{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

一人暮らしから実家暮らしまで 6畳のお部屋のインテリアレイアウト

2023/11/27

6畳のお部屋のインテリアレイアウト
一人暮らしでも、家族みんなとの暮らしでも、よくある6畳の部屋。

コンパクトだからこそ、窮屈にならないよう配置やアイテム選びには気を使いますよね。

そこで今回は、6畳のお部屋レイアウトのポイントをご紹介。

・デスクや大きめベッド、ソファを取り入れた3パターンの基本レイアウト
・いろんな6畳の配置&インテリア選びのコツ
・女子&男性それぞれに向けた配置&コーディネート実例

など、広く解説します。ぜひお部屋づくりの参考にしてみてください。

その他のレイアウトの記事

広さ別のレイアウトをみる
 6畳 |  8畳 |  10畳 
間取り別のレイアウトをみる
 ワンルーム・1K |  1LDK |  2LDK
お部屋の種類別レイアウトをみる
 リビング | キッチン | ダイニング | 寝室

3パターンの基本レイアウト

6畳のお部屋の基本レイアウトをご紹介。まずは基本の配置を理解して、自分のライフスタイルに合わせてアレンジしてみましょう。

デスクを配置したお部屋のレイアウト

デスクを配置したお部屋のレイアウトの全体図
デスクを配置したお部屋のレイアウトの見取り図
シングルベッドとデスク、チェアを配置しても余裕のある6畳のお部屋。

テレビを配置しないなら、本棚などシェルフを置いてデスクワークの効率をアップさせることもできます。

ベランダなど部屋の奥への動線を確保したい場合は、チェアがデスクにしまえるものを選ぶとスムーズ。

デスク周りのレイアウトで迷ったら、ワークスペースのコーディネート例を参考にしてもいいでしょう。

ワークスペースの
コーディネート例

大きめサイズのベッドを配置したレイアウト

大きめサイズのベッドを配置したレイアウトの全体図
大きめサイズのベッドを配置したレイアウトの見取り図
セミダブルベッドをメインにレイアウトした6畳のお部屋。
6畳のお部屋でも、セミダブルベッドなら無理なく置くことができます。

部屋の多くのスペースをベッドが占めることになるため、収納付きのベッドなどを選ぶと空間を効率よく使えて便利。

ベッドの向かいにローテーブルやテレビを配置すると、窓側への動線を邪魔することがありません。

ソファを配置したレイアウト

ソファを配置したレイアウトの全体図
ソファを配置したレイアウトの見取り図
6畳のお部屋でも、ベッドとソファを両方置くことができます。

ポイントはベッドと同じ並びにソファをレイアウトすることと、コンパクトなソファを選ぶこと。

肘なしソファなら、コンパクトサイズでもゆったりくつろぐことができます。

ソファとテーブル、テレビを置くスペースにラグを敷くとくつろぎスペースが生まれ、暮らしにメリハリが生まれます。

6畳のお部屋を快適にする、レイアウトと家具選びのポイント

自分だけの6畳を心地よい空間にするための、工夫のポイントをまとめました。ライフスタイルに合うレイアウトのコツとは?

一人暮らしなら、食事・仕事・くつろぎタイム、すべてに使えるテーブルを

コンパクトな6畳では、1台で何役にもなるアイテムがあると省スペース。

高さが変えられる昇降デスクなら、食事はもちろん、仕事・勉強・リラックスタイムと多様なシーンに対応できます。

食事や仕事・勉強などでは、座面が固めのソファとセットで使うと快適です。

リラックスタイムでテーブルの高さを低くして使うなら、ラグを敷いておくとリラックス度がアップします。

一人暮らしの
心地よい暮らし

伸長式のインテリアを活用

限られた空間をなるべく効率よく使いたいなら、伸長式の収納を使ってみませんか。

サイズを変えられるタイプなら、荷物の量や部屋の広さに合わせて使うことが可能。
ものが増えてもむやみに収納を増やさなくてもよくなります。

引き出しがついたタイプなら、隠す収納もできて便利です。

伸長式の家具がある
お部屋スタイル

肘掛けなしのソファなら、コンパクトでもゆったり座れる

6畳にぴったりなのは、やはりコンパクトなソファでしょう。

肘掛けなしのソファなら座面の横幅に余裕ができ、コンパクトサイズでもゆったりくつろぐことが可能。

オットマンと組み合わせて使うと、脚を伸ばしてのんびりできるのでおすすめです。

ゆったりソファの
あるお部屋

収納付きのベッドで限られたスペースを有効活用

6畳は限られたスペース。収納も上手に確保したいところでしょう。

収納を少しでも増やしたいなら、収納付きベッドがおすすめ。
デットスペースになりがちなベッド下を上手に活用できます。

ヘッド部分に棚がついた宮付きタイプなら、メガネや時計、スマホなども置けて便利です。
ワンルームや1Kのレイアウトについては、以下の記事で詳しくご紹介しています。
ぜひご覧ください。

ワンルーム&1Kの
レイアウト

【女子向け】おしゃれな家具の配置とコーディネート実例

かわいくてセンスのよい空間にするには?
女子にぴったりのお部屋レイアウトとコーディネートのポイントをご紹介します。

ホワイトを基調にした人気の韓国風

韓国スタイルをイメージするなら、ホワイトやアイボリーなどの淡いカラーをベースにするのがいいでしょう。

ゆったりとくつろげるベッドとソファがメインの部屋では、ソファは壁側に配置すると、部屋全体が見渡せて開放感のある印象になります。

ソファ周りにラグを敷くとくつろぎスペースとおやすみスペースをゾーニングできて、暮らしにメリハリが生まれます。

韓国風の
ホワイトなお部屋

デスクとドレッサー、アイテムは2WAYで使うのがコツ

コンパクトな空間では、1台2役のアイテムが省スペースで便利。

美容好きの方なら、ベッドサイドのデスクをドレッサーとして使ってもいいでしょう。
ミラーをセットすれば、デスクがドレッサーになります。

毎日使う化粧品や美容家電などをセットしておくと、美容への意識もぐっと高まるはずです。

美容が好きになる
お部屋スタイル

ワンルームなら、ベッドとテーブルの組み合わせもアリ

ワンルームのようなコンパクトな部屋なら、ベッドを壁付けすると空間を効率よく使えます。

テーブルは食事や仕事など、フレキシブルに活用を。

ベッドのあるおやすみエリアとテーブルのある活動&くつろぎエリアには、それぞれにラグを敷くと空間をゆるやかにゾーニングできます。

落ち着いたアースカラーでまとめると、こなれたおしゃれな印象になるでしょう。

ベッド&テーブルの
ワンルームライフ

女子向けの6畳レイアウトとコーディネートは以下の記事で詳しくご紹介しています。
ぜひご覧ください。

おしゃれ女子必見
6畳レイアウト

【男性向け】おしゃれな家具の配置とコーディネート実例

男性にぴったりの、センスのよい部屋をつくるポイントをご紹介。
写真を参考にしながらイメージをふくらませてみてください。

縦長のお部屋を収納でスペース分け

ベッドスペースとくつろぎスペースは、収納棚で区切ると過ごし方にメリハリがつきます。

低い収納棚を利用すると圧迫感がなく、ほどよく目隠しに。
収納スペースもキープできるのが嬉しいポイントです。

黒やグレー、ホワイトなどのモノトーンカラーで統一すると、クールな印象のお部屋になります。

収納で仕切る
お部屋コーディネート

無機質な空間をブルーのラグでセンス良く

直線的なデザインの家具やモノトーンカラーのインテリアが多くなると、クールで無機質な空間になりがちです。

そんなとき、差し色があると雰囲気が変わります。

ブルーのラグなら部屋のアクセントに。
変則的なオーバル型も空間に動きを出してくれます。

また、ヘッドレスタイプのベッドは配置する向きに制限がなく、スペースが限られたお部屋でもレイアウトしやすいアイテムです。

社会人にもおすすめのデスクとベッドのレイアウト

在宅ワークが多いなら、部屋にワークスペースを設けたいものです。

ベッドは壁側に配置。そのサイドにデスクをレイアウトすると、おさまりがよくなります。

ベッドとデスクは、ダークカラーの木目調でそろえるとクールで落ち着いた印象に。

コンパクトながらも十分な広さのあるデスクは、PC作業にも最適。キャスター付きのキャビネットを引き出せば、資料や文房具などを広げておくのにも便利です。

在宅ワークが
はかどるお部屋

男性向けの6畳レイアウトとコーディネートは以下の記事で詳しくご紹介しています。
ぜひご覧ください。

男性向け
6畳レイアウト

6畳のお部屋づくりに本当に欲しい家具・家電をそろえる裏ワザ

6畳のお部屋レイアウトのイメージがつかめてきたら、いよいよ家具・家電選びです。

でも、ここで頭をよぎるのが「今、買いそろえていいのか」という問題。

「数年の間に引っ越すだろうし」「とりあえずの家具で我慢しておくか」

そんな思いを少しでも抱えている人に、いま、本当に欲しい家具がそろえられるとっておきの裏ワザをご紹介します。

一人暮らしの家具・家電、どうする問題

自分だけの6畳。どんなレイアウトにするか、どんなコーディネートにするか、とても楽しみですよね。

誰にも気兼ねなく自分好みの部屋にできるのは、「自分のためのお部屋」ならではの特権です。

でも一方で、こんな思いを抱えていないでしょうか?

次に引っ越すときはどうする?
もし誰かと一緒に住むことになったら?
せっかくそろえた家具・家電がわずか数年で合わなくなったら・・・。
もったいないから、とりあえず無難なもので済ませようかな。

実はそんなお悩みを、解消してくれる方法があるのです。

「購入」だけじゃない、家具・家電のそろえ方

今、家具・家電をそろえようと思うとき、家具と家電のレンタル・サブスクという選択肢もあることをご存知でしょうか。

家具と家電のレンタル・サブスクとは、利用期間の制限なく月額でレンタルできるサービス。

好きなときに借りて、好きなときに返せるため、「将来生活が変わりそう」「引っ越す可能性が高い」といった方からも人気を集めています。

また、生活に必要な家具・家電を全て購入するとどうしても高額になるもの。
ですがレンタル・サブスクなら高い初期費用もかからないため、新しい暮らしを始めるときのハードルを下げてくれます。

おしゃれなインテリアから人気の家電までラインアップ

中でも家具と家電のレンタル・サブスクCLAS(クラス)は、デザイン性に優れ、品質の良いアイテムを多数ラインアップ。

6畳にちょうどよいコンパクトな家具から、冷蔵庫や洗濯機などの家電まで、100ブランド・1200点のアイテムをそろえています。

そのため、家具と家電を別々にそろえる必要がなく、ワンストップでそろえられるのもうれしいですよね。

家具・家電の引き取りサービスもあるため、手持ちの不要になったアイテムもおまかせできます。

最高のお気に入り空間をつくろう

今の6畳の部屋に住むのは、何年くらいでしょうか?

「いつか引っ越すし」と考えると、はりきって家具を買いそろえていいものか、迷ってしまいますよね。

でもCLASなら、引っ越すときは返却して、新居にぴったりのアイテムと交換すればOK。
荷物が減るので、引っ越し代を節約しながら手間を減らして身軽に済ませられます。
CLASでは「長期プラン」もあるため、長期間のレンタルも安心ですね。

もう部屋づくりに、我慢は必要ありません。必要以上にお金をかけなくてもよいのです。

家具と家電のレンタル・サブスクCLASで、おしゃれで快適な6畳をつくってみませんか。

レンタルできる
おしゃれな家具


6畳のレイアウトを
くわしく解説


6畳のおしゃれな
コーディネート

おすすめの記事