{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

長時間作業におすすめのデスクライト 選び方やおしゃれなアイテムをご紹介

2024/03/05

仕事や勉強など、長時間机に向かって作業をする際に、手元を明るく照らしてくれるデスクライトがあると便利です。手元が明るくなることで、見るのも楽になり目にかかる負担も軽減できます。

デスクライトと言っても、種類やデザインは多岐にわたっており、どれを選べばいいか迷っている方も多いでしょう。

そこで今回は、長時間作業にもおすすめでなおかつデザイン性も兼ね備えたデスクライトをご紹介します。また、デスクライトを導入するメリットや選び方、お気に入りのデスクライトを見つける方法などもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

デザイン性が高いおすすめのデスクライト

デスクライトのデザイン性も幅広く、お部屋の雰囲気に合わせて選ぶことも可能です。せっかくデスクライトを取り入れるなら、インテリアにあったものを選びたくなりますよね。

そこで、今回はデスクライトの中でもおしゃれなデザインが魅力のアイテムをピックアップしてご紹介していきます。

シェードとアームの角度調整ができる「フェレオ デスクランプ」

デスクライトのおすすめ 勉強向け
コンパクトで機能的なデザインの「 フェレオ デスクランプ 」は、シェード部分とアームの角度調整ができるタイプのデスクライトです。角度が調整できることで好きな場所に光を当てられるようになっています。
作業中のストレスも軽減してくれる、おすすめのアイテムです。

作業用のデスクに用いることはもちろん、ベッドのサイドテーブルにも置きやすいサイズ感なのも特徴的。また、シンプルなデザインなのも魅力です。

マットな質感はモダンなスタイルにも馴染みますが、レトロ感のあるインダストリアル系のお部屋にもぴったり。使用する場所を選ばないデスクライトと言えます。

インテリアとして取り入れやすいベーシックなデザイン「コルジョン デスクライト」

デスクライトのおすすめ 勉強向け
コルジョン デスクライト 」は、シンプルなデザインでいろんなお部屋に合わせやすいアイテム。アーム部分は直線的ですが、シェードは丸みを帯びており、どこか可愛らしい印象も受けます。
飽きの来ないベーシックなデザインのデスクライトを求めている方には特におすすめです。

アーム部分とヘッド部分は角度調整ができ、光を当てたい場所に向けることも可能。点灯もスイッチ1つで楽に行えます。台座はスクエア型で、デスクに収まりやすいのも魅力です。

全体に使用されている素材はスチールとアルミの2種類。金属の質感はあるもののカラーはホワイトを採用しているため、柔らかい印象に仕上がっています。

帽子をモチーフにしたおしゃれなアイテム「アルル デスクランプ」 

南フランスのアルル地方に住む女性がよく利用する帽子をイメージして作られた「 アルル デスクランプ 」。シェードから曲線を描くように伸びる細身のアームは、まるで頭に乗せた帽子に手をかけているようなデザインです。
モダンテイストなお部屋にも、レトロでクラシカルなお部屋にも合わせやすくなっています。

全体的にはスチールが使用されていますが、脚の一部やコネクターには真鍮が使用されています。真鍮は時間が経過していくごとに深い味わいへと変化していく金属なので、長く使いたくなるデスクライトです。

また、シェードは角度調整ができるのですが可動域が広く、壁や天井に向けることも可能です。反射した光は柔らかく空間を照らしてくれるため、間接照明として使用することもできます。

高品質で輝度の高いCREE社のLEDを内蔵「ゴシップ デスクライト」

デスクライトのおすすめ ベッドルーム向け
繊細なデザインが特徴的な「 ゴシップ デスクライト 」。他では見られない唯一無二のデザインが魅力的で、インテリアのアクセントにもなってくれるアイテムです。
細身のアームはアルミ無垢素材を削り出して作られており、さらに真鍮製のパーツによってレトロ感がプラスされています。

光源には高品質で輝度の高いCREE社のLED電球が使用されています。LEDのため寿命も長く、手元をしっかりと明るく照らしてくれるのも特徴です。

本体と別でスイッチがあるとデスクの上で邪魔になったり、デザイン的に気になったりすることもありますが、「
ゴシップ デスクライト 」は本体に内蔵されているため問題ありません。
むしろ真鍮製のトグルスイッチが採用されており、細かい部分まで丁寧に作り込まれたデザインとなっています。

1971年に設計して以来のロングセラー「Louis Poulsen パンテラ 250 テーブル」

デスクライトのおすすめ 子供部屋にも
Louis Poulsenは1874年にデンマークで創業した照明器具を主に取り扱うブランドです。Louis Poulsenの照明器具はいずれもスカンディナヴィア・デザインの伝統が反映されており、人が使っていて「心地よい」と感じられるよう設計されています。

Louis Poulsen パンテラ250テーブル 」は、デンマークのデザイナーとして有名なヴァーナー・パントン氏が1971年に設計し、それ以降ロングセラー商品として愛されているデスクライト。

光源はシェードに完全に隠されているものの、シェードとスタンドが反射板のように光を拡散させてくれるため、柔らかい光を空間にもたらしてくれます。

カラーはコーラル、ペール・ブルー、ペール・ローズの3色から、お部屋の雰囲気に合わせて選べますよ。

人気シリーズの最小・充電式モデル「Louis Poulsen パンテラ 160 ポータブル」

デスクライトのおすすめ 子供部屋にも
上記でご紹介したLouis Poulsenのパンテラ テーブルランプの中で最小サイズなのが「 Louis Poulsen パンテラ160ポータブル 」。デザインの美しさと機能性はそのままに、直径16cmという小ささによって、場所を選ばずに設置できるようになりました。

電源不要の充電式を採用しているのもポイント。あらかじめUSBケーブルで充電をしておけば使用時はコードレスで光を照らしてくれます。
さらに、3段階の調光機能が備わっているため、利用するシーンに合わせて光の強さを調節することも可能。

カラーはオレンジ、ペール・ブルー、ペール・ローズの3種類から選べます。
ペールカラーは白にビビッドなカラーを合わせた色味で、繊細さが特徴的で他のインテリアともなじみやすいです。一方、オレンジのパンテラは元気なビタミンカラーが魅力で、インテリアとして存在感を出してくれます。

長時間作業におすすめしたいデスクライトのメリットとは?

デスクライトのおすすめ設置方法
デスクライトを机に設置することで、様々なメリットが得られます。

・PC画面や書類が見やすくなる
・目の疲れが軽減する
・作業効率向上が期待できる
・おしゃれなインテリアにもなる

部屋の照明だけだと作業時に影ができやすく、PC画面や書類などが見えにくくなる場合もあります。デスクライトを設置すれば手元がより鮮明になり、PC画面や書類が見えやすくなるのはメリットの1つです。

また、見えやすくなることで目の疲れが軽減するのも魅力。目が疲れてくるとぼやけてきたり、かすんだりして余計に見づらくなってしまいます。

また、肩こりや首こり、頭痛、場合によってはめまい・吐き気などに影響することも。こうした症状を避けるためにもデスクライトの導入がおすすめです。

さらに、デスクライトで手元が見えやすくなると作業に集中できるようになり、効率性がアップする場合もあります。上記でご紹介したようなおしゃれなデスクライトを取り入れれば、インテリアのアクセントになってくれることもメリットです。

デスクライトの選び方

デスクライトのおすすめの選び方

デスクライトを設置することで様々なメリットがありましたが、長時間作業での活用を考えた場合、アイテムを選ぶ際にチェックしておきたいポイントがあります。
また、使う場所によって設置方法も変える必要があるでしょう。

そこで、ここではデスクライトの選び方についてご紹介します。

長時間作業向けライトの4つのポイント

長時間作業向けにデスクライトを選ぶ際に、以下4つのポイントを確認しておきましょう。
  • 光源の種類
  • 明るさ(ルーメン)
  • 色の見え方(演色性)
  • 照射範囲
それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

光源はLEDが主流

デスクライトのおすすめ光源 LED
デスクライトに使用されている光源は、主に LED 蛍光灯 の2種類に分かれます。以前までは蛍光灯が主流でしたが、現在はLEDが用いられるようになりました。

LEDは半導体によって電流を直接光に変換しています。蛍光灯の寿命は約6,000~12,000時間とされていますが、LEDの場合は
約40,000時間 も持つとされています。寿命が長ければその分経済的と言えます。

また、消費電力が少ないこともLEDの特徴の1つ。蛍光灯と比べると約2分の1まで消費電力を抑えられます。消費電力が少ないことで節電効果も期待できるでしょう。

電気が直接光に変換されるので発熱量が少なく、子どもでも安心して使用できる点や、蛍光灯に比べて小型化・軽量化が可能になりデザインの幅も広がりやすい点などもLEDの特徴です。
ただし、蛍光灯に比べて初期費用がかかりやすいデメリットも存在します。

光源の明るさは300~400lm

デスクライトにおすすめの明るさ
長時間作業する場合、光源の明るさにも注目しておく必要があります。
明るさが合っていないとデスクライトを設置したのに手元が見えにくかったり、逆に眩しすぎて目に強い負担がかかったりすることも。

デスクライトの光源であれば、おすすめなのは
300~400lm です。LEDが光源のデスクライトだと400lm以上になる製品もあるため注意してください。

ただし、JIS基準だと仕事や勉強などに集中したい時は
500~1,000lx が推奨されています。

lx(ルクス)は光の明るさを示すものであり、光の量を示すlm(ルーメン)とは異なります。部屋全体を明るくしつつ、机の上はデスクライトを使って照らすことで目の負担を軽減しつつ集中力も維持しやすくなるでしょう。

なお、調光機能が備わったデスクライトなら、シーンごとに明るさを調整することも可能です。目の負担を考えつつ手元を明るくしたい時、作業に集中したい時などで明るさを変えてみましょう。

色の見え方(演色性)は最低でも80Ra

デスクライトにおすすめの演色性
デスクライトを選ぶ時は、色の見え方にもこだわってみましょう。

演色性とは、光で照らされた時の物体の色にかかる効果を指します。例えば、同じ物体でも太陽光で見た場合と、照明の下で見た場合とでは見え方が違ってきます。

演色性が悪いと本来の色とは違って見えてしまうため、違和感が生じやすくなります。長時間作業する場合も、無意識に違和感を抱えたまま作業を進めていくことになるため、演色性の良さもチェックすべきポイントと言えます。

JISの演色性評価法はCIE(国際照明委員会)の評価方法に基づいており、平均演色評価数(Ra)によって示されます。一般的に80Ra以上あれば演色性が良いという評価です。

実はデスクライトの光源として主流になったLEDは、以前まで演色性が悪いと言われていました。しかし、近年は高演色性のLEDが開発されるようになり、80Ra以上の製品が一般的です。
そのため、LEDのデスクライトであれば基本的に80Ra以上になっている可能性が高いですが、念のため確認しておくと安心ですよ。

照射範囲は「JIS規格AA形」がおすすめ 

デスクライトにおすすめの照射範囲
デスクライトの商品パッケージなどに 「JIS AA形」「JIS A形」「一般形」 と記載されている場合があります。これは、JIS規格によって勉強・読書に必要なLEDデスクライトの机上面照度の区分を示したものです。

光源直下から半径30cm・50cmの円周上でそれぞれ明るさ(lx)を測定します。
     
半径30cm半径50cm
AA形 500lx以上250lx以上
A形 300lx以上150lx以上
一般形 規定なし
AA形であれば比較的長時間小さい文字を見る読書や勉強、細かい作業などを行う場合にも適しているとされています。A形はAA形よりも明るさが落ちてしまうため、長時間の作業にはあまり向いていません。
一般形となると明るさの規定がないため、短時間の作業やベッドサイドのライトとして活用した方が良い場合もあります。

照射範囲で考えるなら、長時間の作業に向いているのはAA形です。商品パッケージなどにAA形と表記されているアイテムを選んでみましょう。

使う場所で決める設置方法

デスクライトは設置方法にも違いがあります。設置方法が異なると、使用する場所によっては使えるもの・使えないものが出てくるため、こちらも確認しておきたいポイントです。

ここでは使う場所によって決める設置方法について解説します。

スタンドタイプ

デスクライトにおすすめのスタンドタイプ
スタンドタイプ は、机の上に置いて使用するタイプです。平らな面に設置でき、近くに電源があれば手軽に使えます。また、平らな場所であれば自由に移動できるのもスタンドタイプの特徴。
さらにアームやシェードで角度調整できるものなら、光の向きも自由に変更できます。

ただし、スタンドタイプは安定した場所に置く必要があり、その分デスク上にスペースを確保しなくてはなりません。デスクが狭い場合や他にもたくさん物を置いていて、デスクライトを置く場所がない場合は避けた方が良いです。

クランプタイプ

デスクライトにおすすめのクランプタイプ
クランプタイプ は、机の天板にボルトなどで固定させて使用するタイプです。スタンドタイプと比べて台座を机の上に設置する必要がないため、机を広く使用できるメリットがあります。
なるべく机を広く使いたい場合や資料を広げることが多い場合などにも便利です。

クランプタイプのデメリットは、設置に手間がかかる点です。スタンドタイプなら机の上に置いて電源を入れれば使用できますが、クランプタイプだとまず位置を調整し、定まったら天板に対してボルトを締めて固定させる作業が必要です。

一度固定させてしまえば安定感が出て、少し机を動かした程度ではズレることもありません。しかし、気軽に移動できなくなるので注意が必要です。
最初の位置調整をミスしてしまうと再度ボルトを緩めて固定させる手間がかかってしまいます。

クリップタイプ

デスクライトにおすすめのクリップタイプ
クリップタイプ は、デスクライトの台座部分がクリップ上になっており、天板に挟むだけで使用できるタイプです。天板に取り付けるので机が狭くても設置しやすく、クリップで挟むだけなのでクランプタイプのように設置で手間取らずに済みます。
気軽に設置場所を変更できるのも、クリップタイプの魅力です。

クリップタイプのデスクライトを使用する際に注意したいのが、確実に挟んで固定できる場所かどうか。天板が厚すぎると挟めませんし、逆に薄すぎても固定されず床に落下する可能性があります。

また、かかりしろが少なくクリップの先端部分しか挟めていない状態だと安定しません。このように、クリップタイプは挟める場所が限定的となってしまうため、購入する前に必ず天板に挟めるかどうか確認する必要があります。

便利なデスクライトの機能

デスクライトにおすすめの便利機能
デスクライトを選ぶ上で、その他の機能にも注目してみましょう。
例えば以下の機能が備わっているかチェックしてみてください。

・角度調節機能
・調光機能
・調色機能
・充電機能
・多重影対策

角度調節機能 があると、光が当たる方向を自由に調節できるので自分にとって見えやすくすることも可能です。また、調光機能は光の明るさを段階的に調整できるので、使用するシーンに合わせて目に負担をかけない明るさに変更できます。

調色機能 は光の色を変えられる機能です。
例えば昼白色や昼光色、電球色などに調整できます。昼白色は自然光に近い色味で、昼光色は青みがかった色で仕事や勉強をする際に適しています。
また、電球色はオレンジがかった温かみのある色で、リラックスしたい時におすすめです。

充電ポート が備わったデスクライトだと、スマホなどを充電させたい時にも便利。専用ポートにスマホを置くだけで充電できるようになります。
コードレスで充電できるようになるため、デスク周りをすっきりさせたい方にはおすすめの機能です。

LEDの光は点光源なので、
多重影 ができやすいというデメリットがあります。多重影ができると見にくいだけでなく、目が疲れやすくなる原因にもなりやすいです。そのため、長時間作業をする場合は多重影対策がなされているデスクライトを選んでおくと良いでしょう。

お気に入りのデスクライトを見つける方法

デスクライトを入手できるおすすめの方法
上記でご紹介してきたデスクライトの選び方を参考に、自分の使い方に合った製品を見つけてみましょう。デスクライトは文具店や雑貨店、家具店など店頭でも購入できますし、通販サイトから購入することも可能です。

ただし、せっかくデザインが気に入ったデスクライトを見つけてきても設置スペースが狭かったり、クリップが挟めなかったりする可能性もあります。

デスクライトで失敗したくない方にはレンタル・サブスクサービスの利用がおすすめ。家具のレンタル・サブスクサービスなら購入よりもコストを抑えてデスクライトを導入できますし、万が一失敗しても返却して新しいものに変更すれば問題ありません。

購入とレンタル・サブスクサービスのメリット・デメリット

           購入 レンタル・サブスク
メリット ・長く使った分だけ費用を抑えられる
・お気に入りの製品を長く使える
・初期費用を抑えられる
・気軽に好きな製品を選べる
・万が一失敗してもすぐに返却できる
デメリット ・初期費用がかかる
・一度購入すると返品しづらい
・引っ越しする際に搬送する手間と費用がかかる
・長時間利用すると高額になってしまうこともある
・配送料や解約手数料が発生する場合もある

失敗したくないなら家具のレンタル・サブスク「CLAS」がおすすめ

デスクライトはレンタル・サブスクの利用がおすすめ
家具のレンタル・サブスクサービスの中でも特におすすめなのが、「 CLAS 」です。 CLAS はデザイン性の高いおしゃれな家具・家電を気軽にレンタル・サブスクできるサービスを提供しています。

返却はマイページから申し込むだけ。あとは集荷を待つだけなので手間もかかりません。

また、家具のレンタル・サブスクサービスでありがちな最低利用期間も、一部商品を除いて自由に選択できるようになっています。利用終了日の設定も不要で、変更したい時期まで自由に使えるのが
CLAS の魅力です。

CLAS にはおしゃれで機能的なデスクライトをいくつも取り揃えています。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。
https://clas.style/

おすすめの記事