底解説していきます。
どのような評判が見られるのか解説するのはもちろん、実際のハイアールの冷蔵庫はどんな特徴があり、どのような機能が備わっているのかも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハイアールの冷蔵庫の評判とは?

ハイアールの冷蔵庫に対してさまざまな口コミ・評判が上がっています。実際に使った人からの口コミを参考にすることで、購入時の失敗も回避しやすくなるでしょう。

ハイアールの冷蔵庫は実際に使いやすいのか、機能性は悪くないのか、値段は高いのかなど、口コミから色んなことが見えてきます。
ここでは正直なレビューや口コミをご紹介するので、選ぶ前の参考にしてみましょう。

ハイアールはどんなメーカー?

ハイアールの冷蔵庫の評判は?
そもそもハイアールがどのようなメーカーなのかご存じですか?

ハイアールは中国に本社を置く家電メーカーです。冷蔵庫・洗濯機などの白物家電を中心に展開しており、そのシェアは世界でもトップクラスを誇ります。

三洋電機から継承された技術などは「AQUA」という家電ブランドに大きな影響を与え、高品質な冷蔵庫や洗濯機を展開しています。

「毎日寄り添い、くらし支える」をコンセプトに掲げ、人によってライフスタイルが異なるように、それぞれの暮らしにマッチするような家電づくりを目指しています。

ハイアールの冷蔵庫 正直レビューや口コミを大公開

ハイアールの冷蔵庫の評判 口コミとレビュー
ハイアールの冷蔵庫に対する口コミは以下の通りです。

【良い口コミ】

  • シンプルで使い勝手がいい
  • 冷蔵庫の容量がちょうどいい
  • 安値で購入できた
  • 稼働直後は動作音が気になったが、すぐに音が静かになり気にならなくなった
良い口コミでは、使い勝手の良さやコスパの良さが多く見られました。
特にコスパの良さは多くの人が感じており、「他のメーカーで同じ価格帯の製品と比べて機能性が充実していた」といった声もあります。

【悪い口コミ】

  • 初期不良の影響で冷えなかった
  • 真夏になるとコンプレッサーの回転音がうるさい
ハイアールの冷蔵庫について悪い口コミも見受けられました。
例えば初期不良の影響からか「強」に設定しているのに冷えが弱かったり、真夏だとコンプレッサーの回転音がうるさいと感じたりする人もいるようです。

良い口コミと悪い口コミを両方あげましたが、全体的に良い口コミが多く見られました。悪い口コミも、普通に使っている分には特に問題ない場合が多いようです。

ハイアールの冷蔵庫を検討する際は、上記も考慮して選ぶといいでしょう。

ハイアールの冷蔵庫の特徴

ハイアールの冷蔵庫にはさまざまな特徴があります。メリットもありますが、使う人によってはデメリットに感じてしまう部分もあるので注意が必要です。

ここではハイアールの冷蔵庫のメリット・デメリット、ハイアールならではの機能性に注目していきます。どのような特徴を持っているのか、他メーカーの冷蔵庫と比較してみたい方はぜひ参考にしてください。

ハイアールの冷蔵庫のメリット

ハイアールの冷蔵庫のメリットには、以下の4点があげられます。
  • 価格帯が低く、コスパがいい
  • デザイン性が高い
  • サイズが豊富
  • 静音性に優れている
良い口コミでも見られたように、コスパの良さはハイアールの冷蔵庫を選ぶメリットです。他にも、デザイン性の高さや豊富なデザイン、静音性に優れている点がメリットとしてあげられます。

それぞれを詳しく解説していきましょう。

価格帯が低く、コスパがいい

ハイアールの冷蔵庫の良い評判
日本国内の大手家電メーカーと比べて価格帯が低く、コスパの良さがハイアールのメリットと言えます。
例えば470Lの冷蔵庫で比較してみると、日立やPanasonicなどの国内メーカーだと20~25万円に設定されていることが多いですが、ハイアールでは約13万円で購入できます。

価格が安いからといって保証が充実していないわけではありません。
ハイアールでは保証期間内に自然故障が発生した場合、無償修理をおこなう保証書を同梱しています。保証書と購入時のレシートまたは納品書があれば修理してもらうことが可能です。

デザイン性が高い

ハイアールの冷蔵庫の良い評判 デザイン性が高い
ハイアールの冷蔵庫はデザイン性が高い点も大きなメリットです。
例えば、URBAN CAFEシリーズは、シンプルでどんな空間にも溶け込みやすい見た目でありながら、スタイリッシュな雰囲気にもマッチするステンレスデザインが魅力となっています。

他にも、ハイアールの冷蔵庫はカラー展開も豊富に用意されています。
定番のホワイトやブラックに加えて、落ち着いた雰囲気を演出できる青みがかったグレー、ひときわ目を引くシャンパンゴールドなどがあります。

さらにシリーズの中には別売のマグネットカバーで着せ替えできる製品もあり、自宅のインテリアと合わせてコーディネートを楽しめるでしょう。

サイズが豊富

ハイアールの冷蔵庫の良い評判 サイズが豊富
ハイアールの冷蔵庫はさまざまなシリーズがあり、サイズ展開も豊富です。
ハイアールの冷蔵庫の中で最も大きい容量なのは470L。470Lは、4~5人家族に適した容量となります。

また、冷凍冷蔵庫で最も少ない容量なのは85L。省スペース設計で、一人暮らしの部屋にも置きやすいサイズ感となっています。

他にもさまざまなサイズが用意されているので、一人ひとりに適した容量の冷蔵庫を見つけることも可能です。

静音性に優れている

ハイアールの冷蔵庫の良い評判 静音性に優れている
冷蔵庫が稼働している時、「ブーン」という音を発していることがあります。これはコンプレッサーの動作音で庫内を冷やすために欠かせない部品です。そのため、どの冷蔵庫でも必ず音は出てしまいます。

それでも近年は静音性の高い冷蔵庫が誕生してきています。ハイアールでもJIS C9607既定の騒音実験において安定運転時の稼働音を計測しています。

ハイアールの冷蔵庫のデメリット

ここまでハイアールの冷蔵庫のメリットについてご紹介してきましたが、人によってはデメリットに感じてしまう部分もあります。
では、どのような点がデメリットになっているのか確認してみましょう。

霜取りが必要な場合がある

ハイアールの冷蔵庫の悪い評判 霜取りが必要
ハイアールの冷蔵庫には冷却方式が「ファン式」と「直冷式」の2種類があります。
ファン式は冷風を作り庫内へ送り込むことで冷やす方法で、直冷式は庫内の壁自体を直接冷やす方法になります。

直冷式は単純な構造となっており、効率的に作れるためコスト的なメリットが大きいです。しかし、壁に空気中の水分が付着することで霜が付くようになってしまいます。
そのため、直冷式の冷蔵庫を選んでしまうと定期的に霜取りをしなくてはいけなくなるでしょう。

ただし、先ほどもご紹介したようにハイアールの冷蔵庫にはファン式もあります。
ファン式であれば霜ができないため、わざわざ霜取りをする必要もありません。コストは直冷式と比べて高くなってしまうものの、霜取りをするのが面倒な方はファン式を選びましょう。

ハイアールの冷蔵庫の機能

ハイアールの冷蔵庫はデザイン性やコスパだけでなく、機能性にも優れています。他のメーカーの冷蔵庫と比較する上で、機能性もチェックしておくことが大切です。
ここでは、ハイアールの冷蔵庫に見られるさまざまな機能についてご紹介します。

「区っ切り棚冷凍室」で整理整頓がラクラク

ハイアールの冷蔵庫で評判の機能 区っ切り棚冷凍室
区っ切り棚冷凍室は、保存した冷凍品が一目でわかりやすいように設計された冷凍室です。食品を長期保存する際に冷凍室を活用する方も多いですが、保存するものが多くなりすぎるとどこに何をしまったのかわからなくなってしまいます。
特に深さのある冷凍室だと奥底に食品がいってしまい、いつまでも放置されてしまう可能性があります。

ハイアールの冷蔵庫に備わっている区っ切り棚冷凍室であれば、収納棚の表面が透明になっているため、上からと表面から食品がどこにあるのか見やすく、取り出しやすいといったメリットがあります。

「耐熱性能天板」だから電子レンジが置ける

ハイアールの冷蔵庫で評判の機能 耐熱性能天板」
キッチンスペースが限られている部屋だと、電子レンジを置く場所に困ってしまうこともあります。そんな方のためにハイアールの冷蔵庫には「耐熱性能天板」を設けた製品も発売されています。

耐熱性能天板は耐荷重30kgまで乗せられ、耐熱性もあることから電子レンジを冷蔵庫の上に乗せることが可能です。
冷蔵庫・冷凍庫から取り出した食品をすぐに電子レンジで温め・解凍ができるので動線も短縮できます。

奥の食品が見やすくなる「LED庫内灯」

ハイアールの冷蔵庫で評判の機能 LED庫内灯
ハイアールの冷蔵庫では庫内がはっきりと見えるように、LED庫内灯を設置しています。LEDは非常に明るく、奥までしっかりと照らしてくれます。

また、LEDは白熱電球や蛍光灯に比べて寿命が長く、約40,000~50,000時間(1日8時間点灯した場合)まで耐えられると言われています。
冷蔵庫であればドアを開いた時以外、電気はついていない状態になるため、庫内灯が切れてしまう心配もないでしょう。

CLASがおすすめするハイアールの冷蔵庫

家電のレンタル・サブスクを手掛ける CLAS では、ハイアールの冷蔵庫も多数取り揃えています。

ここでは
CLAS からおすすめのハイアールの冷蔵庫を4つご紹介します。

お手頃価格で手に入るハイアールの冷蔵庫

ハイアールの冷蔵庫といえばお手頃な価格帯が魅力。

ハイアールの冷蔵庫の中でもお得で使い勝手の良いアイテムをご紹介します。

一人暮らしに最適なコンパクト冷蔵庫「URBAN CAFE 148L 2ドア 冷凍・冷蔵庫」

ハイアールの冷蔵庫で評判が良いモデル URBAN CAFE 148L 2ドア 冷凍・冷蔵庫
URBAN CAFE 148L 2ドア 冷凍・冷蔵庫 は、URBAN CAFEシリーズの冷蔵庫です。ステンレスなデザインがまるでカフェのような雰囲気を醸し出してくれます。

機能性も充実しており、前述した区っ切り棚冷凍室や耐熱性能天板、LED庫内灯もすべて揃っている製品です。
さらに、ドアポケットには2Lのペットボトルが3本も収納できたり、冷蔵庫の棚には強化ガラストレイを採用して重いものを置いてもたゆまないようにしたりするなど、使いやすい工夫がたくさん施されています。

一人暮らしのお部屋にもピッタリなサイズ感で、冷蔵庫・冷凍室の容量はある程度確保したいものの、部屋に合わせてコンパクトなサイズを選びたい方におすすめです。

大容量でデザイン性が高い「URBAN CAFE 173L 2ドア冷凍・冷蔵庫」

ハイアールの冷蔵庫で評判が良いモデル URBAN CAFE 173L 2ドア冷凍・冷蔵庫
URBAN CAFE 173L 2ドア冷凍・冷蔵庫 は先ほどご紹介した製品と同じ、URBAN CAFEシリーズで、容量が173Lにアップしたモデルです。
この製品にも区っ切り棚冷凍室や耐熱性能天板、LED庫内灯、強化ガラストレイなどが備わっています。

上記と異なっているのは、冷蔵庫の容量です。148Lの冷凍・冷蔵庫は冷蔵室の容量が94Lでしたが、こちらは119Lで約25L分も容量が増えています。

例えば大きめの鍋をそのまま冷蔵庫に入れて保存できたり、高さがあるので500mlのロング缶を立てて収納できたりします。

一人暮らしにはもちろん、二人暮らしにも適したサイズ感の冷蔵庫です。

引っ越しなどでまとめて家電を揃えたい方にはセットがおすすめ

新生活や単身赴任など、引っ越しをするタイミングで家電を買い替える方は多いでしょう。
しかし、まとめて家電を購入してしまうと、実際に使ってみた時に使い勝手が悪く後悔してしまう可能性もあります。

そんな時は
CLAS の家電セットを利用するのがおすすめ。
家電セットなら生活に必要な家電をまとめて揃えることができ、なおかつ自分に合っていないと感じれば返却できるため、損をすることもありません。

【CLAS SET】Haier URBAN CAFE 家電3点セット

ハイアールの冷蔵庫で評判のモデルを含めた家電セット
ではハイアールのURBAN CAFEシリーズから家電3点セットを用意しています。冷蔵庫・全自動洗濯機(5.5kg)・電子レンジ(18L)のセットで、暮らしに欠かせない家電がまとめて手に入ります。

冷蔵庫は148Lと173Lの2種類から選べます。148Lは料理をする頻度がそれほど多くない人には十分なサイズ感です。頻繁に自炊をしていて保存する食材も多くなりがちな人は173Lのセットを選びましょう。

家電3点セットはいずれもURBAN CAFEシリーズの製品で揃えています。同じシリーズだとデザインも統一されているため、インテリアにこだわりたい人にもおすすめです。

性能・デザイン・価格で人気のハイアールの冷蔵庫をお得に手に入れるなら
家電のレンタル・サブスクで

ハイアールの冷蔵庫で評判のモデルはレンタル・サブスクがおすすめ
今回は、ハイアールの冷蔵庫に関する評判や特徴、機能性などをご紹介してきました。
口コミの中には悪い評判もありましたが、基本的には使いやすい・コスパがいいと感じている人が多い傾向にありました。

機能性やデザイン、価格帯で人気のハイアールの冷蔵庫ですが、実際に使ってみないとわからない部分もあるかもしれません。
そんな時は家電のレンタル・サブスク「
CLAS 」でお試しください。

CLAS なら人気のハイアール冷蔵庫を月額で利用できます。冷蔵庫も含む家電セットも用意されているので、引っ越しなどで家電を買い替える際にぜひご利用ください。



おすすめの記事