{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

長方形の6畳 おしゃれなインテリアレイアウトのコツ

2023/11/24

長方形の6畳を快適にするレイアウト
6畳の限られた空間でも、広々と快適に過ごしたい。
おしゃれで居心地の良い空間にしたい。

そんなお悩みに答えるべく、今回は「長方形の6畳」の部屋に注目してレイアウトを解説していきます。

一人暮らしのワンルーム・1Kからリビング・ダイニング・寝室まで、レイアウトの基本や実例をご紹介。

コンパクトな長方形の部屋でも上手にインテリアを配置して、あなたらしい6畳をつくってみませんか。

その他のレイアウトの記事

広さ別のレイアウトをみる
 6畳 |  8畳 |  10畳 
間取り別のレイアウトをみる
 ワンルーム・1K |  1LDK |  2LDK
お部屋の種類別レイアウトをみる
 リビング | キッチン | ダイニング | 寝室

お部屋のレイアウトを考える前に

ひと言で6畳と言っても部屋のタイプや形によって、家具を置いて使える空間の広さがずいぶん変わります。まずは、自分の部屋のサイズを確認してみましょう。

一人暮らしなら、ワンルームか1Kかを確認

6畳ワンルームと1Kの空間に使える広さの違い
同じ6畳でも、ワンルームと1Kでは生活に使える広さに違いがあります。

ワンルームは廊下やキッチンを含めて6畳の広さ。
そのためフリースペースとして使えるのは部屋の70〜80%ほどになり、かなりコンパクトな空間になります。

一方、1Kは廊下やキッチンが部屋の外にあるため、6畳全てを生活のためのフリースペースとして使うことができます。

6畳ワンルームなのか6畳1Kなのか、部屋を選ぶ際には間取りもしっかり確認しておきましょう。

お部屋の広さ、ベランダやドア、収納の位置を測って書き出す

お部屋の形や縦横の長さによって変わる最適なレイアウト
部屋の形や縦横の長さによって、置ける家具や最適な配置は変わってくるでしょう。

まずは、自分の部屋の形と広さをなるべく正確に書き出してみましょう。

収納部分や柱が出っ張っている部分はありませんか?
ドアや窓は部屋のどこにあるでしょうか。

特に窓は掃き出し窓かどうか、床から何cmくらい上にあるのかも、しっかりメモ。

キッチンやリビングでは、コンセントの位置もチェックしておくと、レイアウトの失敗が少なくなります。

一人暮らしのレイアウト

一人暮らしに多い1Kとワンルームの、基本のレイアウトについてご紹介。
長方形の6畳に家具を配置する際のポイントをみていきましょう。

1Kの場合

6畳1Kの見取り図
6畳1Kの全体図
6畳1Kの長方形の部屋では、長辺をうまく活かしてレイアウトできるといいでしょう。

大型家具であるベッドは長辺の壁側に設置できると、おさまりよくレイアウトが可能。
1人掛けソファなどを置く場合には、ベッドと同じ並びに配置するとリラックススペースが壁側にまとまり、すっきりした印象になります。

ソファの向かいにはテレビ台をレイアウト。

部屋の短辺の長さによっては、ソファとテレビとの距離が近すぎたり、テレビのサイズが大きすぎて、テレビの視聴が負担になることもあります。

できれば1.5m程度離せるとベスト。テレビのサイズは26〜40インチ程度を目安にすると、快適に視聴できるでしょう。

ワンルームの場合

6畳ワンルームの見取り図
6畳ワンルームの全体図
6畳ワンルームは、1Kよりも生活に使えるスペースが狭くなる点に注意しましょう。

インテリアは必要最低限のものに絞ってレイアウト。

ベッドは壁付けにし、向かいにテレビ台とテーブル&チェアを配置できるとすっきりおさまります。

テーブルはデスクと兼用して使うと省スペース。キッチンから窓への動線も邪魔しません。
テレビ台は収納付きのものを選ぶと、細々したものを収納できて便利です。

快適な一人暮らしの
お部屋をつくるコツ

リビング、ダイニング、寝室のレイアウト

6畳のリビング、ダイニング、寝室の基本の配置を確認しましょう。
コンパクトな空間なので、必要なアイテムに絞って家具を配置するのが上手にレイアウトするコツです。

【リビング】ソファを配置した快適空間

ソファを配置した6畳のリビングの見取り図
ソファを配置した6畳のリビングの全体図
6畳の部屋にソファを置くなら、あまり余計な家具は置かず、ソファをメインにシンプルにレイアウトするといいでしょう。

ソファは2人掛けのサイズを選ぶとすっきり。肘掛けなしのタイプなら、コンパクトサイズのソファでも窮屈になりません。
オットマンを併用すれば、脚を伸ばしてくつろぐのにも、来客用のチェアとして使うのにも便利です。

ソファ回りにはラグを敷くと、リラックススペースとしてゾーニングできます。

向かいにテレビとローテーブルを置くと、よりくつろぎ時間が充実します。

【ダイニングキッチン】4人がけのテーブルも置ける

テーブルを配置したコンパクトな6畳のダイニングキッチンの見取り図
テーブルを配置したコンパクトな6畳のダイニングキッチンの全体図
コンパクトな6畳のダイニングキッチンでも、壁付けのキッチンなら4人掛けのダイニングテーブルも配置できます。

キッチンに対して並行に、キッチンボードに対して垂直にレイアウトできると家事動線を邪魔しません。

配膳や後片付けの際にもチェアの背が邪魔にならず、ストレスも少なくなります。
ダイニングベンチをキッチン側に配置すると、テーブルを作業台として使うときもスムーズです。

団地の狭いダイニング
キッチンを快適に

【寝室】クイーンサイズのベッドでゆったり

クイーンサイズのベッドを配置した6畳の寝室の見取り図
クイーンサイズのベッドを配置した6畳の寝室の全体図
6畳をまるごと寝室として使えるなら、クイーンサイズのベッドも余裕で置くことができます。

ベッドの頭側を壁付けしてレイアウトできると、すっきりとした寝室に。
その際、窓とクローゼットとの間に注意しましょう。

できれば窓との間は60cmほど空けると寝具のセッティングがスムーズ。
クローゼット側は、ドアの開閉がスムーズにできる幅を空けて、置くようにしましょう。

チェストなどを置けると寝室に身支度スペースが生まれて、より快適になります。

6畳・8畳・10畳の
寝室レイアウト

実例で見るおしゃれなお部屋のレイアウトポイント

コンパクトな部屋でもおしゃれな空間をつくる、レイアウトとコーディネートのポイントをご紹介。
少しの工夫で、ぐっとおしゃれで快適になるポイントとは?

明るいカラーで開放感のある空間に

明るいカラーや淡いトーンのカラーは、空間が広く見えるという特徴があります。
コンパクトな6畳の部屋を広々と見せるにはぴったりのカラーです。

壁や床のカラーに合わせて、ナチュラルな木目調の家具をチョイス。
ソファのファブリックやラグは、明るいグレーのカラーを組み合わせると好相性です。

ホワイト系の部屋に抵抗がある場合は、シンプルなデザインのインテリアを選んだり、淡いグリーンやブルーのカラーを差し色として取り入れたりすると甘くなりすぎません。

窪川勝哉さん
CLASってどうですか?

お部屋を広く見せるインテリアのコツ

部屋が窮屈で狭く感じられるなら、大きな鏡を置いてみましょう。
奥行きがあるように見え、空間がぐっと広く感じられます。

より広々とした空間に見せたいなら、背の低い家具を選ぶのがおすすめ。
視界がさえぎられることがないため圧迫感が少なく、開放的に見えます。

朝ヨガを習慣にする
お部屋のインテリア

縦長のお部屋のスペースに、ぴったりはまる収納

長方形の6畳という空間をできるだけ有効に使いたいなら、伸長式の収納を活用してみましょう。

サイズを変えられる収納なら、部屋の短辺でも長辺でも適切なサイズで使うことが可能。
家具の方がスペースに合わせてくれます。

スペースや荷物の量によっても収納サイズを変えられるため、物が増えてもむやみに収納の数を増やす必要がありません。

引き出しがついたタイプなら、魅せる収納も隠す収納も自由自在です。

1Kをアイテムひとつで
明るく、すっきり

6畳のお部屋、家具を上手にそろえる裏ワザ

6畳の長方形の部屋に合うレイアウトをご紹介してきました。
快適でおしゃれな部屋にするポイントはわかりましたか?

イメージがつかめたら、次はいよいよインテリア選びです。

でも、自分の部屋で上手にレイアウトできるのだろうか。なるべく失敗したくない。

そんな不安をお持ちなら、「購入」以外の選択肢を知っておくのもおすすめです。
今、注目の家具・家電の入手方法をご紹介します。

おおまかなレイアウトは決まったけれど

参考画像と同じようにインテリアを置いても、なかなかうまくレイアウトできないもの。

それもそのはず、参考イメージと自分の部屋の形には違いがあるため、同じアイテムを置いてもうまくレイアウトできるとは限りません。

また、自分の部屋での使い勝手や手持ちの家具との相性などは、実際に置いてみないとわからないもの。購入した後で「失敗した」となるのは、できれば避けたいですよね。

そんなときに活用したいのが、家具と家電のレンタル・サブスクという方法。
買わずに気軽に試せると、注目が高まっています。

「購入」だけじゃない、家具・家電のそろえ方

家具・家電を入手するなら、レンタル・サブスクという選択肢もぜひ知っておきたいところ。

家具と家電のレンタル・サブスクとは、月額でレンタルできるサービス。

高い初期費用も必要なく、利用期間の制限もないため、アイテムを買わずに気軽にお試しできます。

そのため、実際に置いてサイズ感を把握したり、使い勝手を確認したりと自分にぴったりのアイテムを見つけられるのがうれしいところ。

中でも家具と家電のレンタル・サブスクCLAS(クラス)は、デザイン性にも機能性にも優れたアイテムを豊富にラインアップ。
コンパクトな空間でもおしゃれな部屋をつくりたい人から、人気を集めています。

また、長期利用だと割高になりがちなレンタルサービスですが、CLASにはおトクな長期プランが。
長期間でも安心して利用できるのも、CLASが選ばれる理由となっているようです。

サイズもカラーも気軽に試せる

部屋の広さが限られる6畳。コンパクトな空間だからこそ、大きめのアイテムを買うのはためらいますよね。

でもCLASなら、サイズの失敗を恐れて気になる家具を諦める必要はありません。
広々としたベッドも、ゆったり座れるソファも、まずは部屋に置いて試すことができます。

決まったレイアウトになりがちな長方形の6畳の部屋でも、インテリアのカラーを変えたり、アイテム自体を交換して模様替えもラクラク。

合わなくてもスマホひとつで交換できるため、サイズが大きすぎても、カラーが合わないと思っても、気軽に替えることが可能。

無駄なお金をかけることなく、部屋のレイアウトを楽しむことができるのです。

自分だけの「最適」が見つかる

家具や家電を豊富なサイズ・デザインの中から選ぶことができれば、無難になりがちな6畳長方形の部屋も、自分らしく整えることができますよね。

CLASならシンプルでコンパクトな家電もデザイン性の高いインテリアも、豊富にラインアップ。
トータルで100ブランド・1200点のアイテムをそろえており、今の自分にぴったりの家具・家電が見つかります。

合わなければ簡単に交換できるので、コンパクトな部屋に置けるか心配でも、コーディネートがうまくいかなくても、まずはトライできるのがうれしいですよね。

失敗を気にせずアイテム選びができる点が支持され、今では総会員20万人を突破するまでになりました。


部屋づくりは今のライフスタイルに合わせていい。もっとお財布にやさしくていい。
家具と家電のレンタル・サブスクCLASで、自分らしい6畳をつくってみませんか。
こちらもおすすめ
6畳のレイアウトを
くわしくご紹介

この記事をよむ

おすすめの記事