{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

【2024年版】ベッドとマットレスのおすすめランキング

2024/02/27

ベッドは一度購入すれば長く使用するものなので、後悔のない買い物をしたいはず。
種類によって使い勝手や機能性にも大きな違いがあるため、勢いや直感のみで購入してしまうと後悔してしまう方もいます。

この記事では、ベッドを購入する際のポイントとなるベッドフレームやマットレスの人気ランキングをご紹介していきます。

ベッド選びの重要な要素でもある、サイズの選び方やベッドフレームの選び方、
マットレスの選び方も解説していくので、ベッドの買い替えや新規購入を検討している方は参考にしてくださいね。

ベッド選びのポイント

寝心地の良いベッドを選ぶためのポイントを解説します。

サイズ・フレーム・マットレスの順に選ぶと、後悔しにくいベッド選びができます。
ベッドを置く位置、体のサイズ、お部屋の雰囲気や好み、寝相など、様々な要素から自分に合うベッドを選択し、後悔のないベッド選びをしていきましょう。

サイズの選び方

ナチュラルなコーディネートに最適なベッドフレーム
まずは部屋に設置できるベッドの大きさを確認してください。
寝心地だけを考えて大きめのベッドを購入してしまうと圧迫感があり、部屋のスペースにもゆとりがなくなってしまいます。

サイズを測る際にはイメージだけで考えると失敗を招くため、必ずメジャーを使用して計測をしてから購入するサイズを検討してください。
北欧インテリアで叶えるベッドルーム
  • セミシングル
コンパクトサイズなので1人暮らしや子ども部屋に最適。
ただし、子どもが成長するとセミシングルでは狭くなるケースもあるため、成長に合わせて買い替えが必要になります。
  • シングル
1人用のベッドに最適なサイズ。搬入もしやすく模様替えの際にも移動しやすいメリットがあります。
2台並べればキングサイズのベッドよりも大きいベッドとなり、家族で使用するのもおすすめ。
  • セミダブル
シングルサイズが窮屈に感じる方におすすめ。
寝返りをうっても落ちる心配がないので寝相の悪い方も安心して眠れます。
シングルと比較すると幅が広くなりますが、6~8帖の部屋でも十分に置ける大きさです。
  • ダブル
1台で1人~2人寝られるサイズの大きさ。
1人で使う場合は余裕があるので体格の良い方が寝転んでも楽に過ごせます。
ただし、2人で寝る場合は若干の窮屈さがあるでしょう。
  • クイーン
2人で横になりたい場合に最適なサイズです。
幅が広いので、広さのあるお部屋でないと設置することが難しいので注意してください。
  • キング
大人2人でも余裕を持って寝転べる広さのあるサイズ。
子どもがいる場合は3人で川の字になって眠ることもできます。
  • ロング
ロングは、長さが200cmを超えるサイズのベッドを指します。
身長が高いとシングルサイズでは窮屈に感じますが、
ロングであれば余裕があるので足を伸ばしてゆっくりと眠れるでしょう。
  • ショート
シングルと比較すると幅と長さが短いのが特徴。
子どもや小柄な大人に最適なサイズです。

ベッドフレームの選び方

寝心地の良いおしゃれなベッドフレーム
サイズを選んだら次はベッドフレーム選びです。
種類や形状に違いがあるので、それぞれの特徴をよく知り、自分に合ったものを選びましょう。
  • 高さで選ぶ
高さが低いほどお部屋に開放感が生まれ、広く見せられます。
立ち座りがしやすいベッドは、40~45cmほどの高さです。

脚付きであれば通気性が良いので湿気がこもりにくく掃除がしやすいのでホコリの滞留も防げます。
二段ベッドは子どもがいる家庭におすすめで、ロフトベッドは狭い部屋でも多くの家具を設置できる点がメリットです。
  • 機能性で選ぶ
ベッドフレームには様々な種類があり、機能性が良いものを選べば快適性が増します。
使いやすいように高さが調整できるタイプや収納スペース付きなど、たくさんの種類があるので好みに合わせて選んでみましょう。
  • 素材で選ぶ
ベッドフレームにも種類があり、機能性や見た目に大きな違いがあります。

ウッドフレームは木の温もりがありナチュラルな雰囲気のお部屋にもピッタリ!
無垢材であれば経年による色合いの変化も楽しめます。
レザーフレームは、高級感のある見た目が特徴です。
水に強い加工がされているのでお手入れも簡単。
ファブリックフレームは布で覆われているので怪我をする心配がありません。
子どもやペットのいる家庭におすすめです。

マットレスの選び方

睡眠の質を高めるおすすめのマットレス
快適な睡眠を促すためにも、自分の体に合ったマットレスを選ぶことが大切です。
選ぶポイントは以下のとおりです。
  • 揺れがない
マットレスの種類によっては、些細な動きでも揺れやすいものもあります。
横揺れが大きいと寝返りをするたびに揺れが気になり、眠りに悪影響を与えてしまいます。
  • 通気性の良さ
夏は高温多湿になりやすいので通気性がないと汗によってカビが発生する危険性があります。
清潔さを保つためにも、通気性と放湿性のあるマットレスを選びましょう。
  • きしみ音について
スプリングのあるマットレスの場合、座る際や寝返りでの沈み込みや寝返りで音が鳴るケースもあります。
きしみ音が大きいと眠りの妨げにもなるので購入する前に確認しましょう。
  • 寝返りのしやすさ
弾力のあるマットレスはフワフワで気持ち良さを感じますが、沈み込みが激しいので寝返りが打ちにくいデメリットがあります。寝返りがしにくいマットレスは腰痛の原因にもなるので注意してください。

より詳しいベッドの選び方は、「
ベッドの選び方 自分にぴったりのベッドを見つけよう 」でご紹介しています。
ぜひ、こちらもチェックしてみてください。

2024年 ベッドフレームのおすすめランキング

ここからは、2024年おすすめのベッドフレームランキングをご紹介していきます。
種類の多いベッドフレーム選びで悩んでいる方は参考にしてください。

お部屋が広く見えるロータイプのベッド

ローベッドで叶える広々とした部屋
ロータイプのベッドは高さが低いので天井までの空間が広く、マットレスを設置したとしても圧迫感がないので部屋を広く見せる特徴があります。
また、高さがないので転落による大きな怪我を防ぐことにも役立ちます。

子どもを含めた家族で就寝する際にも安心度の高いフレーム。
高さが低い分、耐久性にも優れているので長く使用できる点もメリットです。

ロータイプベッド 第1位:CIRCLE ベッドフレーム

ベッドフレームがおしゃれな寝室コーディネート
CLASオリジナルの CIRCLE ベッドフレーム は、様々な特徴を持つアイテム。
ヘッドボードがないデザインなので限りのあるスペースでも設置がしやすい特徴があります。

また、工具を使用せずに組み立てができる点は大きな魅力です。
部品は3種類のパーツと組み立て補助パーツ1個のみ。
ドライバーを使用することなく組み立てができるので、誰でも簡単にベッドを設置できます。

CIRCLE ベッドフレーム の表面材にはメラミンが使用されています。
汚れが付きにくい素材でホコリを落とすだけで長く使用できる仕組み。

衛生面が気になる時でも、組み立てが簡単なのでパーツを取り外して拭き掃除をすれば、目立つ汚れもすぐに落とせます。
長く安心して使えるマットレスですよ。

ロータイプベッド 第2位:リガーロ ベッドフレーム

モダンなロータイプのベッドフレーム
シンプルな見た目なので使用するお部屋を選びません。
ヘッドボード部分には棚があり、目覚まし時計や飲料水も置くことができ、LEDライトが設置されているので読書やスマホの確認もしやすいです。
コンセントもあるので、スマホの充電も行えます。

また、子どものいる家庭にも安心できる設計で、角に丸みがあるので大きな怪我のリスクを減らせます。
床からマットレスを乗せる床板面までの高さは13cmと低さがあるので、子どもでも立ち座りがしやすく安全に使用できます。

2台並べても隙間なく連結するため、夫婦や家族での利用にもおすすめです。

ロータイプベッド 第3位:アンミー ベッドフレーム(棚付きタイプ)

棚付きのローベッド(シングル)
クッション性のある布で覆われたヘッドボードはしっかりとしているので寄りかかりやすく、ソファのようにして使うことも可能。
小物を置ける棚付きで奥行きが12cmもあるのでスマホや目覚まし時計、眼鏡など、様々なアイテムを置けます。

USB電源やコンセントも付いているのでスマホの充電にも便利。
また、スライドカバー付きなのでホコリの舞いやすいベッド周辺でも安心して使える設計です。

ロータイプなので湿気を気にする方もいますが、
アンミーのベッドフレーム であればベッド下の天板部分が簡単に開く設計になっています。
湿気が気になる季節には、定期的に開くと湿気対策も可能です。

通気性抜群すのこタイプのベッド

すのこベッドでつくる寝室コーディネート
人間は寝ている間にコップ1杯ほどの汗をかくと言われています。
さらに、日本は湿度が高い環境なので、マットレスには湿気がこもりやすくカビが発生する危険性があります。
カビを防ぐためにはベッド選びが重要ですが、中でもすのこタイプは通気性が良く湿気がたまりにくい構造をしているためカビの防止には最適なベッドです。

また、マットレスや布団の下に風が通るので、涼しさを感じられる点も魅力です。
夏は寝苦しさを感じ、快適な眠りが妨げられることもありますが、すのこベッドであれば寝苦しさを抑えられるので心地良く眠れます。

すのこタイプのベッド 第1位:パレット ベッドフレーム

通気性抜群すのこタイプのベッド
パレット ベッドフレーム は、天然素材のひのきを使用して作られたベッドフレーム。
国産のひのきがふんだんに使用されているので、心地の良い香りが広がりリラックス効果が期待できます。
防虫・殺菌効果もあるので快適性も高いです。

高さ9.7cmの隙間部分から空気が抜ける構造になっているので、通気性が良く湿気もこもりにくいです。
また、使用しない時には4つに分解できるので部屋の端に寄せて片付けられるほか、クローゼットや押し入れにも収納できます。

すのこの下部分にはフェルトが取り付けられるので、床の傷付けを防止し、滑りにくさもプラス。
寝相によってフレームが動く心配もありません。

すのこタイプのベッド 第2位:ラスク ベッドフレーム

モダンでおしゃれなラスク ベッドフレーム
ラスク ベッドフレーム は、タモ材を使用したベッドフレームです。
ヘッドボードのないシンプルな設計でどんな部屋にも合わせやすい特徴を持っています。

カラーは柔らかな印象のナチュラルと、モダンな印象のブラウンの2種類。

脚の部分は組み替えることが可能で、高さの調整ができます。
低いタイプを選べば部屋に開放感が生まれ、高さのあるタイプを選べば立ち座りがよりしやすくなります。
好みや部屋の環境、雰囲気に合わせて選びましょう。

また、ベッド下にはスペースが確保されているため、収納用のカゴを使用すれば収納スペースを作れます。
季節ものや使用していないアイテムなど、様々なものを保管できるので収納スペースの少ないお部屋にも最適です。

すのこタイプのベッド 第3位:ひのき すのこ ベッドフレーム

一人暮らし女子のベッドにおすすめのひのき すのこ ベッドフレーム
フレームすべてに国産ひのきが使用され、香りに包まれながら眠りにつけます。
ナチュラルな見た目で洋風・和風どちらの部屋にも合わせやすいです。

また、ホルムアルデヒドの発生量が最も少ないF☆☆☆☆(フォースター)を取得したひのきが使用されているため、シックハウス症候群の発症リスクも抑制。

ヘッドボード部分は職人の手によって曲面加工がされているので、子どものいる家庭でも安心して使用できます。
床下の高さは19.5cm・24.5cm・29.5cmと3段階で調整できます。
快適に過ごせる高さを選んで設置してみてください。

また、床下部分には空間があるので収納スペースも確保されています。
すのこは簡単に取り外せるので、収納したアイテムも取り出しやすいです。

機能性が高いヘッドボード付きのベッド

機能性が高いヘッドボード付きのベッド
最後に、機能性が高いヘッドボードが付いたベッドフレームのおすすめランキングをご紹介します。
ヘッドボードはベッドの頭部分に取り付けられている板を指し、装飾としてだけではなく、収納棚として使えるものもあります。
機能性の高いヘッドボードが設置されていれば、より快適な生活や睡眠を確保できますよ。

ヘッドボード付きベッド 第1位:ジオーク ベッドフレーム

一人暮らしのベッドとしておすすめのジオーク ベッドフレーム
ジオーク ベッドフレーム は無垢材を使用して作られた丈夫なベッドフレームです。
木目や色合い、節などが温かみのある空間を演出します。ヘッドボードの高さは3段階に調整できるので、マットレスの厚みや使いやすさに合わせて高さを自分で選べます。

棚部分はコンセントが付いているのでスマホの充電も可能。
スライドカバーも付いているので、ホコリが舞いやすい寝室でも安心して使えるでしょう。

また、スマホや時計、眼鏡といった小物を置ける棚は奥行き60mmです。
正面からは見えにくい設計となっているので、散らかりが見えにくく、物も落ちてこないので安心して就寝できます。

ヘッドボードには幅木よけ加工がされているので、隙間なく設置ができ、コードも安全に通せます。

ヘッドボード付きベッド 第2位:ベスタIII ベッドフレーム(レッグタイプ)

高機能ベッドでおすすめのベスタIII ベッドフレーム
シンプルな見た目ながらもシルバーのラインがオシャレな ベスタIII ベッドフレーム
シングル・セミダブル・ダブルの3種類のサイズがあるので、使う人数や体格、寝相などに合わせて最適なものを選べます。
カラーも合わせやすい色味なので、どんな雰囲気のお部屋でも取り入れやすいメリットがあります。

ベッドフレームは、時計やメガネ、スマホなどが十分に置ける奥行き5cmの小物が置ける棚が確保されています。
コンセントも2口ついているので、スマホの充電も可能です。

また、脚部分は床との間に適度な隙間があるので掃除がしやすいです。
ベッド下にはホコリが溜まりやすいので、掃除が安易にできる設計であると快適性が増します。

ヘッドボード付きベッド 第3位:シーモス ベッドフレーム

一人暮らし女性におすすめのシーモス ベッドフレーム
フレーム部分は木製となっており、強度と耐久性に優れています。
ヴィンテージスタイルのフレームなので、お部屋の雰囲気をよりオシャレにしたい場合にも最適。

ヘッドボード部分は棚になっているので、時計や眼鏡といった実用的なアイテムが置けるほか、インテリアとして写真や観葉植物などを飾るとオシャレ度が増します。
コンセントも付いているので、スマホの充電にも便利です。

また、高さを3段階に調整できるので自分好みの高さのベッドを設置できます。
ベッド下には隙間もあるので、収納ボックスを用いれば服や小物の収納も可能。
最大で高さ25cmまでの収納ケースが入るので、様々なアイテムを収納できます。

2024年 マットレスのおすすめランキング

次に、2024年おすすめのマットレスランキングをご紹介していきます。
快適な眠りへと導くマットレス選びで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

体をしっかりと支えてくれるコイルマットレス

体をしっかりと支えてくれるコイルマットレス
コイルマットレスは、クッション部分にコイルを使用したマットレスです。
コイル同士が連結して体を面で支えるボンネルコイルや、コイルが独立して体を点で支えるポケットコイル、継ぎ目のない構造をした耐久性に優れた高密度スプリングコイルなどがあります。
それぞれで使用感が異なるので、どんなコイルが使用されているのかチェックしてからの購入がおすすめです。

コイルマットレス 第1位:3Dメッシュボンネルコイル マットレス

人気のコイルマットレス
3Dメッシュボンネルコイル マットレス は、高密度352個のコイルが使用されているので体当たりを軽減するメリットがあります。
体を面で支えてくれるので寝心地も良いです。

また、生地には3Dメッシュが使用されているので湿気を放出しやすい構造。
湿気が多い日本には最適な構造なので、カビの発生を抑制したい、安心できるマットレスを探している方にもおすすめです。

コイルマットレス 第2位:グランユニット3ゾーン マットレス

腰痛でもつらくないマットレス
グランユニット3ゾーン マットレス は、ポケットコイルのマットレスです。
体を点で支えることで負荷がかかる部分しか沈まない構造のため、寝返りを打っても揺れにくい特徴があります。
2人以上で眠る際も他の人の寝返りで揺れが起きる心配がないので熟睡できますよ。

また、快適な寝心地を追求するため、通気性のある素材が使用されています。
寝ている際には汗をかきやすいので、湿気を放出できる点は大きなメリットです。

コイルマットレス 第3位:グランユニットハード マットレス

硬めのマットレスで快適な眠りをサポート
グランユニットハード マットレス は、硬めのマットレスで快適な眠りをサポートしてくれます。
2台並べて設置をする際も沈み込みやスキマを軽減し、1台のマットレスのような寝心地になるので、家族での使用や夫婦での使用にもおすすめです。

マットレスの端部分は強化されているので、寝返りによる落ち込みも防止してくれます。
寝相が悪い方でも安心して眠れるでしょう。

お手入れがしやすいノンコイルマットレス

お手入れがしやすいノンコイルマットレス
ノンコイルマットレスはコイルを使用していないマットレスです。
主な種類には高反発・低反発・高弾性のウレタンフォーム、高反発ファイバー、ラテックスなどの種類があります。

コイルを使っていないので、揺れや沈み込みによるきしみ音がありません。
軽さもあるので扱いやすく、模様替えの時でも簡単に移動できます。

ノンコイルマットレス 第1位:CIRCLE マットレス

マットレスを洗濯するならCIRCLE マットレスがおすすめ
CLASオリジナル商品で中身まで洗えるマットレス。
汗やおねしょなど、汚れる頻度の高いマットレスですが、洗えるとなればいつでも衛生的に使用できるので安心です。
また、耐圧分散性に優れているので、肩や腰、背中の負担を軽減し、快適な眠りを提供してくれます。

マットレスはファイバー状になっているため、湿度が高い時でも湿気がこもりにくい構造。
端に座ったとしても大きな沈み込みがないので、負荷をかけずに立ち上がれるでしょう。

ノンコイルマットレス 第2位:Literie 高反発 マットレス

おすすめの洗えるマットレス
Literie 高反発 マットレスは、ポリエチレン製のマットレスです。
そのため、カバーを外せば水洗いが可能。

厚さは18cmと27cmの2種類があり、好きな方を選べます。頭や腰は沈みやすい部分ですが、しっかりと支えてくれるので快適性のあるマットレスです。

また、付属されているメッシュカバーは抗菌・防臭加工が施されています。
汗で汚れやすいマットレスですが、清潔さを保てる点は大きなメリットですよ。

自分に合ったベッド選びはレンタルがおすすめ

自分に合ったベッド選びはレンタルがおすすめ
サイズやベッドフレーム、マットレスの選び方によって、眠りの快適性には大きな違いが出てきます。
毎日の疲れを癒し、リフレッシュするためにも今回ご紹介した選び方のポイントやランキングを参考にベッド選びをしてみてください。

家具と家電のレンタル・サブスク を行っている CLAS では、豊富な種類のベッドをレンタルできます。
「購入する前に一度試してみたい」「気になるアイテムを使ってみたい」と思っている方は、ぜひ活用してみてください。

おすすめの記事