{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

洗濯機ドラム式のおすすめを人気メーカーや選び方から見つけよう

2024/01/05

ドラム式洗濯機は、サニタリーをスタイリッシュに演出し、洗浄から乾燥までしてくれる便利な家事家電。

「機種が多くてどうやって選んだらよいか分からない」
「大きいからマンションに置けるか心配」
「使いたいけど値段が高そう・・・」

そんな声にお応えするために、ドラム式洗濯機の選び方と、コスパ最強モデル、一人暮らしにぴったりなコンパクトモデル、デザインがおしゃれなモデルをご紹介します。

また、
高価なドラム式洗濯機を安く入手する方法 もお伝えするので、最後までご覧ください。

ドラム式洗濯機のおすすめ

SHARP ドラム式洗濯乾燥機【洗濯10㎏ / 乾燥6kg】
SHARP ドラム式洗濯乾燥機【洗濯10㎏ / 乾燥6kg】 型番おまかせ 扉左開き

サイズ 64×72.9×111.4cm(幅は排水ホース、高さは給水ホースを含む)
重量 約68kg
洗濯・脱水容量/乾燥容量 10kg/6kg
設置可能な防水パン 54cm以上
購入参考価格 約124,800円 (税込)
15 % OFF
6,965 円/月〜
通常価格 8,195
レンタル・サブスク価格を見る
AQUA まっ直ぐドラム 【洗濯12kg/乾燥6kg】
AQUA まっ直ぐドラム 【洗濯12kg/乾燥6kg】 現行モデル (AQW-D12M) ホワイト

サイズ 幅59.5×奥行68.5×高さ94.3cm(排水ホース含む)
重量 約93kg
洗濯・脱水容量/乾燥容量 12kg/6kg
設置可能な防水パン 54cm以上
市場価格 188,000円 (税込)
15 % OFF
8,695 円/月〜
通常価格 10,230
レンタル・サブスク価格を見る
Panasonic コンパクトドラム式洗濯乾燥機 Cuble【洗濯7kg/乾燥3.5kg】
Panasonic コンパクトドラム式洗濯乾燥機 Cuble【洗濯7kg/乾燥3.5kg】 左開き シルバーグレー

サイズ 幅63.9×奥行60×高さ105cm(排水ホース含む)
重量 約70kg
洗濯・脱水容量/乾燥容量 7kg/3.5kg
設置可能な防水パン 奥行(内寸)54cm以上
購入参考価格 約183,300円(税込)
15 % OFF
14,856 円/月〜
通常価格 17,479
レンタル・サブスク価格を見る
TOSHIBAドラム式洗濯乾燥機 ZABOON スタンダードモデル【洗濯12kg/乾燥7kg】
TOSHIBAドラム式洗濯乾燥機 ZABOON スタンダードモデル【洗濯12kg/乾燥7kg】 TW-127XM3 グランホワイト

サイズ 幅64×奥行72.2×高さ106cm
ボディ幅60cm
重量 約88kg
洗濯・脱水容量/乾燥容量 12kg/7kg
設置可能な防水パン 奥行内寸52cm以上
購入参考価格 約201,000円(税込)
15 % OFF
11,126 円/月〜
通常価格 13,090
レンタル・サブスク価格を見る
※購入参考価格は2012/11/24時点での市場の平均価格です。
※CLASの価格は使用期間などにより変動することがあります。

ドラム式洗濯機の選び方

最近人気のドラム式洗濯機ですが、サイズもデザインもさまざま。
多くのドラム式洗濯機のなかから、自分に合うドラム式洗濯機を見つけるために知っておきたいドラム式洗濯機の選び方をお伝えしていきます。

洗濯機縦型とドラム式どっちが人気?

洗濯機はドラム式と縦型、人気があるのはどっち?
最近はドラム式洗濯機が人気ですが、縦型洗濯機も根強い人気が。
ドラム式洗濯機を選ぶ前に、自分に合う洗濯機を確認しておくことも大切。

まずは、ドラム式洗濯機と縦型洗濯機のメリットとデメリットをチェックして、本当にドラム式洗濯機が自分の暮らしに合っているのかを確認しましょう。

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機のメリット

ドラム式洗濯機 ・衣類を傷めず洗える
・洗濯物を干す・取り込む手間がかからない
・水道代を節約できる
・見た目がスタイリッシュ
縦型洗濯機 ・洗浄力が高く、泥汚れを落とすのが得意
・スリムだからコンパクトな場所でも置きやすい
・購入価格がドラム式に比べて安い

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機のデメリット

ドラム式洗濯機 ・サイズが大きく、防水パンに合わないと設置できない
・横開きの扉だからスペースが必要
・購入費用が縦型洗濯機より高額
縦型洗濯機 ・ドラム式に比べて水道代がかかる
・こすり洗いのため衣類が痛むことがある
・乾燥機能付きモデルは限られる

水道代の違い

ドラム式洗濯機は、わずかな水で衣類を持ち上げて落とす「たたき洗い」で汚れを落とすので衣類に優しく、節水できます。
一方の縦洗濯機はたっぷりの水で「こすり洗い」をするので、汚れがしっかり落ちますが水道代はかかります。

ドラム式洗濯機が使用する水量は、縦型洗濯機の3分の1ほど。水道代は大幅に節約できますが、本体価格が高いのはデメリットです。
衣類乾燥機でふわふわタオル

乾燥機能の違い

ドラム式洗濯機は乾燥機能が標準装備。
一方、縦型洗濯機はモデルによっては乾燥機能付きがあります。

ドラム式洗濯機の乾燥方式は、主にヒートポンプ式かヒーター乾燥式。
縦型洗濯機はヒーター乾燥が主流です。

なお、縦型洗濯機についている「風乾燥モード」は乾燥機能ではなく、水気を飛ばして干す時間を短縮してくれるサポート機能なので、乾燥機能と間違えないよう注意が必要です。

縦型洗濯機の乾燥機能が知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

ドラム式洗濯機に向いている人は?

ドラム式洗濯機が向いている人 縦型洗濯機が向いている人
・洗濯物を干す手間を省きたい
・外干しできない環境に住んでいる
・節水したい
・できるだけ衣類を傷めたくない
・ドラム式のデザインが好き
・汚れをたっぷりの水でしっかり洗いたい
・設置するスペースが限られている
・乾燥機能は使わず、外干しする
・安い洗濯機が欲しい
あなたはどちらのタイプでしたか?

縦型洗濯機とドラム式洗濯機の詳しいメリット・デメリットと、おすすめの機種を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

ドラム式洗濯機のおすすめ人気メーカー

ドラム式洗濯機のおすすめ人気メーカー
ドラム式洗濯機はメーカーによってそれぞれ特徴が違います。
ドラム式洗濯機選びでは、メーカーの特徴を知っておくのもおすすめ。

ここでは、ドラム式洗濯機を選ぶ一つの参考に、ドラム式洗濯機を展開しているメーカーの特徴を確認しましょう。

早くおすすめ機種が見たい方は、
ドラム式洗濯機のおすすめ に進んでください。
電機メーカー ドラム式洗濯機の特徴
シャープ ・1912年創業の日本の電機メーカー
・独自技術の「プラズマクラスター」で衣類を除菌し、ドラム内を清潔に保つ
パナソニック ・1912年創業の日本の電機メーカー
・濃厚な泡を作り出して洗浄する「泡洗浄」機能でガンコな汚れを洗浄する
日立 ・1920年創業の日本の電機メーカー
・独自技術の「風アイロン」でシワの量を減らし、低温で乾燥させるので、衣類を傷める心配がない
東芝 ・1873年創業の日本の電機メーカー
・「ウルトラファインバブル洗浄」で小さなナノサイズの泡が皮脂汚れによる黄ばみを抑える
・水道水を抗菌水に変えて洗浄する
AQUA ・中国のHaierグループ傘下の電機メーカーで、日本の三洋電機の技術を継承している
・「お湯洗いモード」で繊維の奥に染みついた黄ばみや汚れをスッキリ洗浄する
もっと詳しくメーカーの違いが知りたい方は、以下の記事でご紹介しています。
おすすめメーカーのドラム式洗濯機を実際使ってみた口コミレビューをご覧になりたい方は、以下の記事も参考にしてください。

ドラム式洗濯機の選び方

洗濯機のドラム式の上手な選び方
ドラム式洗濯機と縦型洗濯機との特徴を知り、人気のメーカーを確認したら、いよいよドラム式洗濯機を選んでいきましょう。

ドラム式洗濯機を選ぶときの次のステップは以下の通り。
  1. ドラム式洗濯機の容量を選ぶ
  2. 設置する防水パンの大きさを確認する
  3. 搬入経路の幅を調べる
この3ステップを準備したうえで、おすすめのドラム式洗濯機を見ていきましょう。
01

ドラム式洗濯機の容量を選ぶ

まず、必要な容量のサイズを考えます。
1~2人暮らしなら5〜7kg程度、2〜4人暮らしなら8〜12kg程度の容量が目安です。

ドラム式洗濯機は小さくても6㎏くらい。10〜12kgモデルが多いので、1人暮らしの人は特にコンパクトサイズを選ぶようにしましょう。
一人暮らしの方
ふたり暮らしの方
02

設置する防水パンの大きさを確認する

次にドラム式洗濯機の本体のサイズと、設置する防水パンの大きさをメジャーで測って調べます。

扉が手前に開くので、そのスペースがあるかどうかも確認しましょう。
また、生活動線に合う開き方かもチェックすると安心です。
03

搬入経路の幅を調べる

最後に、搬入経路の幅を調べます。
せっかくドラム式洗濯機を選んだのに、家に入れられなければ意味がありません。

階段や部屋の入り口など、ドラム式洗濯機を業者2名で搬入できるかどうかをチェックしましょう。

詳しい洗濯機の選び方は、以下の記事で詳しくご紹介していますので、ご覧ください。
一人暮らしの方
全ての方
それでは、具体的なドラム式洗濯機のおすすめモデルを見ていきましょう。

ドラム式洗濯機のおすすめ

ここからはコスパ最強のモデル、一人暮らしにぴったりなコンパクトなモデル、そしておしゃれさが特徴のモデルをそれぞれご紹介します。

ドラム式洗濯機 コスパ最強モデル

洗濯機のドラム式のなかでもコスパ最強のモデル
ドラム式洗濯機の値段の相場は13~30万円ほど。
かなり高価ですが、なかにはコスパの良いモデルもあります。

価格が10万円代のコスパ最強のドラム式洗濯機ランキング1~3位をご紹介します。

ドラム式洗濯機の値段について以下の記事で詳しくお伝えしています。ぜひご覧ください。

【1位】SHARP ドラム式洗濯乾燥機【洗濯10㎏ / 乾燥6kg】

洗濯機のドラム式のなかでもコスパ最強のSHARP ドラム式洗濯乾燥機【洗濯10㎏ / 乾燥6kg】
SHARP ドラム式洗濯乾燥機【洗濯10㎏ / 乾燥6kg】 は、少量の水と電気でしっかり洗浄・乾燥できるコスパ最強のモデル。

掛け布団や毛布、ジャケットのホームクリーニングもできるので、クリーニング代も抑えられます。

高圧シャワーノズルから微細な水滴を噴射して、頑固な泥汚れや襟の皮脂汚れをスッキリ落とします。
搭載したプラズマクラスター機能が衣類の除菌・消臭を行い、ドラム内のカビの発生も防止します。

【2位】SHARP ドラム式洗濯乾燥機 【洗濯11kg/乾燥6kg】

洗濯機のドラム式でコスパ最強のSHARP ドラム式洗濯乾燥機 【洗濯11kg/乾燥6kg】
SHARP ドラム式洗濯乾燥機 【洗濯11kg/乾燥6kg】 は、水道代・電気代はもちろん、洗剤も節約できるコスパ最強のおすすめモデル。

あらかじめ液体洗剤と柔軟剤をタンクに入れておけば、自動で適量の洗剤が投入されるので、洗剤を使いすぎることがありません。

洗浄力もとてもパワフル。水道水を100〜500μmの微細な水滴にして、衣類に高圧噴射するマイクロ高圧洗浄を搭載しています。
槽内を除菌し、洗濯臭を抑えるプラズマクラスター対応モデルです。

【3位】AQUA まっ直ぐドラム 【洗濯12kg/乾燥6kg】

洗濯機のドラム式のなかdめおコスパ最強のAQUA まっ直ぐドラム 【洗濯12kg/乾燥6kg】
AQUA まっ直ぐドラム 【洗濯12kg/乾燥6kg】 は、ドラムの向きを水平にしたドラムが特徴。

12kgの大容量なのに、ドラムが真っ直ぐなためサイズがコンパクト。スペースを節約できる、おすすめのコスパ最強モデルです。
ドラムがまっ直ぐなので洗濯物がからまず、衣類が傷みません。また、低温風で乾燥させる「ヒートポンプ乾燥」のため、衣類の縮みを防いで大切な衣類を守ります。

一人暮らしにぴったりなコンパクトサイズのドラム式洗濯機

大きなサイズが多いドラム式洗濯機のなかでも、一人暮らしに嬉しいサイズのドラム式洗濯機2選をご紹介します。

Panasonic コンパクトドラム式洗濯乾燥機 Cuble【洗濯7kg/乾燥3.5kg】

洗濯機のドラム式のなかでも一人暮らしに向くPanasonic コンパクトドラム式洗濯乾燥機 Cuble【洗濯7kg/乾燥3.5kg】
Panasonic コンパクトドラム式洗濯乾燥機 Cuble【洗濯7kg/乾燥3.5kg】 は、ドラム式洗濯機のなかでも洗濯容量が7kgと小さいコンパクトサイズです。

一般的な防水パンに置けるので、一人暮らしにぴったり。
デザイン性も高いため、一人暮らしの部屋をスッキリとコーディネートできます。

しかも、小さめのボディに、洗浄力・乾燥による縮み・お手入れなどすべてに妥協せず、こだわりを詰めこんだ有能モデルです。

AQUA まっ直ぐドラム 【洗濯12kg/乾燥6kg】

洗濯機のドラム式のなかでもコンパクトなAQUA まっ直ぐドラム 【洗濯12kg/乾燥6kg】
AQUA まっ直ぐドラム 【洗濯12kg/乾燥6kg】 は、一人暮らしの部屋に置けるサイズのドラム式洗濯機。

容量が12kgもありながら、ドラムを真っすぐにしたことで一般的な防水パンに置けるコンパクトサイズに。一人暮らしの住まいにもフィットします。

まっすぐドラムで、洗浄力もアップ。高い洗浄力&シワなし仕上げの「オールラウンド浸透洗浄」が衣類をきれいに仕上げます。
一人暮らしに向いているコンパクトドラム式洗濯機については、以下の記事で詳しく解説しています。

デザインがおしゃれなドラム式洗濯機

洗濯機のなかでもドラム式はデザインがスタイリッシュ。
そんなドラム式洗濯機のなかでも、とくにデザインにこだわったおしゃれなドラム式洗濯機2選をご紹介します。

SHARP ドラム式洗濯乾燥機 【洗濯11kg/乾燥6kg】

洗濯機のドラム式のなかでもおしゃれなSHARP ドラム式洗濯乾燥機 【洗濯11kg/乾燥6kg】
SHARP ドラム式洗濯乾燥機 【洗濯11kg/乾燥6kg】 は、表面の凹凸がないスタイリッシュなデザインと扉のアッシュゴールドカラーが魅力です。
水を毎秒100万個以上の微細な水滴にして、高圧シャワーノズルから衣類に噴射する「マイクロ高圧洗浄」を搭載。
微細な水滴が衣類の傷みを抑えながら、ガンコな汚れを弾き飛ばします。

さらに、搭載したシャープ独自のプラズマクラスターが洗濯槽内を除菌と消臭。衣類の臭いも取り去ります。

TOSHIBAドラム式洗濯乾燥機 ZABOON スタンダードモデル【洗濯12kg/乾燥7kg】

洗濯機のドラム式でデザインがおしゃれなTOSHIBAドラム式洗濯乾燥機 ZABOON スタンダードモデル【洗濯12kg/乾燥7kg】
TOSHIBAドラム式洗濯乾燥機 ZABOON スタンダードモデル【洗濯12kg/乾燥7kg】 は、無駄なラインを省いたシンプルなデザインが魅力です。

さらに、一般的な防水パンに置けるコンパクトさと、洗濯中の内部が見えやすいフラットな透明窓も特徴。

ウルトラファインバブル機能を搭載し、ナノサイズの泡で繊維の奥の汚れを抗菌しながら落とします。
また、スーツやぬいぐるみなど、洗えないものの除菌・消臭も可能です。

高価なドラム式洗濯機を安く入手する方法

洗濯機のドラム式を安く入手できる家電のレンタル・サブスク
ドラム式洗濯機は多くの機能を搭載しているために、価格が高くなります。
「ドラム式洗濯機が欲しいけど、高いから迷ってしまう・・・」
そんな方におすすめしたいのが、家電のレンタル・サブスクです。

家電のレンタル・サブスクは、購入せずに月額使用料で家電を使用できるので、高い初期費用を抑えられます。

CLAS は、機能とデザインにこだわる家電のレンタル・サブスクサービスです。
家電のレンタル・サブスク
CLAS でドラム式洗濯機を借りれば、いろいろなメリットが。

家電のレンタル・サブスクCLASのメリット

  • 安い価格で気になるドラム式洗濯機を試せる
  • 毎年別の機種への借り換えも簡単できる
  • 不要になったら返却するだけ
ドラム式洗濯機をおトクに手に入れるために、 CLAS のメリットを詳しくお伝えします。

安い価格で気になるドラム式洗濯機を試せる

洗濯機のドラム式を安く入手できる家電のレンタル・サブスク
CLAS を利用すれば、気になるドラム式洗濯機を、高額な購入費を払わず、手頃な月額使用料で試せます。
初期費用が抑えられるので、まとまったお金がないときにも便利。
もし、ドラム式洗濯機を試して気に入ったら、そのまま使い続けてもいいですし、後から買ってもよいでしょう。

毎年別の機種への借り換えも簡単できる

洗濯機のドラム式を家電のレンタル・サブスクで入手すると交換が可能
一度ドラム式洗濯機を買ってしまうと、気に入らなくても長年使うことに・・・。
CLAS を利用すれば、借り換えが簡単にできます。
たとえば使っていくなかで、気になる機種が登場したら、借り換えするのもラクラク。

また、「ライフスタイルが変化して洗濯機のサイズを変えたいとき」や「ドラム式洗濯機を試した後で縦型洗濯機にしたいとき」にも気軽に交換できます。

洗濯機を何年も使用すると、自分では掃除できない箇所も出てきますが、
CLAS で借り換えれば、メンテナンスの行き届いた洗濯機が届くので安心です。

不要になったら返却するだけ

洗濯機のドラム式を家電のレンタル・サブスクで申し込むのは簡単
ドラム式洗濯機のような大型家電は、処分する際、いろいろと手間がかかるもの。
CLAS で家電をレンタルすれば、処分の手間も省けます。

不要になったら、スマホやパソコンから返却の連絡を入れるだけ。
配送業者が返却予定日に取りに行きます。その際、面倒な梱包の必要もありません。

購入せずに家電を試せる便利な
CLAS を利用して、気になるドラム式洗濯機を使ってみてはいかがでしょう。

ドラム式洗濯機を使ってゆとりのある暮らしを楽しもう

洗濯機のドラム式を家電のレンタル・サブスクすると余裕のある暮らしが実現
ドラム式洗濯機は、デザインがスタイリッシュなだけでなく、スタートキーをタッチするだけで洗浄から乾燥まで任せられる便利な洗濯機です。

今回は、ドラム式洗濯機の選び方を始め、コスパ最強モデル、一人暮らしにぴったりなモデル、デザイン性の高いおしゃれなモデルをご紹介しました。

スマートなドラム式洗濯機を上手に選んで、家事から開放されたゆとりの時間を楽しんでくださいね。

おすすめの記事