{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

おすすめの遮光カーテン5選 お部屋を快適にする選び方をご紹介

2024/03/05

遮光カーテンは普通のカーテンよりも遮光性に優れており、外からの光をしっかりと遮ってくれます。
普通のカーテンだと閉めていても眩しいと感じる方や、防犯対策にもおすすめです。

しかし、遮光カーテンといってもその種類は多種多様。どれを選べばいいか迷っている方も多いでしょう。

そこで今回は、おすすめの遮光カーテン5選をご紹介します。
遮光カーテンと一緒に取り入れたいレースカーテンのおすすめや、遮光カーテンの効果・選び方なども解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

おしゃれな遮光カーテン5選

遮光カーテンをお部屋に取り入れる際、遮光性はもちろんデザイン性を重視して選ぶ方もいます。
遮光カーテンはカラーバリエーションも豊富にあることから、お部屋に合ったデザインのアイテムも選べるでしょう。

ここでは、特におすすめしたいおしゃれな遮光カーテンを5つご紹介します。

遮光2級 | お部屋が明るく見える「ベージュ ドレープカーテン(遮光・防炎)」 

おすすめのドレープカーテン 遮光レベル2級
遮光率99.8%~99.0%未満の遮光2級となる「 ベージュ ドレープカーテン(遮光・防炎) 」は、ナチュラルな色味で統一されたお部屋にも合わせやすいカーテンです。
日差しはきちんと防ぎつつ、暗い色味ではないためお部屋を明るく見せてくれます。

高い遮光性だけでなく、防炎機能も備わっているのが特徴。燃えにくい加工が施されていることで、防炎性能基準試験もクリアしています。
ご家庭の洗濯機を使って水洗いもできる、便利なカーテンです。

また、フラットカーテンなのでヒダ山がなく、ヒダ山があるカーテンと比べてカジュアルな印象を与えてくれます。

遮光2級 | 落ち着いたカラーでお部屋に馴染む「ライトグレー ドレープカーテン(遮光)」

おすすめのドレープカーテン 遮光レベル2級
上記でご紹介したカーテンと同様に、フラット仕様となる「 ライトグレー ドレープカーテン(遮光) 」は、どんなお部屋にも馴染む色味が特徴です。

例えばモノトーンのインテリアで統一されたお部屋や、カジュアルな雰囲気のお部屋などにも取り入れやすくなっています。また、カーテンを閉めるとロールスクリーンのようなスッキリとした印象となります。

洗濯機で水洗いできるカーテンなので、クリーニングに出さなくても済みます。また、遮光2級は程よく光を取り込めるため、強い日差しは防ぎたいものの真っ暗にはしたくない方におすすめです。

遮光1級 | 細やかな生地が快適な眠りをつくる「ネイビー ドレープカーテン(遮光)」

ドレープカーテン 遮光1級のおすすめ
ネイビー ドレープカーテン(遮光) 」は、遮光等級が1級となるため99.9%以上もの光を遮ってくれます。ネイビーの色味は心を穏やかにしてくれる効果も期待できるため、寝室に取り入れることで快適な就寝環境もつくれるでしょう。

生地に細かくチェック柄が入っていて、シンプルなお部屋にさりげなくデザイン性をプラスしたい場合にもおすすめです。

遮光性以外にも防炎性が備わっています。また、手洗い・水洗い推奨となりますが、洗濯機にもかけられるため、カーテンのお手入れを気軽にしたい方にも適しています。

遮光1級 | 真夏の日差しや強い西日を防ぐ「グレー ドレープカーテン(遮光)」

ドレープカーテン 遮光1級のおすすめ
グレー ドレープカーテン(遮光) 」は、真夏の日差しや強い西日が差しても部屋の中に99.9%以上通さない、遮光1級のカーテンです。

しっかりと日差しをシャットダウンしてくれるため、外からの光が気になることもありません。寝室に光が差しすぎてしまい、快眠環境がなかなかつくれない方にもおすすめです。

また、遮像効果も期待でき、カーテンをしているのに自身のシルエットが外に透けてしまうようなこともありません。遮光性を取り入れつつ、プライバシー保護を目指したい方はこちらのカーテンをチェックしてみましょう。

なお、グレーにも鎮静作用があるとされています。心を落ち着かせてくれる色味なので寝室やリビングなど、リラックスしたい環境に取り入れると良いでしょう。

遮光1 | 級大人なカラーでお部屋を彩る「ライトパープル ドレープカーテン(遮光) 」

ドレープカーテン 遮光1級のおすすめ
ライトパープル ドレープカーテン(遮光) 」は、遮光1級で高い遮光性を持ちつつ大人らしい落ち着いた色味でお部屋を演出してくれるカーテンです。

パープルというと個性的な印象が強く、カーテンとして取り入れにくいのでは?と思われるかもしれません。しかし、こちらの色味はライトパープルになるため、ラグジュアリー感を出しつつリラックスできる空間に仕立ててくれます。

こちらの遮光カーテンは断熱性にも優れており、寒い冬でも窓からの冷気をシャットダウンして暖房効果を高めてくれます。冷暖房効率も上がり、電気代の節約も目指せるでしょう。

セットで使いたいレースカーテン

遮光カーテンを取り入れる際にはレースカーテンの導入も検討してみましょう。レースカーテンはお部屋に光を取り込みつつ、外からの視線を遮ってくれます。

近年はさまざまな機能性を持つレースカーテンも登場しているので、自身のお部屋に合わせて遮光カーテンとセットで取り入れてみてください。

 紫外線対策や家具の色あせ防止に「レースカーテン(UVカット)」

レースカーテン UVカットに適した遮光レベル
夏場だとお部屋の中にいても紫外線が気になってきますよね。光は取り入れたいのに紫外線が気になるからカーテンは閉めっぱなしになっているという方も多いのでは?

そんな方におすすめしたいのが、レースカーテン(UVカット)です。

こちらは、肌の奥まで届いてしまいシミ・シワの発生にも大きく影響する「UVA」をブロックし、95%をカットしてくれます。肌の紫外線対策だけでなく、日焼けによる家具の色あせを防止できるのも嬉しいポイントです。

他にも消防法によって定められた防炎性能試験にも合格しているため、防炎性も安心。さらに、ウェーブロンという特殊糸を使うことで光を乱反射させ、お部屋の中を見えづらくする遮像効果にも期待できます。

花粉を吸着しお部屋への侵入を防ぐ「レースカーテン(花粉キャッチ)」

花粉カットできるレースカーテン 遮光レベルの高いカーテンとセットがおすすめ
レースカーテン(花粉キャッチ)には、カーテンに吸着性を高める特殊効果を施すことで、空気中に飛散している花粉を吸着させる効果が期待できます。また、お部屋の中に花粉を入れてしまった場合でも飛散は防いでくれるため、室内を快適な空間に保ってくれます。

花粉以外にも細かいホコリなどを吸着できることから、アレルギー系に弱い方も安心して使えるカーテンです。

なお、吸着した花粉は洗濯で落とすことが可能です。手洗い推奨ですが、洗濯機を使用する場合は洗濯ネットに入れ、おしゃれ着モード(弱設定)で洗濯をしましょう。

ストライプ柄が入っており、細い糸の織りが繊細に表現されています。お部屋をスッキリとした印象に見せてくれるのも魅力的です。

太陽光を取り入れつつ外からの視線を遮る「レースカーテン(防炎・ミラー)」

防炎できるレースカーテン 遮光レベルの高いカーテンとセットがおすすめ
お部屋に太陽光を取り入れたいものの、外からの視線が気になる方もいるでしょう。

こちらのレースカーテン(防炎・ミラー)は、ミラーレースという光沢糸を生地の裏面に採用しています。ミラーレースによって光が反射し、窓の外から見ると室内が見えにくい仕様となっています。

また、防炎性能基準試験もクリアしているため、高層マンションなど防炎カーテンの使用が義務付けられている場所でも安心して仕様できます。国内の縫製工場で製造されており、品質の高さも魅力のひとつ。

アジャスターフックも付いているため、カーテンの丈を手軽に調整することも可能です。

質感がナチュラルなデザイン「リネンライク レースカーテン(防炎)」

防炎できるレースカーテン 遮光レベルの高いカーテンとセットがおすすめ
寝室にリネンのような風合いのレースカーテンを取り入れたい方には、リネンライク レースカーテン(防炎)がおすすめです。こちらは素材がポリエステル100%でありながら、理念ライクのレースカーテンとなっているため、ナチュラルな質感を楽しめます。

ポリエステルということもあり、ウォッシャブルの生地となっているため気軽に洗濯をすることも可能です。また、防炎性能も備わっているため、万が一火事が発生しても燃え広がりにくい仕様になっています。

カラーはライトグレーとホワイトの2色から選べます。

遮光カーテンの効果とは? 

遮光カーテンというと「光を遮る」ということが注目されることも多いですが、具体的にどのような効果が期待できるのかご存じでしょうか?

続いては、遮光カーテンの効果についてご紹介します。

防犯対策&プライバシー保護

防炎できるカーテン 遮光レベルによる効果の違い
遮光カーテンは防犯対策やプライバシー保護の役割も果たしています。警視庁が令和4年に発表したデータによると、侵入窃盗の侵入口として特に多いのが窓と表出入口(玄関など)であることがわかっています。※

カーテンを閉めていても遮光性が高くないと透けてしまい、そこから部屋の様子をうかがって侵入されてしまう可能性が高いです。遮光カーテンであれば部屋の様子がわからず住民がいるか・いないかを判断できないため、侵入のリスクを防げるでしょう。


また、外からお部屋の中が見えにくいことで、プライバシーの保護にも効果的です。こうした効果から、一人暮らしの女性には特におすすめです。

※参考:警視庁 住まいる防犯110番 

断熱効果で冷暖房効率が上がる

カーテンの遮光効果で冷暖房効率を上げる
冬にいくらお部屋を暖かくしても、暖房器具の電源を切るとすぐに冷えてしまうことはありませんか?実は窓が家の中で特に熱の出入りが大きい場所であり、せっかくお部屋を暖めても窓から冷たい外気が侵入し、暖かい空気も流出してしまうのです。

窓そのものをリフォームして断熱効果を高めることも可能ですが、より手軽に断熱効果を高められる方法として遮光カーテンの導入があります。遮光カーテンは、光だけでなく風の出入りも防ぐため、断熱性能が期待できます。

遮光カーテンによって断熱効果が高まると、室温がある程度一定に保たれやすくなり、冷暖房効率もアップします。少しでも電気代を抑えたい方にもおすすめです。

インテリアの日焼け対策

カーテンの遮光効果はインテリアの日焼け対策に最適
遮光カーテンはインテリアの日焼け対策にも効果的です。特に日当たりを重視してお部屋を選んだ方は、遮光カーテンでインテリアの日焼けを防ぎましょう。

インテリアの日焼けが起きる原因は、紫外線が影響しています。例えば木材が日焼けをすると元の色と違ってきたり、ささくれ・ひび割れなどを起こしたりすることも。

日焼けは木材だけでなく、ファブリックにも見られがちです。白い布が変色して黄色や茶色っぽくなってしまいます。経年変化が楽しめるレザーも、一部だけ紫外線が当たっている状態だと色ムラが発生するので注意が必要です。

睡眠の質が上がる

カーテンの遮光効果は睡眠の質を高める
遮光カーテンを取り入れることで、睡眠の質を高めることも可能です。

街灯や車のライトなどの光が入ってきてしまうと、就寝中でも途中で覚醒してしまい睡眠の質が低下します。睡眠の質を高めるためには就寝中の覚醒を防ぐことも重要なので、途中で起きることが多い人は遮光カーテンを導入してみてください。

また、就寝中に光を感じると睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌も抑制されてしまいます。お部屋に入ってくるわずかな光でも影響してしまうため、遮光カーテンでしっかりと光をブロックすることが重要です。

メラトニンの分泌がスムーズに行われるようになると、睡眠のリズムや体温、ホルモンバランスが整いやすくなります。

遮光カーテンの選び方

遮光カーテンはそれぞれデザインや機能性などが異なるため、自分の部屋に合うものを探すのは大変かもしれません。しかし、選び方を知っていれば商品を選ぶ前に条件が明確になり、希望の商品も見つけやすくなります。

そこで、遮光カーテンの選び方についてもご紹介しましょう。

遮光カーテンの1級、2級とは?

カーテンの遮光レベルの違い
遮光カーテンはそれぞれ遮光のレベルが異なります。日本のカーテン業界では商品のほとんどを一般社団法人日本インテリア協会(NIF)の基準に沿って遮光率を計測しており、等級のランク付けを行っています。

この等級がメーカーやブランド、お店ごとに基準が異なることはほとんどありません。

遮光等級は数が少なければその分遮光率が高くなります。遮光2級は遮光率99.8%~99.99%未満で、ぼんやりと人の顔や表情がわかる程度の明るさです。

遮光1級は99.99%以上の遮光率で、近くにいても人の顔が認識できないレベルまで暗くなります。ただし、遮光1級だからといって完全に真っ暗になるわけではありません。

遮光カーテンの生地や形状

遮光カーテンも記事と形状

遮光カーテンを選ぶ時は、遮光性だけでなく使用されている生地や形状についても知っておきましょう。

表地に遮光性がない、もしくはそこまで遮光性が高くない場合、裏地に遮光性の高い生地が使われたカーテンなら表地の雰囲気を楽しみつつ、きちんと遮光性が高まります。また、表地と裏地の間に空気の層が生まれるため、保温性や断熱性、遮音性などさまざまな性能を得ることも期待できます。

より遮光性を高めたい場合は、2倍ヒダの遮光カーテンを選ぶのもおすすめです。カーテンの上部にヒダがあるとコンパクトに畳めますが、1.5倍ヒダよりも2倍ヒダの方が使用する生地の量が増えます。
ドレープの波もゆったりとした大きいものになり、遮光性を高めることが可能です。

このように、遮光カーテンは生地や形状によっても違いが見られるので、ぜひチェックしてみてください。

遮光カーテンのカラーやデザイン

遮光カーテンのカラーやデザイン
遮光カーテンのカラーとデザインに関しては、お部屋のインテリアと合わせて選ぶ方が多いです。実際、お部屋のインテリアに合わせることで統一感が生まれ、おしゃれな住環境をつくることもできます。

遮光カーテンの色味は、遮光度合いにも若干影響するため注意が必要です。基本的に濃い目の色は遮光性が高く、淡い色は遮光性が低くなりやすいと言われています。
例えばブラックやネイビーのような暗い色はそもそも光を通しにくく、高い遮光性が期待できるでしょう。

ホワイトやアイボリーなどの明るい色は、暗い色と比べると光を通しやすくなります。ただし、色に限らず遮光性が高いカーテンもあるので、真っ暗にしたいからといってお部屋の雰囲気に合わない暗い色の遮光カーテンをわざわざ選ぶ必要はありません。

カーテンのその他の機能

遮光カーテンのその他の機能
ドレープカーテンは遮光性が基本であり、その他の機能はそこまで多く備わっているわけではありません。

その他のUVカットや花粉吸着などの機能性は、レースカーテンの機能として備わっていることがほとんどです。そのため、遮光性の高いドレープカーテンと機能的なレースカーテンを組み合わせることで、自分の部屋に合ったものを選びやすくなるでしょう。

また、ドレープカーテンにも遮光性以外の機能がついていることもあります。例えば冒頭でご紹介したおすすめの遮光カーテンの中にも、防炎機能が備わっている商品がありました。

カーテンの機能性を重視している方は、遮光性以外の機能についても目を向けてみてくださいね。

お気に入りの遮光カーテンを見つける方法

お気に入りの遮光カーテンを見つける方法
遮光カーテンはインテリアショップやホームセンターなどで販売しており、通販サイトでも探せます。さまざまな種類の中からお気に入りの遮光カーテンを見つけて、お部屋に取り入れてみましょう。

ただし、カーテンはインテリアの中でも選ぶ際に失敗しやすいアイテムでもあるので注意が必要です。例えば、お店で自分好みの色のカーテンを見つけて購入したものの、他のインテリアと色がマッチせず、統一感がなくなってしまうケースもあります。
また、遮光性を重視し過ぎて暗い色の遮光カーテンを取り入れたら、お部屋の中が暗くなりすぎてしまったケースもあるでしょう。

遮光カーテンの導入で失敗したくない方は、家具のレンタル・サブスクサービスがおすすめです。

失敗したくないなら家具のレンタル・サブスク「CLAS」がおすすめ

失敗しない遮光カーテン選びはレンタル・サブスク
CLAS では遮光カーテンも含め、さまざまな家具や家電のレンタル・サブスクサービスを提供しています。万が一カーテンの色やサイズ、形状などで失敗したとしても、交換機能を活用してまた新しいカーテンを借りれば問題ありません。

家具のレンタル・サブスクとなると使用期間に縛りがあるのでは?とイメージするかもしれませんが、
CLAS であればレンタル期間を選ぶことが可能です。
また、返却したい場合もマイページから申し込み、集荷を待つだけで手間なく返却できます。

遮光カーテンは実際にお部屋の中で見てみなければ他のインテリアとの統一感もわかりづらく、どれくらい光を遮るのかもわかりにくいものです。遮光カーテン選びで失敗を避けたい方は、ぜひ
CLAS を活用してみてください。

おすすめの記事