{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

二人暮らしのための2LDKレイアウト おしゃれなインテリアの配置実例

2023/11/01

二人暮らしの2LDKのレイアウト
同棲や二人暮らしにぴったりの2LDK。

「二人が気に入る、おしゃれで快適な2LDKにしたい」と期待が膨らみますね。

一方で、「生活がすれちがったりしないか」「手持ちの家具・家電はどうしよう」など、課題が多いのも同棲・二人暮らしの特徴。

この記事では、二人が不要なストレスを感じることなく暮らすためのレイアウトや、おしゃれな空間を演出するコーディネートについてお伝えします。

リビング・ダイニング・寝室の家具の基本配置や居室の使い方、居心地の良い空間にするためのコーディネートのコツまで、マネしたくなるアイデア満載でお届けします。

さぁ、二人にとって最高の2LDKをつくりましょう!

その他のレイアウトの記事

広さ別のレイアウトをみる
 6畳 |  8畳 |  10畳 
間取り別のレイアウトをみる
 ワンルーム・1K |  1LDK |  2LDK
お部屋の種類別レイアウトをみる
 リビング | キッチン | ダイニング | 寝室

2LDKは同棲や二人暮らしにぴったり

同棲や二人暮らしにぴったりと言われる2LDK。
まずは特徴をつかんで、基本のレイアウトを見てみましょう。

2LDKはこんな間取り

2LDKとは「リビング・ダイニング・キッチン+2部屋」という間取り
2LDKとは「リビング・ダイニング・キッチン+2部屋」という間取りのこと。

リビング・ダイニング・キッチン(LDK)以外に2つの居室があるため、片方を寝室に、もう片方を書斎やワークスペースにと違う目的で使うことが可能です。

二人暮らしなら、着替えの時にプライバシーを守れたり、仕事で集中したいときに一人の空間を持つことができます。

それぞれが一人暮らしでいるより、2LDK二人暮らしのほうが家賃が安くなるのも嬉しいポイント。
ユニットバスが、バス・トイレ・洗面台別になって住み心地が良くなる、というケースも多くあります。

将来的にお子さまが生まれたときも、子育てしやすい間取り。
居室を子ども部屋にするなど、暮らしに合わせて住み方を変えられます。

寝室? ワークスペース? 居室の使い方を考える

LDKはリビング・ダイニングとして使うのが主流。
まずは、居室2部屋をなんの部屋として使うかを考えましょう。

寝室としての使用はプライベート空間を独立させられるだけでなく、就寝時間のズレがあっても干渉しにくくおすすめです。

在宅ワークが多い場合は、ワークスペースとして活用。
昼夜問わず集中したい場合は、リビングから離れたお部屋を選ぶと静かな環境になります。

このほか、趣味の持ち物が多いなら思い切って趣味のお部屋や収納スペースとして活用する方法もあります。

記事の後半では居室のレイアウトやコーディネートも紹介します。
ぜひ参考にしてくださいね。

リビングダイニングキッチン基本のレイアウト

10畳のLDKのレイアウトの見取り図
10畳のLDKのレイアウトの見取り図
次は、暮らしの中心となるLDK(リビング・ダイング・キッチン)の基本レイアウトを見ていきましょう。
上の写真は10畳のLDKにレイアウトしたパターンです。

ソファやなどの大型家具から、生活動線を配慮してレイアウトしていきましょう。

リビングスペースのソファは壁に沿ってレイアウト。
テレビやローテーブルはソファの向かいに置けば、キッチンから窓までの動線がスムーズになります。

テレビとソファの距離は、近づきすぎないよう注意を。画面サイズや間取りにもよりますが、ソファとテレビの間が1.2m〜1.5m程度あるといいですね。

ダイニングテーブルは、キッチンカウンターのすぐ手前に置けると配膳がラク。
部屋の広さに合わせて、テーブルサイズを選びましょう。

【リビング編】実例でみる
家具の配置とコーディネートのコツ

二人のくつろぎ空間になるリビング。
おしゃれなインテリアを置いて、お気に入りの空間にしたいですね。

居心地の良いリビングをつくるレイアウトとコーディネートのコツをまとめました。

リビングレイアウトはソファの向きと配置から

リビングの主役となるソファ。
おしゃれなデザインのものを選ぶと、それだけでリビング全体の印象が変わります。

ソファをしっかり見せたいなら、入口に背を向けないように配置しましょう。

ドアを開けてすぐに目に入り、デザインが引き立ちます。

またダイニングに対して背を向けない配置にすると、リビングとダイニングとで離れていてもコミュニケーションの取りやすいお部屋になりますよ。

二人暮らしリビングの
主役のソファ

インテリアに統一感をもたせて、おしゃれな空間に

ダイニングに背を向けてソファを配置し、ゆるやかに空間をゾーニング。
リビングで過ごす時間を大切にしたい二人におすすめのレイアウトです。

2LDKのリビングとダイニングは、ひとつなぎになっている間取りが多いもの。
インテリアのスタイルやカラーをそろえて統一感を出すと、ぐっとおしゃれになります。

例えばアイアン脚のブラックとブラウンなどのカラーでそろえると、都会的でシックな印象に。
統一感を持たせることで、奥行きのあるひとつの広い空間として認識しやすくなります。

統一感のある
リビング&ダイニング

オープンタイプの収納に2人のお気に入りを飾る

リビングを二人のお気に入り空間にするアイデア。

収納を置くなら、オープンタイプのものを選びましょう。
それぞれの思い入れがあるアイテムや、二人の思い出の品を飾れば、目に映るたび気分があがります。

高さがあるのに圧迫感が少ないのも、オープンタイプの収納のいいところ。

収納があると雑誌やリモコンなど小物で散らかりがちなリビングをすっきり片付けられるので、実用的な面でもおすすめです。

リビングを二人の
お気に入り空間に

この1台で、リビングがもっと快適に

リビングのソファ選びは悩ましいもの。

一人で気ままにくつろいだり、二人一緒にのんびり過ごしたり。
何通りもの使い方が考えられるなら、ソファとオットマンのセットがおすすめです。

ソファの前に置けば脚を伸ばして座れ、横並びにすれば寝転んで使えます。
来客時には独立したチェアに早変わり。

さまざまなシーンでくつろぎ感をアップしてくれる、便利なアイテムです。

使い方いろいろ
ソファ+オットマン

【ダイニング編】実例でみる
家具の配置とコーディネートのコツ

キッチン・ダイニングのコーディネートでLDK全体がすっきり

ひとつなぎの空間になっていることが多いLDK。
すっきりとした印象に仕上げるなら、キッチン・ダイニングのコーディネートにも気を配りましょう。

特にキッチンは、調理家電や食材などものが多く雑然として見えやすい場所。

リビングから見えてしまうと、部屋全体が落ち着かない印象になってしまいます。

おすすめは、キッチン家電とインテリアを同色でコーディネートすること。
黒などのシックなカラーでそろえれば、モダンな印象にまとまります。

テーブルの脚やチェアのカラーと合わせると部屋全体がコーディネートでき、ぐっとおしゃれな空間になるでしょう。

家具と家電の
おしゃれコーデ

伸長式のテーブルでいつも快適なダイニング

「大きなダイニングテーブルを置くには狭いけど、本当は広いテーブルがいい・・・」

もしそんな悩みを持っているなら、伸長式のテーブルを使う方法があります。

普段は省スペースに置けて、必要なときだけ伸ばして広く使うことが可能。

友人や親戚が遊びに来たときも料理をたくさん広げることができ、窮屈になることなく楽しめます。

広げられる
ダイニングテーブル

お部屋が狭いなら、ダイニングとリビングを兼用

リビングとダイニング、別々のスペースを取るにはちょっと窮屈。

そんな空間の狭さが気になるなら、ダイニングとリビングの兼用スペースにしてしまいましょう。

ダイニングテーブルにダイニングソファを合わせれば、食事のときもくつろぐときも快適です。
座面が少し固めのタイプを選ぶと使いやすいでしょう。

明るいウッド調のテーブルや、ホワイトやアイボリーなどのナチュラルなカラーのインテリアで統一すると、やわらかい温かみのある空間になります。

食事もできて
くつろげるダイニング

居室のお部屋づくり

寝室に、仕事部屋に、趣味のお部屋に。
部屋の用途によって、レイアウトも選ぶアイテムも変わってきます。
二人の毎日にぴったりの2部屋をつくりましょう。

2LDKなら独立したベッドルームがつくれる

居室が2つある2LDKなら、1部屋すべてを寝室にできるでしょう。

睡眠の質にこだわるなら、空気清浄機などを置くと睡眠環境がぐっと良くなります。

また、二人暮らしの場合は、あらかじめお互いの就寝時間を確認しておけると安心です。
寝る時間が大幅に異なると、睡眠にも悪影響が。

ズレがある場合には、どの部屋を寝室にするか、睡眠を邪魔しないようベッドを別に設けるかなどを確認しておくと、部屋づくりもその後の暮らしもストレスが少なくなります。

身も心も休まる
北欧風ベッドルーム


寝室のレイアウトを
くわしく紹介

自宅での仕事が多いならワークスペースを充実

在宅ワークが多いなら、居室の1つをまるごと仕事部屋にしてみましょう。

デュアルディスプレイしやすい幅広のデスクも、機能にこだわった大きなサイズのワークチェアも、余裕をもって設置できます。

時間に関わらず静かな環境が必要な場合は、リビングからなるべく離れた部屋を選ぶのがおすすめです。

快適で能率的な
ワークスペース

趣味のお部屋として活用する

二人の共通の趣味がある場合は、それを楽しめるお部屋があるのもいいですね。

趣味に関係する持ち物が多かったり場所をとったり、という場合は、思い切ってひと部屋まるごと趣味のお部屋にしても良いでしょう。

逆に、共用スペースに置きたくない物や相手に触ってほしくない物がある場合も、お部屋を決めてそこに収めるようにすれば、お互いの不要なストレスを招きません。

自分を高める
フィットネススペース

コストを抑えて本当に欲しい家具・家電をそろえる裏ワザ

2LDKの二人暮らし、レイアウトのイメージがつかめてきたら、次はいよいよ家具・家電選びです。

でも、ここで二人暮らしならではの課題も。

「本当に買っていいのかな」「今は我慢してあきらめよう」

そんな思いを少しでも抱えている人に、二人の理想を叶えるとっておきの裏技を紹介します。

二人暮らしの家具・家電、どうする問題

とても楽しみにしている二人暮らし。
せっかくなら、素敵なインテリアを並べて、二人が気に入るおしゃれな部屋にしたい!

けど「いま本当に買っていいのかな?」と迷ったり、悩んだりすることはありませんか?

もし広い部屋に引っ越したら?
結婚することになったら?
子どもができたら?
逆にお別れすることになったら?

買った家具や家電はどうしたらいいのでしょうか。
せっかくコーディネートしてそろえても、数年で使わなくなってしまったら。
もったいないから、とりあえず無難なもので済ませようかな。

そんな二人の悩みを解決してくれると注目されているのが、家具と家電のレンタル・サブスクです。

「購入」だけじゃない、家具・家電のそろえ方

家具・家電をそろえようと思うとき、「家具と家電のレンタル・サブスク」という選択肢もあることをご存知でしょうか。

家具と家電のレンタル・サブスクとは、月々少額の支払いでアイテムをレンタルできるサービス。
好きなときに借りて、好きなときに返せるため、ライフスタイルとともにお部屋が変わりやすい二人暮らしの方から人気が高まっています。

将来、暮らしが変わりそう。
もっと広い部屋に引っ越すかも。
家族構成が変わるかもしれない。

そんな変化が予想される人にもぴったりのサービスです。

また、生活に必要な家具・家電を全て購入するとなると高額になるもの。
レンタル・サブスクなら高い初期費用もかからないため、二人暮らしを始めるときのハードルもぐっと下げてくれます。

おしゃれなインテリアから人気の家電までラインアップ

中でも家具と家電のレンタル・サブスクCLAS(クラス)は、デザイン性にも機能性にも優れたアイテムを豊富にラインアップ。

2LDKの二人暮らしにちょうどよいサイズ感の家具から、二人の食事を準備するキッチンに欠かせない冷蔵庫や電子レンジなどの家電まで、100ブランド・1200点のアイテムをそろえています。

そのため、家具と家電を別々にそろえる必要がなく、ワンストップでコーディネートしながらまとめてそろえられるのもうれしいポイント。

さらに家具・家電の引き取りサービスもあるので、一人暮らし時代の不要になったアイテムもおまかせできます。

二人の最高のお気に入り空間をつくろう

実は好みを合わせるのが難しい二人暮らしのレイアウト&コーディネート。

でもCLASなら、万一「合わなかった」「使いにくかった」となっても、スマホひとつで家具・家電の交換が可能です。
生活が変わったときも、暮らしに合わせて気軽にレイアウトやアイテムを変更できます。

引っ越すときは返却して、新居にぴったりのアイテムと替えればOK。
荷物を減らすことができるため、引っ越し代も節約できます。

また、返却期限がなく、自分のタイミングで不要になるまで使い続けられるのもCLASが支持される理由のひとつ。
「長期プラン」もあるので、レンタルでも安心して長期間利用できます。


二人暮らしの部屋づくりに、我慢は必要ありません。

最低限のコストで、二人にとって最高の空間をカタチにできる今。
家具と家電のレンタル・サブスクCLASで、おしゃれで快適な2LDKの二人暮らしをつくってみませんか。

さまざまな2LDKの
レイアウトを紹介

CLASのリビング
コーディネート

CLASのダイニング
コーディネート

おすすめの記事