{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

【2024年】モバイルモニターおすすめ3選 選び方とコスパの良い入手方法も解説

2024/04/04

テレワークやゲーム用に大活躍する、モバイルモニター。
画面拡張ができて持ち運びがラクなので、入手する人が増えています。

「種類が多くて、どれがいいのか分からない」
「メーカーも価格もさまざまだから、迷う」

こうした声にお応えして、モバイルモニターの選び方と、人気が高く高性能モデルのおすすめ3選をご紹介します。

また、
モバイルモニターを安く入手する方法 もお伝えしますので、自分にピッタリの1台を見つけてくださいね。

モバイルモニターとタブレットの違いとは

サブモニターとして おすすめの 小さいモバイルモニター
モバイルモニターとタブレット。見た目は似ていますが、違う点は OSを搭載しているか どうかです。

タブレットはOSを搭載しているのでインターネットへの接続が可能です。
一方のモバイルモニターには、OSは搭載されてないので、あくまでもモニターとして使用します。

タブレットと比較した場合、モバイルモニターには次のようなメリットがあります。

・薄くて軽量なので持ち運びに便利
・情報漏洩の心配がない
・価格は安め

こうしたメリットを持つモバイルモニターはどのような使い方ができるか、次にお伝えします。

モバイルモニターができること

モニター は持ち運び可能でプレゼンにも効果的
モバイルモニターがあると、ノートパソコンやスマートフォンに接続するだけで、外出先でもデュアルディスプレイ環境を構築できます。
デュアルディスプレイとは、パソコンを使う際にモニターを2つ同時に利用すること。

モバイルモニターには「拡張モード」があるので、パソコンとモバイルモニターの2つの画面を同時に利用できます。
たとえば、パソコンの画面で作業をし、モバイルモニターの画面には資料を表示するといった使い方ができるため、作業効率がアップします。

また、モバイルモニターは、同じ映像を表示する「複製モード」を搭載しています。
モバイルモニターの画面に資料や画像を映し出せるので、打ち合わせやプレゼンテーションを効果的に行うこともできます。

もちろん、モバイルモニターでゲームを楽しむことも可能です。

モバイルモニターを選ぶポイント

モバイルモニターを選ぶ際には、いくつかのポイントを抑えておくことが大切です。
ここからは、モバイルモニターの選び方をお伝えします。

画面サイズを選ぶ

モバイルモニターは 持ち運びが楽
モバイルモニターのサイズは、7インチから27インチまでさまざまです。

頻繁に持ち運ぶなら、A4サイズとほぼ同等の
13.3インチ のモデルが良いでしょう。
重量も700g前後のモデルが多く、持ち運びに最適です。

また、自宅で使用する場合は、
15.6インチ以上 の大画面をおすすめします。
作業スペースが広がって、複数の情報やアプリの同時表示が可能です。
大画面なので、ゲームや動画も迫力ある映像を楽しめますよ。

解像度を選ぶ

サブモニター としておすすめの 小さい13.3インチ
解像度とは、モニターのグラフィック性能を表す数値のこと。
数値が大きいほどドット数が増えるため、画面はきめ細やかできれいに見えます。

モバイルモニターの主な解像度は、
1920×1080のフルHD(フルハイビジョン) が一般的。
画面が15.6インチの場合、これだけの解像度があれば文字や画像が鮮明に見えます。

なお、高画質の動画やゲームを楽しみたい場合は、4Kの解像度がおすすめです。
4Kの解像度は、
3840×2160
文字や画面がより鮮明になるので、迫力ある映像を楽しめます。
ただし、4Kは価格が高く、重量もあるので持ち運ぶには不便です。

接続方法を選ぶ

ノートパソコン 外付けモニターの接続方法は3タイプ
モバイルモニターの接続方法には、主に以下の3つがあります。
接続方法 特徴
USB Type-C ・ケーブル1本で映像・音声・データの伝送する接続方法
・パソコンとの接続で主流なタイプ
USB Type-A ・一般的なUSBポート
HDMI ・映像・音声の伝送が可能な接続方法
モバイルモニターを検討する際は、自分のパソコンがどの接続方法に対応しているか確認してから選びましょう。

スタンドカバーの有無を選ぶ

モバイルモニター でおすすめはスタンドカバー付き
モバイルモニターには、スタンドカバー付きのモデルとそうでないモデルがあります。

スタンドカバーがあると、モニターを自立させて使うことができ、画面の保護もできます。

カバー付きでない場合は、スタンドを用意して、モニターを立てかけて使えるようにしましょう。

【2024年】モバイルモニターおすすめ3選をご紹介

数多いモバイルモニターのなかから、高性能で使いやすいために人気の高いおすすめモデルを3選ご紹介します。
モバイルモニター選びの参考にしてくださいね。

【13.3型】モバイルモニター

サブモニター としておすすめの 小さいモバイルモニター
モバイルモニター は、持ち運びに最適な13.3インチの、保護ケース付きモバイルモニターです。

重さは492g。かなり軽量なのでノートブックパソコンと一緒に持ち運んでも苦になりません。

解像度は1920×1080で、画面には自然な色合いを表示するIPS液晶パネルを採用。
そのため、どの角度から見ても鮮やかな映像を見ることができます。

さらに、高音質の1.0Wテレオススピーカーを2つ内蔵。
鮮明な映像と共に臨場感あふれるサウンドを楽しめます。

パソコンに付属のType-C ケーブルを接続すると、モニターは自動的にコントラスト、輝度、音量を調整して省電力モードに入ります。

【15.6型】モバイルモニター

モバイルディスプレイでおすすめの15.6型のモバイルモニター
【15.6型】モバイルモニター は、フルHDの4倍の画素数で映像を鮮やかに表示する、テレワークに最適なモバイルモニターです。

15.6インチの大画面なのに、重量は約905g。
薄さ11mmというスリムなデザインなので、パソコン用のバッグや出張用の旅行バッグへ簡単に収納して持ち運べます。

解像度は、1920×1080の高画質。さらに、採用したIPS液晶パネルが映像美を実現します。
どの角度から見ても、自然の色合いが美しい映像を楽しめます。

また、2つの1.0Wテレオススピーカーを内蔵しているので、ゲームするときも、鮮明な映像と臨場感あふれるサウンドを楽しめます。


省エネモードを搭載しているため、付属のType-C ケーブルをパソコンに接続すると、モニターは自動的にコントラストと輝度や音量を調整して省電力モードになります。

【16型】LG モバイルモニター gram +view

ノートパソコン 外付けモニター に おすすめのLG モバイルモニター gram +view
LG モバイルモニター gram +view は、16インチの大画面と2560×1600の高解像度
が魅力のモバイルモニターです。

16インチでありながら、重さは670g。カバースタンドと合わせて990gの軽量なので、ノートPCと一緒に持ち運んでいつでも快適な作業環境を構築できます。

また、オートピボット機能付きなので、モニターを縦向きに回転させて使うことも可能。

OnScreen Controlを使用すれば、画面を2分割、3分割、4分割などに画面表示の設定を調整できるので、画面を快適に使用できます。

USB Type-C端子は、左右に1ポートずつ配置。

カバースタンドは105゚と120゚の画面角度配置が可能。見やすい角度や、環境に合わせて、お好きな画面角度に調整できます。

モバイルモニターを安く入手する方法

モバイルディスプレイ でおすすめのモデルを安く入手できる家電のレンタル・サブスク
モバイルモニターは、デュアルディスプレイ環境を整えて仕事を効率化できるアイテム。

入手を検討しているけれどお金もかかるし選ぶのに迷ってしまう、という方にお勧めするのが、家電のレンタル・サブスクです。

家電のレンタル・サブスクとは、家電を購入せずに、お手頃な月額使用料で家電を使えるサービスのこと。

CLAS は、高機能でデザイン性に優れた家電をそろえる家電のレンタル・サブスクです。

【CLASのメリット】
・月額使用料がお手頃
・機種の交換が可能
・不要になったら返却するだけ

ここからは、
CLAS のメリットについてご紹介します。

月額使用料がお手頃

お手頃な月額使用料で入手できる家電のレンタル・サブスク
CLAS の月額使用料はお手頃です。

CLAS なら、数万円するモバイルモニターが月額942円から使えます。

お財布に優しいので、モバイルモニターの入手に迷っている方も試しやすい値段です。

機種の交換が可能

借り換えができる家電のレンタル・サブスク
CLAS は機種の借り換えも可能です。

13.3インチを15.6インチに借り換えたり、16インチを13.3インチに交換したりできます。

機種を選ぶのに迷っている方は、一度試した後、ほかのモデルと交換していくのも良いでしょう。

不要になったら返却するだけ

返却がラクな家電のレンタル・サブスク
レンタルしたモバイルモニターが不要になったら、返却するだけです。

スマホやパソコンから、返却日を入力すれば、当日に業者が受け取りに行きます。
その際、面倒な梱包も不要です。

CLAS は、申し込みも返却もラク。
CLAS を利用して、便利なモバイルモニターを試してみてはいかがでしょう。

モバイルモニターで仕事の効率アップを目指そう

おしゃれな部屋をコーディネートできる家電のレンタル・サブスク
デュアルディスプレイ環境を整えられるモバイルモニター。

今回はモバイルモニターができることやモバイルモニターの選び方、今人気のおすすめ3選とコスパの良い入手の仕方をご紹介しました。

ご自身の仕事に最適なモバイルモニターを選んで、テレワークの環境を整えて、ぜひ仕事の効率化をはかってくださいね。

おすすめの記事