{{ toastMessage }}
家具と家電のレンタル ・サブスク CLAS (クラス)
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

ベビー用品のレンタルで後悔したものとレンタルすべきもの 口コミ検証

2024/05/21

ベビー用品は使える時期が短いので、レンタルで済ませたいと思う人も多いもの。
しかし、ベビー用品の種類によっては、レンタルで後悔したという声も・・・。

レンタルで後悔したもの、借りてよかったものにはどんなものがあるのでしょうか。
この記事では、レンタルして後悔したベビー用品と、レンタルしてよかったベビー用品をご紹介します。

赤ちゃんを迎える前、迎えたばかりのお家におすすめのベビー用品もご紹介します。

ベビー用品 レンタルして後悔したもの

ベビー用品 レンタルして後悔したもの
ベビー用品のレンタルで後悔したものとその理由をご紹介します。

これらは一つの意見であり、「レンタルしてよかった」と感じている人もいますので、あくまでも参考意見の一つとしてご覧ください。

ハイローチェアで後悔

ハイローチェアで後悔
ハイローチェアは、赤ちゃん用の稼働チェア。
ゆりかごのように揺らしながら、赤ちゃんを寝かしつけることができます。

キャスター付きで移動できるため、ママやパパが家の中で家事する際に、一緒に連れていける便利なベビー用品です。

ハイローチェアをレンタルして後悔した理由

  • ほとんどハイローチェアで寝なかった
  • 寝返りを打つようになると危なくてほとんど使用しなかった
  • 使わなくなったとき大きくて邪魔に。捨てるのも大変だった
ハイローチェアをレンタルして後悔した理由は、「実際使わなかったから、レンタルしなくてもよかった」という意見。

ただし、「ハイローチェアのおかげで、家事をしながら赤ちゃんをいつも見れてラクだった」という意見もありました。

ハイローチェアが気になる方は、購入せずにレンタルで試して、赤ちゃんに合わないようなら返却するのもいいかもしれません。

ベビーカーレンタルのデメリット

ベビーカーレンタルのデメリット
ベビーカーは、屋外で移動する際に赤ちゃんを乗せられる便利な移動チェア。
首が座ってから2歳くらいまで利用するケースもあります。

ベビーカーをレンタルするデメリット

  • 種類が限られる
  • 2年以上使うなら買った方が安い
  • 兄弟にも使えるから購入でもよい
ベビーカーは、長く使用しているケースが多いベビー用品です。
2年以上使用する場合、「購入した方が安くつく」ので、レンタルより購入を選ぶ人が多くいます。

ただし、赤ちゃんを迎えるのにいろいろなお金がかかってしまい、費用を抑えたい場合は、レンタルを一時的に利用するという手もあります。

ベビースリング

ベビー用品のレンタルで後悔したものベビースリング
ベビースリングとは、赤ちゃんを手を使わずに抱っこできるアイテムです。
赤ちゃんをママやパパの体に密着した状態で抱え、両手は自由にできるので、赤ちゃんも大人も安心。

首が座っていない赤ちゃんにも使える横向きタイプもあります。

ベビースリングをレンタルして後悔した理由

  • 赤ちゃんに直接触れ、汚れやすいものなので自分で購入した方が安心
  • 失敗が少なく高くもないので購入でもよかった
ベビースリングのレンタルで後悔した理由は、「使用頻度が高く失敗も少ないので、購入でいい」という声が多くありました。
また、収納場所も取らないので、買って取っておけば次に生まれる兄弟に使うこともできるでしょう。

ベビー用品 レンタルでいいもの

ベビー用品 レンタルでいいもの
レンタルで後悔したものだけでなく、「レンタルだからよかった」という声も。
ベビー用品を買って後悔しないためにも、どんなものがレンタルがいいのかをチェックしていきましょう。

ベビーベッド

ベビー用品 レンタル ベビーベッド
ベビーベッドは、赤ちゃんを安全に眠らせるのはもちろん、オムツ替えや着替えの際、ママやパパが腰の負担なくお世話もできる便利なベビー用品です。

ベビーベッドの使用期間は、新生児から2歳くらいまでですが、つかまり立ちが始まると安全のため使用をやめる人が多くいます。

このため短期間しか必要なく、次の兄弟のために取っておくには収納場所が必要。
また処分も手間と費用がかかるため、レンタルが便利という声が多くありました。

ベビー寝具

ベビー用品 レンタル ベビー寝具
ベビー寝具も、ベビーベッドと同じく期間限定で使用するアイテム。
ある程度、成長するとパパやママと一緒のお布団で寝るようになるので、それまでの間レンタルする人が多くいます。

特にベビーベッドがある方は、ベビーベッドに合わせたサイズのお布団をレンタルするのがおすすめです。

もちろん、赤ちゃんのときから普通のお布団を使うことも問題ありません。
ただし、赤ちゃんに触れる素材や防水加工などに気を付けるとよいでしょう。

ベビーチェア

ベビー用品 絶対必要なもの ベビーチェア
ベビーチェアは食事時に赤ちゃんが椅子から1人で座って、落ちないようしっかりサポートしてくれるチェア。
ママやパパはご飯を食べさせることに集中できます。

ベビーチェアは一人でお座りができるようになってから3歳頃まで。
3歳以降は使用用途がなくなってしまうため、処分しなければなりません。

兄弟が生まれるのを見越して取っておくとしても、収納に場所を取るため、レンタルを選ぶ人が多くいます。

収納場所があり、兄弟を作る予定がある人は、購入でもよいでしょう。

バウンサー

ベビー用品 絶対必要なもの バウンサー
バウンサーは赤ちゃんが日中お昼寝したり、食事をしたり、遊んだりする際に安全にベルトで座らせて置けるチェアです。
ゆりかごのように揺れる仕様で、リクライニングで角度を変えることもできます。

バウンサーは首が座ってから2歳頃まで使用できますが、実際には6〜9ヶ月くらい(つかまり立ちやハイハイが始まる頃)まで利用する人が多く、レンタルの方が安く済むケースが多くあります。

バウンサーは大きなものなので、不要になった際の処分が大変なため、レンタルを選ぶのがおすすめ。

ベビーチェア同様収納場所があり、今後兄弟が増える予定であれば、購入してもよいでしょう。

ベビーバス

ベビー用品のレンタルでよかったものベビーバス
ベビーバスは生後1ヵ月くらいまでしか使用しない人がほとんどなため、買うよりレンタルを選ぶ人が多くいます。
中古品の購入でもよいですが、そこそこ大きいものなので、処分の手間を考えるとレンタルの方がラクでしょう。

兄弟を増やす予定であっても超短期間なので、購入するよりレンタルの方が安くすむでしょう。

レンタルのメリット・デメリット

レンタルのメリット・デメリット
買う方が慣れているため分かりやすいですが、レンタルは申し込みから返却までスマホで簡単にできます。

けれどレンタルを使ったことがない場合、デメリットが気になりますよね。
そこでレンタルのデメリットとメリットを簡単にまとめましたので、確認していきましょう。
デメリット ・自分のものにならない
・中古が多い
・利用期間が長くなるほど料金がかかる
メリット ・必要な期間だけ使って返せる
・合わない場合は交換や返却できる
・処分の必要がない
レンタルは自分の所有物になりませんが、だからこそ交換や返却がラクにできます。
また、中古品がメインですが、専門スタッフがメンテナンスした商品が届くため、中古品を買うより安心です。

利用期間が長くなるほど料金はかかりますので、2年以上同じものを使うなら購入の方が安くなることも。
ただし、購入した場合は買い替えや処分にお金がかかりますが、レンタルの交換も返却も費用と手間が抑えられます。

ベビー用品のレンタルは後悔しないように上手に活用しよう

ベビー用品のレンタルは後悔しないように上手に活用
ベビー用品のレンタルは、モノによっては買った方がよかったと後悔する場合もあります。

だけど、使用期間が限定されているベビー用品は、レンタルにした方がおトクなことも。
また、保管や処分など使った後のことも考えると、レンタルにしておいてよかったということがあります。

ベビー用品のレンタルを利用する際は「どんなモノが、どのような理由で後悔しているのか」というみんなの声を参考に、「自分の場合はどうか」を検討することが大切です。

赤ちゃんが生まれてからの日々は、何かと大変。
ベビー用品で無駄な疲労をしないように、この記事も参考にして、赤ちゃんとママやパパに必要なモノを適切な方法でそろえてくださいね。

おすすめの記事