{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

【2024年版】おすすめの乾燥機付き洗濯機人気モデルを紹介します

2024/04/08

乾燥機付き洗濯機であれば、洗濯から乾燥までの作業を1台で完結できます。天気が悪くて外に干せない日や夜間に洗濯がしたい時などに便利ですよね。

そんな乾燥機付き洗濯機は様々なメーカーから販売されており、モデルも多種多様です。そのため、どの洗濯機がいいのか悩んでしまう方も多いでしょう。

この記事では、乾燥機付き洗濯機を選ぶメリットやコツ、さらにタイプ別のおすすめモデルもご紹介します。
自分の生活に適した洗濯機を選びたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

乾燥機付き洗濯機を選ぶ 3つのメリット

一般的な洗濯機と比べて乾燥機付きは高価な家電ですが、メリットの方が大きいと考えて、高くても導入する方は多くみられます。
しかし、高い買い物になるため、「我が家にとって本当に必要なのか」と不安を感じてしまう方も少なくないでしょう。

導入に対する不安を払拭するためにも、まずは乾燥機付き洗濯機を選ぶメリットを3つ解説します。
01

天候に左右されない

乾燥機付きのドラム式洗濯機おすすめポイント 天候に左右されない
乾燥機付き洗濯機を選ぶ大きなメリットは、天候に左右されずに洗濯ができることです。
雨や雪の日は干した洗濯物が濡れてしまうため、外に干せません。曇りの日もいつ雨が降るかわからず、降らなくても日差しが弱いので乾くのに時間がかかります。

しかし、乾燥機付き洗濯機なら洗濯から乾燥まで済ませることが可能です。室内干しだとニオイが気になる、そもそも室内に干せる場所がないという人も安心して洗濯と乾燥ができます。

ライフスタイルの関係で、日中に洗濯がほとんどできない人もいるはず。静音性が高く、さらにナイトモードがある乾燥機付き洗濯機を使えば、夜間も安心して洗濯ができます。
ただし、防音レベルが低い建物だと近隣住民の方の迷惑になってしまうので注意しましょう。
02

洗濯時間を短縮することができる

乾燥機付きのドラム式洗濯機おすすめポイント 洗濯時間を短縮することができる
乾燥機付き洗濯機で洗濯から乾燥までするとなると、洗濯物の量や機種にもよりますが、2~3時間ほどかかります。

一方、洗濯から脱水までなら30~40分程度で済みます。洗濯機の稼働時間だけを比べれば乾燥機なしの方が早いですが、トータルの洗濯時間を考えると、乾燥機付き洗濯機の方が時間を短縮することが可能です。

洗濯のみだと洗濯槽から洗濯物を取り出し、干す作業が発生します。そして、夏場は2~3時間、それ以外の季節は5~6時間前後は外に干さなければなりません。

乾いた後は、洗濯物を取り込む作業も必要です。洗濯時間をトータルで見ると、意外と時間がかかることがわかります。

乾燥機付き洗濯機であれば、洗濯物を入れてスイッチを押してから、2~3時間程度で乾燥まで終わらせられます。干す時間も省けるので、仕事や家事、育児などで忙しい人も洗濯にかかる手間と時間を減らせます。
03

衣類がふんわり仕上がる

乾燥機付きのドラム式洗濯機おすすめポイント 衣類がふんわり仕上がる
ただ洗濯するよりも、乾燥機を使った方が衣類をふんわり柔らかく仕上げられます。
乾燥機の場合、乾かすために衣類全体にまんべんなく空気が届けられます。その空気によって繊維が立つため、ふわふわな仕上がりになるのです。

普通に洗濯して外干しする場合、長時間干しっぱなしにすると水分が減りすぎて繊維が固くなり、ごわごわした肌触りになってしまいます。
また、素材によっては洗濯ばさみの跡が残ってしまうこともあるでしょう。乾燥機付き洗濯機なら洗濯ばさみの跡ができる心配もありませんよ。

乾燥機付き洗濯機を選ぶ ポイント

乾燥機付き洗濯機は、モデルによってサイズや容量、コース内容、機能性など細かな違いがあります。なかでも特に注目したいのは、洗浄方式と乾燥方式です。

洗浄方式や乾燥方式は、ライフスタイルや衣類への負担などに考慮して、我が家に適した乾燥機付き洗濯機を選びましょう。ここでは、乾燥機付き洗濯機を選ぶ際のポイントをご紹介します。

縦型かドラム式か

おすすめの乾燥機付き縦型洗濯機
乾燥機付き洗濯機は、洗浄方式によって縦型とドラム式の2種類にわけることができます。洗濯機を選ぶにあたって、まずはどちらのタイプで製品を探すか決めなければなりません。

縦型かドラム型かは、乾燥機能の使用頻度に合わせるのがおすすめです。

乾燥機能をよく利用するなら「ドラム式」がおすすめ

おすすめの乾燥機付きドラム型洗濯機
乾燥機付き洗濯機といえば、ドラム式洗濯機を連想する人も多いでしょう。ドラム式洗濯機は、普段から乾燥機能をよく利用する人におすすめです。

このタイプは、ドラムを回転させて、まんべんなく洗濯物に温風を当てるため、縦型洗濯機と比較して短時間かつ柔らかい仕上がりにできることが強みです。

他にも節水性能が高く、たたき洗いによって衣類に与えるダメージを抑えて洗濯できることも大きな特徴です。斜めや横向きで洗濯槽が設置されているので、少ない水量でも洗濯ができる深さの水を貯めることができ、節水効果に優れています。

また、ドラムの回転によって上から下に叩き落すように洗うことが可能です。たたき洗いだと衣類同士が擦れにくくなるため、少ないダメージで済みます。

乾燥機能の使用頻度が低いご家庭は「縦型洗濯機」がおすすめ

一人暮らしにおすすめの乾燥機付き洗濯機
基本的に外干しで、雨の日やすぐに乾かしたい時など乾燥機能の使用頻度が比較的低いのであれば縦型洗濯機がおすすめ。縦型洗濯機で基本的に採用されている乾燥方式は、ヒーター式乾燥です。

詳しくは後述しますが、ヒーター式は厚手のものをしっかり乾かせる半面、衣類の傷みや縮が生じやすいデメリットがあります。頻繁に乾燥機を使う場合には向いていないため、使用頻度が低い人の方が適しているのです。

また、縦型はドラム式と比べて他のデメリットも目立ちやすいです。
縦型洗濯機の洗浄方式は、パルセーターと呼ばれる洗濯槽の底にある羽を回転させて、撹拌水流を起こす「もみ洗い」。もみ洗いは衣類同士がこすれ合うため、ダメージは大きめです。さらに水も多く使うので、節水性能もドラム式より劣ります。

しかし、たっぷりの水でもみ洗いするので、泥汚れや固形汚れを落とせる洗浄力の高さはメリットです。他にもドラム式よりもコンパクトでスリムなタイプが多く、狭いスペースにも起きやすい特徴があります。

衣類へのダメージを考えて選ぶ

衣類の乾燥は乾燥機付きドラム式洗濯機がおすすめ
乾燥機能を使って衣類を乾かす場合、少なからず衣類はダメージを受けてしまいます。

そのダメージの大きさは乾燥方式によって異なります。乾燥方式にはヒートポンプ式とヒーター式の2種類があるので、特徴やダメージの大きさを理解して洗濯機を選びましょう。

ヒートポンプ式乾燥

ヒートポンプ式乾燥では、熱交換器によって槽内の空気を温風に変え、循環させて洗濯物を乾燥させています。
ヒーター式乾燥と比べて消費電力が少なく、温風の温度が60℃以下と比較的低温なので、衣類の傷みや縮みが起きにくいことが特徴です。さらに、槽内の温度が上がりすぎないので、乾燥が終了したらすぐに洗濯物を取り出せます。

ヒートポンプ式乾燥は、頻繁に乾燥機能を使うデリケートな素材の衣類が多い場合に適しています。また、電気代を少しでも抑えたい人にもおすすめです。

ヒーター式乾燥

ヒーター式乾燥は、ヒーターを使って温風を発生させる仕組みとなっています。高温の温風を発生させられるので、厚手の衣類やタオル類もカラッとしっかり乾かすことが可能です。
ただし、ヒートポンプ式乾燥と比べてダメージが強いので、頻繁に乾燥機能を使う場合には向いていません。

また、乾燥時に発生する水蒸気の処理方法によって、水冷除湿式と排気式の2種類に分けることも可能です。水蒸気の処理方法にも特徴があるので、その点にも注目して乾燥機付き洗濯機を選ぶと良いでしょう。

水冷除湿式乾燥は、乾燥時に冷水を使って水蒸気を除湿する仕組み。槽内で水蒸気の放出を抑えられるので、部屋の湿度が上がりにくい特徴があります。
また、排気タイプは、洗濯機の外に水蒸気を排出して槽内を除湿します。排出された水蒸気によって部屋の湿度が上がってしまう傾向にありますが、乾燥時に水を使わないので水道代が上がる心配はありません。

おすすめの乾燥機付き洗濯機

乾燥機付き洗濯機は、メーカーもモデルも非常に豊富です。数多くある製品から1台を選ぶのはそう簡単ではないため、人気モデルから選びたいと考える方も多いでしょう。

そこで、ドラム式と縦型式に分けておすすめの乾燥機付き洗濯機を厳選してご紹介します。各製品の特徴やスペックを見ていきましょう。

乾燥機付きドラム式洗濯機

おすすめの乾燥機付きドラム式洗濯機
まずは、乾燥機能の使用頻度が多い人におすすめのドラム式洗濯機の人気モデル3種類をご紹介します。

SHARP ドラム式洗濯乾燥機【洗濯10kg / 乾燥6kg】

おすすめの乾燥機付きドラム式洗濯機 SHARP ドラム式洗濯乾燥機
SHARPのドラム式洗濯乾燥機 では、マイクロ高圧洗浄を搭載しています。
この機能は、毎秒水道水を10万個以上の微細な水滴にした高圧シャワーを噴射し、衣類に付着したしつこい汚れを落とすことが可能です。
洗濯槽はバッフル形状というメーカー独自の形状をしており、衣類を手前と奥に入れ替えるようにしているので、絡みにくいのも特徴。

乾燥機能では、ヒーターセンサー乾燥を採用していて、センサーが乾き具合を感知してくれるので、効率よく乾燥させることが可能です。乾燥効率の低下を下げるために、自動で乾燥ダクトの内部を洗い流す機能も備わっています。

ダクトもほこりが残りにくい形状で、お手入れの手間がかかりにくいのも利点です。最新モデルでは洗濯槽の自動お掃除機能もあり、洗濯をするたびに槽の裏側が洗い流され、清潔を保てます。
サイズ(排水・給水ホース含む) 幅64cm×奥行72.9cm×高さ111.4cm
重量 約68kg
標準コース運転 目安時間 洗濯~乾燥 約150分
標準使用水量 洗濯~乾燥時 96L
運転音(洗い/脱水/乾燥) 26dB/37dB/41dB

東芝 ドラム式洗濯乾燥機 ZABOON【洗濯12kg/乾燥7kg】

おすすめの乾燥機付きドラム式洗濯機 東芝 ドラム式洗濯乾燥機 ZABOON
東芝の ZABOON では、ウルトラファインバブルというナノサイズの泡と洗剤により、繊維の奥の汚れまでしっかり落とすことが可能です。
ケチャップやココアなど落ちにくい食べこぼしの汚れも綺麗にできます。

さらに、微細な泡が落とした汚れの再付着を防いでくれるので、洗うたびに衣類の抗菌も可能です。高圧のダブルシャワーにより洗剤液を衣類全体にムラなく染み込ませるので、繊維の奥まで抗菌成分を浸透させ、雑菌の繁殖を抑えることができます。

また、こちらは洗濯容量12kg、乾燥容量7kgとなっているので、たっぷり衣類の洗濯と乾燥ができます。
乾燥方式はヒートポンプを採用しているので、優しい温風を大量に当てて素早く乾かし、ふんわりと仕上げてくれます。4kgまで対応した上質乾燥であれば、衣類を舞い上げながら乾かすのでシワも軽減できます。
サイズ(排水・給水ホース含む) 幅64.5cm×奥行72cm×高さ106cm
重量 約89kg
標準コース運転 目安時間 洗濯~乾燥 約96分
標準使用水量 洗濯~乾燥時 80L
運転音(洗い/脱水/乾燥) 32dB/37dB/48dB

日立 ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム【洗濯12kg/乾燥6kg】

おすすめの乾燥機付きドラム式洗濯機 日立 ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム
日立の ビッグドラム は、ナイアガラ洗浄により皮脂や油汚れをしっかり取り除けます。高濃度の洗剤液を繊維の奥まで素早く染み込ませ汚れを浮き上がらせ、高い水圧で浮かんだ汚れを弾いて落とす仕組みです。

乾燥機能は約65度の低温の温風を使い、衣類を舞い上げながら乾かしていきます。時速約300kmにもなる高速の風を送っているので、シワを最小限に抑えて乾燥させることが可能です。

また、大容量のタンクに液体洗剤や柔軟剤を予め入れておくことで、洗濯する際に毎回適量で自動投入されます。タンク内には液体洗剤は約1,000ml、柔軟剤は約700mlまで投入可能です。

ビッグドラム には乾燥フィルターがなく、ほこりや糸くずは糸くずフィルターに溜まる仕組みとなっています。使用頻度にもよりますが、月1回のお手入れで十分なのも嬉しいポイントです。
サイズ(排水・給水ホース含む) 幅63cm×奥行71.6cm×高さ106.5cm
重量 約81kg
標準使用水量 洗濯~乾燥時 約86L

乾燥機付き縦型洗濯機

おすすめの乾燥機付き縦型洗濯機
続いては、乾燥機能の使用頻度が低い人におすすめの縦型洗濯機の人気モデルを3つご紹介します。

SHARP 縦型洗濯乾燥機【洗濯8kg /乾燥4.5kg】

おすすめの乾燥機付き縦型洗濯機 SHARP 縦型洗濯乾燥機
SHARPの縦型洗濯乾燥機 は、洗濯槽の穴がありません。そのため、槽の外側や底裏につく汚れや黒カビが、槽内に入ることはなく、常に清潔な水で洗浄することができます。
外槽に水が流れるわけではないので、無駄に水を使用することもありません。

SHARPの縦型洗濯乾燥機 には、専用ハンガーに衣類をかけた状態で乾燥させるコースがあり、ハンガー乾燥によって、シワを防ぎながら衣類を乾かすことが可能です。
また、プラズマクラスターにより消臭・除菌もされます。

本体天面に超音波ウォッシャーが収納されているのも、
SHARPの縦型洗濯乾燥機 の大きな特徴です。超音波ウォッシャーを使えば、洗濯をする前にワイシャツの襟や袖についた皮脂や食べこぼしなどの部分汚れを落とすことができます。
サイズ(排水・給水ホース含む) 幅60cm×奥行65cm×高さ102cm
重量 約46kg

AQUA 縦型洗濯乾燥機 【洗濯10kg /乾燥5kg】

おすすめの乾燥機付き縦型洗濯機 AQUA 縦型洗濯乾燥機
AQUAの縦型洗濯乾燥機 は、衣類へのダメージを減らしつつも、高い洗浄力で衣類を綺麗にする特徴があります。低水位時からパルセーターを回転させることで、高濃度の洗剤液を作り、繊維の奥まで素早く浸透させています。

さらに、洗濯槽は凸凹に加工されたスクラブドラムを採用することで、もみ洗いの効果を高めているのです。
また、洗濯槽がパルセーターとは逆に回転することで、衣類がらみも抑えられます。温め洗浄コースもあるので、低温の水では落としきれない汚れも綺麗に落とすことが可能です。

大風量のブロアファンと槽内の湿度を調整するマルチフラップにより、素早く衣類の乾燥と除菌を実現しました。衣類をふわっと浮かせてムラなく温風を当てるので、ふんわりと手触りのよい仕上がりになります。
サイズ(排水・給水ホース含む) 幅62cm×奥行66.5cm×高さ106cm
重量 約60kg
標準コース運転 目安時間 洗濯~乾燥時 179分
標準使用水量 洗濯~乾燥時 81L
運転音(洗い/脱水/乾燥) 37db/ 38db/ 42db

SHARP 縦型洗濯乾燥機【洗濯6.5kg/乾燥3.5kg】

おすすめの乾燥機付き縦型洗濯機 SHARP 縦型洗濯乾燥機
SHARPの縦型洗濯乾燥機 は、洗濯容量6.5kg、乾燥容量3.5kgとなっているので、1人~2人暮らしにおすすめ。
衣類の種類や汚れ具合に合わせて、洗濯から乾燥・洗濯のみ・乾燥のみなど、全13コースから選べます。

例えば、化繊混紡のYシャツ4枚程度であれば「洗~乾90コース」を選ぶことで、たった90分で洗濯から乾燥まで済ませることが可能です。他にも標準コースよりも短時間で洗濯ができる時短コース、アイロンがけの負担を軽減できるシワ抑えコースなどが選べます。

こちらの洗濯機もSHARP独自の穴なしの洗濯槽を採用しているため、外槽に水が流れることがありません。
そのため節水性能に優れており、カビや汚れが槽内に入る心配もありません。
サイズ(排水・給水ホース含む) 幅56.5cm×奥行59cm×高さ98.5cm
重量 約35kg
標準コース運転 目安時間(50/60Hz) 洗濯~乾燥時 約320分/約290分
標準使用水量 洗濯~乾燥時 約65L
運転音(洗い/脱水/乾燥) 42dB/ 46db/ 47db

乾燥機能付き洗濯機でより暮らしを快適に

おすすめの乾燥機付き洗濯機はサブスクが安い
乾燥機付き洗濯機は、天候や時間に影響されずに洗濯から乾燥まですることができます。手間のかかる洗濯の負担や時間を軽減できるので、日々忙しい人にこそおすすめの家電です。

モデルごとに洗浄方式や乾燥方式が異なり、さらにメーカー独自の機能を持ち合わせていることも多いため、細かいスペックを確認して我が家に合った乾燥機付き洗濯機を探してみてくださいね。

家具と家電のレンタル・サブスクサービス を展開する CLAS では、人気メーカーの乾燥機付き洗濯機を取り扱っています。
「単身赴任で一時的に洗濯機が必要」「買う前に色々な洗濯機を使ってみたい」などのニーズに応えることが可能です。乾燥機付き洗濯機が必要な際は、ぜひ
CLAS のご利用を検討してみてください。

おすすめの記事