{{ toastMessage }}
家具と家電のレンタル ・サブスク CLAS (クラス)
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

一人暮らし向けの冷蔵庫 サイズや機能を徹底解説します

2024/05/10

冷蔵庫は、一人暮らし向けのモデルからファミリー向けのモデルまで多種多様です。
一緒に暮らす人数によって必要な食材量は変わるため、それに合わせて冷蔵庫のサイズを選ぶのが一般的です。

しかし一人暮らしの場合、積極的に自炊をする人もいれば、出前やお店でお弁当・総菜を買うことが多い人もいますよね。
そのため、ライフスタイルに合わせて適した冷蔵庫のサイズは変わってきます。

そこで今回は、一人暮らし向けの冷蔵庫の容量はどのくらいが目安なのか、どのくらいのサイズを選べば良いのか、おすすめの冷蔵庫はどれか、などの疑問に答えていきます。
一人暮らし向け冷蔵庫の購入で迷っている方は必見です。

一人暮らし向け冷蔵庫のサイズの目安はどれくらい?

一人暮らし向けの冷蔵庫は、基本的に小さめのサイズとなっています。
しかし、具体的にどのくらいの容量の冷蔵庫を選ぶのがベストなのかわからない方も多いでしょう。

まずは、一人暮らしの冷蔵庫の容積や自炊派・自炊しない派に適した冷蔵庫の選び方について解説していきます。
就職や転職、進学などで一人暮らしを始めるために冷蔵庫を買おうと考えている方は要チェックです。

一人暮らし冷蔵庫の容積|何リットル?

一人暮らしに適した冷蔵庫サイズの目安
一緒に暮らしている人数と冷蔵庫の容量目安は比例します。
下記の表を参考にしてみてください。
人数 冷蔵庫の容量目安
自炊をしない一人暮らし
ベッドサイド用
150 L以下
一人暮らし 240 L
二人暮らし 310 L
3人家族 380 L
4人家族 450 L
5人家族 520L
※冷蔵庫の必要容量の一般的な計算方法
70L(1人当たり)×家族の人数+100L(常備食材)+70L(予備食材)
上記の表からわかるように、一人暮らしの冷蔵庫のサイズは自炊をするか・しないかで変わってきます。

自炊をする場合、250 ~300 Lの冷蔵庫を用意しておくのがおすすめです。
自炊をしないのであれば150L以下の冷蔵庫でも問題ありませんが、小型冷蔵庫は霜取り機能が付いていないモデルが多い点に注意してください。

自炊をする派はちょっと大きめサイズの冷蔵庫がおすすめ

自炊をする一人暮らしには大き目サイズの冷蔵庫がおすすめ
一人暮らしでもしっかりと自炊をしたいと考える方も多いでしょう。

自炊をするとなると、冷蔵庫に食材をストックする機会が多くなります。
そのため、サイズは一人暮らし向けの中でも少し大きめのものを選ぶのがおすすめです。

自炊には野菜を使うことも多いので、野菜室が完備されているモデルを選ぶことも重要なポイントになります。
また、食材をストックできるだけではなく、冷蔵庫内の収納がしやすいかどうかも確認しておきましょう。購入前にいくつかのモデルを見比べ、使い勝手が良さそうなものを探してみてください。

一人暮らしで自炊をする場合の冷蔵庫選びは、以下のポイントを意識してみると後悔しにくくなります。

「食材をストックできるか」などの収納力を重視

一人暮らしの冷蔵庫のサイズは収納力を目安にする
一人暮らしをしている場合に限りませんが、仕事や学校があると毎日スーパーに行けないといったケースが多いでしょう。
その場合、食材をある程度ストックしておかなければいけません。
スーパーの特売日などにまとめ買いをすることが多いのであれば、その分をストックできるサイズの冷蔵庫が必要です。

また、一人暮らしだと、冷凍食品を買いだめしておきたいと考える人も多いです。
そのため、冷凍庫もそれなりの大きさがあった方が良いでしょう。

大きめの冷蔵庫なら二段ラックになっていることが多く、ものを分けて収納できるメリットがあります。
料理が好きで自炊をしたいなら、食材をストックできる収納力があるのか確認しておきましょう。

「野菜室」があるか

一人暮らしの冷蔵庫のサイズは野菜室の有無を目安にする
一人暮らし向けの冷蔵庫でサイズが小さいモデルだと、野菜室がないことが多いです。

野菜室は冷蔵室よりも温度が少し高めに設定されていて、野菜の低温障害を防いでくれます。
野菜の鮮度も保てるので、みずみずしい状態を長く維持できるのです。
しかし、湿度は高めとなっているため、野菜についた菌の繁殖を防ぐためにはこまめに掃除をしなければなりません。

すべての野菜が野菜室での保存に向いているわけではありませんが、自炊をするのであれば野菜室のある冷蔵庫を選ぶのが無難です。

「冷蔵室内」の収納のしやすさ

一人暮らしの冷蔵庫のサイズは使いやすさを目安にする
冷蔵庫内の収納のしやすさも、確認しておくべきポイントです。

一人暮らし向けだと収納力が高くないモデルもあるので、自分の目で確認して選ぶのが理想的。棚の位置を変えることができるモデルなら、収納するものに合わせて高さを変えられるので便利でしょう。

ある程度の大きさなら、ラベリングしたタッパーやジップロックなどを収納した時も探しやすくなります。
どこに何が入っているか、どのくらい残っているかなどをチェックしやすくなるので、在庫を管理したり、レシピを考えたりしやすくなるといったメリットも享受できます。

一人暮らし向けの小型冷蔵庫だと引き出し収納が少なく、一般的に言われている冷蔵庫の収納術は実践しにくいと感じる場合もあります。
そのような場合も大きめの冷蔵庫なら、収納用のケースを用意すると重ねて収納することが可能です。

自炊をしない派には小さめサイズの冷蔵庫が人気

自炊をしない一人暮らしにおすすめの冷蔵庫のサイズ
一人暮らしをしていて自炊をほとんどしないという方もいるでしょう。
外食やお惣菜を買ってくることが多い場合は、小さめの冷蔵庫でも問題ありません。
小さめのサイズであれば場所を取ることもなく、購入する際のコストも抑えられます。

アパ-トやマンションがお風呂に入ったり、睡眠をとったりするためだけの場所になっているパターンもあります。
そのような生活スタイルでは、冷蔵庫には飲み物くらいしか入っていない可能性が高いです。冷蔵庫に入れておくものが限られているなら、わざわざ大きいサイズを購入する必要はありません。

「コンパクトさ」や「デザイン性」を重視

自炊をしない一人暮らしの冷蔵庫のサイズは、コンパクトさを重視
一人暮らしでほとんど自炊をしない方は、コンパクトさやデザイン性の高さを重視して選ぶとよいでしょう。
飲み物や買ってきたお惣菜を入れておくくらいなら、小さいサイズでも問題はありません。

自炊をしなければ野菜もカットされてすぐに食べられるものしか買わないので、野菜室が必要ないというパターンも多いでしょう。
また、一人暮らしだとインテリアや家電などのデザインにこだわった部屋作りをしたいと考える方もみられます。

デザイン性を重視したいと思った場合、冷蔵庫も小型なタイプを選ぶことになります。なぜなら、容量が大きくなるとデザイン性よりも機能性を重視したモデルが多くなるからです。

一人暮らしの部屋に合う冷蔵庫のサイズを選ぶには

一人暮らしの部屋にピッタリなサイズの冷蔵庫を選ぶには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。
特に重視したいのは、設置するスペースや搬入経路です。
具体的にどんな部分を確認する必要があるのか、詳しいチェックポイントをご紹介します。

設置スペース・搬入通路をチェック

一人暮らしの部屋に合う冷蔵庫のサイズのおすすめ
冷蔵庫を設置するスペースや搬入経路は、あらかじめ確認しなければいけないポイントです。

単身向けのアパ-トだと冷蔵庫を設置するスペースがそこまで広くないケースも見られますが、アパ-トやマンションの構造によっては、搬入経路を工夫しないと部屋まで運ぶのが大変になってしまうパターンもないとは言い切れないため、前もって確認しておかなければいけません。

設置するスペースや搬入経路を確認する際、特にチェックしておきたいポイントは以下の3つです。
  • 冷蔵庫周辺に放熱スペースがあるか
  • 設置スペースの「高さ」や「奥行き」に余裕があるか
  • ドアの開き方などの「開閉」状況は問題ないか
冷蔵庫のサイズをきちんと確認し、問題がないモデルを選ぶようにしましょう。

冷蔵庫周辺に「放熱スペース」があるか

一人暮らしの部屋におすすめの冷蔵庫のサイズの選び方 設置スペース・搬入通路をチェック
冷蔵庫を設置するのであれば、サイズに関わらず放熱スペースが必要です。
必要となる放熱スペースの広さは冷蔵庫のサイズによって異なります。
1ドアタイプ 冷蔵庫上部10cm以上、左右2cm以上 背面10cm以上
2ドアタイプ 冷蔵庫上部30cm以上、左右2cm以上、背面7cm以上
放熱スペースが必要な理由は、冷蔵庫の中には冷媒という物質があり、パイプの中を通ってこないと外空間を循環しているためです。
冷媒が液体から気体に変わる時に気化熱として周りにある熱を奪い、庫内の温度を下げるという仕組みです。
そのため、放熱できるスペースがないと、冷蔵庫の内部が冷えにくくなってしまいます。

設置スペースに置けるか「高さ」や「奥行き」に余裕があるか

一人暮らしの部屋におすすめの冷蔵庫のサイズの選び方 「高さ」や「奥行き」に余裕があるか
冷蔵庫を予定の場所に設置できるか確認するには、冷蔵庫本体の高さや横幅などを確認しなければいけません。

本体の幅が収まらないと放熱スペースも確保できないので、場所を変えるか、他のモデルを検討が必要です。
冷蔵庫本体のサイズは商品ページなどに記載されているので、設置予定のスペースを採寸して問題ないかチェックしてみましょう。

なかにはスリムだけど、背が高いモデルもあります。
どのようなモデルを選びたいのか、実際に設置できるのはどのくらいの高さなのかといった点はあらかじめ確認しておくと、搬入してから後悔せずに済みます。

最近は、コンパクトでありながら収納力が高いモデルも出ているので、いろいろと見比べてみるようにしてください。

ドアの開き方などの「開閉」状況に問題はないか

一人暮らしの部屋におすすめの冷蔵庫のサイズの選び方 「開閉」状況に問題はないか
見落としてしまいがちですが、冷蔵庫のドアを開けた時の寸法もチェックすべきポイントの1つ。

冷蔵庫のドアは、片手で開け閉めできる片開きタイプ、真ん中で分かれていて左右に開く観音開きタイプの2種類に分けられます。

片開きタイプの場合は、ドアが手前に開くので冷蔵庫の横幅分ほどの開閉スペースがあると安心です。
観音開きタイプの場合は、左右にドアが開くので手前側のスペースはそこまで必要ありません。

しかし、左右の壁や家具との距離が近すぎると、開閉時の角度が足りなくなってしまうので使いにくさを感じる可能性が出てきます。

その他、「使い勝手や機能性」をチェック

一人暮らしの部屋におすすめの冷蔵庫のサイズの選び方 「使い勝手や機能性」をチェック
冷蔵庫を選び時は、サイズだけではなく使い勝手の良さや機能性もチェックしておくと、後悔せずに済みます。
使い勝手や機能性でチェックすべきポイントには、以下のような点が挙げられます。
  • 「静音性」は高いか
  • 電気代節約につながる「省エネ」機能があるか
  • 「冷凍室」が完備されているか
  • 「自動霜降り」機能はついているか
  • 「自動製氷機能」がついているか
自炊をする頻度が低い場合でも、機能が充実している冷蔵庫を選べば使い勝手の良さを感じられます。
自動霜取り機能や自動製氷機能は、普段料理をしない方にとっても嬉しい機能だと言えるでしょう。

さらに詳しい冷蔵庫の選び方は、「
冷蔵庫の選び方 自分にぴったりの冷蔵庫を見つけよう 」でご紹介しています。あわせてチェックしてみてください。

一人暮らし向け おすすめ冷蔵庫

冷蔵庫といっても種類は豊富です。
コンパクトなものから容量が大きく、たくさんの食材が入るものまであり、自分に合ったものを選ばないと不便に感じてしまいます。

ここからは、一人暮らしにおすすめの冷蔵庫を容量別にご紹介していきます。
後悔せず、自分に合ったものを見つけるためにも参考にしてください。
自炊をする一人暮らしにおすすめの冷蔵庫サイズ
日々の食事がお惣菜やお弁当、出前や外食がメインで、自炊の頻度が低いのであれば、容量の小さい冷蔵庫がおすすめです。

容量の多い冷蔵庫を購入しても、収納する食材が少ないのでスペースを持て余し、さらに本体のサイズが大きいので場所を取ってしまいます。

ここでは、一人暮らし向けの30~199Lまでのコンパクトサイズの冷蔵庫のおすすめをご紹介します。
小さめサイズの冷蔵庫を探している方は参考にしてください。

SHARP 179L 2ドア冷凍・冷蔵庫

自炊をする一人暮らしにおすすめサイズの冷蔵庫 SHARP 179L 2ドア冷凍・冷蔵庫
SHARPの179L 2ドア冷凍・冷蔵庫 は、「メガフリーザー」と呼ばれる冷凍庫を搭載しています。
大容量で冷凍食品やフリーザーバッグを縦に収納できるため、上から見やすく取り出しやすいメリットがあります。使い忘れも防げるので食材を無駄にしません。

また、引き出しも付いているので細かいものや氷を保管する際に便利です。
霜取りの必要もないのでストレスなく使用できます。

冷蔵庫の設置場所によっては、扉の向きを考えて購入する必要がありますが、SHARPの
179L 2ドア冷凍・冷蔵庫 であれば「つけかえどっちもドア」なので、右開きと左開きを自由に付け替えられます。
ドアトップのカバーを外し、ドアを止めている軸を逆側にはめるだけなので誰でも簡単に付け替え可能です。

冷蔵庫上部のトップテーブルは、耐熱100度なので電子レンジものせられて、ます。収納場所が少ない一人暮らしでも、スペースを有効に使えるでしょう。

触媒にはナノサイズの粒子を採用しているため、脱臭と抗菌の作用によって庫内のニオイや雑菌、カビの繁殖を抑える働きがあります。
清潔な状態のまま使用できるので安心です。
本体サイズ 幅49.5×奥行59.8×高さ135.3cm
本体重量 45kg
必要最小設置寸法 幅53.5×奥行64.6×高さ165.3cm
ドア開閉タイプ 付け替え左右開き
定格内容積(総容積) 179L
冷蔵室容量/冷凍室容量 121L/58L
霜取り方式 自動
天板への電子レンジ設置(耐荷重) 可能(30kgまで)

AQUA 2ドア135L 冷凍・冷蔵庫

自炊をする一人暮らしにおすすめサイズの冷蔵庫 AQUA 2ドア135L 冷凍・冷蔵庫
AQUAの 2ドア135L 冷凍・冷蔵庫 には、生鮮食品の保存に便利な低温フリーケースが搭載されています。
350ml缶といった高さのあるものでも収納できるので、ドリンクを素早く冷やすことも可能です。

また、冷蔵庫内の棚は全段強化処理をしたガラス棚となっています。重い鍋を置いても棚が歪むことはなく、ニオイ移りも少ないです。
サッと拭き取るだけで汚れも取れるのでお手入れも簡単です。

ドアの内側にはドアポケットもあり、卵のパックもそのまま置けます。
冷蔵庫上部のトップテーブルには電子レンジも設置でき、ローボディとなっているのでレンジも使いやすいです。

また、冷凍庫はたっぷりと収納できる大容量サイズとなっていて、引き出しもあり、貯氷スペースのあるバスケットには小物も入れられるので、整理整頓がしやすいです。
フラット&スクエアデザインなので、壁にピッタリと設置できる点も魅力です。
本体サイズ 幅49.5×奥行57.3×高さ119.3cm
本体重量 37kg
必要最小設置寸法 幅53.5×奥行57.3×高さ129.3cm
ドア開閉タイプ 片開きタイプ(右開き)
定格内容積(総容積) 135L
冷蔵室容量/冷凍室容量 85L/50L
霜取り方式 自動
天板への電子レンジ設置(耐荷重) 可能(30kgまで)

SHARP 152L 2ドア冷凍・冷蔵庫

自炊をする一人暮らしにおすすめサイズの冷蔵庫 SHARP 152L 2ドア冷凍・冷蔵庫
買い置きをする方や週に何度か自炊をする方は、150L以上の冷蔵庫がおすすめです。

SHARPの
152L 2ドア冷凍・冷蔵庫 は、冷蔵庫内にドアポケットもあり、下段には2Lのペットボトルも収納できます。
冷凍庫も大容量のメガフリーザーになっており、深さのある棚も付いているので細かいものも収納しやすく整理もしやすいです。

また、LED照明を採用しているので、明るく見やすい点も特徴です。
「つけかえどっちもドア」を搭載しているので、右開き・左開きと自由に付け替えられます。設置場所を選ばない点は大きな魅力です。
扉の付け替えは簡単に行えるので、一人暮らしでも安心です。

また、トップテーブルは耐熱100度なので電子レンジも設置できます。
キッチンスペースを有効活用できるので、調理もしやすいです。
本体サイズ 幅49.5×奥行59.8×高さ120.3cm
本体重量 41kg
必要最小設置寸法 幅53.5×奥行65.8×高さ150.3cm
ドア開閉タイプ 付け替え左右開き
定格内容積(総容積) 152L
冷蔵室容量/冷凍室容量 94L/58L
霜取り方式 自動
天板への電子レンジ設置(耐荷重) 可能(30kgまで)

【冷蔵機能付き】スマートテーブル LOOZER

自炊をする一人暮らしにおすすめサイズの冷蔵庫 スマートテーブル LOOZER
スマートテーブル LOOZER は、様々な機能が搭載されたリビングテーブルです。

見た目はスタイリッシュなテーブルですが、冷蔵庫が搭載されており、フードやドリンクを保存できます。コントロールパネルで温度調節も可能です。

ワイヤレス充電機能も搭載されており、スマートフォンやスマートウォッチを置くだけで充電もできる優れものです。
USBポートもあり、Type-Aポートが2つ、Type-Cポートを1つ搭載。
電源コンセントも2口あるので、パソコン作業をする際も便利です。

また、テーブルの足元にはアンクルライトを設置しています。
人感センサー式になっているので、人を感知すると足元を照らす仕組みです。暗い夜間時でも足元が明るくなるので、移動もしやすいです。

スマートな生活に興味があれば、スマートテーブル LOOZERの活用を検討してみてください。
本体サイズ 幅66.7x高さ46x奥行70.5cm
本体重量 34kg
冷蔵庫容量 65L

一人暮らし向け 200〜299Lの冷蔵庫(1〜2人用サイズ)

一人暮らしに最適な大きめサイズの冷蔵庫の目安
買い置きを多くする方や作り置きをする方、毎日自炊をすることが多い場合は、容量の大きい冷蔵庫の使用がおすすめです。
収納力のある冷蔵庫を購入すれば多くの食材を保管でき、作り置きをした食品も冷蔵・冷凍保存できます。
ここでは、一人暮らしにおすすめの200~299Lの冷蔵庫をご紹介していきます。

AQUA 201L 2ドア 冷凍・冷蔵庫

一人暮らしに最適な大きめサイズの冷蔵庫の目安 AQUA 201L 2ドア 冷凍・冷蔵庫
AQUAの 201L 2ドア 冷凍・冷蔵庫 は、全段強化処理ガラス棚を使用しています。
ニオイ移りが少ないので、ニオイのある食材を保管する際も安心です。汚れても拭き取るだけで綺麗になるのでお手入れがしやすいメリットがあります。

冷蔵庫のドアポケットは3段あり、下段には2Lのペットボトルも楽に収納できるので、飲み物を多く収納したい方にとって最適。
上部は耐熱100度テーブルになっているので電子レンジを設置できます。
本体幅が広いので、ワイドタイプのオーブンレンジも無理なく設置可能です。
冷蔵庫は上部スペースを有効活用できるようローボディタイプになっていて、レンジの出し入れがしやすいので負担なく家事ができます。
本体サイズ 幅52.5×奥行59.3×高さ138cm
本体重量 40kg
ドア開閉タイプ 片開きタイプ(右開き)
冷蔵室容量/冷凍室容量 143L/58L
天板への電子レンジ設置 可能

SHARP 280L 2ドア冷凍・冷蔵庫

一人暮らしに最適な大きめサイズの冷蔵庫の目安 SHARP 280L 2ドア冷凍・冷蔵庫
SHARPの 280L 2ドア冷凍・冷蔵庫 には、自炊をする方向けの便利な機能が多数搭載されています。
冷蔵庫内には、野菜室の密閉性をアップする高湿度シールド構造になっている「シャキット野菜室」があり、野菜を乾燥から守ってくれるので、食材を長持ちさせることができます。

冷凍庫は大容量のメガフリーザーとなっており、作り置きした料理や冷凍食品、アイスなど、様々なアイテムを収納できます。
引き出しボックスになっているので、整理もしやすいです。

また、「おいそぎ冷凍」では、魚や肉のドリップを抑えて一気に冷凍ができるので、美味しさだけではなく栄養分を封じ込めることが可能です。

冷蔵庫内は、プラズマクラスターイオンで除菌された冷気が循環するため、清潔な状態をキープできます。ニオイ対策にも有効でしょう。

機能性を重視するなら、おすすめの冷蔵庫となっています。
本体サイズ 幅56×奥行66.5×高さ156.8cm
本体重量 49kg
必要最小設置寸法 幅57×奥行68.5×高さ166.8cm
ドア開閉タイプ 片開きタイプ(右開き)
定格内容積(総容積) 280L
冷蔵室容量/冷凍室容量 155L/125L
霜取り方式 自動
天板への電子レンジ設置 不可

ファン式 227L 2ドア冷凍・冷蔵庫

一人暮らしに最適な大きめサイズの冷蔵庫の目安 ファン式 227L 2ドア冷凍・冷蔵庫
Hisenseの ファン式 227L 2ドア冷凍・冷蔵庫 は、大容量のドアポケットが特徴です。
2Lのペットボトルを3本置いても余裕があり、ドリンクだけではなく、マヨネーズやケチャップといった調味料、卵など、様々なアイテムを収納できます。
野菜を収納できる野菜ケースも搭載されているので、食材を分けて収納でき整理整頓がしやすく出し入れもしやすいです。

棚はガラス製になっていて、たとえ汚れたとしても染み込まず、タオルで拭くだけで清潔さを保てます。庫内には継ぎ目もないので汚れも溜まりにくく、掃除もしやすいです。

冷凍庫にはファンによる自動霜取り機能が搭載されています。
回転製氷皿も搭載されているので、氷も手軽に作れます。冷蔵室の容量が大きいので、冷蔵保存をする頻度が多い場合におすすめの冷蔵庫です。
本体サイズ 幅55×奥行61×高さ155.6cm
本体重量 52.9kg
必要最小設置寸法 幅59×奥行68.5×高さ165.6cm
ドア開閉タイプ 片開きタイプ(右開き)
定格内容積(総容積) 227L
冷蔵室容量/冷凍室容量 174L/53L
霜取り方式 自動
天板への電子レンジ設置 不可

一人暮らし用のサイズの冷蔵庫を賢く入手する方法

一人暮らしで冷蔵庫を選ぶ場合、自炊の有無や設置するスペース、搬入経路などを基準にして選ぶことが大切です。
しかし、冷蔵庫は費用が高く、頻繁に買い替えを検討する方はあまりいないはず。

長く愛用する家電なので、失敗しないようじっくりと考えて検討する必要があります。
賢く入手するためには、以下のポイントも参考にして冷蔵庫選びをしてみてください。
ライフステージに合わせて、一人暮らしに適した冷蔵庫のサイズを選ぶ
  • ゆくゆくは家族が増えることを想定したい
  • もうすぐ二人暮らしになるから今よりももっと大きな冷蔵庫が欲しい
  • 結婚する予定がある
将来的には一人暮らしではなくなり、家族が増えることも予想できます。

結婚、出産が想定されるなら、小さい冷蔵庫を購入するよりも大きめサイズの冷蔵庫を購入した方が、後から購入し直す必要もありません。大きい冷蔵庫には高性能なモデルも多いので、便利な機能も搭載されています。使いやすさも増すはずです。

また、反対に以下の理由で家族が減ることも。
  • 子どもが進学、就職で家を出る予定がある
  • 親が施設に入り、一人暮らしになる可能性がある
近い将来一緒に暮らす家族が家を出る予定がある場合は、容量の小さい冷蔵庫でも問題ありません。
ライフステージに合わせてサイズを選ぶと買い替えの頻度を抑えることができます。

生活スタイルに合ったサイズの冷蔵庫を使う

一人暮らしの生活スタイルに合ったサイズの冷蔵庫を使う
  • 冷蔵庫が大きいと奥が深くて埋もれてしまい、食材を無駄にしてしまう
  • 自炊をする頻度が高く食材を置くスペースが確保できない
  • 作り置きをしたものを冷凍保存したくても保存できずに困っている
生活スタイルに合わない冷蔵庫を買ってしまうと後悔する可能性があります。
例えば、容量が多い方がたくさんの食材を保管できますが、奥の方が見えずに新たにものを購入してしまえば食材が無駄になってしまいます。

自炊をする頻度が少ない、整理整頓が苦手なのであれば、小さいサイズの冷蔵庫の方が使いやすいです。
食材を多く購入して無駄にすることも減るので節約にもつながります。

反対に、食材を置くスペースがなく、いつもギリギリになってしまうのであれば、今よりも大きめサイズの冷蔵庫の購入を検討しましょう。
容量が大きくなれば保管できるものも増えるので、作り置きや購入したアイテムもより多く収納できます。

冷蔵庫を買い替えるなどの費用をトータルで抑える

一人暮らし向けの冷蔵庫サイズに買い替えるなどの費用をトータルで抑える
  • 引越しをする予定があり、その際には処分を検討している
  • いずれは家族が増える予定があるから費用を抑えて購入したい
上記のように、費用を抑えることを考えているなら、抑えた価格の冷蔵庫を見つける必要があります。

中古アイテムでも安く手に入りますが、劣化や破損している箇所があるかもしれません。古い年式の冷蔵庫であれば、すぐに不具合が発生して買い替えとなるケースもあります。

少しでも費用を抑えて、処分や買い替えの手間をなくしたい場合は、冷蔵庫のレンタルを検討してみましょう。
レンタルすれば、月額利用料を支払うだけで高機能な冷蔵庫が手に入ります。

思っていた使い心地と違った場合には交換でき、引っ越しなどで不要になった場合には返却できるので、購入よりも費用と手間を抑えられる点がメリットです。

自分の暮らしに合った冷蔵庫を見つけて楽しい毎日を

一人暮らの冷蔵庫サイズはどれくらい?
一人暮らしにおすすめの冷蔵庫についてご紹介しました。

ライフステージや生活スタイル、費用など、人によって冷蔵庫選びの基準には違いがあります。容量や機能など、選択肢が多いので迷ってしまいがちですが、暮らしに合った冷蔵庫が見つかれば後悔せず使い続けられます。

家具と家電のレンタル・サブスクサービス を展開する CLAS では、人気メーカーの冷蔵庫を多数取り揃えています。

「自分に合う容量を知りたい」「引越しをする前に試してみたい」「家族が増えるまでの間使える冷蔵庫が欲しい」など、様々なニーズに応えてくれるので、一人暮らし用の冷蔵庫が必要な場合は、ぜひ
CLAS の利用を検討してみてください。

おすすめの記事