{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

一人暮らしのおしゃれなキッチン レイアウトと収納アイデア

2024/01/16

一人暮らしのキッチンのレイアウト
おしゃれな空間で、好きなメニューを作って食べる。
キッチンには一人暮らしの醍醐味がつまっています。

でも、いざキッチンに立つとレイアウトやコーディネートの悩みはつきないもの。

そこで今回は、キッチン別の基本レイアウトや収納アイデア、コンパクトな空間でもおしゃれに見せるコツなどをご紹介。

1Kに多い廊下と一体になったコンパクトなキッチンから、ワンルームや1LDKのカウンターキッチンまで、一人暮らしのキッチンをおしゃれにする方法を解説します。

その他のレイアウトの記事

広さ別のレイアウトをみる
 6畳 |  8畳 |  10畳 
間取り別のレイアウトをみる
 ワンルーム・1K |  1LDK |  2LDK
お部屋の種類別レイアウトをみる
 リビング | キッチン | ダイニング | 寝室

キッチン別 一人暮らしの基本レイアウト

一人暮らしによくあるキッチンのタイプ別に、基本のレイアウトをご紹介。
参考にしながら自分なりにアレンジしてみてください。

廊下と一体になったコンパクトなキッチンスペース

廊下と一体になったコンパクトなキッチン
1Kでよく見かける、廊下と一体になったコンパクトなキッチン。

キッチンはものがあふれがちなので、キッチン横にスペースが取れる場合は大きめの収納棚を配置しましょう。

棚の上段には食器やキッチン小物を収納すると、配膳や後片付けのたびにかがむ必要がなくラク。

下段のスペースが空くようなら、日用品やその他私物の収納場所にするといいですね。

冷蔵庫や電子レンジなどの家電は縦積みできるものを選ぶと、スペースを有効活用できます。

狭いキッチン
レイアウトのコツ

お部屋に壁付けキッチンがあるレイアウト

壁付けキッチンのレイアウトの全体図
壁付けキッチンのレイアウトの見取り図
壁付けキッチンの場合、キッチンの後ろにダイニングテーブルを置くとすっきり。

配膳や後片付けがしやすく、動線もスムーズです。

食器や家電をひとつにまとめて収納できるキッチンボードがあると、雑然としがちなキッチンがすっきりまとまります。

また、リビングのソファはコンパクトなタイプを選ぶとより省スペースに。
肘掛けなしのタイプなら、一人掛けでもゆったりくつろげるでしょう。

ワンルームの場合はソファの代わりにベッドを置くと、リビングスペースが就寝スペースにもなります。

デスクを置きたいなら、ダイニングテーブルを四角形のものにして兼用すると、より省スペースです。

壁付けキッチンの
おしゃれなレイアウト

お部屋に対面キッチンがあるレイアウト

対面キッチンがあるレイアウトの全体図
対面キッチンがあるレイアウト見取り図
対面キッチンの場合、ダイニングテーブルはカウンターの向かいに配置するとすっきり。

二人掛けのコンパクトなテーブルセットなら、省スペースなのにしっかりダイニングスペースを取ることができ、暮らしにメリハリが生まれます。

リビングスペースのソファは壁に沿って置き、対面にテレビやローテーブルをレイアウト。

ワンルームの場合、ソファやテレビボードの代わりにソファを置くと、リビングが就寝スペースにもなります。

おしゃれなキッチンの収納アイデア

一人暮らしのキッチンを使いやすく、おしゃれに見せる収納をご紹介。
アイテム選びのポイントにも注目です。

突っ張り棒やフックを使った「吊るす」収納

コンパクトなキッチンで定番の「吊るす」「引っ掛ける」収納
コンパクトなキッチンで定番の「吊るす」「引っ掛ける」収納。

100均などでもよく見かける突っ張り棒やフックを上手に活用することで、収納スペースがうまれ、見せる収納ができます。

お気に入りのアイテムなら、調理のときも楽しい時間になるでしょう。

ただし、「見せる」収納はものが多いと散らかって見える原因にもなります。
バランスを見て、ほどほどにしておきましょう。

隙間も収納スペースとして活用できるアイテム

キッチンは何かと収納がほしい場所。すきまも上手に活用したいところです。

すきまに収納できて引き出せるスリムなワゴンなら、調味料やスパイス、食材まで、細々したものをすっきり片付けることができて便利。

コンパクトな空間を圧迫することなく、収納を増やすことができます。

移動できるワゴンなら、シンク横の調理台に

収納を増やしたいけど、スペースがない。

そんなときは、必要に応じて動かせるキャスター付きのワゴンがおすすめです。

定位置に収納を設置できない場合でも、普段は端に寄せておけばOK。
使う時だけキッチン横に移動して、調理台としても活躍してくれます。

食事の際も、テーブルに載りきらないものを置いておくのに便利です。

電子レンジを載せられる冷蔵庫

限られたキッチン空間。
省スペースに配置できる家電を選ぶのも、収納術のひとつです。

天板部分が耐熱仕様になっている冷蔵庫なら、天面に電子レンジを置くことが可能。

縦積みすることで、部屋やキッチンのスペースを無駄なく使うことができます。

ラックに家電類をまとめてスマートに収納

意外と置き場所に悩む調理家電。

冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器などキッチンに欠かせない家電は、ラックを活用して1ヵ所にまとめるとすっきり片付けられます。

家事動線もスマートになるため、調理作業の効率がアップ。

家電やラックを同系色でそろえるとすっきりとした印象に。
モダンなブラックで統一すると、スタイリッシュでおしゃれなキッチンになります。

スマートに収納
できるキッチン

食器、フライパン、調味料、キッチン収納ならまとめて片付く

キッチンアイテムは細々とたくさんあるため、どうしても雑然としてしまいがち。

そんなときは小さな収納ボックスを組み合わせるよりも、十分な大きさのあるキッチンカウンターのようなキッチン用収納を置いたほうが、断然、悩みが片付きます。

一人暮らしで、今後、引っ越す可能性が高いならレンタルをしてもいいでしょう。
使った分だけの支払いだから、最低限の出費で済みます。

何より、引っ越しの荷物が増えなくて済むのがいいですね。

キッチンをおしゃれにみせるコツ

インテリアのカラーやアイテムの組み合わせで、いつものキッチンがぐっとおしゃれに。
収納や家電の選び方もポイントです。

家具と家電をコーディネートする

ダイニングキッチンの家具と家電を、カラーや素材をそろえてコーディネートしてみましょう。

ふぞろいな印象になりがちな家電はブラックでまとめ、チェアなどの家具のカラーとそろえるとシックな印象に。

明るい木目調のダイニングテーブルやキッチンカウンターとも好相性。

使いやすいのにおしゃれな空間に仕上がります。

スタイリッシュな
ダイニングキッチン

チェアのカラーでアクセントをつける

つい無難なコーディネートになりがちなダイニングキッチン。

空間に少しアクセントをつけるなら、チェアのカラーにこだわってみましょう。

落ち着いたピンクなら可愛くなりすぎず、大人な空間に。

ベージュやグレーなどのカラーとも相性抜群です。

おしゃれなチェアで
自分好みのキッチンに

ポイントになるグリーンを飾る

キッチンは生活感が出やすい一方で、家電が並ぶことから無機質な印象にもなりやすいものです。

そんなときグリーンがあると程よく映えて、ダイニングキッチンがおしゃれな空間に。

特に、垂れ下がるタイプの観葉植物があるとこなれた印象になりますよ。

グリーンのある
さわやかなキッチン

デザイン性のあるインテリアを活用する

ダイニングキッチンに好みのおしゃれなインテリアを置くと、それだけでお気に入りのスペースになります。

特に照明は、お部屋の雰囲気をがらりと変えてくれるアイテム。

個性のある明かりは、食事のときも調理のときも楽しい時間を演出してくれます。

少し冒険してみたいけど失敗が怖いなら、レンタルの活用もおすすめです。

個性派インテリアを
取り入れたキッチン

一人暮らしのキッチン おしゃれな家具・家電をそろえる裏ワザ

どんなキッチンにしたいかとイメージはつかめましたか?
次はいよいよ家具・家電選び。

でも一人暮らしならではの課題に直面することもあるでしょう。

「そのうち引っ越すから」「とりあえずの家具で我慢しておくか」

そんな思いを少しでも抱えている人に、本当に欲しい家具・家電がそろえられるとっておきの裏ワザをご紹介します。

一人暮らしの家具・家電、どうする問題

誰にも気兼ねなく自分好みの部屋にできるのは、一人暮らしならではの特権。
キッチンはどんなレイアウトにするか、どんなコーディネートにするか、とても楽しみ!

ですが、「いま本当に買っていい?」と考えていませんか?

特にキッチンは物件によって変わるもの。

買った家具や家電はどうなるのでしょう?せっかくコーディネートしてそろえた家具・家電がわずか数年で合わなくなったら・・・。

将来、誰かと一緒に住むことになる可能性もあります。

せっかくコーディネートしてそろえても、数年で使わなくなってしまったら。
もったいないから、とりあえず無難なもので済ませようかな。

そんな一人暮らしの悩みを解消してくれると人気を集めているのが、家具と家電のレンタル・サブスクです。

「購入」だけじゃない、家具・家電のそろえ方

今、家具・家電をそろえようと思うとき、家具と家電のレンタル・サブスクという選択肢もあることをご存知でしょうか。
家具と家電のレンタル・サブスクとは、利用期間の制限なく月額でレンタルできるサービス。
家具も家電も好きなときに借りて、好きなときに返せるため、「将来生活が変わりそう」「引っ越す可能性が高い」という人にもぴったりです。

また、生活に必要な家具・家電を全て購入するとなると高額になるもの。
レンタル・サブスクなら高い初期費用もかからないため、一人暮らしを始めるときのハードルもぐっと下げてくれます。

おしゃれなインテリアから人気の家電までラインアップ

中でも 家具と家電のレンタル・サブスクCLAS(クラス) は、デザイン性に優れ、品質の良いアイテムを多数ラインアップ。

一人暮らしにちょうどよいコンパクトな家具から、キッチンに欠かせない冷蔵庫や電子レンジなどの家電まで400ブランド・2,000点のアイテムをそろえています。

家具・家電の引き取りサービスもあるので、手持ちの不要になったアイテムもおまかせできます。

お気に入りのキッチンをつくろう

実は引っ越しの頻度が高い一人暮らし世代。

でも、
CLAS なら引っ越すときは返却して、新居にぴったりのアイテムと交換することができます。
荷物が減るため、引っ越しも費用を抑えて、身軽に済ませられますね。

長期プランもあるので、長く使いたいときも安心です。

一人暮らしの部屋づくり、もう我慢の必要はありません。
高い費用をかける必要もありません。

家具と家電のレンタル・サブスクCLAS で、おしゃれで快適な一人暮らし空間をつくってみませんか。

こちらもおすすめ

キッチンのおしゃれな
レイアウトをご紹介

おすすめの記事