{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

洗濯機 一人暮らしにおすすめの安いモデル12選

2024/01/31

一人暮らしをする際には、洗濯機の価格を基準に製品を選ぶ方もいますが、洗濯容量や洗濯機そのもののサイズに合わせて最適なモデルを選ぶ必要があります。
一人暮らしの場合、
縦型洗濯機なら3万円~7万円台 ドラム式洗濯機なら7万円~10万円台 が主な金額の目安となります。

しかし、どのようなものを選ぶべきかわからない方も多いでしょう。洗濯機を購入してから、「サイズが合わなかった」「使い勝手が悪かった」といった後悔をしないようにするためには、しっかりと自分に合ったモデルを選ぶことが大切です。

そこで今回は、一人暮らしにおすすめしたい、安い縦型洗濯機とドラム式洗濯機をご紹介します。洗濯機を安く手に入れる方法もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。


洗濯機 一人暮らしにおすすめの安い縦型洗濯機 10選

洗濯機を選ぶ際には、価格だけでなく容量や設置場所をよく確認しておく必要があります。一人暮らしに最適な容量は、 5kg~7kg です。

洗濯容量は人数×1.5kgで1日あたりの容量が求められます。そうなると、一人暮らしでは5kg~7kgの容量は多いようにも感じられますが、一人暮らしの場合は毎日ではなくまとめて洗濯するという方も多いのです。

サイズで考えると、設置場所に困らないスリムな縦型洗濯機がおすすめ。
まずは、5kg~7kgの容量のモデルから、安くておすすめの縦型洗濯機をご紹介します。

ダークグレーとホワイトから選べる 縦型洗濯機

一人暮らしにおすすめの安い縦型洗濯機 A stage
縦型洗濯機 は、ダークグレーとホワイトから選択できる、シンプルで一人暮らしの部屋にも最適な洗濯機です。標準・毛布・時短・おしゃれ着・つけおきの5つの洗濯コースが付いているので、洗いたい衣類に合わせて選べるため機能性も抜群。

操作ボタンもシンプルで見やすいので、誰でも簡単に使用できます。コンパクトながら容量は5kgと、まとめ洗いにも最適なので使い勝手も良いでしょう。

中が見えるスマートデザイン AQUA 全自動洗濯機

一人暮らしにおすすめの安い縦型洗濯機 AQUA全自動洗濯機
AQUA 全自動洗濯機 は、標準・おいそぎ・自分流・毛布・ドライのほか、洗濯槽洗浄機能が付いている縦型洗濯機です。

機能の中でも自分流は、その名の通り自分のお好みの洗濯内容を設定して記憶させることができるコースで、前回設定した内容を繰り返しインプットする必要がありません。
予約運転もできるので、一人暮らしで夜間のうちにまとめて洗濯したい方にもおすすめです。

一部がスケルトンになっており、中が見えるのも嬉しいポイントです。

一人暮らし向けコンパクトサイズ AQUA 全自動洗濯機 5kg

一人暮らしにおすすめの安い縦型洗濯機 AQUA
AQUAの AQW-S5Nの縦型洗濯機 は、3Dアクティブ洗浄と呼ばれる縦と横の立体水流によるもみ洗い機能が付いています。立体的な水流を起こすことで、衣類の傷みや洗いムラを抑えることができます。

また、中が見えるクリアガラストップを採用しており、お手入れのしやすさも特徴です。
洗濯の各工程を選択できる自分流コースも備わっているので、好みに合わせて使いやすいでしょう。

節水や時短で最近注目されているすすぎ1回コースもあるので、忙しい一人暮らしの方にも便利です。

人気ハイブランドなのに安い Panasonic 全自動洗濯機

一人暮らしにおすすめの安い縦型洗濯機 Panasonic 全自動洗濯機
Panasonic 全自動洗濯機 は、ビッグウェーブ洗浄のもみ洗いを得意とする洗浄力の良さが特徴です。水位が低くても高い洗浄力で洗濯できるので、節水につながりコストパフォーマンスにも優れています。
からみほぐし機能も付いており、洗濯物を取り出す時のストレスを感じることなく、スムーズに取り出すことが可能です。

また、「楽ポイフィルター」付きで、フィルターにたまった汚れを取り除くだけで簡単にお手入れできます。他にも、槽カビ予防や槽洗浄機能が付いているので、汚れが気になりやすくお手入れが心配な方でも安心して使用できます。

シャンパンのパネルがおしゃれなPanasonic 縦型洗濯機 (洗濯5kg)

一人暮らしにおすすめの安い縦型洗濯機 Panasonic
Panasonicのおしゃれで機能性の高いモデル、 NA-F50B12の縦型洗濯機 です。先に紹介したPanasonicのモデルと同様に、こちらもビッグウェーブ洗浄方式が特徴で、衣類を傷めることなくしっかりもみ洗いできます。

加えて、香りしっかりコースがプラスされており、柔軟剤を使用する際に、しっかりと香りづけすることが可能です。柔軟剤を投入するタイミングをお知らせしてもらえるのも便利です。

カフェのような家電シリーズ Haier URBAN CAFE 全自動洗濯機

一人暮らしにおすすめの安い縦型洗濯機 Haier URBAN CAFÉのシリーズ
スタイリッシュなステンレスデザインが特徴の Haier URBAN CAFEのシリーズの縦型洗濯機 です。
まるでカフェをイメージさせる見た目となっているので、一人暮らしの部屋に設置すれば生活感の少ないおしゃれな空間になるでしょう。デザインだけでなく、機能性にも優れています。

例えば、しわケア脱水機能では、衣類がしわになりにくく傷みを抑えて洗うことができます。
お急ぎコースの場合は、洗い・すすぎ・脱水合わせて約10分で洗濯が完了するので、時短にも節電にもなり、毎日忙しくしている方にも便利です。

シンプルでどんな部屋にも合う maxzen 全自動洗濯機

一人暮らしにおすすめの安い縦型洗濯機 maxzenの全自動洗濯機
maxzenの全自動洗濯機 は、標準・自分流・強洗・毛布・ソフト・風乾燥・槽洗浄のコースがあり、ワンタッチで簡単に操作できます。
頑固な汚れに最適な強洗コースや、衣類の傷みを抑えて優しく洗えるソフトコースなど、用途に応じて使い分けしやすい機能がたくさんあります。

起床や帰宅に合わせて洗濯終了時刻予約ができるので、ライフスタイルにも合わせやすいでしょう。浴槽の残り湯でも洗濯可能なので、節水にもつながります。

AQUA 洗濯槽が見える 縦型洗濯機

一人暮らしにおすすめの安い縦型洗濯機 AQUAのAQW-V7Mモデル
AQUAの AQW-V7Mモデル は、洗濯容量7kgのタイプの中でも安いのが魅力の縦型洗濯機です。
価格を抑えつつも機能性は抜群で、標準・すすぎ1回・おいそぎ・念入り・やさしく・自分流・ジェルボール・毛布・おしゃれ着といった9つものコースで洗濯が可能となっています。

衣類を傷ませずに綺麗に洗うことのできる「高濃度クリーン浸透&3Dパワフル洗浄」が特徴で、繊維の奥までの汚れを落とすことが可能です。

ドラム式洗濯機 一人暮らしにおすすめの安いモデル 2選

一人暮らしを始める方の中には、縦型洗濯機よりもドラム型洗濯機を検討しているという方もいるでしょう。

ドラム式洗濯機は、少ない水で洗濯ができるほか、乾燥機能などの面で機能性が高く、容量が大きいモデルが多いため縦型洗濯機よりも高くなりやすいです。
ただ、洗濯物の仕上がりや水道代・電気代を節約したいという方にはドラム式洗濯機もおすすめできます。

ここでは、一人暮らしにおすすめの、比較的安いドラム式洗濯機のモデルを2つご紹介します。

高機能ハイブランドなのに安い SHARP ドラム式洗濯乾燥機【洗濯10㎏ / 乾燥6kg】

一人暮らしにおすすめの安いドラム式洗濯機 SHARP ドラム式洗濯乾燥機
まずは、SHARPの ドラム式洗濯乾燥機ES-H10D をご紹介します。
このモデルは洗濯容量が10kgのドラム式洗濯機で、一人暮らしでは大きなタイプになります。同程度のモデルとしては高機能を持つハイブランドでありながら、比較的安く購入できるのが特徴です。

また、2020年8月1日時点では、ドラム式洗濯機の中でも業界最高水準の低騒音設計となっており、運転中も静かです。
プラズマクラスター機能も搭載されており、洗濯機内部はもちろん、衣類も除菌していつでも清潔に保つことができます。

一人暮らしの部屋にも置けるサイズ AQUA まっ直ぐドラム 【洗濯12kg/乾燥6kg】

一人暮らしにおすすめの安いドラム式洗濯機 AQUAのまっ直ぐドラム
AQUAのまっ直ぐドラム は、洗濯12kgと大容量のモデルの中でも安く、購入しやすい価格帯となっています。
こちらのモデルにはマイナーチェンジした2タイプ(AQW-D12N・AQW-D12M)がありますが、特にAQW-D12Mは価格が安いです。

また、ドラムの向きが水平になっている「まっ直ぐドラム」を採用しているため、12kg台のドラム式洗濯機としてはコンパクトなサイズ感が魅力です。
一般的な防水パンにも問題なく設置でき、一人暮らしの方にも最適です。

洗濯機を安く入手する方法

洗濯機は、メーカーやモデル、容量などによって価格が大きく異なります。
一人暮らしは洗濯機以外にも必要な家具・家電がありますし、引っ越し費用や初期費用など、まとまったお金がかかってしまいます。

費用を抑えるため、洗濯機も価格が安いものを選びたい方は多いでしょう。

そこで、最後に洗濯機を安く入手する方法をご紹介します。

洗濯機はいつが安い?

一人暮らし向けの洗濯機が安い時期
洗濯機の購入時期は、 家電量販店の決算期である9月・3月 洗濯機がモデルチェンジを迎える8月・9月 ボーナス支給時期の6月~7月・12月 、そして 年末年始の時期 がおすすめです。

まず、家電量販店は中間決算が9月、総決算が3月に行われるため、それに先駆けて決算セールを実施し、洗濯機も特価になる可能性が高いです。

モデルチェンジの時期になると、旧モデルがこれまでよりも安く買えるようになりますし、ボーナス支給時期にもボーナス商戦がスタートするため、特典付きや高還元などのサービスが充実する傾向があります。

年末年始も、家電量販店ではセールを実施する所が多く、型落ちした洗濯機が安く入手できます。

洗濯機はどこが一番安い?

一人暮らし向けの洗濯機が安いお店
洗濯機は、家電量販店やネット通販、リサイクルショップなど、様々な場所で購入することができます。
その中でも、どこで購入するのが最もお得なのでしょうか?

実際は、新品を購入するのか、中古や型落ちを購入するのかによっても最適な購入場所は異なります。
仮に新品で購入する場合には、家電量販店では価格は高くなる傾向があります。

加えて、新品はリサイクルショップではほとんど出回りません。
新品が良いのであれば、圧倒的に安いのがネット通販です。人件費や店舗の家賃・管理費等がかからない分、本体価格が安くなるからです。

一方、型落ちの場合は、セールを実施する家電量販店の方が安くなる傾向がありますし、中古で良いのであればリサイクルショップも注目しておくべきです。
ただ、中古やアウトレットの場合は、現物を確認できる実店舗での購入がおすすめです。

安く洗濯機を手に入れるなら家電のレンタル・サブスクという選択も

一人暮らし向け洗濯機はレンタル・サブスクが安い
安く洗濯機を手に入れたいと思っているなら、家電のレンタル・サブスクを利用するという選択肢もあります。

家電のレンタル・サブスクを行っている
CLAS は、その名の通り月額使用料を支払うことで好きな家電をレンタルできるサービスを提供しています。
一人暮らしを始める際に、まとまったお金が用意できない時や、予算内で適した洗濯機がない時などにも便利なサービスです。

家電のレンタル・サブスク なら、期間を決めて必要な時期だけレンタルして、一人暮らしが落ち着いてきたら返却し、新しいものを購入するといった方法もできます。
気になっていた家電でも、実際に試して使い勝手や機能面などを確かめられるため、購入して失敗するといったリスクも防ぐことが可能です。予算に合わず、妥協して購入するといった心配もありません。

一人暮らしを始める際、安い洗濯機が見つからなかったり、洗濯機を購入する余裕がなかったりする方にとって、
CLAS は非常に便利です。
また、
CLAS には家電だけでなく、家具やインテリアといった幅広いものを取り揃えているため、生活に必要なものを一式レンタルすることもできます。

手頃な価格でレンタルできるので、家具・家電のレンタル・サブスクを上手に活用してみてはいかがでしょうか?



おすすめの記事