{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

ワンルーム・1Kのレイアウト 快適な一人暮らしのお部屋をつくるコツ

2023/10/19

ワンルーム・1Kレイアウト 快適な一人暮らし
一人暮らしに多いワンルーム・1Kのお部屋。
コンパクトな空間でも快適に過ごすには、家具やインテリアのレイアウトを工夫する必要があります。

そこで今回は、ワンルーム・1Kにぴったりの配置や部屋づくりのコツをご紹介。

すっきり見せるレイアウトは?インテリアのサイズは?おしゃれな部屋にするには?

家具・家電の配置の基本からマネしたくなる部屋の実例まで、コンパクトなワンルーム・1Kをつくるポイントをご紹介します。

その他のレイアウトの記事

広さ別のレイアウトをみる
 6畳 |  8畳 |  10畳 
間取り別のレイアウトをみる
 ワンルーム・1K |  1LDK |  2LDK
お部屋の種類別レイアウトをみる
 リビング | キッチン | ダイニング | 寝室

ワンルーム・1Kのレイアウトを考える前に

まずは、ワンルームと1Kがどのような部屋なのかをあらためて確認しておきましょう。似ているイメージのある部屋ですが、生活スペースとして使える広さが異なります。

ワンルームと1K、間取りの違いとは

ワンルームと1K、フリースペースの広さの違い
ワンルームと1Kでは、生活に使えるフリースペースの広さに違いがあります。

1Kはキッチンや廊下が別にあるため、部屋の畳数の全てを生活のためのフリースペースとして使うことができます。
例えば6畳の場合なら、6畳全部を生活スペースとして使えるということです。

一方、ワンルームはキッチンや廊下を含めての畳数となるため、フリースペースとして使えるのは部屋の70〜80%ほど。
1Kに比べるとコンパクトな空間になります。6畳のワンルームなら、生活に使えるのは4〜5畳程度となります。

インテリアが置けるスペースがかなり異なるワンルームと1K。物件選びの際には、しっかり確認しましょう。

お部屋の広さ、ベランダやドア、収納の位置を測って書き出す

広さが同じでも、部屋の形や縦横の長さによって最適なレイアウトは変わってきます。収納部分や柱が出っ張っていたりすることも。まずは広さや部屋の形をよく確認しましょう。

まずは自室の形をできるだけ正確に書き出すのがおすすめです。その際、ドアの位置や窓の位置を書き込むことも忘れずに。
とくに窓はベランダに通じる掃き出し窓なのか、床から何cmくらい上にあるのかもメモしておくと、レイアウトを考える際に失敗しにくくなります。

ワンルームのレイアウト

ワンルームの基本レイアウトについてご紹介。コンパクトな空間でも快適に過ごすための、インテリアの配置のポイントを解説します。

6畳ワンルームの基本レイアウト

ワンルームの見取り図
ワンルームの全体図
かなりコンパクトな6畳ワンルームの部屋。
ベッド、デスク&チェア、テレビ台など、必要なアイテムに絞ってレイアウトしましょう。

ベッドは壁付けにし、向かいにテレビ台とテーブル&チェアを配置。テーブルはデスクと兼用して使うと省スペースになり、キッチンから窓への動線もスムーズになります。

また、テレビ台は収納付きのものを選ぶと、細々としたものを収納できます。
収納の容量を変えられる伸長式のタイプなら、部屋のスペースや収納する荷物の量によって調整できて便利です。

8畳ワンルームの基本レイアウト

8畳ワンルームの見取り図
8畳ワンルームの全体図
8畳ワンルームの場合、生活スペースとして使えるのは5〜6畳程度。すっきりとレイアウトするなら、ベッドやデスク、収納など、必要なアイテムに絞って配置するのがベストです。

レイアウトのポイントとなるのは「ベッドの位置」です。窓側を頭に壁際に配置できるとベスト。
キッチンからなるべく遠い場所だと、キッチンからの臭いの影響が少なくなります。

また、デスクやテーブル、収納など、その他の家具はベッド反対側の壁に付けて配置できるとすっきり。キッチンから窓への動線がスムーズになり、ストレスがありません。

デスクやテーブル周りにラグを敷くとゆるやかにゾーニングできて、空間にも暮らしにメリハリがつきます。

10畳ワンルームの基本レイアウト

10畳ワンルームの見取り図
10畳ワンルームの全体図
10畳のワンルームは、シングルベッド、二人掛けソファ、テレビ台、ローテーブル、収納など、必要な家具・家電は問題なく置ける広さです。

キッチンが同じ空間にあるため、生活に使えるスペースとしては8畳程度を目安にしましょう。

部屋に区切りがないため、インテリアでリビングスペースとベッドスペースを区切ると、生活にも空間にもメリハリが生まれます。

ベッドを奥側に、ソファとテーブルをキッチン側に配置することで、キッチンからリビングスペースへの動線もスムーズ。窓への動線も妨げられません。

1Kのレイアウト

ワンルームより、少し空間に余裕のある1Kの部屋。おしゃれな部屋にするポイントや、レイアウトの基本をご紹介します。

6畳1Kの基本レイアウト

6畳1Kの見取り図
6畳1Kの全体図
6畳でも1Kになると、工夫次第でベッド・ソファ・ローテーブル・テレビ台・デスク&チェアなどの家具を置くことができます。

ベッドは壁付けして奥へ配置。デスクも奥にレイアウトすることで、すっきりまとまります。

ソファの向かいにはテレビ台をレイアウトして、くつろぐ空間を。間にテーブルを置けば、食事の際にもテレビを見る際にもとても快適です。

一人掛けソファは、肘なしタイプだとコンパクトでもゆったりくつろげます。

8畳1Kの基本レイアウト

8畳1Kの見取り図
8畳1Kの全体図
部屋の奥をおやすみスペース、センターをくつろぎのスペース、入口側を作業スペースとゾーニングすると、部屋がまとまります。

ベッドは窓際に、頭を壁側につけて置くとすっきり見えます。その際、できれば窓から60cm程度離すと、窓への動線も寝具の設置もスムーズに。

近くにシェルフなどをレイアウトしてアクセサリーや小物などを置いておくと、身支度スペースをつくれるでしょう。

また、ソファやテーブル、テレビは部屋のセンターへ。ソファは部屋に入ってすぐ目に入るため、お気に入りのデザインやカラーのものを選ぶとリラックス気分が高まります。

10畳1Kの基本レイアウト

10畳1Kの見取り図
10畳1Kの全体図
10畳全てをフリースペースとして使える10畳1Kの部屋。

セミダブルベッドや二人掛けソファ、オットマン、テレビ台、ローテーブル、シェルフ、デスクなど、ひと通りの家具を置いても余裕があります。

10畳を上手に使うポイントは、リビングスペースとベッドスペースをゾーニングすること。奥にソファ・テーブル・テレビ台、手前にベッドをレイアウトしてみましょう。

ソファやベッドなどの大型家具は壁に付けると、入口から窓への動線もさえぎられることがなくストレスがありません。

また、背の低い家具を配置することでより開放感がアップ。家具やインテリアの数が多くなっても圧迫感がなく、すっきりと見えるでしょう。

一人暮らしの部屋づくり、マネしたい実例3パターン

ワンルームと1Kをおしゃれに快適にするには、どんなレイアウト&コーディネートがいいのでしょうか。実際のレイアウト例を参考にみていきましょう。

ベッドの配置を工夫してソファスペースを設けたパターン

ソファのあるコンパクトなワンルーム・1Kのお部屋
くつろぎスペースと寝るスペースに分けたワンルーム・1Kのお部屋
コンパクトなワンルーム・1Kの部屋にソファを置くなら、ポイントはベッドの位置。

できればベッドは「入口側の壁際」に置くと、空間を無駄なく使えます。
入口側に死角となる場所があるなら、その位置がベスト。部屋の奥側にソファを置くスペースが生まれます。

ソファを置くときはテーブルやテレビ台も一緒にレイアウトするといいですね。
ラグを敷いてゾーニングすることで、部屋の中にくつろぎスペースが誕生。
ベッドのある「寝るスペース」と分けることができ、暮らしにメリハリがつくでしょう。

伸長式のインテリアで収納が増やせるお部屋

ものを少なくシンプルにしようと思っても、どうしても増えてしまうもの。
整理が追いつかなくなってきたら、コンパクトな収納を取り入れてみましょう。

伸長式のシェルフなら、ものが増えてもすっきり収納。
好きな向きで配置できるオープンラックなら、高さのあるものも置けます。
アイテムや持ち物の量に合わせて、自由に調整できるのがうれしいですね。

隠す収納と魅せる収納を上手に組み合わせると、すっきりかつおしゃれな空間に仕上がります。

1Kをアイテムひとつ
で明るく、すっきり

キッチンまわりの収納をまとめておしゃれに見せる

生活感が出やすく、つい雑然としがちなキッチン周り。コンパクトな部屋でもすっきり見せるなら、キッチン家電をまとめて収納するのがおすすめです。

家電を収納できるシェルフを取り入れると家電を1ヵ所にまとめることができ、すっきりするだけでなく使い勝手が良くなります。

家電やインテリアのカラーをそろえると、空間に統一感が生まれます。ブラックのカラーでコーディネートするとシックでクールな印象になり、よりおしゃれに見えるでしょう。

ワンランクアップした
社会人コーディネート

ワンルーム・1Kの家具を上手にそろえるには

ワンルーム・1Kのレイアウトの方法やおしゃれな部屋のイメージをつかんだら、次はいよいよインテリア選び。

でも、購入して失敗したらどうしよう?うまくレイアウトできるだろうか。

そんな不安をお持ちの方に、いま注目のインテリアをそろえる方法をご紹介します。
インテリアショップをのぞく前に、ぜひ試してみてくださいね。

おおまかなレイアウトは決まったけれど

「参考画像と同じ家具を買ったのに、うまく置けなかった」
よくある失敗例ですが、参考画像と自室の形・広さには違いがあるため、まったく同じ家具や家電をそろえても、きれいに配置できるとはかぎりません。

また、組み合わせるインテリアとの相性やお部屋に置いたときの雰囲気などは、実際に置いてみないとわからないもの。購入後に「失敗した」となるのは避けたいですよね。

そんなときに活用したいのが、レンタル・サブスクという方法。
買わずに購入せず少額で試せると、注目が集まっています。

「購入」だけじゃない、家具・家電のそろえ方

アイテムを気軽にお試しできるレンタル・サブスク
家具と家電のレンタル・サブスクは、利用期間の制限なく月額でレンタルできるサービス。

高い初期費用がかからないため、利用した分だけお支払い。アイテムを気軽にお試しできると人気が高まっています。

手持ちの家具との相性はどうか。
気になる家電がワンルーム・1Kの部屋で使いやすいか。
インテリアを上手に組み合わせてレイアウトできるか。

実際に置いてみければわかりにくい点も、お試しでレイアウトして確認できるため、自分にぴったりのアイテムを見つけることができます。

中でも家具と家電のレンタル・サブスクCLAS(クラス)は、コンパクトでデザイン性にも機能性にも優れたアイテムを豊富にラインアップ。おしゃれな部屋をつくりたい人から、人気が高まっています。

サイズもカラーも気軽に試せる

一人暮らしのワンルーム・1Kはスペースに限りがあるため、インテリアのサイズ選びも難しいですよね。

どんなにおしゃれなデザインや好みのカラーでも、部屋のサイズに合わなければ使いにくいもの。せっかくの一人暮らしを満喫できなくなってしまいます。

そんなとき、CLASならあらゆるサイズ・機能・デザインのインテリアを豊富にラインアップ。

「取り入れてみたいけどワンルームに置けるか心配」「1Kの部屋に置いて快適に使えるか不安」という方は、気軽に試せるレンタル・サブスクがおすすめです。

サイズが合わなくても返せばいいから、使った分だけ払えばいいから。どうぞ遠慮なく、気になっているデザインや心惹かれるカラーを選んでください。
無駄なお金をかけることなく、自分らしい部屋づくりを楽しむことができますよ。

自分だけの「最適」が見つかる

ライフスタイルや間取りによって、同じワンルーム・1Kでも最適な家具・家電は異なります。
できれば、今の自分にぴったりのアイテムを選んで快適な部屋にしたいもの。

そんなときこそCLASが大活躍。ワンルーム・1Kの部屋に合うコンパクトな家電からデザイン性の高い家具まで、トータル100ブランド・1200点のアイテムをラインアップ。
サイズもデザインも豊富で、自分のライフスタイルに合うアイテムを選ぶことができます。

また、レンタルしたアイテムが合わないときも、スマホひとつで簡単に交換・返却が可能です。

替えたいなと思ったときは、たくさんのアイテムから選ぶことができるのも、お部屋のレイアウトやコーディネートで悩む方から多く支持されている理由。今では総会員数20万人を超えるまでになりました。

部屋づくりはもっと気軽に楽しんでいい。もっとお財布にやさしくていい。
家具と家電のレンタル・サブスクCLASで、理想のワンルーム・1Kをつくってみませんか。

おすすめの記事