{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

オイルヒーターとは?ほかの暖房と比較電気代が安いランキング

2023/12/12

北風が吹く季節には、住まいの暖房を見直す機会もあることでしょう。

暖房機器の種類には、エアコン、ファンヒーター、オイルヒーターなどがあります。
このなかでもオイルヒーターは、空気を汚さずに部屋をぽかぽかと暖めると大人気。

しかし、気になるのは、その電気代。

今回は、オイルヒーターとはどんな暖房なのか、その特徴と電気代、おすすめのオイルヒーターをご紹介します。

また、
オイルヒーターを買わずに自宅で試す方法 もお伝えしますので、最後までご覧ください。

オイルヒーターとは

オイルヒーターは電気代が気になるものの魅力も大きい
オイルヒーターは、パネル内のオイルを電気で加熱して、パネルが放射する輻射熱で部屋全体をじんわりと温めます。まるで陽だまりにいるかのようなぽかぽかとした温かさが魅力。

オイルヒーターはエアコンやファンヒーターとは違い、風が出ないため空気も肌も乾燥しづらく、面倒なフィルターの掃除もいりません。

また、灯油を使用する石油ファンヒーターとは異なり、オイルを燃やさないので給油も換気も不要です。

一方で、お部屋全体が暖まるまでに時間がかかります。
また、部屋の機密度が低いと暖まりにくい一面も。
オイルヒーターは適した場所で使用することで、本来の良さを発揮します。

オイルヒーターとはどんな暖房器具なのか、エアコンやファンヒーターの特徴を比較してみましょう。
暖房器具 特徴
オイルヒーター ・風がないため室内の空気が乾燥しない
・風がでないためホコリが舞い上がらない
・ほぼ無音で静か
・メンテナンスは表面のホコリを拭くだけ
エアコン ・温風で暖めるため空気が乾燥する
・風の音がする
・定期的にフィルター掃除が必要
ファンヒーター ・温風で暖めるため空気が乾燥する
・風の音と機種によって燃焼音がする
・フィルター掃除が必要
・給油が必要な機種もある
オイルヒーターは、ほかの暖房器具と比べて、空気が乾燥しないところが人気です。
しかし、オイルヒーターの電気代はほかと比較して安いのでしょうか?

オイルヒーターの電気代は安い?オイルヒーターとほかの電気代を比較

オイルヒーターの電気代と電気代が安いランキング
魅力的なオイルヒーターですが、気になるのはその電気代。
オイルヒーターの電気代を計算してみましょう。

電気代は地域により異なりますが、ここでは
公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会 が基準としている「1kWhあたり31円」を電力料金の目安として計算します。
【1時間あたりの電気代を出す計算式】
消費電力(W)÷1,000×電気料金単価(31円/kWh)
オイルヒーターを1時間使用した場合の平均的な消費電力は600〜1,500Wです。
上の計算式で電気代を計算してみましょう。
【オイルヒーターの1時間あたりの電気代】
600~1,500W÷1,000×31円/kWh=18.6~46.5円
オイルヒーターの1時間の電気代は、およそ19円~47円です。

オイルヒーターつけっぱなし1ヵ月の電気代は?

オイルヒーターはお部屋全体をじんわり暖めてくれる暖房器具ですが、毎日つけっぱなしにした場合、1ヵ月の電気代はいくらになるでしょうか。

1時間あたり18.6〜46.5円で計算します。
1ヵ月を31日とした場合、時間は744時間になります。
【オイルヒーターを1ヵ月つけっぱなしにしたときの電気代】
18.6~46.5円×744時間=13,838.4~34,596円
1ヵ月間オイルヒーターをつけっぱなしにした場合、月額の電気代は約14,000〜34,000円ということになります。

さすがに1か月間つけっぱなしで使用することはないと思いますが、そのほかの暖房器具と比較すると、安いのでしょうか、高いのでしょうか。次の章で見ていきましょう。

オイルヒーター・エアコン・ファンヒーターの電気代比較ランキング

オイルヒーターの電気代と電気代が安い暖房器具のランキング
オイルヒーターの電気代が安いか知るために、オイルヒーターとエアコン、セラミックファンヒーターの電気代を比較してみましょう。

先ほどの計算式を使ってエアコン暖房時の消費電力を510W(8畳用)で計算すると、1時間あたり15.81円。

セラミックファンヒーターの消費電力を560〜1200Wで計算すると、1時間あたり17.36〜37.2円となります。

3つを比較し、ランキングにしてみました。

暖房器具の電気代ランキング
電気代が安い暖房器具の順位 1時間あたりの電気代
【1位】 エアコン 15.81円
【2位】 セラミックファンヒーター 17.36~37.2円
【3位】 オイルヒーター 18.6~46.5円
表のようにオイルヒーターは、ほかの暖房器具と比較すると、一番電気代が高い暖房器具。

けれど、オイルヒーターにはエアコンやセラミックファンヒーターにはない魅力があるため、根強い人気です。

オイルヒーターは、使い方や使う場所を選んで使用すれば、家全体の電気代を賢く節約し、より快適にしてくれる魅力的な家電です。

オイルヒーターはどこで、どんな風に使うとよいのか、次の章で解説します。

オイルヒーターは使う場所と使い方がポイント

オイルヒーターの電気代を安くするには寝室での使用がおすすめ
確かにオイルヒーターは電気代が高いけれど、使う場所によって、オイルヒーターの魅力を充分に満喫できます。

特におすすめなのは、寝室と子供部屋です。その理由を見ていきましょう。

寝室

オイルヒーターは寝室での使用がおすすめ。
エアコンを付けて就寝すると室内が乾燥して喉を痛めたり、肌がかさついたりしますが、オイルヒーターならその心配がありません。

しかも、音が静かなので、眠りを妨げないというメリットも。

オイルヒーターは、長い時間を過ごすリビングで使用すると確かに電気代がかさみます。
しかし、就寝前後だけオイルヒーターで部屋全体を暖めておけば、ほっこり暖かな空気のなかで、心地よい眠りにつくことができ、電気代も抑えられます。

子供部屋

オイルヒーターの電気代が安い子供部屋
オイルヒーターは子ども部屋にもおすすめ。
送風でホコリが舞い上がって空気が汚れないので、子どもの喉の乾燥を防ぎます。

風ではなく、部屋全体を均一に暖めるので、子供が部屋のどこにいても寒暖差がありません。また、小さな子どもがオイルヒーターに触れても、火傷するほどパネルの温度は高くないので安心です。

子ども部屋も滞在時間が限られているので、必要なときだけ使用でき、家全体の電気代を賢く抑えられます。

オイルヒーターのおすすめ3選

静音で、部屋を乾燥させずにぽかぽかにできる魅力のオイルヒーター。
数あるオイルヒーターのなかでおすすめのモデル3選をご紹介します。

Granstra BRID SECCO TOWEL HEATER

Granstra BRID SECCO TOWEL HEATER は、海外のホテルのようなスマートなデザインのタオルがかけられるオイルヒーターです。

消費電力は120W。一般的なオイルヒーターよりも少ない消費電力のため、電気代を気にせず使用できます。また、タイマー付きなので、消し忘れて電気代が高くつく心配もありません。

濡れたタオルをタオルヒーターに干して寝室で使えば、部屋が暖まるうえに、乾きがちな室内の湿度を高めることも。

脱衣室に置いて、入浴前に脱衣所や下着を温めておいたり、入浴後のタオルを乾燥したりできます。

デロンギオイルヒーター

デロンギオイルヒーター は、少ない消費電力で部屋全体を心地よく暖めるオイルヒーターです。肌や喉も乾燥させず、空気も汚さず、電気代も抑えられる人気の暖房器具。

しかも、こちらのモデルは従来の2倍の早さでお部屋を暖めるから、電気代の節約に。
アプリで操作できるほか、外出先からのアクセスも可能です。

表面温度は、火傷しにくい約60℃。
チャイルドロック機能を搭載しているので、小さなお子様がいても安心です。

アイリスオーヤマ オイルヒーター

アイリスオーヤマ オイルヒーター は、エコモードを搭載した省エネタイプのオイルヒーターで、電気代が気になる方にもおすすめ。

搭載したエコモードが、室温を検知して自動で出力を切り替えて、電気代を抑えます。チャイルドロックと、切り忘れの心配のないタイマー付です。

部屋全体をムラなく暖めるウェーブ型が特徴。
ヒーター出力は3段階。温度調節つまみで高温から低温までの設定が可能です。

オイルヒーターを買わずに自宅で試す方法

季節家電は、家電のレンタル・サブスクをおすすめ
オイルヒーターを試したいけど、やっぱり電気代が気になる・・・。
そんな方には、家電のレンタル・サブスクがおすすめです。

家電のレンタル・サブスクなら、買わずに手軽な月額使用料で、オイルヒーターなどの季節家電を試せます。

家電のレンタル・サブスクにはメリットがいろいろ。

家電のレンタル・サブスクのメリット

  • 不要な季節は返却できる
  • 毎年違う機種を楽しめる
  • すぐに借りられる
ここから、知っておかないと損をする?!「家電のレンタル・サブスク」のメリットをご紹介します。オイルヒーターを買って後悔しないためにも、ぜひご一読ください。

不要な季節は返却できる

いつでも交換可能な家電のレンタル・サブスクサービス
オイルヒーターのような季節家電は、不要な時期に邪魔になったり、丁寧にメンテナンスしないとカビがはえてしまうことも・・・。
家電のレンタル・サブスクなら、必要な時期だけレンタルでき、常にメンテナンスされた家電が届くから安心です。
季節が終わったら連絡して返却するだけ。掃除や収納場所を考える必要がありません。

毎年違う機種を楽しめる

毎年違い家電を試せる家電のレンタル・サブスク
家電は自分で買うと、同じものを何年もの間、使うことに。
しかし、レンタルするなら、毎年違う家電を楽しむこともできます。

オイルヒーターを試した翌年は、違う暖房を試してみるのもよいでしょう。
また新しい機能を搭載したモデルを試すこともできます。

家電のレンタル・サブスクは、冬が来るたびに「今年はどれにしようかな」という楽しみが生まれる便利なサービスです。

すぐに借りられる

利用が簡単な家電のレンタル・サブスク
家電のレンタル・サブスクは「使ってみたい」と思ったら、わざわざお店まで足を運ばなくてもWEBから簡単にレンタルできます。

月額単位なので気軽に始めて、手軽にやめられる便利なサービスです。

おしゃれで機能性の高い家電のレンタル・サブスクならCLAS

CLAS は、性能性とデザイン性を兼ね備えた家電をそろえる家電のレンタル・サブスク。
会員登録 は無料で、気になる家電をすぐにレンタルできます。
CLAS で暮らしに合った暖房をレンタルして、寒い冬を快適に過ごしませんか。

オイルヒーターを賢く使って体に優しい冬を過ごそう

オイルヒーターの電気代を気にせず使えるGranstra BRID SECCO TOWEL HEATER
オイルヒーターは空気をクリーンに保ち、乾燥させずに部屋をぽかぽかに暖める暖房器具。

今回はオイルヒーターとはなにか、その魅力と気になる電気代をお伝えしました。
オイルヒーターの使う場所や使い方を選ぶことで、電気代を上手に節約しながら、快適な暖かさを手に入れられます。

体に優しいオイルヒーターで、寒い冬の室内を春の陽射しのように温めて、健やかな日々を楽しんでくださいね。

おすすめの記事