{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

おしゃれ女子の可愛い8畳レイアウト 一人暮らしのお部屋のインテリア

2024/01/16

おしゃれ女子の可愛い8畳レイアウト
おしゃれで可愛いお部屋にしたい!
でもSNSや画像だけ見ていても、ポイントがよくわからない。。。
そんなお悩みはありませんか?

この記事では8畳のお部屋を、おしゃれで快適にするレイアウト&コーディネートをご紹介。

人気のテイストからおしゃれにまとめるコツまで、実例画像満載でお届けします!

画像に掲載しているインテリアもあわせて紹介するので、わかりやすく、自分のお部屋に取り入れるのもカンタン。

記事の最後には、かわいい家具を上手に手に入れる裏ワザもご紹介します。

さぁ、最高に可愛い自分好みのお部屋づくりをはじめましょう!

その他のレイアウトの記事

広さ別のレイアウトをみる
 6畳 |  8畳 |  10畳 
間取り別のレイアウトをみる
 ワンルーム・1K |  1LDK |  2LDK
お部屋の種類別レイアウトをみる
 リビング | キッチン | ダイニング | 寝室

8畳のお部屋に配置できる家具の数と見え方

6畳より広いため「一人暮らしなら余裕がある」と感じるかもしれませんが、意外と広さに限りがあるのが8畳のお部屋。

家具が少し多くなっただけで、狭く使いづらいお部屋になることも。

おしゃれなお部屋にするためには、心地よい空間に見えることも大切です。

まずはお部屋の広さや配置できるインテリアの数、家具を配置した場合のお部屋の見え方を把握しましょう。

1Kなのかワンルームなのかをきちんと確認

1Kかワンルームかで変わるレイアウト
同じ8畳でも、1Kかワンルームかで、生活に使える広さが違うことをご存知でしょうか?

1Kは8畳全てを生活スペースとして使えますが、ワンルームはキッチンスペースを含むため、実質8畳の70〜80%(6畳)ほどしか使えません。

置ける家具や点数も変わってくるため、1Kかワンルームなのかを事前に確認しておきましょう。

ワンルームのレイアウト例

一人暮らしの8畳ワンルームの全体図
一人暮らしの8畳ワンルームの見取り図
一人暮らしの8畳ワンルームを想定したレイアウト例です。

シングルベッド1台にソファ代わりのチェアとローテーブル、収納棚2点、合計5点のインテリアを配置しています。
配置できるインテリアの数に限りがあるので、最低限必要なのは何なのか、優先順位を決めてレイアウトを考えましょう。

できるだけ家具を壁付けしたり、立ったときの目線よりも低いインテリアを選ぶことで、お部屋の空間をひろく感じさせることができます。

1Kのレイアウト例

8畳1Kの全体図
8畳1Kの見取り図
こちらは8畳1Kを想定したレイアウト例。
ワンルームよりもフリースペースとして使える空間が広いため、レイアウトの自由度が上がります。

ベッドの他にもデスクとチェア、テレビボード、フロアチェアとテーブル、合計6点の家具を配置しても、少し余裕が残るでしょう。

ただし、1点ずつのサイズ感にはご注意を。
大きなサイズのインテリアを選ぶ場合は、点数を減らしたほうがよいか検討しましょう。
コンパクトなものを選ぶと、それだけ空間に余裕がもてます。

人気のレイアウト&コーディネート実例集

配置する家具の点数がわかったら、次はどんな雰囲気のお部屋にしたいか、実例画像を見ながらイメージをふくらませてみましょう。

人気のテイストとあわせてご紹介します。

キッチンと一体のお部屋におすすめのワンルームレイアウト

アースカラーとペールトーンでまとめたお部屋。

落ち着いたアースカラーはさまざまなカラーが部屋の中にあっても派手になりすぎず、かわいらしい印象に。

寝具やラグなどのファブリックを壁や床と似たようなカラーをベースに、クッションや小物などをアクセントカラーにすると、バランスがよくなります。

コンパクトなダイニングテーブルは、1台で食事にもデスクワークにもメイクにも使えるおすすめのアイテム。
キッチンと一体になったお部屋なら、調理中のカウンターとしても活躍するでしょう。

1台で何通りにも使えるアイテムは、限られた広さのお部屋のレイアウトにおすすめです。

かわいいを詰め込んだ
おしゃれな女子部屋

開放感のある人気の韓国風レイアウト

くつろぎのスペースに欠かせない、ソファとテーブルを部屋のメインにレイアウトしましょう。

トレンドの韓国カフェをイメージするなら、ホワイトやアイボリーなどの淡いカラーをベースにするのがおすすめ。
部屋の顔となるソファを、ホワイト系のカラーにしてもいいですね。

また、自然素材のイメージがあるラタン調のアイテムやドライフラワーなども、韓国のおしゃれな部屋をつくるポイントとなるアイテム。

部屋のアクセントとして取り入れてみると、より雰囲気のある空間に仕上がります。

開放感のポイントは、ホワイト系のカラーとインテリアの高さを低く抑えていること。

壁の高い位置にアートなどがあると寂しくなりません。

人気の韓国風
カフェっぽいお部屋

女子力を上げる美容空間

美容に力を入れているなら、スキンケアやヘアメイクのスペースはしっかり確保しておきたいですよね。

そんな方には、淡いピンクを差し色にしたフェミニンなコーディネートはいかがでしょうか?

テーブルにミラーをセットすると、ドレッサーとして使えます。
毎日使う化粧品などをセットしておくと、スキンケアやメイクのルーティンがスムーズ。

また、収納棚にはアロマや美容家電をセット。美容への意識もぐっと高まるはずです。

美容スペースをベッドサイドに設けると、お肌のお手入れをしてすぐベッドに入ることができるためおやすみタイムが充実します。

美容を楽しむ
一人暮らし

ピンクのインテリアが目を引くフェミニンなお部屋

ホワイトカラーにピンクのインテリアが映えるフェミニンなイメージの部屋。
上質感をプラスしたい方、リッチな雰囲気がお好きな方におすすめのコーディネートです。

ピンクのカラーを多く取り入れながらも、甘くなりすぎない大人の部屋にするには、ひかえめで落ち着いたピンクを選ぶのがポイントです。

部屋のメインにはベッドを置き、必要な家具に絞るとすっきりした空間に。

部屋の大部分を占めるベッドには、寝具全てではなくアクセントとしてピンクを取り入れるとバランスが良くなります。

ベッドサイドにはコンパクトなテーブルとチェアを置くと、食事の際にもリラックスする際にも便利。

オットマンを組み合わせることで、チェアとしても、ちょっとしたものを置くのにも使えます。

優雅に過ごす
上品なベッドルーム

8畳に人気のインテリア&コーディネート おしゃれにまとめるコツ

ここからは8畳のお部屋づくりのコツをお伝えしていきます。

実践しやすいよう、ポイントごとにまとめました。
ぜひ試してみてくださいね。

インテリアの色味に統一感を持たせる


おしゃれな部屋にしたいのであれば、インテリアやファブリックの色味を統一してみましょう。
多色使いの部屋は個性的ですが、落ち着かない印象を与えます。

色味に統一感があるとおしゃれな雰囲気になるだけではなく、空間を広く見せる効果もあります。

配色する際は、メインカラーを決めてから、それにあうサブカラーやアクセントカラーを考えていきましょう。

あらかじめ理想のスタイルやテーマを決めておくと、色を選びやすくなりますよ。

家具やものを置きすぎないシンプルなレイアウトを目指す

広いようで限りがある8畳のお部屋。インテリアも小物も、ものの置き過ぎに注意しましょう。

必要だからと何でも置いてしまうと部屋が狭くなり、ごちゃごちゃとしていて、おしゃれとは程遠い空間になってしまいます。

床面積も狭くなるので、生活動線の妨げになり不便を感じる可能性があります。

まずは家具・家電などをリストアップして、本当に必要なものを厳選しましょう。

1台で複数の使い方ができる家具や家電を取り入れると、配置するものの数を減らせます。

アースカラーの
シンプルなお部屋

デザイン性のあるアイテムでメリハリをつける

必要不可欠な家具を選ぶと、どうしても決まったレイアウトになりがち。

「自分らしさを出したい」「他とは違うおしゃれ感が欲しい」と思うなら、個性のあるインテリアを取り入れてみましょう。

照明をおしゃれなものに変えてみたり、いつものスピーカーをデザイン性の高いものにしてみたりと、部屋のアクセントになるアイテムをチョイス。

いつもの部屋が新鮮に感じられ、気分も変わっておすすめです。

買うには迷うアイテムなら、気軽に楽しめるレンタルを活用してはいかがでしょうか?
人気のレンタル・サブスクなら、今っぽいおしゃれなアイテムが見つかります。

星型ランプの
ダイニング

「あえて見せる」収納で可愛さUP

収納をあえて見せて、インテリアの一部にしてしまうのもおしゃれな部屋にコーディネートするテクニックです。

見せる収納はおしゃれなだけではなく、どこに何があるのか把握しやすく、物を取り出しやすくなります。

またオープンタイプの収納は、お部屋に圧迫感を与えにくいのも嬉しいポイント。

余裕を持たせながら小物を配置するのがおしゃれに見せるコツです。

ソファを置くならコンパクトな3点セット

「ソファを置きたいけど、お部屋が狭くならないか心配。」
一人暮らしのレイアウトでよくあるお悩みです。

もし8畳にソファを置きたいと考えるなら、画像のような一人掛けソファ、オットマン、サイドテーブルの組み合わせがおすすめです。

1点ずつがコンパクトなので空間を圧迫しにくいことに加え、肘掛けのないソファは座面の横幅に余裕があるためゆったり座ることができます。

また組み換えがカンタンで、脚を伸ばしてくつろいだりテーブルの位置を自由に調整できたりと、シーンにあわせて何通りもの使い方が可能です。

ソファはお部屋の顔となるインテリア。
あえて色味のあるものを選ぶのもおしゃれですね。

購入するには悩ましいアイテムですが、レンタルなら気軽にトライできるでしょう。

一人暮らしをくつろぐ
コーディネート

伸長式の収納なら、いつでもベストなサイズに

8畳の空間を効率よく使うなら、伸長式の収納を取り入れてみましょう。

配置するスペースや荷物の量に合わせて、収納の幅や容量を変えることができます。
引き出しがついているタイプなら、隠す収納もお手のもの。

ライフスタイルに合わせて、見せる収納でおしゃれな部屋にしてもいいですね。

荷物が増えたときに収納を広げられるのも便利です。

収納付きのベッドにすれば、お部屋がすっきり

1Kやワンルームの一人暮らしにおいて、ベッド下は貴重な収納スペースでもあります。

収納付きのベッドにすれば、それだけで広面積の収納を確保できます。

大容量タイプの収納付きベッドなら、収納棚にしまう荷物をまるごとしまえてお部屋はすっきり。

ものが多い方にとくにおすすめです。

8畳のお部屋づくり、かわいい家具を上手にそろえる裏ワザ

かわいい8畳のレイアウトのイメージがつかめてきたら、次はいよいよ家具・家電選びです。

でも、ここでちょっと気になる課題も。

「一人暮らしって、何年ぐらい続くのかな」
「数年したら、違うところへ引っ越したいな」
「家具も家電も、いま、本当に買っていい?」
「本当は欲しいインテリアがあるけれど・・・」

そんな思いを少しでも抱えている人に、とっておきの裏技を紹介します。

一人暮らしの家具・家電、どうする問題

誰にも気兼ねなく自分好みの部屋にできるのは、一人暮らしならではの特権です。
8畳の空間をどんなレイアウトにするか、どんなコーディネートにするか、とても楽しみ。

でも「いま本当に買っていいのかな?」と迷ったり、悩んだりすることはありませんか?

じつは、引っ越しの頻度が高い一人暮らし世代。
数年おきに引っ越しがあり、お気に入りのインテリアが新居に置けず泣く泣く処分した、というのもよくある話です。

せっかくコーディネートしてそろえても、数年で使わなくなってしまったら?
もったいないから、とりあえず手持ちのアイテムを我慢して使う?
でも一人暮らしって、今しかできないかもしれない。

じつは、そんなお部屋づくりの悩みを解消してくれる良い方法があるのです。

「購入」だけじゃない、家具・家電のそろえ方

今、家具・家電をそろえようと思うとき、家具と家電のレンタル・サブスクという選択肢もあることをご存知でしょうか。

家具と家電のレンタル・サブスクとは、利用期間の制限なく月額でレンタルできるサービス。
自分のプランにあわせて借りられるため、ライフスタイルとともにお部屋が変わりやすい一人暮らしの方から人気が高まっています。

将来、暮らしが変わりそう。
もっと広い部屋に引っ越すかも。
誰かと一緒に住むことになるかもしれない。

そんな変化が予想される人にもぴったりのサービスです。

また、生活に必要な家具・家電を全て購入するとなると高額になるもの。

レンタル・サブスクなら高い初期費用もかからないため、何かと物入りな引っ越し費用や新生活の準備費用をぐっと抑えることができます。

おしゃれなインテリアから人気の家電までラインアップ

なかでも 家具と家電のレンタル・サブスクCLAS(クラス) は、デザイン性にも機能性にも優れたアイテムを豊富にラインアップ。

8畳の1K・ワンルームにちょうどよいコンパクトな家具から、一人暮らしに欠かせない冷蔵庫や洗濯機などの家電まで、400ブランド・2,000点のアイテムをそろえています。

そのため、家具と家電を別々にそろえる必要がなく、ワンストップでまとめてそろえられるのもうれしいポイント。

家具・家電の引き取りサービスもあるので、引っ越しのタイミングで不要になったアイテムもおまかせできます。

私の「最高」をつくろう

今しかできない、誰にも気兼ねしない自分好みのお部屋。
せっかくなら、本当に気に入ったインテリアを置きましょう。

「お部屋に置いたら、浮いてしまうんじゃないか」
「明るい色のソファを置きたいけど、勇気が出ない」

そんなときも、
CLAS なら安心して使えます。
もし「合わなかった」「使いにくかった」となっても、スマホひとつで交換が可能。簡単に変えられます。

また、生活に合わせてレイアウトやアイテムを変更するのもラク。

引っ越すときは返却して、新居にぴったりのアイテムと替えればOK。
荷物を減らすことができるため、引っ越し代を節約できます。

CLAS では「長期プラン」もあるため、長く使いたい場合も安心です。


一人暮らしの部屋づくりに、我慢は必要ありません。

最低限のコストで、最高の空間をカタチにできる今。
家具と家電のレンタル・サブスクCLAS で、おしゃれで快適なあなただけのお部屋をつくってみませんか。

レンタルできる
おしゃれな家具

さまざまな
8畳のレイアウトを
ご紹介

おすすめの記事