{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

6畳1Kレイアウト 一人暮らしのおしゃれなお部屋とインテリア

2024/01/16

一人暮らしのおしゃれなお部屋 6畳1Kレイアウト
せっかくの一人暮らし。
どうせなら快適でセンスのよい部屋で、自分だけの時間を満喫したいですよね。

そこで今回は、一人暮らしで6畳1Kのおしゃれなレイアウトについてご紹介します。

女子向け・男性向け・ロフト付きの大きく3パターンの基本レイアウトを、実例とともに解説。
コンパクトでも広々ゆったりとした空間に見せる、コーディネートやアイテム選びのコツも伝授します。

一人暮らしの人から注目されている、家具家電をそろえる裏ワザもお伝えします。

その他のレイアウトの記事

広さ別のレイアウトをみる
 6畳 |  8畳 |  10畳 
間取り別のレイアウトをみる
 ワンルーム・1K |  1LDK |  2LDK
お部屋の種類別レイアウトをみる
 リビング | キッチン | ダイニング | 寝室

6畳1K一人暮らしのレイアウトを考えよう

レイアウトを考える前に、6畳がどのくらいの広さなのかを確認しておきましょう。間取りによって、使えるスペースに違いがあります。

1Kとワンルームの違い

ワンルームと1Kの フリースペースの違い
6畳は文字通り、畳6枚分の広さ。面積にして9.72㎡ほどですが、ひと言で6畳と言っても1Kとワンルームではフリースペースの広さが異なります。

1Kはキッチンや廊下が別にあるため、6畳全てを生活のために使うことができます。

一方、ワンルームはキッチンや廊下を含めて6畳となるため、フリースペースとして使えるのは部屋の70〜80%ほど。かなりコンパクトな空間になります。

どちらの間取りでも一人暮らしに必要なひと通りの家具は置けますが、レイアウトには工夫が必要。
物件選びの際には、6畳1Kなのか6畳ワンルームなのかしっかり確認しましょう。
ワンルームの
レイアウトは
こちらで解説

ここからは、6畳の3つのパターンで基本のレイアウトをご紹介します。

女子向け6畳1K 基本のレイアウト

女子にぴったりの6畳1Kレイアウトの基本をご紹介。
コンパクトなアイテム選びも参考にしてみてください。

コンパクトなインテリアで快適なお部屋

女子向け6畳1Kレイアウトの全体図
女子向け6畳1Kレイアウトの見取り図
6畳の部屋でも、コンパクトサイズならベッドとソファを置くことができます。

ベッドは壁付けし、その向かい側にデスクやソファをレイアウトできるとすっきり。ドアから部屋奥の窓への動線が確保できます。

ソファは肘掛けなしのタイプなら、コンパクトサイズでもゆったりくつろぐことが可能。

女性らしいピンクやブラウンなどのやさしいカラーを取り入れると、女子っぽい部屋になるでしょう。

可愛くておしゃれな
6畳のレイアウト

男性向け6畳1K 基本のレイアウト

疲れて帰ってきたら、「広めのベッドで寝たい」と考える男性は多いのではないでしょうか?
6畳1Kで広めのベッドを置いたレイアウトをご紹介します。

6畳でもセミダブルベッドは配置できる

男性向け6畳1Kのレイアウトの全体図
男性向け6畳1Kのレイアウトの見取り図
6畳1Kなら、少し広々としたセミダブルベッドも配置できます。

ただし、ベッドが大きくなる分、他の家具が置きづらくなることも。
家具の数を絞るなどの工夫をしましょう。

ベッドは収納付きのタイプを選ぶと省スペース。衣類などをしまう収納を置かずにすみます。

ベッドの向かいにはテレビ台やローテーブルなど、最小限に絞ったアイテムで構成すると無駄がなく男性らしい部屋に。

窓への動線もスムーズになり、ストレスがありません。

男性向けの
おしゃれな6畳

ロフト付き6畳1K 基本のレイアウト

ロフトがあるお部屋の基本レイアウトをご紹介。
一般的な6畳1Kよりも少し余裕のある空間になります。

デスク、収納、ソファも置けるゆったり空間

ロフト付き6畳1Kのレイアウトの全体図
ロフト付き6畳1Kのレイアウトの見取り図
お部屋にロフトがあるなら、ロフトを寝室にするのがおすすめ。
ベッドを置く必要がなくなり、スペースを有効活用できます。

ロフト下に余裕があるなら、デスクや収納を置いてワークスペースにしてもいいでしょう。
ソファのあるくつろぎスペースと明確にゾーニングでき、オンオフをつけやすくなります。

また、ソファは壁側に配置。コンパクトなサイドテーブルなどを活用すると、より省スペースになります。

ベッドを置かない
6畳レイアウト

実例でみる家具の配置とコーディネートのコツ

おしゃれで暮らしやすい6畳1Kのお部屋づくりのコツを実例写真とともに紹介。
ポイントごとにお伝えするので、やりやすいものから実践してもいいでしょう。

6畳の空間を広く見せたい

場所をとるベッドは頭を壁につけ、部屋の奥に配置しましょう。

家具の圧迫感が気になるなら、ベッドやソファなどの大型家具は、背の低いものを選ぶのがおすすめ。部屋がすっきり広々とした印象になります。

脚があるタイプなら抜けがよく、部屋をより圧迫しません。

また、より広々とした部屋に見せたいなら、大きなミラーを置くのがおすすめ。
鏡の先に部屋が続いて見え、より空間が広く見えます。

お部屋ひろびろ
6畳レイアウト

お部屋にぴったりサイズの収納が欲しい

6畳の限られた広さのお部屋でも、収納を増やしたい。

そんなときは伸長式の収納を使ってみませんか。

部屋の広さや荷物のサイズ・量に合わせて、収納サイズを変えることができるため、どんな部屋にもジャストフィット。

引っ越すごとに収納を買い替える、といったこともなくなります。

ジャストサイズに
なる収納

お部屋をおしゃれにする家具選びのコツが知りたい

おしゃれでセンスのよい部屋にするなら、カラーやデザインをそろえるのがポイント。

まずは壁や床になじむカラーをベースにそろえてみましょう。

例えば、部屋の中でも目立つソファやベッドのファブリックを淡いグリーンで統一。あえて色数を減らすことで、シンプルでセンスのよい空間になります。

また、淡いグリーンにはイエローの小物を差し色にするとよりおしゃれに。木目調の家具との相性もよく、さわやかで明るい印象に仕上がります。

統一感のある
コーディネート

縦長にも横長にも置けるソファ

ソファが欲しいけどお部屋が狭くなりそう、と心配なら一人掛けソファとオットマン、サイドテーブルの組み合わせがおすすめです。

ソファはコンパクトでも、肘掛けがない分、座面が広くてゆったり座れるものをチョイス。
オットマンを組み合わせることで、横並びにして二人掛けにしても、縦並びにして脚を伸ばしてくつろいでもいいでしょう。

コンパクトで場所を取らないのに、便利に使えてくつろげるアイテムです。

6畳1Kにぴったりの
くつろぎスペース

6畳1Kのお部屋づくり、一人暮らしの家具を上手にそろえる裏ワザ

6畳1Kのお部屋レイアウトのイメージはつかめたでしょうか。次はいよいよ家具・家電選びです。

でも、気になるのが「今、買いそろえていいのか」という問題。

「とりあえずの家具で我慢するか」
「数年の間に引っ越すかもしれないし」

そんな思いを少しでも抱えている人に、いま、本当に欲しい家具がそろえられるとっておきの裏ワザをご紹介します。

一人暮らしの家具・家電、どうする問題

誰にも気兼ねなく自分好みの部屋にできるのは、一人暮らしならではの特権。
6畳1Kをどんなレイアウトにするか、どんなコーディネートにするか、とても楽しみですよね。

ですが、「いま本当に買っていいのかな」と心配していませんか。

次に引っ越すのは数年後?
買った家具や家電はどうなる?
コーディネートした家具・家電、数年で合わなくなったら・・・。

将来、誰かと一緒に住むことになる可能性もあるでしょう。

そんなお部屋づくりの悩みを解消する良い方法があるのです。

「購入」だけじゃない、家具・家電のそろえ方

今、家具・家電をそろえようと思うとき、家具と家電のレンタル・サブスクという選択肢もあることをご存知でしょうか。

家具と家電のレンタル・サブスクとは、お手頃な月額でレンタルできるサービス。

好きなときに借りて、好きなときに返せるため、「将来生活が変わりそう」「引っ越す可能性が高い」という方にぴったりです。

高い初期費用もかからないため、新しい暮らしを始めるときのハードルを下げてくれます。

おしゃれなインテリアから人気の家電までラインアップ

中でも 家具と家電のレンタル・サブスクCLAS(クラス) は、デザインも品質も良いアイテムを多数ラインアップ。

6畳にちょうどよいスマートな家具から、冷蔵庫や洗濯機などの家電まで、400ブランド・2,000点のアイテムを取りそろえています。

そのため、家具と家電をまとめてそろえられるのもうれしいですよね。

家具・家電の引き取りサービスもあるため、不要となったアイテムもおまかせできます。

今しかできない、お気に入りのお部屋をつくろう

引っ越しの頻度が高い、一人暮らし世代。
「いつか引っ越すかも」と考えると、はりきって家具・家電を買うのをためらってしまいますよね。

でも
CLAS なら引っ越すときは返却して、新居に合うアイテムと交換すればOK。
いつでも、今のライフスタイルにぴったりのインテリアを選ぶことができます。

また、荷物が減るので、引っ越し代も身軽に済ませられます。
CLAS では「長期プラン」もあるため、長く使いたいときも安心です。

部屋づくりは今の暮らしに合わせていい。必要以上にお金をかけなくてもいい。

家具と家電のレンタル・サブスクCLAS で、おしゃれで快適な6畳1Kをつくってみませんか。

レンタルできる
おしゃれな家具

6畳のレイアウトを
くわしく解説

この記事をよむ

1K・ワンルームの
レイアウトをご紹介

おすすめの記事