{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

インテリアにもおすすめなアウトドアチェアランキング 選び方も徹底解説!

2024/01/05

キャンプやバーベキュー、海水浴など、様々なアウトドアシーンで活躍するアウトドアチェア。運動会や子どもの部活動を観戦する時にも使えるほか、庭やベランダでくつろぎたい時など、幅広い使い方ができます。
しかし、取り扱っているブランドやチェアの種類も豊富で「どれを選べば良いのかわからない」「何を基準にして選べば良いのか悩む」という方も多いはず。
そこで今回は、アウトドアチェア選びで悩んでいる方向けに、チェア選びのポイントや人気のブランド、機能別のおすすめのアウトドアチェアランキングをご紹介していきます。アウトドアチェアの購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

アウトドアチェア選びのポイント

アウトドアチェアといっても種類は豊富です。ハイスタイル・ローチェア・ベンチタイプ・リクライニング・スツールなど様々な種類があり、座り心地にも違いがあります。
アウトドアの内容やアウトドアの楽しみ方によって選ぶチェアは変わるので、最適なものを選べばよりアウトドアが楽しくなるはずです。
快適に楽しくアウトドアを行うためにも、チェア選びは入念に行わなければいけません。選び方のポイントは以下のとおりです。
01

「タイプ」で選ぶ

アウトドアチェアのおすすめは「タイプ」で選ぶ
アウトドアで使用する椅子の選び方としては、「タイプ」で選ぶ方法もあります。椅子の種類には種類があるので、それぞれのタイプによって使用しやすいポイントに違いがあります。タイプごとの特徴を解説していきましょう。
  • ハイスタイル
座面の高さが40cm以上のタイプが多く、テーブルと併せて使うと食事がしやすい特徴があります。立ち座りの動作がしやすく、足腰への負担も少なく幅広い年代の方が使用できます。
サイズが大きいので、重量が重くなってしまう点がデメリットです。
  • ローチェア
座面の高さが30cm以下と低い位置にあるタイプをローチェアと言います。地面から近く、足を伸ばしてゆっくりと過ごせる特徴を持ちます。
テント内でも使用でき、子どもも座りやすいチェアです。
  • ベンチタイプ
2人以上でも並んで座れるタイプのチェアがベンチタイプです。ファミリーやカップルでの利用におすすめで、アウトドアテーブルとの相性も抜群。
荷物置きとしても利用できますが、収納サイズが大きくなるため車で運搬する際にはサイズに注意してください。
  • リクライニング
背もたれの角度を段階的に調節できるタイプがリクライニングチェアです。背もたれを調整すれば空を見上げる際も首を曲げる必要がないので、星空観察にも適しています。
パーツが多く、重量があるため車での運搬がおすすめです。
  • スツール
背もたれがなく、座面と足のみで構成されているタイプがスツールです。折り畳むと非常にコンパクトなのでアウトドアだけではなく、運動会や部活動の見学時に使用する方も多いです。
ミニテーブルとしても使用できます。
02

「背もたれの高さ」で選ぶ

アウトドアチェアのおすすめは「重量」で選ぶ
椅子として座り心地を重視するなら「背もたれの高さ」で選ぶのがおすすめです。背もたれが低い場合、腰を痛める可能性もあり座り心地に影響があります。
高い背もたれがあれば寄りかかりながら座れるので、ゆっくりと過ごすには最適です。
ハイチェアやリクライニングタイプは、背もたれが高いチェアを多く取り扱っています。ローチェアでも背もたれが高いタイプがあるため、実際に座り心地を確かめてから購入すると後悔のないアウトドアチェアが手に入ります。
03

「重量」で選ぶ

アウトドアチェアのおすすめは「収納のしやすさ」で選ぶ
アウトドアは車で移動する方も多いですが、持ち運びは自分たちで行う必要があります。いくら座り心地の良いアウトドアチェアでも、重量があれば持ち運びがしにくく不便です。
キャンプやバーベキューなど、施設までは車で行けてもサイトまでは自分で運ぶ必要があるので、軽さのあるチェアであれば運びやすいです。
特にツーリングや登山など、車を使わずに移動する際には軽さが重要です。
あまりに重いアイテムだと移動がしにくく、体への負担も大きいためアウトドアを楽しめません。家族でのアウトドア時も移動の際に子どもが動き回る可能性があるため、重さのあるチェアだと不便に感じます。
ただし、風が強い場合は軽さのあるアイテムは吹き飛ぶ心配があるので、注意が必要です。けがを負う危険性や車や他のアイテムを傷付ける心配があるため、取り扱いには十分に注意してください。
04

「収納のしやすさ」で選ぶ

アウトドアチェアのおすすめは「収納のしやすさ」で選ぶ
アウトドアチェアは、収納をして持ち運びやすい状態にできるため運搬がしやすいです。しかし、収納しにくいチェアを選んでしまうと収納する際にストレスを感じてしまうため、購入を後悔してしまいます。
アウトドアチェアは、組み立て式と収束式の2種類があるので、それぞれの特徴を解説していきましょう。
  • 組み立て式
ポールと座面が分解でき、コンパクトに収納できる点がメリットです。ツーリングやハイキングにもおすすめですが、設営や撤収に時間がかかる点がデメリットになります。
  • 収束式
チェアを開くだけで組み立てが完了するタイプが収束式です。「難しい作業のないチェアが欲しい」「収納に手間取らないチェアを探している」といった場合には収束式を選びましょう。
05

「リクライニング機能」で選ぶ

アウトドアチェアのおすすめは「リクライニング機能」で選ぶ
「ラクな姿勢で過ごしたい」「ゆっくりと過ごすことがメイン」であれば、リクライニング機能の付いたアウトドアチェアを選ぶと使いやすいです。
背もたれが倒れるタイプと座面全体がリクライニングするタイプがあるため、座り心地を試してから購入すると後悔のないチェア選びができますよ。

バーベキューやキャンプ、星空観察以外にもベランダや庭でくつろぐ際にも利用できるので、アウトドア以外でも使える点がメリットです。
前述したように、重量があるため車での移動をしない場合は持ち運びが難しいため、重さも確認して選ぶようにしましょう。

アウトドアチェアの人気ブランド

ここからは、アウトドアチェアで人気のブランドを3種類ピックアップしてご紹介していきます。ブランドによって取り扱っているタイプやデザインには違いがあるので、自分好みのアイテムを見つけてアウトドアを楽しみましょう。

コールマン(Coleman)

アウトドアチェアのおすすめブランド コールマン
1901年にアメリカのカンザス州にて創業したコールマンは、歴史のあるアウトドア用品ブランドです。品質の高さにはもちろん定評がありますが、比較的リーズナブルな価格で購入できる点が大きなメリットです。
初心者でも手軽に高品質なアイテムが手に入ります。
コールマンで取り扱っているアウトドアチェアは、ロースタイルやリクライニングタイプなど、幅広い種類が展開されています。
中でも、薄く折り畳めるチェアや傘のように瞬時に収束できるタイプなど、コンパクトに収納できるチェアが豊富にラインナップされているので、持ち運びのしやすいチェアを探している方には最適なブランドです。

ロゴス(LOGOS)

アウトドアチェアのおすすめブランド ロゴス
1985年に設立された日本のアウトドアブランドでメイプルリーフのマークが特徴です。
「Enjoy Outing!」を合言葉にアウトドアブランドとして快適で楽しいアウトドアを体験できるアイテムを多数取り扱っています。
アウトドア用品としてはキャンプアイテムが中心でコスパが高いことも特徴。ハイチェアやローチェアといった定番タイプの他にも、アイデア溢れるタイプもあるので豊富な種類の中からチェアを選べます。
ハンモックのようにユラユラと揺らしながら快適に座れるチェアは、首元に枕も付いておりリラックスするには最適です。

スノーピーク(Snow Peak)

アウトドアチェアのおすすめブランド スノーピーク
新潟県に本社を置くスノーピークは近年のオートキャンプブームを牽引した会社としても有名で、機能性のあるアイテムが多い特徴を持っています。アウトドアチェアに関しては、デザイン性に優れたアイテムを多数取り揃えています。
座り心地も良いので、アウトドアだけではなく室内で使用する方も多いです。
中でもTake!チェアは、帆布と竹を使用して作られた優しい風合いのアウトドアチェアで、使い込むほどに柔らかく体にフィットする特徴があります。汚れても洗濯ができるため、アウトドアには最適なチェアです。
デザイン性だけではなく機能性も十分なので、使いやすいチェアを探している方には最適なブランドになります。

2024年 アウトドアチェアのおすすめランキング

アウトドアチェアの選び方や人気ブランドをご紹介しましたが、「種類は多くてどれを選べば良いのかわからない」「使ったことがないからどれが使いやすいか知りたい」と感じる方もいるはず。
そこで、2024年のアウトドアチェアのおすすめランキングをご紹介していきます。ハイチェア、ローチェア、リクライニングタイプ、2人掛けタイプに分けておすすめをご紹介していくので、気になるアイテムがないかチェックしていきましょう。

ハイチェアのおすすめ

アウトドア向けハイチェアのおすすめランキング
座面の高さが40cm以上のものを基本的にはハイチェアと呼びますが、ブランドごとのラインナップによっては、40cm以下でも機能性に合わせてハイチェアに分類されるものもあります。
座る動作や立つ動作がしやすいことが特徴で、アウトドアのみならず家庭用の家具として使う方も増えています。
01

LOGOS Tradcanvas ポータブルあぐらチェア

おすすめのアウトドアハイバックチェア LOGOS Tradcanvas ポータブルあぐらチェア
あぐらの体勢になりやすく、座りやすい特徴を持つチェアです。座面には適度な角度が付いているため、深く腰掛けることができリラックスできるでしょう。
また、ハイバックタイプとなっており、頭まで支えることが可能です。ゆったりと座りたい方にはおすすめのアウトドアチェアとなっています。
ひじ掛け部分にはドリンクホルダーがあるため、水分摂取も手軽にできます。スリムな収納ができる収束型で従来のアイテムよりもコンパクトに収納できる設計です。
ベルト付きの収納バッグに入れるので持ち運びの多いアウトドア時にも便利に使えます。
総重量 約3.4kg
サイズ 約高さ91cm×幅60cm×奥行74cm
収納サイズ 約縦14cm×横76cm×高さ20cm
耐荷重 約120kg
02

LOGOS 難燃BRICK・キングあぐらチェア

おすすめのアウトドアハイバックチェア LOGOS 難燃BRICK・キングあぐらチェア
座り心地の良いアウトドアチェアで、ラクにあぐらが組めるほど腰回りのスペースが広い特徴を持っています。ハイバック仕様なので首だけではなく頭まで支える設計で、座面も後方へ傾斜しているため抜群の座り心地となっています。
また、表地にはアメリカの難燃性基準「CPAI-84」をクリアした、難燃BRICKと呼ばれる生地を採用しています。コンロや焚火から火の粉が降りかかったとしても、燃え広がらずにすぐに鎮火するため火を使う頻度の多いアウトドア時にも安心して使用できます。
収納タイプは収束型でコンパクトにしまえる設計です。収納バックも付いているため、持ち運びもスムーズに行えます。
総重量 約3.5kg
サイズ 約高さ80cm×幅60cm×奥行74cm
収納サイズ 約縦19cm×横94cm×高さ19cm
耐荷重 約120kg

ローチェアのおすすめ

おすすめのアウトドアローチェア
座面の高さが約30cmと地面から近い特徴を持つチェアがローチェアです。くつろぎやすくリラックスタイムには最適なチェアです。
また、コンパクトなサイズが多いので、持ち運びがしやすい点もメリットです。おすすめのアイテムをご紹介していきます。
01

LOGOS アースアイアンローチェア

座り心地重視のおすすめアウトドアローチェア LOGOS アースアイアンローチェア
頑丈なスチール製のフレームを使用して作られたチェアで安定感のある座り心地が特徴です。
「座面が低いと座りにくいのでは」と考える方もいますが、背もたれが高く沈みにくい座面になっているので、長時間座っていても疲れない設計となっています。
収納タイプは折りたたみ式です。面倒な組み立てが必要ないため、初心者でも使いやすい点がメリットです。
車で持ち運ぶ際も隙間に入れられるので場所を取りません。シンプルなデザインとなっており、部屋で使う際にも馴染みやすいでしょう。
総重量 約2.9kg
サイズ 約高さ75cm×幅54cm×奥行61cm
収納サイズ 約縦54cm×横58.5cm×高さ8cm
耐荷重 約120kg
02

LOGOS Tradcanvas アッセムチェア

:座り心地重視のおすすめアウトドアローチェア LOGOS Tradcanvas アッセムチェア
座面がワイドサイズになっているアウトドアチェアで、抜群の座り心地が特徴。ひじ掛け部分は木製なので、温もりを感じられる設計です。
Tradcanvas アッセムチェアのもう1つの特徴が「コンパクト収納」という点です。収納タイプはパーツを分解して収納できる組み立て式となっており、非常にコンパクトにしまえます。
また、自立式になっているため、保管する際には立てたまま収納可能です。持ち運びにも便利な収納バッグ付きなので安心です。
「とにかく持ち運びやすいチェアが欲しい」「コンパクトに収納できるチェアが欲しい」といった方におすすめですよ。
総重量 約3.2kg
サイズ 約高さ63cm×幅63.5cm×奥行56cm
収納サイズ 約縦15cm×横56cm×高さ15cm
耐荷重 約150kg
03

LOGOS Tradcanvas ワイドバケットチェア

座り心地重視のおすすめアウトドアローチェア LOGOS Tradcanvas ワイドバケットチェア
バケットタイプのチェアです。ユニークなフレーム構造を採用しており、前後左右に揺れるハンモックのようなチェアとなっており、リラックスしながら過ごせます。
ワイドサイズとなっているため、座り心地も良く、ゆったりと快適に座れる特徴があります。
揺れるので安定感を気にする方もいますが、4点でホールドしておりフレームとシートはベルトで固定されているため、不安定さを感じることなく座れて安心です。
側面はメッシュになっており、外で使用する際にも通気性が良く快適性にも優れています。
また、セパレート構造なのでコンパクトに収納できます。ベルト付きの収納バッグに入れれば持ち運びにも便利です。
総重量 約2.5kg
サイズ 約高さ83cm×幅68cm×奥行66cm
収納サイズ 約縦12cm×横38cm×高さ14cm
耐荷重 約150kg

リクライニング機能付きチェアのおすすめ

おすすめのリクライニング機能付きアウトドアチェア
背もたれに角度があり、体全体を預ければよりリラックスした体勢でアウトドアを楽しめるチェアがリクライニングタイプです。キャンプやバーベキューといったアウトドアでは椅子に座っている時間も多いです。
よりリラックスして座りたいのであれば、リクライニング機能の付いたチェアを選び、快適に過ごしましょう。
01

LOGOS Tradcanvas ゆらゆらハンモックチェア

座り心地抜群のおすすめアウトドアチェア LOGOS Tradcanvas ゆらゆらハンモックチェア
アウトドアのみならずインドアでも使えるチェアで、ハンモックのような座り心地が特徴です。背もたれの角度はベルトで自由に調整できるため、自分にとって快適な角度で座り続けることが可能です。
座面の裏側には転倒防止ストッパーとなるハンドルが付いており、この部分を持ちながら座ると安全に座れます。ひじ掛けの部分にはドリンクホルダーも付いているため、好きなドリンクを入れれば、天体観測や読書といったリラックスタイムをより快適なものへと導いてくれます。
組み立て式なのでコンパクトに収納できる点も魅力です。
総重量 約5.2kg
サイズ 約高さ117cm×幅90cm×奥行68cm
収納サイズ 約縦26cm×横92cm×高さ20cm
耐荷重 約130kg
02

LOGOS ファミリースムースリクライナー

座り心地抜群のおすすめアウトドアチェア LOGOS ファミリースムースリクライナー
ファミリースムースリクライナーは、背もたれ部分のみならず足の部分もリクライニングするので、足を伸ばした状態でゆったりと座れる特徴を持ちます。
背もたれは無段階調節ができ、自分の好みの角度に設定できます。シートには通気性の高いテスリンメッシュ素材が使用されており、快適性のあるチェアです。
ヘッドレストも付いており、自分の好きな位置に調整可能です。
また、ひじ掛け部分にはサイドテーブルを付けることができ、飲み物だけではなくスマホやちょっとした食事を乗せることも可能です。リラックスした時間を長時間楽しめるアウトドアチェアです。
総重量 約7kg
サイズ 約高さ110cm×幅64cm×奥行92cm
収納サイズ 約縦65cm×横96cm×高さ14cm
耐荷重 約150kg

2人掛けチェアのおすすめ

室内利用にもおすすめの2人掛けアウトドアチェア
2人掛けのチェアはベンチタイプになっており、1人掛けのチェアよりもゆったりと座れる特徴があります。
背もたれの有無によっても座り心地に違いがあり、背もたれのないものは荷物置きとしても使えるので便利です。収納性に優れたアイテムも多いため、使用するシーンや好みに合わせて選びましょう。
01

LOGOS Tradcanvas チェアfor2

室内利用にもおすすめの2人掛けアウトドアチェア LOGOS Tradcanvas チェアfor2
高い背もたれとワイドな座面が特徴で、座面部分と背もたれにはパッドが入っており、長時間座っても疲れにくい設計です。カバー付きとカバーなしのタイプがあり、カバー付きタイプは保温性やクッション性をアップさせる造りです。寒い季節でのアウトドアにも最適。
折り畳んだ状態で持ち運べ、取っ手があるので移動もしやすいです。薄さがあるため、収納もしやすい設計となっています。
家族やカップルでの使用におすすめのアウトドアチェアです。
総重量 約5.2kg
サイズ 約高さ90cm×幅112.5cm×奥行66cm
収納サイズ 約縦79cm×横112.5cm×高さ13cm
耐荷重 約240kg

 LOGOS Tradcanvas ポータブルアッセムチェアfor2

室内利用にもおすすめの2人掛けアウトドアチェア LOGOS Tradcanvas ポータブルアッセムチェアfor2
持ち運びやすい2人掛け用のチェアを探しているなら、Tradcanvas ポータブルアッセムチェアfor2がおすすめです。
組み立て式なのでパーツを分解して収納できます。収納バッグに入れればコンパクトに持ち運びができるため、アウトドア時も無理なく移動可能です。
シンプルなデザインですが、ひじ掛け部分が木製になっているので温もりを感じられるデザインです。
アウトドアだけではなく、自宅でも使いやすいデザインとなっています。耐荷重が約180kgなので安定感のある座り心地も魅力です。
総重量 約6.1kg
サイズ 約高さ61.5cm×幅110.5cm×奥行55.5cm
収納サイズ 約縦22cm×横58cm×高さ22cm
耐荷重 約180kg

好みのアウトドアチェアは、レンタルがおすすめ

室内でも使えるおすすめのアウトドアチェア
アウトドアチェアは、キャンプや海水浴といったアウトドア以外にも自宅や運動会など、様々なシーンで使える便利なアイテムです。その種類は豊富で、機能性も充実しているため、使いやすいものを選び、アウトドアや日常をより快適なものにしていきましょう。
家具と家電のレンタル・サブスクサービス を手掛ける CLAS では、アウトドアチェアのレンタルも可能です。インテリア用にアウトドアチェアが欲しいと思っており、「購入する前に使用感を知りたい」「実際に使ってみてから購入したい」といった際には、 CLAS をぜひ活用してみてください。

おすすめの記事