{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

【2024年版】おすすめゲーミングチェアで長時間を快適に過ごそう

2024/01/05

ゲーム用チェアは、ゲームを快適に楽しめるだけでなく、長時間のデスクワークでも疲れにくいのがポイントです。
しかし、サイズが分かりにくい、インテリアに馴染みづらいといったイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

自分に合ったゲーム用チェアを選ぶには、お気に入りのメーカーを見つけること、素材や座り心地にこだわることが大切です。

今回は、おすすめのメーカーやゲーム用チェア、ゲーム用チェアの選び方についてご紹介します。
ゲーム用チェアの導入を考えている方はもちろん、ゲーム用チェアの魅力が知りたいという方はぜひ最後までご覧ください。

ゲーム用チェアのおすすめメーカー

まずは、ゲーム用チェアを展開しているメーカーの中でも特におすすめのブランドをご紹介します。

ゲーム用チェアはメーカーによって座り心地や機能、デザイン性が変わってくるため、何を重視するかを決めておくと選びやすいかもしれません。

ここでご紹介するのは、ゲーミングチェアブランドの代表格とも言えるメーカーです。
機能性はもちろん、デザイン性も高いメーカーとなっているため、ぜひ最後までご覧ください。

上位モデルを扱うAKRacing(エーケーレーシング)

ゲーミングチェアのおすすめブランド akracing
AKRacing(エーケーレーシング)は、元々レーシングカー用シートの開発・製造を手掛けていた会社です。
レーシングカー用のシートということで、安定性はもちろん、レースの衝撃にも耐えられる程丈夫なシートを世の中に送り出していました。

現在は、トップクラスのオリジナルチェアブランドとして多くの方から支持されています。
カーシート分野で育てあげてきた創造力、知識が詰め込まれたチェアを豊富に取り揃えているのが魅力です。

AKRacingは様々なチェアを開発していますが、中でもゲーミングチェアカテゴリーでは飛び抜けているブランドです。
長時間座っていても疲れにくいだけでなく、機能性の高さやデザイン性の高さも人気の理由となっています。

上位モデルも扱っている他、人気モデルとのコラボレーションも見られ、さらに人気が高まったブランドでもあります。

日本のインテリアメーカーが作るContieaks(コンティークス)

ゲーム用チェアのおすすめブランド Contieaks
日本トップクラスのインテリアメーカー「関家具」が手掛けるContieaks(コンティ―クス)のゲーム用チェア。
日本製ということもあり、日本人に合った座り心地のゲーム用チェアなのが特徴です。

Contieaksのゲーム用チェアは、日本人の体格や使用環境を分析した上で開発しているため、世界的に有名なメーカーの商品よりも使いやすいと感じる方は多いです。

さらに、ゲームをする上で気になりがちな「床に足がつかない」「ゲームパッドを持ちながらアームレストに肘を乗せたい」といった様々な声を活かしたゲームチェアとなっているのもContieaksならでは。
日本のメーカーが開発していることから、そういった細かい要望が届きやすく、理想的なゲーム用チェアができあがるのです。

海外製のゲーム用チェアは自分に合わないと感じている方はぜひチェックしてみてください。

洗練されたデザインが特徴的なnoblechairs(ノーブルチェアーズ)

ゲーム用チェアのおすすめブランド noblechairs
noblechairs(ノーブルチェアーズ)は、スポーツカーや高級車のシートから影響を受けていることから、デザイン性の高い商品が多いゲーミングチェアブランドです。

ゲーム用チェアとして開発されたものの、プロゲーマーを中心に医師や大学教授といった幅広い層に支持されています。
その理由は、やはり洗練された上品なデザインにあります。

ゲーム用チェアは、インテリアに馴染みづらかったり、奇抜なデザインが多かったりするイメージがあるでしょう。
noblechairsのゲーミングチェアは、デザインが上品なだけでなく、ベージュやブラウンといった高級感のあるカラーも展開されています。

部屋に合うゲーミングチェアをお探しの方や、高級感のあるアイテムを求めている方にぴったりです。

【2024年】CLASがおすすめするゲーム用チェア

ゲーム用チェアを展開しているメーカーは多くありますが、メーカーの中にもそれぞれ異なる特徴を持ったモデルが存在します。
モデルによって特化している機能が違うので、ゲーム用チェア選びに時間がかかってしまう方は多いでしょう。

ここからは、CLASおすすめのゲーム用チェアをご紹介します。
高い機能はもちろん、デザイン性も兼ね備えたモデルもあるため、インテリアとして使えるゲーム用チェアを探している人は、ぜひ参考にしてみてください。

高反発クッションで疲れにくい「AKRacingオーバーチュア チェア」

おすすめのゲーミングチェア akracingオーバーチュア チェア
AKRacingオーバーチュア チェア は、スタンダードなゲーミングチェアをお探しの方におすすめ。
ゲーム用チェアならではのデザインはもちろん、AKRacingが開発するゲーム用チェアの基本的な設計が詰まったモデルとなっています。

高い強度と耐久性、クッション性と反発性のバランスの良さ、リラックスタイムに欠かせない180°のリクライニング機能など、機能性も抜群です。
また、クッション性と反発性のバランスの良さと腰椎を支えてくれるランバーサポートで長時間の作業を疲れにくくしてくれます。

ゲーム用チェアを初めて使用する方や、ゲーム用チェアでしか得られないインパクトあるデザインが好みという方は、ぜひチェックしてみてください。
重量 28kg
サイズ 幅39×奥行56×高さ129〜136.5cm
耐荷重量 150kg

日本人のサイズに合わせた高性能チェア「Contieaks ルセル ゲーミングチェア」

おすすめのゲーミングチェア Contieaks ルセル ゲーミングチェア
日本で絶大な人気を誇るインテリアメーカーが開発した Contieaks ルセル ゲーミングチェア
Contieaksの中でも特に高性能なゲーム用チェアとなっており、人気の高いモデルです。

日本の国家規格(JIS)試験を通過したことでも知られており、ゲーミングチェアの中でも珍しい耐久性と安全性が認められている商品となっています。

ゲーム用チェアには欠かせないロッキング機能、昇降機能、ヘッドレストに加え、このモデルならではの4Dアームと新機構135°リクライニング機能が魅力です。
4Dアームは、昇降や前後、左右だけでなく、回転も可能なアームレストで、自分に合った位置で肘を固定できるようになっています。
135°リクライニング機能では、なんと17段階のリクライニングが堪能できます。
内蔵式オットマンと併せて使用すれば、効果的な休憩ができるでしょう。
重量 20kg
サイズ W71.5×D71.5×H120〜126(SH41)or128(SH43)cm
耐荷重量 150kg

プロゲーマーが認める「noblechairs HERO ゲーミングチェア」

おすすめのゲーミングチェア noblechairs HERO ゲーミングチェア
FPS好きなら知らない人はいないと言っても過言ではないプロeスポーツチーム「REJECT」とコラボレーションしたゲーム用チェア。
競技シーンで活躍する選手が実際に使用し、このチェアと共に10時間以上を過ごしています。

このモデルの特徴は、noblechairsが展開するゲーミングチェア史上最大のラージサイズという点です。
ラージサイズのゲーミングチェアでは、座面の上に足を乗せながらゲームをすることも可能。
ボリュームのあるモデルとはいえ、シルエットが美しく本革のような触り心地なため、お部屋の高級感を一気にアップさせてくれます。

さらにこのモデルは、日本人でも違和感を持たずに座れるように開発してあるため、海外製が合わない方にもおすすめです。
重量 29kg
サイズ 幅67×奥行65.5×高さ134cm
耐荷重量 150kg

デザインと機能性を高めた「noblechairs EPIC ゲーミングチェア」

おすすめのゲーミングチェア noblechairs EPIC ゲーミングチェア
ハイグレードモデルのゲーム用チェアを求める方におすすめなのが noblechairs EPIC ゲーミングチェア

ハイブリッドPUレザー素材を採用していることから、高い透湿性と通気性が期待できます。
透湿性と通気性が高いことによって、多くのゲーマーが悩みがちなムレやべたつきが抑えられるのです。
PCの熱はもちろん、集中によって汗をかきやすいという方から絶大な支持を得ています。

素材にこだわったアームレストや位置調節が可能な付属クッション、ロッキング機能もしっかり備わっており、集中できる快適な環境が整います。

また、
noblechairs EPIC ゲーミングチェア は日本人でも座りやすいサイズ感となっている他、座りやすいように座面高の調整が可能です。
重量 27kg
サイズ 幅67×奥行56.5×高さ133cm
耐荷重量 120kg

ゲーム用チェアの選び方

ゲーム用チェアには様々な種類がありますが、その中でも特に疲れにくさや座り心地、デザイン性を重視しているものなどは、メーカーやモデルによって異なります。
そのため、自分に合ったゲーム用チェアを選ぶのは難易度が高いと感じる方は多いです。

ここでは、理想のゲーム用チェアを選ぶために気を付けたいポイントをご紹介します。
ゲーム用チェア選びが難航しているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

「素材」で選ぶ

おすすめのゲーム用チェアの選び方 「素材」で選ぶ
ゲーム用チェア選びでまず注目したいのが素材。
ゲーム用チェアは、ブランドやモデルによって使用する素材が違うため、自分に合った素材を知ることが大切です。

自分が触り心地が良いと感じる素材を選ぶのはもちろんのこと、環境や設置場所が変われば、おすすめの素材も異なってきます。

ここでは、ゲーム用チェアに多く使われているファブリックタイプとPUレザータイプのメリット・デメリットをご紹介します。

通気性のよいファブリックタイプ

ゲーム用チェアにおすすめの素材 ファブリックタイプ
ファブリックタイプは、所謂「布製」のゲーム用チェアのことを言います。
優しい肌ざわりが特徴で、ソフトな座り心地が魅力です。

通気性が良いため、汗によるべたつきが軽減され、ムレ感が気になる方にもおすすめの素材となっています。
掃除も簡単にできるため、気に入ったチェアを長く綺麗に使いたい方はファブリックタイプを選ぶことが多いです。

さらに、ファブリックタイプは種類やデザインが多いことから、インパクトのあるデザインやスポーティーなデザインなど、幅広い選択肢が得られるでしょう。

ただし、ファブリックタイプは、水や汚れに弱い他、定期的にメンテナンスを行わないとダニやシミが発生しやすいです。
素材によっては毛玉ができやすいものもあるため、なるべく高耐久のファブリックタイプを選ぶことが大切です。

高級感があるPUレザータイプ

ゲーム用チェアにおすすめの素材 PUレザータイプ
ゲーム用チェアといえばPUレザーと言われるほど主流となっているのがPUレザータイプです。
ポリウレタン樹脂と布で作られた合成皮革で、耐久性に優れているのが魅力です。

合皮なので、ファブリックタイプと比べると高級感や重厚感があり、デザインによってはインテリアとしても取り入れやすい商品があります。
ただし、PUレザータイプはムレやすいため、ムレ感が気になる方には向かないかもしれません。

モデルによっては合皮でもムレにくくする工夫が施されたものがあるため、合皮の高級感がほしいという方にはそちらがおすすめです。

またPUレザーは、常に日光が当たっていると劣化が早まってしまいます。
日当たりの良い場所に設置する時は注意が必要です。

「座り心地」で選ぶ

おすすめのゲーム用チェアの選び方 「座り心地」で選ぶ
座り心地は、長時間作業に集中できるかどうかを左右するものです。
座り心地を構成する要素は、背もたれやヘッドレスト、ランバーサポート、アームレストなど。

ゲーミングチェアの多くはこれらを調節したり取り外したりできる仕様になっており、自分だけの理想の座り心地を手に入れられるでしょう。

ここからは、座り心地の良さを追求する時におさえておくべきポイントをご紹介します。

背もたれの高さ

ゲーム用チェアにおすすめの座り心地 背もたれの高さ
背もたれには、座った時に上体をサポートし、姿勢を整えてくれるといった役割があります。
特にゲーム用チェアの場合、姿勢を変えずに長時間座り続けることが多いため、背もたれは非常に重要です。

背もたれの高さが不十分な場合、腰や背中はもちろん、肩などまで疲れやすくなり、長時間の作業ができなくなることもあります。
とはいえ、ゲーム用チェアはハイバックが採用されていることが一般的であるため、そこまで気にする必要はありません。

ただし、身長が極端に高い・低い方はラージサイズやコンパクトなゲーム用チェアから選ぶ必要があるでしょう。
ゲーム用チェアは海外製のものが多いことから、ラージサイズのものであれば比較的簡単に見つかるかもしれません。

頭を支えるヘッドレスト

ゲーム用チェアにおすすめの座り心地 頭を支えるヘッドレスト
首にかかる負担を分散するのがヘッドレストの役割。
長時間のゲームは、どうしても体に負担がかかってしまうため、その負担が1ヶ所に集まらないようにする必要があります。

また、集中力を維持するためには、定期的な休憩が大切。
ヘッドレストがあることによって、リクライニング機能を使った時に思いきり寄りかかれるため、よりリラックスしやすくなります。

ヘッドレストで注意したいのは、身長が高め・低めの方にとって適切な位置に設置されていないことがあるという点です。
ヘッドレストの高さを調節できるゲーム用チェアを選ぶようにしましょう。

他には、異なる素材のヘッドレストを後付けするという方法もあります。

腰の負担を和らげるランバーサポート

ゲーム用チェアにおすすめの座り心地 腰の負担を和らげるランバーサポート
腰椎をサポートしてくれるランバーサポートもゲーム用チェアに欠かせない座り心地を左右する機能の1つです。
ランバーサポートのないチェアに長時間座ると、誤った座り方の癖が付いてしまい、腰痛などを引き起こすおそれも。

ランバーサポートは、上下に調節できるものを選びましょう。
位置が適切でない場合、逆に腰に負担がかかってしまったり、邪魔に感じたりしてしまいます。
自分に合った位置に調節できるゲーミングチェアを選び、より疲れにくい環境を整えましょう。

自然に正しい姿勢にしてくれるランバーサポートですが、中には付いていないゲーム用チェアも存在します。
全てのチェアに付いているわけではないので注意しましょう。

腕をラクにできるアームレスト

ゲーム用チェアにおすすめの座り心地 腕をラクにできるアームレスト
普段は気にならないことも多いアームレストは、ゲーム用チェアではかなり重要な要素です。
ゲームをする時のスタイルは人それぞれ異なりますが、アームレストで肘を固定してプレイしたいという方は多いでしょう。

しかし、アームレストがある程度固定されているチェアだと、理想的な位置でプレイできません。
特に肘を固定したいという方は、昇降だけでなく、左右や回転ができるアームレストの付いたゲーム用チェアを選ぶのがおすすめです。

とはいえ、中にはアームレストが不要な方もいるでしょう。
アームレストよりもゆったりと座れることを重視する場合は、アームレストが取り外せるタイプや元々付いていないものを選ぶのがおすすめです。

「リクライニング機能」で選ぶ

おすすめのゲーム用チェアの選び方 「リクライニング機能」で選ぶ
最後にご紹介するポイントは、リクライニング機能です。

ゲームの合間の休憩はもちろん、普段のリラックスタイムにも使えるリクライニング機能は、メーカーやモデルによって角度や段階数が異なります。
オフィスチェアにもリクライニング機能の付いた商品がありますが、ゲーム用チェアのリクライニング機能は角度も大きく、段階数も多いのが特徴となっています。

180°のリクライニングが可能なモデルや、10段階以上の滑らかなリクライニング機能が付いている商品など様々です。
特に180°に対応しているゲーム用チェアは、フルフラットタイプとも呼ばれており、簡易的なベッドになると人気です。

頻繁にフルフラットにする場合は、オットマンと呼ばれる足置きが付いているタイプのゲーム用チェアがおすすめ。
足までしっかり休ませることができ、疲れが取れやすくなります。

滑らかにリクライニングできるタイプは、自分好みの角度に調節できるため、プレイするゲームによって位置を変えたい方におすすめです。

CLASおすすめのゲーム用チェアで長時間の作業時間も快適に過ごそう

ゲーム用チェアは在宅ワークにもおすすめ
ゲーム用チェアは、オフィスチェアに比べてさらに疲れにくさが追求された作りになっています。
リクライニングの角度も大きく、休憩や仮眠も可能です。

CLAS では、今回ご紹介したブランドのゲーミングチェアも豊富に取り扱っています。
高機能なゲーム用チェアをお得に利用したい方におすすめです。
ゲーム用チェアの導入を迷っている方はもちろん、使い心地を試してから購入したい方もぜひ利用してみてください。


おすすめの記事