{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

部屋の乾燥対策におすすめの方法&アイテム

2024/01/17

部屋の乾燥対策におすすめの方法
季節が変わると部屋の乾燥に悩まされますよね。

テレワークなどでお家時間が増えた今だからこそ、そんな悩みを手軽に解消して、快適に過ごせる空間をつくりたいもの。

この記事では、乾燥対策のコツやおすすめのアイテムをお伝えしていきます。

ライフスタイルにちょっとした変化を加えたり、空気に潤いを与えてくれる家電をプラスすることで、簡単に過ごしやすい住まいになりますよ。

部屋が乾燥してしまう原因

部屋が乾燥してしまう原因
まずは、部屋が乾燥する原因について解説します。

なぜ空調家電に気を付けても室内の空気が乾燥してしまうのか?
乾燥している空間で過ごしているとどんなデメリットがあるのか?

それぞれのポイントを踏まえて、悩みを解消しましょう。

なぜ乾燥してしまうのか

寒さ対策をしている日本の住宅は、室内の温度が低くならないよう、気密性の高い構造になっています。
さらにシックハウスや湿気を防ぐため、常に空気を取り込んで排気するので、室内で加湿しても外から乾燥した空気が入ってしまうのです。

部屋の乾燥が招くトラブル

部屋の乾燥が招くトラブル
部屋の空気が乾燥すると、風邪やインフルエンザをひきやすくなってしまいます。鼻や喉の粘膜の防御機能が低下し、体内に空気中の細菌やウイルスが侵入しやすくなるのです。

また吹き出物やかゆみ、かさつきといった肌のトラブル、脱水症状や火災などが発生する恐れもあります。

乾燥しやすい部屋の状況

乾燥しやすい部屋の状況は季節によって異なります。冬の場合は、暖房やエアコン、ヒーターなどを使用して部屋の温度が上がることなどで「乾燥した」と感じるようになります。

夏はエアコンを使用し、冷房で室内を涼しくしたり、除湿し続けたりすることで、乾燥しやすくなってしまいます。

お部屋の乾燥対策のコツ&おすすめのアイテム

つぎに、部屋の乾燥を防ぐのにおすすめのアイテムとコツを取り上げていきます。

家にちょっとした家具と家電をプラスして、これから紹介するちょっとした工夫を実践すれば、簡単に過ごしやすい空間ができあがります。

ぜひ試してみてください。

ラグやカーペットに霧吹きをかける

まずは、ラグやカーペットに霧吹きで水をかける方法。繊維にしみ込んだ水分が少しずつ蒸発して室内が加湿されるていくので、長時間乾燥に対応することができます。

こちらは、長めのパイルでボリュームとあたたかみのあるラグ。

汚れがつきにくく、ホットカーペットにも対応しているお役立ちアイテムです。
こちらは、個性的なキリム柄が特徴的なラグ。

綿混の風合いを活かした編み込みが、部屋に温もりとアクセントを加えてくれます。

「シンプルでスタイリッシュなスペースを目指したいけど、殺風景にはしたくない」という方におすすめです。
こちらは、かわいらしさと大人カッコよさの両方を合わせ持ったラグ。

ナチュラルなテイストの部屋にも、さりげないキュートさやクールで落ち着いた空間づくりを完成させたい方にもぴったりのシンプルなアイテムです。

約20ミリの毛足の長さで、肌触りもしっかりとしています。

ファンヒーターを活用する

次に、ファンヒーターを利用する方法。エアコンは室内に水分を届ける機能がなく、空気が乾燥しやすいですが、加湿機能が付いているファンヒーターなら乾燥予防もできます。

こちらは、温風、加湿、送風、冷風の4役を搭載した1台。
小さいお子さんやペットのいる家庭でも安心のチャイルドロックが付属しています。
こちらは、部屋全体を温め、空気を汚さない遠赤外線ヒーター。

360度熱放射機能を搭載しているので、どこにいても、どんな空間でも温めてくれます。
軽くて持ち運びがしやすいので、昼はリビングやダイニングに、夜はベッドルームに置くこともできます。
こちらは、夏は扇風機、冬はファンヒーターとして使える一石二鳥のアイテム。

スタイリッシュなデザインでどんな空間にも馴染みます。
羽がないので小さなお子さんがいる家庭でも安心。

前後に角度をつけることができるので、風の流れをお好みで決められます。

コンパクトな加湿器を使う

最後に、コンパクトな加湿器を置く方法。

一見加湿器に見えない、丸みのあるキュートなデザインが特徴的なこちらのアイテムは、取り入れた空気を酵素プレフィルターで除菌、加湿、送風できます。

給水ボウルは洗剤などで丸洗いできるので、清潔さをキープできます。
こちらは、スイスの老舗家電メーカーがこだわった一品。

湿らせたフィルターから水分が気化する、自然に近い蒸発作用を利用しています。
たっぷり6リットルの水が入るので、一晩中加湿してもOK。

どんな部屋にも合わせやすい、コンパクトでシンプルなデザインもグッド。
こちらは、洋室8畳、和室5畳までの部屋で使うことができる加湿器。

強力なUV-Cライトで水の中の細菌を除去し、清潔なミストを放出する機能が付いています。
流線型の気流を形成し、空気の経路を効率的にすることで、静かに加湿してくれるアイテムです。

家にあるもので乾燥対策する時のポイント

続いて、家にあるアイテムなどの使い方を工夫することで乾燥を防ぐポイントを解説します。

加湿のために新しいインテリアをプラスするのは簡単ですが、思い切った買い物をするハードルはなかなか高いものです。

すでに自宅にあるものを活用して、潤いのある部屋づくりを目指しましょう。

浴室の扉を開けておく

浴室の扉を開けておく
まずは、バスルームの扉を開けっ放しにしておく方法。

入浴後、バスタブのお湯を流さずに扉を開けておくことで、室内に溜まった蒸気が部屋の中に広がり、湿度を上げることができます。

バスタブにフタをするとカビの生える原因となるので、注意が必要です。

部屋でお湯を沸かす

部屋でお湯を沸かす
続いて、ケトルや鍋でお湯を沸かして、水蒸気で室内を加湿させる方法。

沸騰したらケトルや鍋を加湿したい部屋に移動させましょう。
フタを開けておくと手早く、簡単に周辺の空気に潤いを与えることができます。

ダイニングスペースで鍋料理をつくるのもおすすめです。

水を入れたグラスを置く

水を入れたグラスを置く
一番シンプルで簡単なのは、水を入れたグラスを置くこと。

水蒸気でピンポイントに加湿することができるので、仕事や趣味で作業するデスクの上、お化粧や髪型を整えるドレッサーなど、狭い空間だけを潤したい時にぴったりです。

アロマオイルを垂らしたり、インテリアとして花瓶を置くのもグッドです。

乾燥のトラブルを避けるため、家具と家電のレンタル・サブスクを賢く使おう

今回の記事では、部屋の乾燥を防ぐのに最適なコツやアイテムをご紹介してきました。
体に影響するトラブルを回避し、快適な空間という思いは、誰もが抱えているもの。

それを実現させるアイテムを購入するためのハードルはちょっと高いですよね。そんなあなたにおすすめしたいのが、家具と家電のレンタル・サブスクです。

高い初期費用なく使える 家具と家電のレンタル・サブスク

家具と家電のレンタル・サブスクが選ばれている理由。そのひとつは高い初期費用なく商品を使える点にあります。

加湿器やファンヒーター、大型のラグやカーペットは、購入すると高額。使ってみたいと思っても、なかなか手が出ないということもありますよね。

でもレンタル・サブスクなら月額でレンタルOK。期間の制限もありません。初期費用を抑えることで、気軽に家具選びができます。

合わないときは返却OK 処分の手間も費用も必要なし

レンタルした家具、合わないときは簡単に返却できるのも人気の理由です。

加湿器やファンヒーター、大型のラグやカーペットなどは、いざ不要となって廃棄するのも一苦労。手続きや運搬などとても面倒ですよね。

でもレンタルサブスクならかんたんに返却・交換OK。処分の手間も費用も必要ありません。

家具と家電のレンタル・サブスクならCLAS(クラス)なら、人気モデルから個性派デザインまで充実のラインアップ

レンタル・サブスクは、豊富なラインアップと確かな品質を兼ね備えた、信頼できるサービスを選びたいもの。

そこでおすすめしたいのが
家具と家電のレンタル・サブスクCLAS です。なんと400ブランド・2,000点という充実した品ぞろえ。デザインと品質にこだわったラインアップが人気を集め、総会員数20万人を超えるまでになりました。

家具の選択はもっと気軽になっていい。もっとお財布にやさしくていい。
理想の暮らしを叶えるために、ぜひ
家具と家電のレンタル・サブスクCLAS を利用してみませんか。
https://clas.style

おすすめの記事