{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

狭いお部屋でもおしゃれな暮らし 1LDKレイアウト

2024/01/16

コンパクトな1LDKレイアウト
どちらかというと1DKに近い、コンパクトな1LDK。
少し狭くてもなるべく快適に過ごしたいものです。

そこで今回は狭い1LDKのレイアウトのポイントをご紹介します。

リビングダイニングはどう使う?一人暮らしにぴったりの配置は?二人暮らしでも使いやすい家具は?

レイアウトの基本から参考にしやすい実例まで、詳しく解説します。

その他のレイアウトの記事

広さ別のレイアウトをみる
 6畳 |  8畳 |  10畳 
間取り別のレイアウトをみる
 ワンルーム・1K |  1LDK |  2LDK
お部屋の種類別レイアウトをみる
 リビング | キッチン | ダイニング | 寝室

1LDKのレイアウトを考える前に

部屋のレイアウトは、広さだけでなく居住人数やライフスタイルに大きく関係します。
配置を決める前に確認しておきたいことを、まとめてみていきましょう。

1LDKってどんな間取り?

1LDKの基本レイアウト
1LDKは「リビング・ダイニング・キッチン+1部屋」という間取りの部屋。
リビング・ダイニング・キッチン(LDK)部分は8畳以上あります。

広すぎず狭すぎず、一人暮らしにも二人暮らしにもちょうどよい広さ。

寝室が分かれているため、来客時に寝室を見られる心配がありません。
料理の匂いが気になることも少ないはずです。

ちなみに「1DK」は、「ダイニング・キッチン+1部屋」という間取りの部屋。
DK部分は4.5畳以上8畳未満の広さがあり、1LDKよりコンパクトな空間です。

リビングとダイニングはどのくらいの広さ?

狭い1LDKでは、1DKに近い間取りと言えるでしょう。

部屋にもよりますが、8畳のLDKのうち2〜3畳はキッチン。
残りのスペースをリビングダイニングとして使うことになります。

そのためリビングとダイニングで、それぞれ十分な広さが取れない可能性が。

コンパクトな空間をなるべく快適にするためにも、LDKのお部屋をどう使いたいかをよく考えてみましょう。

下記のお部屋のパターンを参考に、リビングダイニングのレイアウトを検討してみませんか。

リビングとダイニングがあるLDK

コンパクトな1LDKでも、工夫次第でリビングとダイニングを分けることができます。
LDK部分のレイアウトのポイントをみていきましょう。

一人暮らから二人暮らしまで対応 基本のレイアウト例

コンパクトな1LDKのレイアウトの全体図
コンパクトな1LDKのレイアウトの見取り図
8畳の空間でも、壁付けキッチンならダイニング部分を省スペースにすることが可能。

2人掛けのテーブルを置けば、コンパクトながらもダイニングスペースを確保できます。

また、リビングスペースではラグを敷いて、ダイニングキッチン側とゆるやかにゾーニング。
ソファは壁側に、その向かいにテレビやローテーブルをレイアウトすると、キッチンから窓への動線もスムーズです。

ソファは肘掛けなしのタイプなら、コンパクトサイズでもゆったりくつろげます。

ソファの配置がリビングづくりのコツ

より独立したリビングが欲しいなら、背をダイニングに向けるようにソファを配置してみましょう。

キッチンがソファから目に入らず、食事の時間とくつろぐ時間のメリハリをつけることが可能。

リビングとダイニングがひとつなぎになった空間をゆるやかにゾーニングできます。

リビングダイニングを
ソファで区切る


さまざまな
1LDKのレイアウト

リビングとダイニングを兼用したパターン

リビングとダイニングを同じ空間にすることで、余裕を持ったレイアウトが可能になります。
配置とアイテム選びのポイントをみていきましょう。

リビングダイニング兼用パターン
基本のレイアウト例

リビングダイニング兼用のレイアウトの全体図
リビングダイニング兼用のレイアウトの見取り図
空間の狭さが気になるなら、リビングとダイニングを兼ねるという方法もあります。

ダイニングテーブルはキッチンの向かいに配置できるとスムーズ。

食事の際にもリラックスの際にも使えるよう、テーブルで使うチェアはダイニングソファやソファベンチを取り入れてみましょう。

座面が硬めのものを選ぶと沈み込みすぎず、食事の際も快適です。

同じ空間にテレビを設置すると、くつろぎ時間がより充実します。

ナチュラルでおしゃれなコーディネート実例

食卓が明るく温かい雰囲気であれば、ほっとくつろげるもの。

ナチュラルなウッド調や、アイボリーやベージュといったやさしいカラーを取り入れると、温かみのある空間になります。

テーブルに対してダイニングソファをL字にセッティングすると、コミュニケーションが取りやすくなるだけでなく、片付けや配膳などがスムーズにできるというメリットもありますよ。

ダイニングソファの
ある暮らし

リビングを中心にしたお部屋

自宅ではあまり食事をしない、あるいはリビングを充実させたいなら、ダイニングのスペースを取らないレイアウトもできます。

収納力のある家具でリビングがすっきり

テレビボードやセンターテーブルなどは収納付きのタイプを選ぶと、散らかりがちなリビングもすっきり保ちやすくなります。

広めのセンターテーブルなら、食事のときもお皿を広げやすく便利。

伸長式の家具は空間に合わせて調節できるので、狭い部屋にもぴったりです。

コンパクトで統一感の
あるリビング

ダイニング兼ワークスペースのお部屋

家での仕事が多いけど寝室にデスクを置きたくないなら、LDKをダイニング兼ワークスペースとして使う方法もあります。
オンとオフをしっかり分けられますよ。

二人暮らしでも快適なワークスペース

ダイニングはワークスペースと兼用しやすい空間。
ダイニングテーブルをそのまま仕事用に活用できます。

2人がそれぞれ違う方向を向くようにデスク・スペースを確保すると、集中しやすい環境に。

機能性もデザイン性も兼ね備えたワークチェアなら使いやすく、コーディネートにも違和感がありません。

二人暮らしの
在宅ワーク空間

オンオフ切り分ければ、寝室をくつろぐ空間にできる

LDKをワークスペースにするレイアウトではデスクを寝室に置かなくてよいので、寝室をまるごとくつろぎ空間にできます。

ゆったりとしたサイズのベッドを置いても余裕があるため、サイドテーブルなどを設置してもいいですね。

本やメガネ、スマホなど、ちょっとしたアイテムを置けて便利です。

広々ゆったりな
寝室レイアウト

1LDKの家具や家電、上手にそろえる裏ワザ

一人暮らしにも二人暮らしにもぴったりな1LDK。
少しコンパクトな空間でもレイアウトのイメージがわいてきたら、いよいよ家具選びです。

理想をカタチにしたいなら、実は「家具・家電をどうそろえるか」も重要なポイントです。

「参考画像をマネして買ったはいいけれど、うまく配置できなかった」という失敗もあるのが部屋づくり。

購入だけではなく、今、注目の新しい入手方法も知っておくと、理想の暮らしに近づきます。

おおまかなレイアウトは決まったけれど

1LDKは8畳程度の空間にリビング・ダイニング・キッチンがあるため、家具のサイズや配置は意外と悩ましいものです。

できれば、実際に使ってみてサイズ感や使い勝手を確認したいところ。
購入した後で「失敗した」となるのは避けたいですよね。

そんな方に人気が高まっているサービスが、家具と家電のレンタル・サブスク。
買わずに気軽に試せると、注目が集まっています。

「購入」だけじゃない、家具・家電のそろえ方

今、家具・家電をそろえようと思うとき、家具と家電のレンタル・サブスクという選択肢もあることをご存知でしょうか。
家具と家電のレンタル・サブスクとは、利用期間の制限なく月額でレンタルできるサービス。
高い初期費用も必要なく、悩まず使ってみることができます。

手持ちのアイテムとの相性はどうか。
実際に部屋に置けるサイズか。

確認できるため、失敗が少なくなります。

中でも
家具と家電のレンタル・サブスクCLAS(クラス) は、機能性とデザイン性を兼ね備えた家具と家電を豊富にラインアップ。

コンパクトな部屋を、おしゃれで快適な空間にしたいと考える人から支持を集めています。

おしゃれな家具から人気の家電までラインアップ

家具はインテリアショップ、家電は量販店と、あちこちお店を回ってそろえるのは骨が折れるものです。

でも
CLAS なら、家具だけではなく、キッチンに欠かせない冷蔵庫や電子レンジなどの家電もワンストップでそろいます。

おしゃれなインテリアから機能性とデザイン性を両立した家電まで、400ブランド・2,000点のアイテムをラインアップ。

そのため、今の自分のライフスタイルや部屋の間取りにぴったりのアイテムを選ぶことができます。

「やり直したい」も大丈夫

自分らしい暮らしを求める一人暮らしでも、お互いの好みにフィットするアイテムを選びたい二人暮らしでも、納得がいくまで探したり替えたりできるのがレンタル・サブスクのいいところ。

スマホでかんたんに返却できるので、「合わなかった」「使わなくなった」となっても気軽に交換できます。

この先引っ越しがあっても、返却して新居に合うアイテムと交換するだけでOK。
CLAS なら月額がお得になる「長期プラン」もあるため、「レンタルは長期間の利用だと高くつく」というお悩みも解消できます。


部屋づくりは今の暮らしに合わせていい。もっとお財布にやさしくていい。
家具と家電のレンタル・サブスクCLAS で、快適でおしゃれな1LDKをつくってみませんか。

おすすめの記事