{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

一人暮らしにおすすめするおしゃれなローテーブル 選び方やコーディネートをご紹介

2024/02/22

一人暮らしでテーブルを取り入れる場合、圧迫感を抑えるため、ローテーブルに絞って検討する方が多いです。

しかし、ローテーブルはお部屋の印象を左右することから、選択肢を狭めてもなかなか購入に踏み切れないことが少なくありません。

今回は、ローテーブル選びでお悩みの方向けに、一人暮らし向けのおしゃれなローテーブルをご紹介します。
記事後半では、一人暮らし向けローテーブルの選び方やコーディネート、お得に入手する方法もご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

【タイプ別】一人暮らし向けおしゃれなローテーブル11選

ローテーブルとひと口に言っても、デザインを重視したもの、機能性に特化したもの、場所を取らないものなど様々なタイプがあります。

自分がどんな用途で使いたいのか、何を重視したいのかをまとめるためにも、タイプ別に見るようにしましょう。

ここでは、一人暮らし向けのおしゃれなローテーブルをタイプ別にご紹介します。

スペースを取らないコンパクトな一人暮らし向けローテーブル

一人暮らしの場合、省スペースで設置できるローテーブルが人気です。
しかし、中にはコンパクトさを重視する場合はデザイン性を諦めなければならないと思う方も。

一人暮らし向けのローテーブルの中には、デザイン性がありながら、省スペースが叶えられるアイテムがたくさんあります。

スリムなデザインでお部屋が広々と使える「CIRCLE センターテーブル 01」

一人暮らしにおすすめのローテーブル CIRCLE センターテーブル 01
CLAS が展開するオリジナルブランド CIRCLEシリーズのセンターテーブル01 は、どんなテイストのお部屋にも馴染んでくれる定番アイテムです。

スリムなデザインなので1人暮らしに向いている上、天板と床にちょうど良い空間があるため、抜け感も演出できます。

天板はオーク、ヴィンテージ、ストーンの3色展開で、統一感を重視したい場合も取り入れやすいでしょう。
幅広い雰囲気にマッチしてくれるので、カラー選びも楽しみの1つとなります。

そんな天板は、お手入れのしやすさも抜群。
メラミン化粧板を使っているので傷がつきにくく頑丈で、濡れてもサッと拭き取るだけでいいので、様々な用途で使えます。

コンパクトでオープン収納付き「Fitin センターテーブル 01」

一人暮らしにおすすめのローテーブル Fitin センターテーブル 01
収納付きで使い勝手の良いローテーブルを求める方におすすめなのが Fitin センターテーブル 01

奥行きを抑えて横幅を広げることで省スペースを実現しているため、コンパクトでもテーブルとしての機能を重視したいという方にぴったりです。

床に座ってもソファに座っても使いやすい高さになっており、シーンによって使い分けられるのも魅力。

丸みのある脚が特徴であるため、可愛らしい雰囲気やカチッとしすぎない部屋作りに向いているアイテムでもあります。

Fitinシリーズ は、テレビボードやオープンクラック、ユニットシェルフなども展開しているため、ローテーブルに合わせて統一感を出していきたいという方は、他のアイテムもぜひチェックしてみてください。

ナチュラルテイストで折りたたみ式「オーク 折りたたみテーブル」

一人暮らしにおすすめのローテーブル オーク 折りたたみテーブル
使いたい時にサッと広げられるのが魅力の 折りたたみローテーブル
普段はベッドの下や部屋の隅に置いておけるため、部屋の圧迫感を減らせるのが魅力です。

テーブルを使う頻度が少なく、普段は部屋をスッキリさせておきたい方におすすめ。

折りたたみ式のテーブルはチープな印象になってしまいがちですが、このアイテムはオーク無垢集成材を使っているため、程よい重厚感があり、品のあるお部屋を演出できます。

オーク材ならではの温かみもあり、柔らかい印象を与えられるのもポイントです。
1人であれば広々、2人~4人でも十分なサイズ感なので、来客があっても安心。
普段使いのテーブルと分けたいときにも便利なアイテムです。

センスが際立つおしゃれな一人暮らし向けデザインローテーブル

続いてご紹介するのは、デザイン性に特化したローテーブルです。

デザインテーブルとなると、面積が少なすぎて普段使いには向かなかったり、大きすぎて圧迫感が出てしまったりすることも。
そんな失敗を防ぐため、1人暮らしでも取り入れやすいおしゃれなデザインテーブルを集めました。

おしゃれな部屋作りを目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

洗練されたデザインで高級感のある空間をつくる「ARBO リビングテーブル」

一人暮らしにおすすめのデザインローテーブル ARBO リビングテーブル
三角の天板と交差したスチール脚が特徴の ARBO リビングテーブル
尖ったデザインではあるものの、ウォールナット特有の深み、温かみが柔らかな印象を与えてくれます。

シンプルでありながら印象的なデザインのスチール脚は、目に入りづらいからこそ、よりおしゃれ感をアップさせてくれます。

ウォールナットは、高級感のあるクラシックテイストだけでなく、北欧テイストやモダンテイストにもマッチする万能な素材です。
どのようなお部屋にも取り入れられるおしゃれなアイテムとなっています。

ノートパソコンも楽々広げられるサイズ感なので、使いやすさも重視したいという方におすすめです。

シンプルで馴染む円形センターテーブル「HUMLA コーヒーテーブル」 

一人暮らしにおすすめのデザインローテーブル HUMLA コーヒーテーブル
HUMLA コーヒーテーブル は、円形の天板と棚板が印象的なローテーブル。
美しい円を引き立たせる細いメタル脚がさらにデザイン性を高めています。

ウォールナットの無垢材を使用しているため、お部屋に自然に馴染んでくれるアイテム。

棚板はよく使うものを収納するだけでなく、ディスプレイラックとして使用できるのもポイントです。
お気に入りのものや、おしゃれなインテリアをディスプレイすれば、より自分好みのお部屋に近づけられるでしょう。

円形で角が存在しないため、動線を確保しやすいのも1人暮らしの方におすすめする理由です。
デザイン性が高くても、お部屋が過ごしにくくなってしまっては元も子もありません。

快適に過ごせるおしゃれなお部屋を目指したいという方は、ぜひチェックしてみてください。

天板の高さを変えてデスクとしても使える一人暮らし向けローテーブル

1人暮らしは特にスペースが少ないため、家具の厳選も必要不可欠。
食事と作業で机を分けたい方は、頭を悩ませているのではないでしょうか。

そんな時におすすめなのが、天板の高さが変えられるローテーブルです。
1つで2役を担ってくれるため、設置場所を考える必要もありません。

ローテーブルとデスク、どちらもマストアイテム!という方は、ぜひ参考にしてみてください。

ワンタッチで高さが変わって作業時間にも使える「2WAY リフティング テーブル」

デスクとしても使える一人暮らしにおすすめのローテーブル 2WAY リフティング テーブル
手軽に高さが変えられるローテーブルの中でも特に人気なのが 2WAY リフティング テーブル です。

リフティングテーブルにありがちな面倒な工程がなく、真のワンタッチで高さが変えられます。
ソファと一緒に設置すれば、高さを変更したとき、そのままデスクとしても使用できます。

カラーはブラウンとナチュラルの2色展開。

木目調の重厚感ある天板と、インダストリアル調の脚が特徴で、2WAYとは思えないほどのシンプルさが魅力です。

さらに、天板内部には大きめの収納スペースがあるため、デスクに変更したときに使うものをまとめておけます。
もちろん、ワンタッチで開閉できることから、リモコンやティッシュなど、よく使うものの収納スペースとしても便利でしょう。

キャスター付きで移動もラクラク「ケルト リフティングテーブル」

デスクとしても使える一人暮らしにおすすめのローテーブル ケルト リフティングテーブル
ヴィンテージ調でしっかりとした存在感のある ケルト リフティングテーブル
ローテーブルとして使えるのはもちろん、高さを微調整できる特徴があります。

古木調のパイン材をランダムにつなげた個性的な天板なので、お部屋に雰囲気を追加したい方におすすめ。

ただ、リフティングテーブルはデスクとして使えて便利ですが、移動させるのが面倒。
メリハリを付けるためにも、食事する場所と作業する場所を変えたいという方は少なくありません。

その点、
ケルト リフティングテーブル は、キャスター付きなので、簡単に移動可能です。

スタイリッシュなデザインで高さ調節が可能「グラナダリフティングテーブル」

デスクとしても使える一人暮らしにおすすめのローテーブル グラナダリフティングテーブル
モノトーンですっきりまとめたいお部屋におすすめの グラナダリフティングテーブル

ストームグレイとホワイトクオーツの2色展開で、デザイン自体もシンプルなので、スタイリッシュさを演出できます。
特にかっこよさを追求したリフティングテーブルを探している方におすすめです。

天板にはセラミックが採用されており、高級感があります。
熱や傷、汚れに強いため、食事の後も、さっと拭くだけで作業に移れます。

天板のサイドにあるレバーで簡単に高さを変えられるのも
グラナダリフティングテーブル ならではの魅力でしょう。

季節が変わっても快適に使える一人暮らし向けローテーブル

こたつは機能性が高いことから、デザイン性の低いアイテムが多いです。
また、ヒーター部分が邪魔になり、快適性に欠けるものも少なくありません。
そのため、冬と冬以外の季節でローテーブルを使い分けるのが望ましいです。

しかし一人暮らしとなると、使わないテーブルが収納スペースを圧迫することも。
そんな時は、季節が変わっても快適に、おしゃれに使えるローテーブルを探してみるのがおすすめです。

ここからは、おしゃれなこたつ機能付きローテーブルをご紹介します。

丸みが印象的なセンターテーブル「ノットオーク オーバル コタツテーブル」

収納スペースを節約できる一人暮らし向けローテーブル ノットオーク オーバル コタツテーブル
丸い天板が柔らかな印象を演出してくれる ノットオーク オーバル コタツテーブル
シンプルなデザインですが、オーク突板ならではの風合いが高見えさせてくれるのが魅力です。
節のあるオークなので、視覚からも暖かさを感じられます。

継脚が付属しており、座椅子などの高さに合わせて使いやすくカスタマイズできるのも
ノットオーク オーバル コタツテーブル ならでは。
薄型ヒーターなので、季節問わず快適に使えるのもおすすめの理由です。
収納スペースを節約できる一人暮らし向けローテーブル ノットオーク オーバル コタツテーブル
ノットオーク オーバル コタツテーブル は、こたつ布団を設置した時のフォルムも魅力。
ころんと可愛らしいアイテムに早変わりするので、冬が楽しみになること間違いないでしょう。

高さが3段階に変えられる「ノットオーク コタツテーブル」

収納スペースを節約できる一人暮らし向けローテーブル ノットオーク コタツテーブル
奥行き十分、幅広くラクラク作業できるサイズ感が魅力の ノットオーク コタツテーブル

1人暮らし向けで幅が広めのこたつ付きローテーブルは、あまり見かけないのではないでしょうか。
作業する頻度が高い、来客が多いという場合、一般的なこたつでは物足りないシーンが多いです。
ノットオーク コタツテーブル はしっかりと幅広なので、様々な用途に使えて便利です。
収納スペースを節約できる一人暮らし向けローテーブル ノットオーク コタツテーブル
継脚が付属しており、高さを変えられるのもポイント。
薄型ヒーターですが、来客時には高めにしておくとより快適に過ごせるはずです。

また、節のあるオークは、どんなテイストにも合わせやすく、季節問わず人気があります。見た目にも温かみがほしいという方におすすめです。

シンプル&スタイリッシュな「カブ コタツテーブル」

収納スペースを節約できる一人暮らし向けローテーブル カブ コタツテーブル
シンプルでスタイリッシュな カブ コタツテーブル は、機能性も追及された1人暮らし向けローテーブルです。

厚く見える天板には、快適性をアップさせるための仕掛けや、布団をしっかりと挟み込むために、中天板を覆い隠せるような設計になっています。

天板枠と脚に使われている北海道産のナラ無垢の魅力が引き立つよう、極限まで装飾を削っているのは、カブ コタツテーブルならではのポイント。
ナチュラルテイストだけでなく、様々なインテリアと相性が良いと言えるでしょう。

カーボンヒーター搭載で、遠赤外線効果が期待できるのも魅力です。
体の芯から暖まりたい方におすすめです。

一人暮らし向けローテーブルの選び方 

一人暮らし向けのローテーブルは、サイズやデザイン、機能性を重視しながら選ぶのがおすすめです。
1つでも欠けてしまうと、お部屋に圧迫感が出てしまうなど、失敗の原因になってしまいます。

失敗しないためには、1つひとつのポイントを加味したローテーブルを探す必要があるでしょう。
ポイントごとに注意点や考え方などをご紹介するので、選び方が分からないという方はぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしに必要なローテーブルのサイズと高さ

一人暮らしに必要なローテーブルのサイズと高さ
一人で快適に食事できるローテーブルのサイズは、 横幅60cm、奥行き45cm と言われています。
これはあくまでも食事に重点を置いたときのサイズになるため、物を広げて作業することが多い方や、来客が多い場合はさらに大きなサイズのローテーブルが必要になるでしょう。

ノートパソコンでの作業には
横幅100cm、奥行き60cm 、複数の資料を並べたい場合は 横幅120cm、奥行き60cm のローテーブルがおすすめです。

来客が多く、4人~6人で使いたいという場合は、横幅150cmのローテーブルが望ましいです。
ただ、横幅が120cmを超えると圧迫感がアップしてしまうので要注意。

この場合は、メインのローテーブルと簡易的に使える折りたたみテーブルを用意しておくと良いでしょう。

快適に過ごせるローテーブルの高さは
35cm~40cm と言われています。
しかし、座椅子を使用するかどうかや、テーブルでどんなことをするのかによって適切な高さが異なります。

長時間のPC作業には
50cm 、座椅子によってはそれ以上の高さが求められることもあります。

お部屋の印象を決めるローテーブルのデザイン

一人暮らしのお部屋の印象を決めるローテーブルのデザイン
ソファと並んで部屋の主役になるローテーブルは、デザインも重視しなければなりません。
モノトーンでまとめているお部屋に、オークのローテーブルを置くと、ちぐはぐで統一感のない部屋になってしまいます。

このように、ローテーブルのデザインはお部屋の印象を左右するアイテムです。
特に素材やカラーは、今お部屋に設置しているインテリアに近い雰囲気のものと合わせるだけですっきりまとめられるので、念頭に置いておきたいポイント。

とはいえ、重要なのは素材やカラーだけではありません。
天板の厚みや脚、形などもしっかりチェックするべきポイントになります。

部屋に馴染むアイテムを求めるなら、スタンダードな四角いローテーブルを、ローテーブルでインパクトを与えたいなら、天板や脚が個性的なものを選びます。
ただし、普通過ぎておしゃれに見えない、形が奇抜で使いづらいといった欠点が見えてくる可能性もあるので、機能性も考えながら検討することが大切です。

一人暮らしに嬉しいローテーブルの機能

一人暮らしに嬉しいローテーブルの機能
一人暮らしの場合、機能性も選ぶときの重要なポイントになります。

ローテーブルの中には、天板の内部に収納スペースがあるものや、棚板が付いているものなどがあります。
一人暮らしでは収納スペースの少なさが課題となることが多く、新しい家具を取り入れるときは、その課題を解決するチャンスになります。

高さが変えられるリフティング機能は、ローテーブルとしてだけでなく、デスクとしても使えるため、省スペースが求められる一人暮らしにはぴったりの機能です。

省スペースを追求したい場合は、折りたたみ式のローテーブルも検討しましょう。
使いたいときにサッと出せて、片付けるのも簡単なので、動線確保にも最適です。

節約にもつながるこたつ機能は、低コストと言われるエアコンよりもさらに少ないコストで快適性をアップさせられます。
こたつシーズン以外も違和感なく使えるデザインのものがおすすめです。

ローテーブルを使った一人暮らしコーディネート

お気に入りのローテーブルをよりおしゃれに見せるためには、ローテーブル以外のインテリア選びも重要です。

テイストはもちろん、カラーやデザインなど、全体的に見てバランスの取れているコーディネートをしましょう。

ここからは、ローテーブルを使った一人暮らしのコーディネートをご紹介します。
理想のお部屋や今のお部屋と比べながら、ローテーブルを検討する時の参考にしてみてください。

コンパクトかつ機能的に暮らす一人暮らしコーディネート

コンパクトに機能的に暮らす一人暮らしコーディネート
一人暮らしのお部屋に求められるコンパクトさと機能性を兼ね備えたコーディネートです。

コーデュロイ素材で温かみを演出しながらも、スリムなソファーフレームが抜け感を演出。
簡単にデスクとして変更できるローテーブル「
2WAY リフティング テーブル 」のスタイリッシュな脚も相まって、カジュアルかつまとまった印象のお部屋に仕上がっています。


限られたスペースで快適に暮らすためには、デザイン性の高い家電を取り入れることも重要なポイント。
90L 2ドア冷凍・冷蔵庫 」や「 siroca 遠赤外線ヒーター かるポカ 」は、高い機能性を持ちながらもしっかりとインテリアに馴染んでくれるデザインなので、生活感をグッと抑えられるのが特徴です。

程よいアクセントを出すために、ベニワレン柄の「ラグ マーク」を採用するのもコーディネートに欠かせない大胆さです。

空間を仕切って快適に過ごす大人な一人暮らしコーディネート

空間を仕切って快適に過ごす大人な一人暮らしコーディネート
ソファを境界線として活用し、リビングとダイニングに分けたコーディネートです。

ソファのマンダリンオレンジとヴィンテージ調のランプの統一感がおしゃれですが、このようなカラーは重い印象になりがち。
そんな時は、スリムな足のインテリアを選んで軽さをプラスするのがおすすめです。

ローテーブル「
ARBO リビングテーブル 」は華奢なスチール脚で今回のお部屋にぴったり。高級感も演出でき、お部屋の気品もアップさせられます。

全体的に落ち着いた色合いですが、ローテーブルと「
グラナダ キッチンカウンター 」が持つウォールナット特有の木目や深みが、部屋に温かみを与えてくれているのもポイント。
個性やスタイリッシュさはほしいけど、キメすぎたくない時に万能な素材です。

メインのローテーブルよりも低いアイテム「
CIRCLE ローサイドテーブル 」を取り入れるのも、おしゃれに機能性をアップさせるコツ。
一時的にものを置くスペースとしても、ディスプレイカウンターとしても重宝しますよ。

ソファベッドを使った優しい色合いの一人暮らしコーディネート

ソファベッドを使った優しい色合いの一人暮らしコーディネート
確実に統一感を出したいというときは、同じシリーズの家具でそろえるのがおすすめ。
このコーディネートでは、1Kにハマるインテリア
「Fitin」シリーズ を中心に、ナチュラルな家具でまとまりのあるお部屋を目指しました。

ナチュラルテイストにマッチするグレーなどの淡いカラーで優しい明るさを再現。
遊び心が感じられるユニットシェルフやテレビボードを使えば、濃いカラーを取り入れなくてもアクセントを追加できます。
収納スペースも増えるので、よりお部屋をスッキリ見せられておすすめです。

お部屋の主役でもあるソファ「
ノイン ソファベッド 」は、ベッドとしても使える万能アイテム。
1つ2役が叶うので、お部屋が狭いと感じている方にぴったりです。
ソファは欲しいけどスペースがないという方は、ぜひ取り入れてみてください。

お気に入りの一人暮らしローテーブルを見つける方法

お気に入りの一人暮らしローテーブルを見つける方法
お気に入りのローテーブルを見つける方法には、以下の方法があります。
  • 店舗巡りをする
  • 通販サイトで探す
  • 家具のサブスク・レンタルサービスを利用する
店舗巡りは、実際に見たり触れたりできることから、部屋に設置した時のイメージが付きやすいメリットがあります。
ただ、お気に入りのローテーブルに出会うまで時間がかかりやすいです。
事前にネットなどで目星をつけてから探し始めるのが良いでしょう。

通販サイトで探す方法は、ありとあらゆるローテーブルをチェックできるところにメリットがあります。
唯一の欠点は、実際に届いたらサイズ感や色味がイメージと違うケースが多いことです。

家具のサブスク・レンタルサービスは、月額で気になるローテーブルを手軽にレンタルできます。
長期的に借りると高くついてしまうため、長期プランなどを用意しているサービスを利用するのがおすすめです。

失敗したくないなら家具のレンタル・サブスクがおすすめ

一人暮らしのローテーブルはレンタル・サブスクがおすすめ
ローテーブルは毎日目に映る、使用するものだからこそ、見た目や使い心地にこだわりたいアイテム。
しかし、使って見なければ気づけないことが多くあるため、購入後に後悔しやすいアイテムの1つでもあります。

「失敗したくない」と一生懸命探して購入しても、使ってみたら残念だったというケースが少なくないのです。

そんな後悔を防げるのが家具のレンタル・サブスクです。
気になるアイテムを気軽にレンタルでき、ライフスタイルの変化に合わせて家具の変更もできる。
そんな家具のサブスク・レンタルサービスでは、結果的に1番お得にお気に入りのローテーブルが見つけられます。

「CLAS」ならいろんなタイプのローテーブルが使える

CLAS は、ローテーブルを含む家具や家電をレンタルできるサブスクリプションサービスです。

CLAS は、いろんなタイプのローテーブルを用意しています。
大型の家具でも、搬入や組み立てを丸投げできるので、即決しやすいのも
CLAS ならでは。

交換や返却は、他のアイテムを試してみたい、引っ越すから不要になるなど、お好きなタイミングでOKです。

CLAS で借りられるアイテムは、高品質な上、返却後はリペアやクリーニングが行われ、次のお客様のもとに届けられます。このように、徹底的に管理されているにも関わらず、自分が傷や汚れを付けてしまっても修理費用がかからない点も CLAS の魅力です。

自分で購入したものの場合は、長く使おうとすると、どうしても修理費用がかかってくるでしょう。
処分するための費用や、修理にかかる費用がかからないだけでなく、「使ってみたけどイマイチだったから返却する」ができるので、結果的に1番お得にローテーブルが使えるのです。

気になる方は、ぜひ
CLAS を利用してみてくださいね。

おすすめの記事