{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

狭いリビングのためのレイアウトのコツ おしゃれなインテリア配置実例

2024/02/02

狭いお部屋のリビングレイアウト
ゆったりとくつろぐためのリビング。

少しくらい狭くても、なるべく快適に過ごせる空間にしたいものです。

そこで今回は狭いリビングのレイアウトのポイントをご紹介します。

どのくらいの家具が置ける?
テレビとソファはどのくらい離せばいい?
お部屋を広く見せるコツは?

レイアウトの基本から参考にしやすい実例まで、コーディネート写真とともに詳しく解説します。

その他のレイアウトの記事

広さ別のレイアウトをみる
 6畳 |  8畳 |  10畳 
間取り別のレイアウトをみる
 ワンルーム・1K |  1LDK |  2LDK
お部屋の種類別レイアウトをみる
 リビング | キッチン | ダイニング | 寝室

リビングのレイアウトを考える前に

最適なレイアウトを考えるために、まずはお部屋をきちんと確認しましょう。

広さはもちろん、続き部屋の有無によっても家具の配置は変わってきます。

お部屋の広さと間取りを確認する

お部屋の基本的な間取り
これからレイアウトを考えるお部屋の、基本的な間取りを確認しましょう。

何畳のスペースがあるのか。
ダイニングキッチンとひとつなぎのLDKなのか。
ダイニングの他にリビングと直接つながる居室があるのか、など。

ダイニングとつながったリビングなら、ダイニングテーブルを小さいものにしたりダイニング兼用のリビングにすることで快適なお部屋にする方法があります。

また、居室とつながったリビングなら、隣の部屋も含めてリビングエリアにする方法も考えられます。

ドアや窓、収納やコンセントの位置を測る

配線を意識したレイアウト
下準備として、お部屋の全体図を用意しましょう。

ドアや窓の位置はもちろん、収納がある場合はそれも書き込みます。
窓は床からの高さも測っておくと、家具選びで失敗しにくくなります。

リビングにテレビを置く場合はコンセント、アンテナ端子の位置を確認して書き込みましょう。
配線が見えづらいすっきりしたレイアウトにつながります。

狭いリビング、基本のレイアウト

配置できる家具の点数や大きさに注目しながら、基本的なレイアウトを見てみましょう。
狭いリビングの一例として、ここでは6畳のリビングとダイニング兼用のリビングを紹介します。

6畳のリビングレイアウト

6畳のリビングレイアウトの全体図
6畳のリビングレイアウトの見取り図
6畳のリビングはやや狭さを感じるかもしれませんが、テレビボードに二人掛けのソファ、センターテーブルなど、リビングに配置したい最低限の家具を置くことができます。

テレビを置く場合は、ソファとの距離を確認してレイアウトしましょう。

目安は4Kで画面の高さ×1.5。43v型なら約0.9mです(フルHDの場合は約1.8m)。
ほどよい距離が保てると、映画など長時間の視聴でも疲れにくくなります。

ソファとセットでオットマンがあると、脚を伸ばしてくつろげるだけでなく、来客時もチェア代わりになり重宝します。

ダイニングと兼用にしたリビング

ダイニングと兼用にしたリビングレイアウトの全体図
ダイニングと兼用にしたリビングレイアウトの見取り図
空間の狭さが気になるなら、リビングとダイニングを兼ねるという方法もあります。

ダイニングテーブルはキッチンの向かい、垂直方向に配置できると配膳や片付けがスムーズ。

食事の際にもリラックスの際にも使えるよう、テーブルで使うチェアはダイニングソファやソファベンチを取り入れてみましょう。

ポイントは座面が硬めのものを選ぶこと。座ったときに沈み込みすぎず、食事の際も快適です。

同じ空間にテレビを設置すると、くつろぎ時間がより充実します。

リビングダイニング
兼用レイアウト

家具と配置実例とおしゃれなお部屋をつくるコツ

ここからは限られたスペースでも快適でおしゃれなリビングをつくるためのコツを、レイアウト・コーディネートの実例写真とともにお伝えします。

インテリアの選び方や配置のポイント、狭く感じさせない工夫など、リビングのお部屋づくりにご活用ください。

縦長のリビングダイニングをソファの背でゆるやかに仕切る

ひとつなぎのリビングとダイニング。
空間を広く見せながら2つのエリアを分けたい時は、ソファの背を利用してゆるやかにゾーニングするのがおすすめです。

ソファは背が高すぎないものを選びましょう。
視界をさえぎらないので、空間の開放感を損ないません。

狭く見せない
空間の仕切り方

収納力のあるインテリアを選ぶ

リビングはリモコンや本などいつの間にかものが増え、散らかりがちな部屋。

収納が欲しいと思っても、狭いリビングでは配置できる家具が限られるため置けないケースもあるでしょう。

リビングのインテリアは、収納力のあるものを選んでおくと安心です。

センターテーブルに収納スペースがあれば、さっと片付けられます。

伸長式のテレビボードならスペースに合わせてサイズを変えられるので、いつも最適な配置が可能です。

収納力をもたせた
リビング

高さのある収納でも空間を狭く感じさせない工夫

高さのある収納を置きたい場合は、オープンタイプを検討してみましょう。

オープンタイプなら抜け感があるぶん圧迫感が和らぎ、お部屋が狭く見えにくい特徴があります。

お気に入りの小物を配置してディスプレイしても良いですし、スマートに出し入れできるので、よく使うものの定位置とするのもおすすめです。

肘掛けのないソファで快適に

スペースに限りがあるお部屋におすすめなのが、肘掛けのないソファです。

同じサイズのソファでも、肘掛けがないぶんゆったりと座ることができます。

オットマンと組み合わせてくつろぎ方が広がるのもポイント。

横並びにして横長のソファにすることもできますし、ソファの前に並べて脚を伸ばしてくつろぐこともできます。

コンパクトでも
ゆったり座れるソファ

ダイニングソファとテーブルで、ダイニングとリビングを兼用

ダイニングと兼用のリビングにするなら、明るく温かい、ほっとくつろげる雰囲気のコーディネートはいかがでしょう?

ナチュラルなウッド調や、アイボリーやベージュといったやさしいカラーを取り入れると、温かみのある空間になります。

テーブルに対してダイニングソファをL字にセッティングすると、テーブルの片側にスペースができるので、狭いお部屋でもゆとりのある生活動線がつくれます。

テーブルが開けているので、配膳や片付けがスムーズにできるというメリットもありますよ。

ダイニングソファの
くつろぎ空間

リビングやダイニングキッチンに配置する家具や収納、上手にそろえるには

リビングのレイアウトのイメージがわいてきたら、いよいよ家具選びです。

理想をカタチにしたいなら、実は「家具・家電をどうそろえるか」も重要なポイントです。

「参考画像をマネして買ったはいいけれど、うまく配置できなかった」という失敗もあるのが部屋づくり。

購入だけではなく、今、注目の新しい入手方法も知っておくと、理想の暮らしに近づきます。

おおまかなレイアウトは決まったけれど

ソファにテレビボード、収納。大型家具が多いのがリビングの特徴です。

できれば、実際に使ってみてサイズ感や使い勝手を確認したいところ。
購入した後で「失敗した」となるのは避けたいですよね。

そんな方に人気が高まっているサービスが、家具と家電のレンタル・サブスク。
買わずに気軽に試せると、注目が集まっています。

「購入」だけじゃない、家具・家電のそろえ方

今、家具・家電をそろえようと思うとき、家具と家電のレンタル・サブスクという選択肢もあることをご存知でしょうか。

家具と家電のレンタル・サブスクとは、利用期間の制限なく月額でレンタルできるサービス。
高い初期費用が必要なく、万一「違った」となっても交換できるので、あれこれ悩まず軽い気持ちで使ってみることができます。

手持ちのアイテムとの相性はどうか。
実際に部屋に置けるサイズか。

確認できるため、失敗が少なくなります。

中でも
家具と家電のレンタル・サブスクCLAS(クラス) は、機能性とデザイン性を兼ね備えた家具と家電を豊富にラインアップ。

コンパクトな部屋を、おしゃれで快適な空間にしたいと考える人から支持を集めています。

必需品から人気家電、おしゃれな家具までラインアップ

家具はインテリアショップ、家電は量販店と、あちこちお店を回ってそろえるのは骨が折れるものです。

でも
CLAS なら、リビングに必要な家具だけではなく、キッチンに欠かせない冷蔵庫や電子レンジなどの家電もワンストップでそろいます。

おしゃれなインテリアから機能性とデザイン性を両立した家電まで、400ブランド・2,000点のアイテムをラインアップ。

そのため、今の自分のライフスタイルや部屋の間取りにぴったりのアイテムを選ぶことができるのです。

自分だけの「最適」が見つかる

自分らしい暮らしを求める一人暮らしでも、お互いの好みにフィットするアイテムを選びたい二人暮らしやファミリーでも、納得がいくまで探したり替えたりできるのがレンタル・サブスクのいいところ。

スマホでかんたんに返却できるので、「合わなかった」「使わなくなった」となっても気軽に交換できます。

この先引っ越しがあっても、返却して新居に合うアイテムと交換するだけでOK。

「購入したけど数年しか使わなかった」「処分のために手間もお金もかかった」といった後悔とも無縁です。

CLAS なら「長期プラン」もあるため、長期間のレンタルも安心して使えます。


部屋づくりは今の暮らしに合わせていい。もっとお財布にやさしくていい。
家具と家電のレンタル・サブスクCLAS で、快適でおしゃれなリビングをつくってみませんか。

CLASのリビング
コーディネート


CLASのダイニング
コーディネート


レンタルできる
おしゃれな家具

こちらもおすすめ
おしゃれな
リビングレイアウト
をご紹介

この記事をよむ

おすすめの記事