{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

一人暮らしの初期費用はいくら?安く抑える裏技もご紹介

2024/01/16

初めての一人暮らし。
期待に胸が膨らむ一方で、「一人暮らしを始めるにはいくら必要なんだろう?」と不安になることも・・・。

一人暮らしの初期費用は、家賃の4~6ヵ月分が一般的な目安で、相場は約50万円 といわれます。

家賃が6万円なら、初期費用は約24〜36万円。
家賃が7万円なら、初期費用は約28万〜42万円です。

この記事では、初期費用の内訳にはどんなものがあるのかを金額の目安と併せて解説します。

また、一人暮らしに必要なもののリストとその費用や、一人暮らしをする前に知っておくべきこと、
初期費用を抑えて家具と家電をそろえる方法 もお伝えしますので、ぜひ一人暮らしを始める前にお読みください。

一人暮らしの初期費用それぞれの値段は?

一人暮らしの初期費用はいくらか計算する人
一人暮らしの初期費用には以下のようなものがあります。
  • 賃貸契約にかかる費用
  • 一人暮らしの引っ越し費用
  • 一人暮らしに必要な家電や家具の準備費用
ここから、それぞれの費用について解説します。

賃貸契約にかかる費用

一人暮らしの初期費用の中で大きな支出になる賃貸契約金
初期費用のなかでも、一番大きな支出が新居の賃貸契約にかかる費用です。
ここでは、賃貸契約にかかる初期費用の内訳と、費用の目安をまとめました。

初期費用は賃料を目安に算出されるので、家賃7万円の場合のシミュレーションも参考にご覧ください。
【賃貸契約にかかる費用の内訳とシミュレーション】
賃貸物件の契約時に必要な項目 費用の目安 家賃7万円のシミュレーション
敷金 家賃の1~2ヵ月分 7~14万円
礼金 家賃の1~2ヵ月分 7~14万円
仲介手数料 家賃の1ヵ月分+消費税 7.7万円
日割家賃 入居日(月末までの日数)によって異なる 0円※
前家賃 翌月分の家賃 7万円
保証会社利用料 家賃の0.5~1ヵ月分 3.5~7万円
火災保険 毎年0.4~0.9万円 0.4~0.9万円
鍵交換費 1~1.2万円 1~1.2万円
合計 33.6~51.8万円
※このシミュレーションでは、日割り家賃をゼロとして計算しています。日割家賃は入居日によって変わりますのでご注意ください。
家賃は新居がどこにあるかによっても大きく変わります。
東京で一人暮らしを始める人、自分の地域の初期費用を知りたい人は、以下の記事も併せてご覧ください。

一人暮らしの引っ越し費用

一人暮らしの初期費用に含まれる引っ越し費用
一人暮らしを始める際には、賃貸の契約費用のほかに、引っ越し費用も用意しておく必要があります。

一人暮らしの引っ越しの相場は、3万〜10万円 といわれています。

一人暮らしの引っ越し費用は「時期」「荷物の量」「引っ越し先までの距離」によって大きく変わります。

また、引っ越し業者の繁忙期は2〜4月で、この期間は費用が高く設定されています。
できればこの時期を外すと、引っ越し費用の節約になるでしょう。

引っ越し費用と、引っ越し費用を抑える方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

一人暮らしに必要な家具や家電のリストと費用の目安

一人暮らしの初期費用に含まれる家電と家具の費用
初めて一人暮らしを始めるときには家電や家具の費用も必要になります。
どのようなものが必要なのか、一人暮らしに必要な家電と家具のリストと、その費用の目安を見ていきましょう。

一人暮らしに必要な家電とその費用

まずは、一人暮らしの生活に必要な家電と、その費用の目安を見ていきましょう。
一人暮らしに必要な家電 費用の目安
冷蔵庫 1~6万円
電子レンジ 1~4万円
炊飯器 0.5~6万円
洗濯機 2~5万円
掃除機 1~3万円
テレビ 1~6万円
ドライヤー 0.1~5万円
合計 7~35万円
以上はあくまで目安ですが、一人暮らしに必要な家電をすべてそろえる場合の相場は、約7〜35万円ほどです。

一人暮らしに必要な家具と費用の相場

続いて、一人暮らしにあると快適な家具のリストと、その費用の目安を見ていきましょう。
一人暮らしに必要な家具 費用の目安
ベッド 3万円
リビングテーブル 1~4万円
椅子 1万円
カーテン 0.5万円
収納家具 1~3万円
1~2.5万円
テレビ台 1~3万円
ラグ 0.3~0.8万円
合計 8.8~17.8万円
一人暮らしにあると快適な家具をそろえた場合、費用の目安は約8.8〜17.8万円ほどです。

一人暮らしに必要な家具と家電にかかる初期費用を抑える方法については、以下の記事でご紹介しています。参考にご覧ください。

一人暮らしの初期費用で知っておくべきポイント

一人暮らしの初期費用に含まれる家具や家電の費用
一人暮らしを始める際は多くの家電や家具が必要になりますが、間違ったサイズのものを選ぶと後で後悔することに。

ここからは、一人暮らしに必要な家電のサイズや、家具選びの際に知っておくべき大切なポイントなどを解説します。

一人暮らしを素敵で快適なものにするために、ぜひ参考にしてください。

一人暮らしの洗濯機は何キロ必要か

一人暮らしの洗濯機は何キロ必要か
洗濯機は一人暮らしを始める際に必要になる家電のひとつ。

1日に洗濯する衣類は、一人約1.5kgといわれています。一人暮らしの場合、2〜3日分をまとめて洗濯することもあるため、5〜7kg程度の洗濯機がおすすめです。

5〜7kgあれば、コインランドリーに行かず、自宅でシングルサイズのシーツやカバーも洗えます。

一人暮らしは縦型洗濯機が定番ですが、最近はドラム式洗濯機も人気。ただし、ドラム式洗濯機は、一人暮らし向けの住居にはサイズが大きい場合があるので注意が必要です。

一人暮らしにおすすめの洗濯機について、詳しくは以下の記事でご確認ください。

一人暮らしの冷蔵庫のサイズはどのくらいか

一人暮らしの初期費用に欠かせない冷蔵庫
一人暮らしの冷蔵庫のサイズは「自炊をするか・しないか」で変わってきます。

自炊をする場合は、250〜300L台の冷蔵庫がおすすめ。
自炊をしないのであれば、150L台以下の冷蔵庫でも充分です。

一人暮らしの冷蔵庫のサイズについて、詳しくは以下の記事をご覧ください。

一人暮らしにおすすめのソファ

一人暮らしの初期費用に含めたいソファとオットマン
一人暮らしの場合、「スペースがないから」とソファをあきらめることも・・・。
でも、ワンルームや1K、人気の新築狭小アパートでも置けるコンパクトなソファもあります。

一人暮らしの部屋でも、ちょうどよいサイズのソファを置くことで、部屋を上質な空間にコーディネートできます。

一人暮らしにおすすめのソファを以下の記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください。

一人暮らしにおすすめのベッド

一人暮らしにおすすめのベッド
一人暮らしをする際、お布団という選択もありますが、やっぱりベッドが人気。
一人暮らしの部屋には、シングルやセミダブルがおすすめです。

ベッドの快適さは、自分に合うマットレス選びできまります。
また、おしゃれさはベッドフレームが重要に。

ベッドフレームのタイプには、ヘッドボードがあるものとないものがあり、どちらを選ぶかで、部屋の見え方が変わってきます。
ヘッドは存在感のある家具なので、新居や暮らしに合うものを選ぶことがとても大切になります。

以下の記事では、一人暮らしの部屋をおしゃれにコーディネートするおすすめのベッドフレームとベッドマットレスを紹介しています。
ベッド選びに失敗しないために、ぜひ参考にしてください。

一人暮らしにおすすめ スペースを生かす兼用家具

一人暮らしの空間は限りがあるため、2つ以上の機能を兼用できる家具が役立ちます。
省スペースで、機能を兼用できる便利でおしゃれな家具をいくつかご紹介します。

ソファダイニングで余白を作る

一人暮らしの初期費用を賢く抑える兼用のソファダイニング
ソファダイニングとは「ソファに座って、ダイニングテーブルを利用する」様式のこと。
ソファをベンチタイプにしたり、テーブルをローテーブルとダイニングテーブルとして兼用できる昇降式にすると、使いやすいダイニングソファになります。

ソファダイニングがあれば、食事をするダイニングスペースと、ソファでくつろぐリビングスペースがひとつの空間に。さらに仕事や勉強するときにも便利です。

上手に有効活用できた残りのスペースは、ゆとりの空間として利用することができるでしょう。

おすすめのソファやテーブルの選び方や注意点については、以下の記事でご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

ソファベッドで生活感のない部屋づくり

一人暮らしの初期費用を節約できる兼用家具の1つ、ソファベッド
ソファベッドは、ソファとベッドが兼用になった便利な省スペース家具のひとつ。

ソファベッドのメリットは、ふたつの大型家具が1つになっているため、場所だけでなく、一人暮らしの初期費用も節約できること。

3人掛けのソファベッドなら、眠るときも座るときもゆったり。来客にも対応できます。

一人暮らしにおすすめのソファベッドを見たい方は、以下の記事をご覧ください。

家具を部屋の間仕切りにする

おしゃれな部屋の間仕切りアイデアと実例
一人暮らしの部屋は広さや居室の数が限られますが、おしゃれで便利な空間をつくりたいもの。

特に寝るスペースと、食事したりリラックスしたりするリビングを区切れると、生活にメリハリが付きます。

限られた空間にインテリアを置く際は、家具や観葉植物のレイアウトに工夫して、上手に部屋を間仕切るのがおすすめ。

以下の記事では、一人暮らしの部屋の間仕切りアイディアをご紹介しています。おしゃれな一人暮らしの部屋作りを参考にご覧ください。

初期費用を抑えて家具と家電をそろえる方法

一人暮らしの初期費用を節約できるCLASの家電と家具のレンタル・サブスク
一人暮らしは初期費用だけでなく、その後の生活費や定期代など、いろいろなお金がかかるもの。
だからこそ一人暮らしにかかる初期費用は、できるだけ抑えたいですよね。

「だけど、せっかくの一人暮らし、好きなインテリアに囲まれて暮らしたい!」

初期費用を抑えて家具と家電をそろえたいなら、家具と家電のレンタル・サブスクがおすすめです。
家具と家電のレンタル・サブスクとは、月額使用料で気に入った家具や家電を使用できるサービスのこと。

CLASは、おしゃれで機能性の高い家具と家電をそろえる、レンタル・サブスクサービスです。
一人暮らしを始める際、 CLAS のレンタル・サブスクを使うと初期費用がぐっと抑えられます。ほかにも嬉しいメリットがたくさん。

CLASを使うメリット

  • 一人暮らしの初期費用を安くできる
  • 妥協しないおしゃれな家具と家電がそろえられる
  • 月単位で返却ができる
  • 交換も簡単だから模様替えが楽しめる
一人暮らしを始める前に、 家具と家電のレンタル・サブスクCLAS について知っておきましょう。

一人暮らしの初期費用を安くできる

一人暮らしの初期費用を抑えて家具や家電を入手する方法
CLAS では、月額使用料でおしゃれな家具や家電をレンタルできます。
一人暮らしのはじめにまとまった購入費用を支払わなくて済むので、初期費用がグッと節約に。

始めはレンタルで家具と家電をそろえて初期費用を抑え、お金が貯まったら後から欲しいものをじっくり選んで購入するのもあり。
もちろんレンタルで使い続けてもOKです。

妥協しないおしゃれな家具と家電がそろえられる

一人暮らしの初期費用を節約できるCLASのレンタル・サブスク
一人暮らしに必要な家具と家電を自分で買って揃えようとすると、出費が多くなるため、「欲しいもの」ではなく「安いもの」を買ってしまうことも・・・。

インテリアは1つでも妥協したモノを使うと、お部屋の雰囲気がダサくなってしまいます。

CLAS を利用すれば、妥協することなく、おしゃれな家具や家電を手軽な価格でそろえることができます。
CLAS には400ブランド・2,000点という充実した品ぞろえがあるので、洗練された部屋作りができます。

せっかく一人暮らしをするなら、始めから妥協しない理想の部屋づくりでスタートしませんか。

月単位で返却ができる

一人暮らしの初期費用を抑えるCLASのレンタル・サブスク
CLAS のレンタル・サブスクは月額制なので、月単位で返却が可能。

自分で家具や家電を購入したり、2人暮らしになったり、学校を卒業したり、ライフスタイルが変化して不要になったら、返却するだけでOK。業者が引き取りにきてくれます。

一人暮らしが終わるときも、大型家具や家電の面倒な処分もしなくていいのでラクラク。

交換も簡単だから模様替えが楽しめる

一人暮らし初期費用を賢く抑えるCLASのレンタル・サブスク
CLAS は、交換もWEBから簡単にできます。

季節の変わり目に、あるいは1年ごとに部屋をまるごと模様替えすることも。

モデルルームのように模様替えを楽しみながら、いつもおしゃれな部屋で、常にフレッシュな気持ちで一人暮らしを満喫。
ときどき友だちを呼んで、驚かせるのも楽しいですよ。
はじめてCLASを知った方は、ぜひ こちら をご覧ください。

一人暮らしの初期費用を賢く抑えて理想の暮らしを

一人暮らしの初期費用を節約できるCLASの家電と家具のレンタル・サブスクサービス
心が浮き立つ一人暮らしですが、初期費用がかかるのも事実。

この記事でお伝えした初期費用や、一人暮らしをする際に知っておくべきポイントを参考に、初期費用を上手に抑えながら理想の部屋作りをして、これから始まる一人暮らしを楽しんでくださいね。

おすすめの記事