{{ toastMessage }}
プライベートブランド CIRCLE
メニュー

家具と家電の

レンタル・サブスク

カート {{ cartQuantity }}
{{ categoriesBarTitle }}

赤ちゃんと暮らす2LDKレイアウト お部屋作りのコツ&実例集

2023/12/06

赤ちゃんと暮らす2LDKレイアウト
初めての赤ちゃん。パパ・ママにとって出産・育児はよろこびの反面、不安もふくらみますよね。

出産後は赤ちゃんのお世話でおうちにいる時間が多くなるもの。
寝る間もなくお世話になることもあるでしょう。

そこで今回は、そんな子育て期にも心強い、安心で快適な2LDKの作り方をご紹介。

赤ちゃんの安全を第一に、お世話しやすい部屋を作っておけるといいですね。

リビング・ダイニング・キッチンの配置から赤ちゃんのお世話スペースや各居室のポイントなど、実例とともに詳しく解説します。

その他のレイアウトの記事

広さ別のレイアウトをみる
 6畳 |  8畳 |  10畳 
間取り別のレイアウトをみる
 ワンルーム・1K |  1LDK |  2LDK
お部屋の種類別レイアウトをみる
 リビング | キッチン | ダイニング | 寝室

赤ちゃんと暮らす2LDK

子育てしやすい部屋をつくるにはどうしたらよいのでしょうか。
レイアウトを考える前に知っておきたいポイントをまとめました。

2LDKは赤ちゃんのいるファミリーにぴったりの間取り

赤ちゃんのいる2LDKのお部屋
2LDKは「リビング・ダイニング・キッチン+2部屋」という間取りの部屋。

暮らしの中心となるLDKがひと続きになっているため、赤ちゃんに目が届きやすく子育てしやすい環境といえます。

赤ちゃんの成長・発達に合わせて、レイアウトを変えやすいのも特徴。
居室が2部屋あるため、赤ちゃん&ママの寝室とパパの寝室を分けることもできます。

パパ・ママがスムーズにお世話できるよう工夫できるといいですね。

出産後は赤ちゃんのお世話で忙しくなるので、あらかじめお部屋作りを済ませたり、数ヵ月先の成長まで見越したお部屋づくりができるとより良いでしょう。

購入とレンタルを使い分ける

赤ちゃんのためのリビング
ベビーベッドやバウンサーなどの子育てアイテムは、高額なものが多いのが特徴。
全てを購入してそろえると、かなりの出費になってしまいます。

中には、ほんの数ヵ月しか使わないものや、用意したけど赤ちゃんが気に入らなくて結局使わなかったということも。

短期間での利用で終わってしまうアイテムも多いので、レンタルも上手に活用できるといいですね。
最近では、安全性はもちろん、おしゃれでかわいいアイテムも充実しています。

【リビング編】実例でみる
家具の配置とコーディネートのコツ

赤ちゃんが多くの時間を過ごすことになるリビング。
家族みんなが安心して暮らせるレイアウトをご紹介します。

LDKの基本レイアウト、アパートなどに多い10畳の例

赤ちゃんがいる家のリビングダイニング
赤ちゃんがいるLDKのレイアウト図
リビングの目の届く場所に、赤ちゃんスペースを作っておけるといいでしょう。

ソファを壁側に置いてテレビとの間にラグを敷けば、お昼寝のときもハイハイで動き回るときも安心。
おむつ替えや着替えなど、お世話スペースとしても活用できます。

ダイニングキッチンには、コンパクトなテーブルを活用できると省スペース。

テーブルをキッチンの後ろに配置することで、配膳も後片付けもスムーズに。
家事・育児に忙しいパパ・ママにも使いやすい空間になります。

リビングダイニングにベビーベッドを配置する

いつも目の届く場所で赤ちゃんをお世話したいなら、リビングダイニングにベビーベッドを配置しましょう。

オムツやガーゼ、衛生用品など、お世話グッズもまとめて収納できて便利です。

あまりスペースをとりたくないなら、ミニサイズのベッドもあります。
家族みんなの
リビングダイニング

このお部屋をくわしくみる

赤ちゃんとパパママ、みんなが快適なお部屋作り

出産後は昼夜を問わず、赤ちゃんのお世話につきっきりになるほどの忙しさ。

あっという間にハイハイしたり、つたい歩きしたりとめまぐるしく成長・発達するため、少し先の月齢まで意識したお部屋作りをしておけると安心です。

赤ちゃんのお世話&プレイスペースとして、ラグを敷いておきましょう。
淡い色味で優しいコーディネートができると、パパ・ママも落ち着く空間になります。

また、頭をぶつけないよう、丸い天板のサイドテーブルなど、角のないものを選ぶと安心。

赤ちゃんの動きに合わせて揺れてくれるバウンサーも、育児の心強い味方です。

ただし、バウンサーは赤ちゃんによって好みが分かれるアイテム。
高額なため、レンタルを利用するのが賢い選択といえるでしょう。
赤ちゃんとの
快適な暮らし

このお部屋をくわしくみる

ベッドでも布団でも。ねんねスペースを確保

リビングダイニングにベビーベッドを置かない場合は、ねんねスペースを確保しておきましょう。

折りたたみ式のベビー布団なら、出すのもしまうのも簡単。

赤ちゃんが眠そうにしていたら、さっと出して広げられるとスムーズです。

子どものための収納を準備

子どもがいる家庭では、ものがどんどん増えていくもの。

お世話グッズやおもちゃ、絵本、登園グッズなど、赤ちゃんの成長に合わせて必要なアイテムも変わっていきます。

そんなときリビングに収納棚があると便利。

すっきり片付いたお部屋がいいなら扉付きの収納を、子どもが自分でおもちゃや絵本を手に取れるようにしたいなら見せる収納を選ぶといいでしょう。

子どもの成長に合わせて使い勝手や容量を変えられるレンタルの収納も、パパ・ママの味方になってくれますよ。

【ダイニングキッチン編】実例でみる
家具の配置とコーディネートのコツ

離乳食がはじまると、食事の時間も忙しくなるもの。
食事のお世話も調理・配膳もしやすくなるレイアウトのポイントをみていきましょう。

チェア選びは赤ちゃんに合わせて

生後5ヵ月ぐらいからはじまる離乳食。その頃までには食事の環境を整えてあげましょう。

まだ1人でおすわりできない子も多い時期。
赤ちゃんにあった安全なチェアを選んであげるのがポイントです。

また、離乳食作りはなかなか手間のかかるもの。
離乳食用の調理家電があるとラクになります。

短い期間しか使わないですが、離乳食の時期にはかなり役に立つアイテムなので、レンタルできると便利。

「ちゃんと使いこなせるか」「子どもが食べてくれるか」も見極めながら、使ってみてもいいですね。
便利な調理家電が
ある暮らし

このお部屋をくわしくみる

親戚・友人を招くダイニング

親戚や友人の来客が多いなら、伸長式のダイニングテーブルを取り入れてみませんか。

普段はコンパクトに配置でき、来客時には伸ばして広く使えます。料理や飲み物をたくさん広げられ、窮屈になりません。

シーンによってテーブルの大きさを変えられるため、限られたスペースでも食事を楽しめます。

もてなし上手な
ダイニング

【寝室編】実例でみる
家具の配置とコーディネートのコツ

赤ちゃんもパパ・ママも快適な寝室レイアウトのコツをご紹介。
夜中のお世話もスムーズにおこなうための部屋作りのポイントとは?

深夜のお世話もしやすい寝室

授乳期は、深夜のお世話も頻繁になるもの。

ベビーベッドは大人のベッドのすぐ横に配置できると、お世話の負担も軽くなります。

ベッド横には収納棚を設置。

赤ちゃんのお世話に必要なものをまとめて準備しておけると、授乳やおむつ替え、着替えなど、寝室だけで完結できてスムーズです。

また、ベッド脇にテーブルランプがあると何かと便利。
最低限の明かりで赤ちゃんの様子を確認できたり、手元が見えたり、お世話がしやすくなります。

全体をホワイト〜ナチュラル系でまとめると優しい雰囲気の空間に。

お昼寝も寝室だから様子が確認できると安心、という場合は、ベビーモニターを活用してもいいでしょう。
赤ちゃんのいる
寝室レイアウト

一時的にベッドを増設

生まれてしばらくの間、赤ちゃんは昼夜を問わず、数時間おきのお世話が必要になります。

赤ちゃんの睡眠時間がまとまってくるまで、一時的にベッドを増設してもいいでしょう。

パパ・ママ交代でお世話をすることで、まとまった睡眠が取れるように。

また、寝室スペースが2ヵ所あることで、深夜のお世話で明かりをつけて目が覚めることも、夜泣きで眠れない、ということも少なくなります。
赤ちゃんと一緒の
寝室スペース

このお部屋をくわしくみる

【ランドリー編】実例でみる
家具の配置とコーディネートのコツ

何かと着替えが多くなる日々、なるべくラクに快適に洗濯したいもの。
どんなランドリールームにするのがいいのでしょうか。
アイテム選びも参考にしてみてください。

洗濯スペースを整えて、いつも清潔に

赤ちゃんが生まれると一気に増える洗濯物。

雨の日や梅雨時期で洗濯物が乾きにくい日も、急いで洗濯する必要がある日もあわてずに済むよう、ランドリースペースを整えておくと安心です。

洗濯から乾燥までワンストップで対応してくれるドラム式洗濯乾燥機や、空気の循環を促すサーキュレーターなどを完備しておけば、洗濯も乾燥も手間と時間が省けます。

いつでも快適な
ランドリースペース

赤ちゃんを迎えるお部屋の家具や家電、上手にそろえる裏ワザ

赤ちゃんを迎える家族に使いやすい2LDK。
家族みんなが過ごしやすい部屋作りのイメージがふくらんできたら、次はいよいよ家具選びです。

ベビー用品は一時期しか使わないアイテムも多いもの。
家族みんなが過ごしやすい部屋を作るなら、家具・家電のそろえ方も重要なポイントと言えます。

購入だけではなく、今、話題の入手方法も知っておくと、子どもの成長に合わせて部屋も暮らしを整えることができます。

おおまかなレイアウトは決まったけれど

待望の赤ちゃん、楽しみなことも多い反面、不安もふくらみますよね。

初めての子育てなら、なかなか思い通りにいかないこともあるでしょう。
想定外のことも起こるかもしれません。

そんなときこそ、安心&快適に子育てできるお部屋を作りたいもの。
できるだけ失敗や手間が少なく、変わりやすいライフスタイルにも柔軟に対応できるようにしておきたい。

そう考える方から注目を集めているのが、家具と家電のレンタル・サブスクです。

「購入」だけじゃない、家具・家電のそろえ方

すでにパパ・ママの間で常識となっている、子育て期の家具と家電のレンタル・サブスク。

家具と家電のレンタル・サブスクとは、利用期間の制限なく月額でレンタルできるサービスです。

高い初期費用が必要ないため、買うよりコストがかからず、合わなければ処分の手間なく手放せるので人気が高まっています。

中でも家具と家電のレンタル・サブスクCLAS(クラス)は、子育て中の家族にもうれしいアイテムを豊富にラインアップ。

ライフスタイルが変わりやすいファミリーから、注目を集めています。

おしゃれな家具から人気の家電までラインアップ

赤ちゃんが使っても大丈夫な安全性、家族みんなが心地よく暮らせるデザイン性も必要ですよね。

CLASなら、安全性をクリアしたおしゃれでかわいいベビー用アイテムや家事・育児を手助けする便利家電を豊富にラインアップ。

ベビーベッドやベビーチェアなどの家具はもちろん、バウンサーやねんねグッズ、調理家電も充実しています。

スマホひとつでそろうため、少ない労力で家具も家電も手配できるのもうれしいポイント。

大きなお腹を抱えながら、インテリアショップや家電量販店を回る必要はもうありません。

短期利用もOK、長期利用ならおトクに

買ったはいいけど「違ったな」と思ったり。
赤ちゃんの成長に合わせて、必要なものが変わったり。

どんなときでも、現在の暮らしに合わせてアイテムを探したり替えたりできるのがレンタル・サブスクのいいところです。

ベビーアイテムは短期間しか使わないものも多いため、スマホひとつでいつでもかんたんに返却できるのもうれしいポイント。

もちろん気に入れば長くレンタルすることも可能。
CLASなら「長期プラン」もあるため、長期間のレンタルもお得に利用できます。

部屋づくりはもっと暮らしに合わせていい。もっとお財布にやさしくていい。
家具と家電のレンタル・サブスクCLASで、赤ちゃんがいる安心で快適な2LDKを作ってみませんか。
1歳以上の
お子さまと暮らす
2LDKレイアウト

この記事をよむ
こちらもおすすめ
2LDKのレイアウトを
くわしく解説

この記事をよむ

おすすめの記事