{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

狭い部屋にベッドを配置するコツ ワンルームでもおしゃれなレイアウト

2024/02/09

狭い部屋ベッドバナー
ベッドは大型家具。狭い部屋に置こうとすると、置く場所やサイズなど悩みが尽きませんよね。

そこで今回は、狭い部屋でも快適なベッドスペースをつくるコツをご紹介。

ワンルームなどのコンパクトな部屋にベッドを置くときのレイアウトの基本や、組み合わせるインテリアの選び方など、詳しく解説します。

その他のレイアウトの記事

広さ別のレイアウトをみる
 6畳 |  8畳 |  10畳 
間取り別のレイアウトをみる
 ワンルーム・1K |  1LDK |  2LDK
お部屋の種類別レイアウトをみる
 リビング | キッチン | ダイニング | 寝室

6畳ワンルーム、ベッドを配置した基本レイアウト

狭い部屋の例として、6畳ワンルームのレイアウト&コーディネートをみていきましょう。
間取りや広さが多少違っても、押さえるべきポイントは変わりません。ぜひ参考にしてみてください。

狭くても心地よい空間にするコツ

6畳ワンルーム、ベッドのあるお部屋の見取り図
6畳ベッドのあるワンルーム お部屋の全体図
一人暮らしに多い6畳ワンルームでは、部屋の大部分をベッドが占めることになります。
そのため、狭い部屋でもすっきりとした空間にするには、ベッドを置く位置がポイントです。

できれば、ベッドは壁付けするとすっきり。キッチンから窓への生活動線を邪魔することなく、他の家具を置くスペースも確保できます。

家具やインテリアなどはなるべく必要なものに限り、むやみに置きすぎないよう注意しましょう。1台2役で使えるテーブルなどは、空間を効率よく使うことができておすすめです。

インテリアは背の低いものを選ぶようにすると、広々とした空間に見えます。

狭い部屋を狭く感じさせないワザありレイアウト実例

ベッドがあっても広々と使える部屋、コンパクトな空間でも自分らしい部屋にするレイアウトの実例をご紹介。気軽に取り入れられて、マネしやすい工夫を集めました。

家具の高低差でオンオフを区切る

ワンルームや1Kなどの間取りの場合は、ベッドのすぐそばにデスクやテーブルなどを置くケースがあるでしょう。

その際、ベッドとデスクで高低差をつけると、気分のオンオフがつけやすくなります。
作業や食事の際にはチェアに座って、寝るときやリラックスしたいときには低い位置のソファに。生活にもメリハリがつきやすくなります。

また、デスクは脚まわりがすっきりしたデザインを選ぶのがおすすめ。圧迫感がなく、すっきりとした印象の部屋になります。

収納で仕切って空間に奥行きをだす

ベッドスペースとその他のスペースを収納で仕切ると、空間に奥行きがあるように見え、部屋が広く感じられます。

空間を区切る収納家具は、背の低いロータイプのものがおすすめ。視界をさえぎることがないため圧迫感がなく、部屋がすっきりとして見えます。

カウチソファの雰囲気でくつろぐ

カウチソファ
狭い部屋でもリラックススペースをゆったりと取りたいなら、ベッドとソファを並べて配置し、カウチソファのように活用するのはどうでしょうか。

ベッドとソファの座面の高さを合わせて、隙間ができないようぴったり配置することで、くつろぎスペースがぐーんと広がります。

1人でくつろぐときには脚を伸ばして贅沢に、来客時には広々と座れるスペースに。少しの工夫
で、コンパクトな部屋でもゆったりできます。

アウトドア用品を活用してフレキシブルなお部屋に

狭い部屋にベッドを置いた上で他の家具を置こうとすると、床面の小ささで圧迫感や雑多な印象を与えてしまうので、どんなアイテムを選ぶか悩みますよね。

そんなとき、おすすめなのが折りたたみ式のチェア。
キャンプ用のアウトドアチェアなら、使いたいときにさっと出せ、折りたたんでしまえば場所も取りません。

おしゃれなデザインのアウトドアグッズも増えているので、上手に活用したいですね。

狭い部屋におすすめのベッド&コーディネートアイテム

1台2役の便利な家具からコンパクトなインテリアまで、コンパクトな部屋でも心地よいベッドスペースをつくるためのアイテムをご紹介。
アイテムひとつで、狭い部屋が快適空間に変わります。

収納付きのベッドでスペースを活用

狭い部屋におすすめのベッドとアイテム
コンパクトな部屋では、ぜひベッド下を収納場所として活用したいもの。
収納付きのベッドなら寝るスペースも収納スペースも確保でき、限られた空間を有効活用できます。

ベッドを壁際に置く際には、収納を開閉する向きを考慮して。コンパクトな空間でも、収納をスムーズに開閉できるスペースは確保しましょう。

生活感の出ないソファベッド

部屋は狭いけど、ベッドもソファも置きたい。
そんなときぴったりなのが、ソファベッドです。

夜はゆったりベッドに、昼は広々ソファに、と1台2役の優れもの。
空間を有効活用できるだけでなく、生活にメリハリがつくのもいいですね。

ソファの背となる部分は高さが低いものを選ぶと、圧迫感がなくておすすめです。

両方置けるコンパクトなダイニングテーブル

コンパクトなダイニングテーブル
「狭い部屋にベッドとダイニングテーブルを両方置きたい」という場合も、アイテムのレイアウトや選び方を工夫することで、すっきりとした空間にアレンジできます。

ベッドは壁に沿って配置すれば、ヘッドボード付きのものでも圧迫感は少なくなります。

ダイニングテーブルは、コンパクトで抜け感のあるデザインを選ぶのがおすすめ。
脚まわりがすっきりしたものを選ぶとよいでしょう。

ラグやカーペットで空間をゾーニングすると、生活にも空間にもメリハリが生まれます。

シーンで高さを変える昇降式テーブル

ベッドを置くなら、それ以外の家具はなるべく増やしたくありませんよね。

そんなとき、便利なのが昇降式テーブル。高さを自由に調節できるので、デスクとしてチェアと一緒に使いたいときも、ローテーブルとして使いたいときも、シーンに合わせて自由自在に使えます。

また、来客が多いなら、ダイニングテーブルとして活用してもいいですね。
ソファとベッドをL字型に並べ、その中央にテーブルを配置すれば、みんなで楽しめるスペースになります。

もう失敗しない ベッドとマットレスを手に入れる方法

狭い部屋にベッドを置くレイアウトイメージがつかめたら、次はいよいよベッドなどの家具選びです。

でも、購入して失敗したらどうしよう?うまくレイアウトできるだろうか。

そんな不安をお持ちの方に、いま注目の家具・家電をそろえる方法をご紹介します。
お店をのぞく前に、ぜひ試してみてくださいね。

おおまかなレイアウトは決まったけれど

ベッドは大型家具。「購入して失敗したら」「狭い部屋に置けなかったら」「本当は大きめのベッドで寝たいけど」といったお悩みはありませんか。

参考画像をイメージしても自分の部屋の形や広さには違いがあるため、気になるベッドやマットレスがぴったりと配置できるとは限りません。
狭い部屋なら、なおさら心配になるでしょう。

サイズ感や他の家具との組み合わせなどは、実際に置いてみないとわからないもの。購入後に「失敗した」となるのは避けたいですよね。

そんなときに活用したいのが、レンタル・サブスクという方法。
買わずに少額で試せると、注目が集まっています。

「購入」だけじゃない、家具・家電のそろえ方

家具と家電のレンタル・サブスクは、利用期間の制限なく月額でレンタルできるサービス。

高い初期費用がかからないため、利用した分だけお支払い。そのため、引っ越しや模様替えのタイミングで利用する方が増えています。

引っ越したら部屋が狭くなり、ベッドを置いたら何も置けなくなってしまった。
部屋のサイズに合わせてベッドを買い替えたいけど、また数年で引っ越すかもしれない。
ベッドやマットレスの処分は手間もコストもかかる。

部屋と暮らしの変化に合わせて、ベッドやマットレスなどの家具を最適なものへ替えられるのがレンタル・サブスクのいいところ。

中でも
家具と家電のレンタル・サブスクCLAS(クラス) は、コンパクトでデザイン性にも機能性にも優れたアイテムを豊富に品ぞろえ。
どんなときも快適な部屋づくりを目指す人から支持されています。

交換できる、だから「本当に欲しかったベッド」が見つかる

ベッドスペースは、1日の疲れを癒す場所。狭い部屋でも、快適で心地のよい空間にしておきたいですよね。

そこで活用してほしいのが
CLAS 。引っ越して部屋のサイズが変わったときも、数年でまた引っ越すときも、「今の自分にぴったり」が選べる豊富なラインアップを取りそろえています。

コンパクトで置く場所を選ばないベッドやマットレスから1台2役のソファベッドまで、トータル400ブランド・2,000点のアイテムをラインアップ。

ライフスタイルの変化に合わせて、スマホひとつで簡単に交換・返却も可能です。

替えたいなと思ったときに、豊富なアイテムから選ぶことができるのも、レイアウトやコーディネートで悩む方から支持されている理由。
今では総会員数20万人を超えるまでになりました。

部屋づくりはもっと気軽に楽しんでいい。もっとお財布にやさしくていい。
家具と家電のレンタル・サブスクCLAS で、狭い部屋でも理想のベッドスペースをつくってみませんか。
こちらもおすすめ
おしゃれな6畳
寝室レイアウト

この記事をよむ
さまざまな寝室の
レイアウトをご紹介

この記事をよむ

おすすめの記事